寒さの夏はおろおろ歩き

レス21
(トピ主8
お気に入り6

趣味・教育・教養

夏男

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 農業関係の方々の頑張りを知っておく

    お返事ありがとうございます。

    桃様

    >農家さんがどんな苦労をして作っているのかということにも、どうか
    >スポットを当ててほしいなあと思います。

    いもち病も、ニュースで取り上げられていました。

    植物が病気になる、それ自体が、農業を知らない人間には、なかなかピンときませんが、人間が手をかけている点で、自生している植物とは違う事を考えれば、少しは分かりそうなきもします(全く違っていたら、すみません。)

    それでも

    >最終的には天候が回復するしか解決策はないような感じなので、あとは神頼みです。

    このような部分が残るのが、農業の大変さであり、農業にかける思いの一端を見る気がします。

    宮澤賢治の「グスコーブドリの伝記」などによるイメージ程度のことしかないのですが、気にかかる事は、確かです。


    うどん様

    >お天気ちょうどいい具合に、ってならないものですかねぇ。

    加工野菜など、備蓄可能性の追求もされているようですが、まだまだ、天気(気候)頼みな部分が大きいのでしょうね。

    地球温暖化対策など、人間の思惑(各国政府の思惑)まで絡んできますから、技術的課題の解決のみならず、国際政治的課題の解決も必要になりそうですね。

    いまの段階では、農業関係の方々の頑張りによる部分が大きいこと、それを知っておくくらいしか、私にできることはないようです、

    ユーザーID:6660724848

  • 本当に、そうですね

    ぷ〜にゃーパン様

    お返事ありがとうございます。

    タイトル「回復してほしいね」、本当に、そうですね。

    ユーザーID:6660724848

  • 参考にさせて頂きます

    ルバーブ様

    お返事ありがとうございます。

    >そして、
    >そういうふうに生きられたらと願っていたことを、
    >懐かしく思い出しました。

    私は、ルバーブ様ほど、宮澤賢治が読めていないと思います。

    参考にさせて頂きます。

    ユーザーID:6660724848

  • 本当に、「おろおろ歩き」が、ずーんときました

    お返事ありがとうございます。

    五十代様

    >今思うとこの詞のできた時代の苦労が偲ばれます。

    本当に、大変だったんだろうなあ、と思いました。


    あのねのね様

    >賢治の時代ですから,天保の大飢饉などが有っての「寒さの夏」って言葉になるのでしょう.「おろおろ」ってのはなす術が無いということですよね.

    本当に、「おろおろ歩き」が、ずーんときました。


    焼き鳥様

    >ひと夏 大阪で過ごしてみてください。クーラーがないと本当に生命の危機を感じますよ。

    私は、熊本に住んでいたことがありますが、熱中症で死者が出ることが理解できました。

    大阪も、熊本同様、盆地性の気候なのでしょうか。

    あまり、認識がありませんでした。

    ユーザーID:6660724848

  • 本当に、難しい問題だなあ、と思います

    何に負けないのか様

    お返事ありがとうございます。

    >〜たった数ppm二酸化炭素量が増えるだけでこんなに大きな変化が起こるなんて、地球のバランスって微妙なんだなと感じています。

    NHKの番組で、「全球凍結」なる事象を放送していました。

    植物(プランクトン?)が増えすぎて、二酸化炭素濃度が低下し、地球が冷却化して、全地球が氷に覆われた、そのような内容でした。

    これを、人為的に解決しようとすると、地域的な対立も想定されますので、本当に、難しい問題だなあ、と思います。

    ユーザーID:6660724848

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • それくらいの射程がある、私は、そう理解しています

    tora様

    お返事ありがとうございます。

    >おそらく賢治は今の地球の温暖化は予想していなかったのでしょうね。

    「グスコードブリの伝記」に表現されている宮澤賢治の思想は、人類が気候を理想的に制御する事にあるのだと思います。

    ですから、地球の二酸化炭素濃度を、人類を主体としつつも、生態系に取って最適なものに科学力で制御する、そのような構想になるのだと思います。

    その場合、国境を無くして、人々の移動を完全に自由化する、その事により、地域の対立を解消する(どの地域に住むかは個人の完全な自由とする)事が、平行して必要になると思います。

    宮澤賢治の考えた事は、それくらいの射程がある、私は、そう理解しています。

    ユーザーID:6660724848

  • ありがたいことだと思っています

    お返事ありがとうございます。

    ナビ様

    >夏は暑いのにどうしてかと思ったのですが、前後して東北地方の冷害を学び、とても的確な表現だと思いました。

    意味が分かったときに、私もそう思いました。


    む様

    >宮沢賢治は岩手県ですから、やませの影響を受けた夏のことを言っているのだと思います。

    そうか、「やませ」でしたね。

    宮澤賢治の著作で、東北地方に親近感を持つようになりました。

    ありがたいことだと思っています。

    ユーザーID:6660724848

  • なかなか、思えるものではないと思います

    tokumei様

    お返事ありがとうございます。

    >田舎は新潟の農家のくせに、首都圏の生まれで中学生の頃は、暗唱させられたものの「雨にも負けず」はピンとこず、嘘くさいと思ってました。

    東ニ病気ノコドモアレバ
    行ッテ看病シテヤリ

    なかなか、思えるものではないと思います。


    色々、レスを頂き、嬉しく思います。

    このあたりで、トピを締めさせて頂きたく思います。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:6660724848

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧