学費を貯金する意味は?

レス70
お気に入り227

ちょっきん

話題

我が家では学費を意識して貯金をしていません。
ママ友は学費を貯金している人が多いようで、毎月の学費貯金を3万円と決めていたり、長女と長男の為に1万円ずつ口座を分けて貯蓄していると聞きます。

随時、貯金の中から必要額を支払うだけだと思うのですが、なぜ学費を貯金するのでしょうか?

ユーザーID:6288871877

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数70

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ちょっきんさんはお金持ち

    うちも学費は通帳を別にして貯金してます。
    だって何百万も一気に払えないですもん。
    生活費の貯金?(使い道の決まっていない)と一緒にしてたら訳が分からなくなりそうで・・・。
    私立大学で都会で一人暮らし・・・なんてなったら・・・。

    生活費の貯金からポンと払えるなんてきっとちょっきんさんはお金持ちなんだと思います。

    ユーザーID:4548978188

  • それは

    貯金が苦手なのか、貯蓄額がが少ないからですよ。貯蓄額が大きければ、わざわざ学費として分けておく必要はありません。でも、貯蓄額が少なければ事情が違ってきます。あらかじめ分けておかないと、足りなくなる恐れがあるからです。また、もともと貯金が苦手な人なら、最初から分けて貯金しなければ、貯められないからです。まあ、保険と似たようなものではないでしょうか? 貯蓄が充分にあれば、保険は必要ありませんよね?

    ユーザーID:4435440912

  • 目的別貯金

    「袋わけ家計簿」って以前流行りましたよね。
    その貯金版?「目的別貯金」というそうですよ。
    貯金のモチベーションも上がるし、計画も立てやすいとのことです。

    ユーザーID:2568739470

  • わかりやすいし

    口座を分けて貯金してるというのは、まあ一言で言えば「わかりやすい」
    ってことなんじゃないですか?
    学費という名目で別に貯金すれば、現在いくらたまってるか一目瞭然だし
    普通の貯金から、たとえば車を買い替えるなど大きな買い物をしようと思う時に
    貯金のうち、どれくらい学費分を残さなくちゃならないのか…とか
    考え込まなくていいし。

    毎月の家計費の管理の仕方がいろいろあるように貯金の仕方だっていろいろあるでしょう。
    私は管理しやすいように、給料が出たらお金を「食費」「雑費」「医療費」「交遊費」等
    小分けにします。
    そうすることで余計なお金を使わないよう心がけられますしわかりやすいし。
    それを「お給料の中からその都度必要な食費や医療費など必要額を支払うだけなのに
    なぜ分けるの?」と言われても…
    私はそのやり方が性に合ってるから、ですよ。
    学費を別に貯金する人は、そのやり方が性に合ってるからやる、のでは。
    トピ主さんのようなやり方だって全然おかしくはないですし、それぞれの考え方次第でしょう。
    強制的に貯金しなきゃお金貯められない、って理由で学資保険に入る人だっていますしね。

    ユーザーID:7245497475

  • 管理方法の差じゃないでしょうか?

    疑問に思われているみたいですが、結果論は同じじゃないですか?
    仮のお話です。

    Aさん
    貯金として月に10万円を貯金した。

    Bさん
    娘の教育貯金2万円
    息子の教育貯金2万円
    老後資金2万円
    旅行積立て2万円
    家庭の貯金2万円

    どちらもトータルでは10万円の貯金で変わりないですよね。
    きっと、トピ主さんは用途を意識した貯金しなくても問題ない収入や貯金をお持ちでは?


    管理上の問題だったり、収入的に希望通りの貯金ができないときに教育貯金は削らないなど、そういったご家庭のルールもあるのでしょう。

    なんとなくご理解頂けますでしょうか?

    ユーザーID:9766043359

  • 一気にお金がなくなる時の心の余裕

    1000万の中からガバっと何百万もなくなると
    精神的に不安になりそうだけど、
    これは最初からなくなる(学費)お金と思いながら貯蓄する分は
    よくここまで貯めてこられたな、と達成感になるのかな?

    あとは「なんとなく」では貯められない人のために一つの目安。

    ユーザーID:1863263840

  • 別に

    人それぞれですし、トピ主さんが大学の進学費用等も見込んで貯蓄しているのなら構わないのでは?

    学費という名目で貯蓄している人の多数は、学資保険等の保護者に何かあったら払い込みが免除になるタイプを利用しているのじゃないかな。
    我が家も満期時300万の学資保険に入ってましたが、進学費用には使ってないですね。
    子供が独り立ち(結婚とか)する時用の費用として寝かせてあります。
    学費は名目無しの貯蓄から。
    国立大、自宅通学なので入学金、授業料共に何とかなる金額なので・・・私学(で下宿)だったら学資保険分は使ってたと思います。
    ご参考まで。

    ユーザーID:1347114191

  • そりゃ貴方、

    > 随時、貯金の中から必要額を支払うだけだと思うのですが、
    > なぜ学費を貯金するのでしょうか?

    要するに金が足りず「随時、貯蓄の中から必要額を支払う」
    ことができない場合が怖いからでは?

    ユーザーID:5238548668

  • それはいわゆる袋分けの意味合いかな

    子どもが小さいうちは、教育費も家計からその都度出せますが、
    高校受験あたりから、月々では足らずボーナスを当てにするようになります。
    ですから、まだ学費と言えない余裕のある時に、ないものと思って貯めておくのでしょう。

    我が家も、わざわざ学費貯金はしませんでした。
    のべ8年間大学の費用を出しましたが、幸いに前期後期、ボーナスで賄えました。
    貯蓄もそれなりにありました。
    親戚からのお年玉等は、受験料や塾代に使いましたし、
    結婚の費用も貯蓄から渡しました。

    びっくりが多いようですが、家計の運営は、家庭の数だけあっていいと思いますよ。

    ユーザーID:8944380032

  • 晴れの日ばかりではありません

     現在は相当に裕福のようですが、例え年収が3000万あっても、未来永劫続く訳ではありません。世の中にはマサカがあります。

     しかし、苦難の時でも学資はまってくれません。学資がなくて子供の願いを叶えれないことは親として残念です。

     このために、子供が生まれると同時に将来の学資を貯金します。大体毎月1万円を18年貯めると300万程度になります。毎月3万円ですと、900万円になります。

     四年制大学の学資が400万円程度ですから、およそ7割方手当できます。これの不足分は、奨学金などを併用すると例え家計が苦しくとも、なんとか学資保険だけで進学させることができます。

     医学部など受験する場合には、本当に学資の工面が大変です。転ばぬ先の杖として貯金するのです。

    ユーザーID:5964511253

  • そうしないと、使っちゃう

    トピ主さんは、裕福なのか、またはお金の使い方が上手なのですね。そういう方は、貯金の中から随時、というやり方でも上手くいくのでしょう。

    ただ、私の場合は、お金の使い方が下手くそで、あればあるだけ使ってしまうのです。用途が決まっているものなら、それは「無い(使えない)」ものとして手を付けずにいられるのですが、用途がはっきりしないものに関しては、「ただ貯める」「手を付けずに置いておく」ということができないのです。

    はっきりとした目的をもって貯めているのであれば、その分は除いて節約できるのですが、目的も無しに節約はできないのです。

    愚かしいな、理解できないな、と思われるかもしれませんが、こういうタイプもいるということで。

    ユーザーID:0888606137

  • 大学進学費用は?

    貯金から必要額を払うだけ?

    大学の入学金とか学費はどうしますか? いつも貯金が1千万以上あるってことですか? 庶民はそこまで貯金がないので、子供が大学に行く18歳までに少しずつ貯金をするのです。

    ユーザーID:7218084760

  • お金の多寡のよる。

     ちょっきんさんのように、たくさん貯金があれば分ける必要はありません。一般家庭では、昨今言われているように、子供の学費は自分たちの老後資金とは別に考えます。なぜなら無制限に子供の学費に使うわけにはまいりません。ある一定の制限を設けるべきと思います。

    ユーザーID:3426075695

  • 教育費は待った無しだから

    車や家の修繕や旅行などと違い、教育費は「今は無いから来年」とは出来ないから。

    子供の人数や学力に応じて、うちは国立のみとか私大もOKなど、割と早いうちから子供に言う必要が出てきます。
    その為には教育費は別枠で貯金しておく方が親もわかりやすいです。

    教育費は思った以上にかかる可能性があります。その時に、教育費プラス家の貯金でカバーできる余裕があると受験期も気持ちが楽です。

    私が教育費を貯金していた理由はそんな感じです。
    何千万も貯金があるのなら、分ける必要ないですけど。

    ユーザーID:9549971692

  • 私も貯金してない

    たぶん
    学資保険
    のことじゃないかな?

    保険だから、親に何かあって途中で払えなくなっても
    満額もらえるんだよね

    私は学費はためてきませんでしたね
    今、働きながら毎月20万ほどの子供の授業料を払ってます
    働けばなんとかなるんだな
    と思います

    ユーザーID:7901686795

  • 管理が簡単だから。

    子供にかかる大きな費用は別にしておいた方が、預金管理がしやすいから。
    何億も貯金があって、毎月何百万円も収入があるなら、トピ主さん流でもいいですけど、
    そんな人少ないと思います。

    家計といっしょで全部ゴッチャニしていると、何にどれくらい使ってよいかわかりづらいです。

    うちも、お祝い金などいれて、18才までに1000万円は子供の進学費用にだけ使えるように。私立の薬大や芸術系に進学したいなら、そこに数百万+すればいいし、それ以上なら他の貯金からどれだけ回すかは後で考えるとして。

    その他にも、家の修繕費や維持費としての口座、株や外貨用の口座、純粋に自分の好きなものを買う口座など、複数の口座を持っています。収支がわかりやすいです。
    夫が子供の大学でのお小遣いまで別口座に預金していたのには驚きましたが。

    そういうものの一つとして、子供の進学費用の貯金をするのでは。

    ユーザーID:3760017931

  • 回答

    目的を持って貯めていかないと貯金できない人が多いから。
    他の貯金と一緒に貯めていると赤字の補填に使ったりするから
    でしょうね。

    あなたがどれだけ貯めているかわかりませんが、必要なときに
    必要な額以上の貯金ができていればそれでいいのでは。

    ひょっとして、貯金自慢ですか。

    ユーザーID:0258406671

  • 反対に聞きたい

    何故貯金しないの。。。子供に大学行かせるにはすんごい金がかかるよ そのあと我が老後もあるんですよ 最低6000万は老後にいるよ

    ユーザーID:7822994712

  • その方が貯めやすいからでしょ

    例えば家計管理の方法でも、月々収支が辻褄合ってればOK、というやり方のお家と
    最初から食費、交際費、服飾費など、使途ごとに分類して管理するお家と、さまざまでしょう
    貯金だって同じなんじゃないですか。
    普通に貯金していれば充分にお金が貯まるし、貯まったお金をついつい違うことに使っちゃうこともなく、自然体で学費相当分貯められます、って人もいるでしょう
    でも、学費として、絶対に一定額貯めるぞ、他には使わないぞ、というきつめの管理方法にしないと貯められない、って人だっていると思います
    あるいは、単純に用途を分けておいた方がわかりやすくて良い、ってこともあるでしょうし。
    将来、明らかにお金が必要な時期がくるとわかってるのに、全くそれへの準備をしない人、自然体で余ったお金だけ貯めておけばいいや、という人は、あまりにキリギリス的だと思います

    ユーザーID:0769547945

  • 学費を別枠

    >随時、貯金の中から必要額を支払うだけだと思うのですが、なぜ学費を貯金するのでしょうか?

    世帯の貯金と混同してしまうと計画が狂うからでは?

    小中学校のうちはいいですが、高校・大学となると費用が違ってきます。

    有り余る貯蓄があってそこからポンと出ればいいですが、そうでない場合に目的と設けておいた方がわかりやすいからではないでしょうか。

    世帯の貯蓄でまとめてしまうと、家を購入したとか車を購入したなど大きいお金を使う時にアテにしていまいませんか。

    ユーザーID:8120191872

  • そもそも貯蓄が多ければね。

    そのような方法で良いのでしょうが定額決めないと貯蓄できない人もいるのでしょうから。

    ユーザーID:6679816299

  • それは

    学費は優先して必ず確保しておきたいからでは。
    うちは夫婦ともに物欲がないので、学費だけ別口で貯めなくても貯蓄口座から払えるのが分かっているので学費としては貯めてませんが。

    学資保険をかけているご家庭はすごく多いですよね。得なのかな。

    ユーザーID:0734149230

  • 必要額をさっと引き出せる余裕がない。

    トピ主家は恵まれているのです。
    わが家は地方在住の会社員、妊娠した時から「子供が東京の私立大を希望」を想定して二人分を積み立てました。
    そもそも世帯収入が多い、祖父母の援助がある、代々資産家だとか経済的に余裕がある家庭なら大丈夫でしょうが、庶民は計画的に貯金をしておかないと高額な出費が必要な時に困りますから。

    ユーザーID:9480790310

  • 何言ってんだか

    貯金というのは目標額をためるためのもの。
    目標額というのは、何にどのくらいかかるのか試算することで決まる。

    目標に達するように貯金をして、余剰分は使って豊かな生活をする。

    ところが目標額がなければ、ぎりぎりまで生活をきりつめて節約して毎月なるべく多くの貯金をすることが正しいことになる。
    つまりものすごくケチケチ生活すべき、ということになる。

    トピ主はそういうケチケチ生活をしているんでしょうか?
    あるいは、目標の中で学費なんかには金はかけない意識なのでしょうか。

    いや、もちろん、超裕福なのでしょう。
    私は裕福なのよ、というマウンティングですよね。金持ちなのに下品ですよ。

    ユーザーID:8291976510

  • 勘定科目って知っていますか?

    企業でも勘定科目ってありますよね。
    あれを家計に持ってきたと思えばわかりやすいでしょう。
    企業でも、○○年は退職者がこれだけ出る見込みだから
    退職金としていくらかよけておく、不具合が起きたときの対応費として
    常日頃からこれだけ用意しておくなど、用途に分けて運用しています。
    家計費だって光熱費やら通信費やら分けますよね。
    わけるというか、そもそも用途や種類が違うので勝手に分かれているのです。
    管理しようとすれば当然ながら使途別で把握します。
    それらを意識しないというのは、要するに大雑把で管理していないということです。
    使途の把握は管理する上で必須なのです。
    トピ主さんのような管理を俗にどんぶり勘定と呼びます。
    勿論それで問題なければどんぶりでいいのです。

    部屋など毎日掃除しなくても死にません。
    でも多くの人は掃除しますよね。それと同じです。

    ユーザーID:7027870173

  • 子供一人1500万。

    私立の高校、大学、大学院で二人でざっと3000万掛かりました。
    貯蓄が十分にあれば必要ないでしょう。

    ユーザーID:6679816299

  • 確実に定期的に出ていくお金だから

    受験時、進学時など、確実にお金が大きく掛かる時期が分かりますよね。
    それを見越して、学費として貯金するのでしょ。

    私立なのか公立なのか国立なのか、はたまた浪人するのか、学部はどこにするのか、金額の差こそあれ貯金があれば子供の選択肢を狭めなくて済むでしょう?

    まぁ、でも収入も貯金も将来心配がない位にあるのなら別に貯金等しなくても良いのでは?
    それはトピ主さんの自由です。

    ユーザーID:1454056631

  • 学費よりも個人年金でした

    学費や教育関連費用は後回しが利きませんので、普通に貯蓄から出していました。

    引き換え、老後の為の個人年金は、決め分けしないと貯められないと考えて積みました。

    息子二人は中高一貫、大学は国立院卒まで奨学金は使っていません。
    小学校は公立でしたが、ピアノや英語、スイミングにスポ少と習い事も多かったので、普通のサラリーマン家庭の我が家は、エンジェル係数が極めて高かったと言えます。

    年子だったので、今思うと中学入学から大学卒業までの日々は、お金の出入りの目まぐるしさに追われた日々でもあったなぁと感慨に耽ることも。

    夫婦共に刹那主義的傾向があったので、私としては、将来子等の重荷にならぬことを目当てに、2万円から始めて夫の収入に比例させて増額。
    71歳の現在の暮らしに潤いをもたらしてくれていて、若い頃は結構浪費家だった自分を褒めています。

    思い起こせば子育て時代の当時に、真面目な友人たちの多くが学資保険に入っていて、そんな話題が上った折には、ちゃっかり話を合わせていました。
    あの頃のみんなにごめんなさい、ですね。

    ユーザーID:3601553676

  • 半期で60万払えるのなら

    私立(医学部以外)だと半期で60万くらい授業料で要ります。
    授業料の納付書類がきた時点でその場で苦無く出せるのなら
    別に貯金しなくても良いですけど…。

    ユーザーID:8551998581

  • わかりやすいからでしょ

    高校・大学の費用って高いですよね。高校は公立私立ともに補助とかあって無料だったりもしますけど、運動部などになれば万単位でかかってきます。塾代だってバカにならないし。
    大学は国公立でも100万、交通費にそのほかの費用は?
    現在貯金が何千万とあって、そこから出すのなら関係ないですが。
    一般家庭では、子供が小学生のうちからコツコツ貯金しておいて、数百万貯めたものを教育費用にするんです。
    通帳などを分けておくのは、子供それぞれに必要なものをわかりやすくするためでしょ。
    全部一緒の通帳だと、いざ必要って時に「あ、車買ったんだった」「リフォームしたんだった」なんて事があるかもしれませんしね。

    ユーザーID:7021560280

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧