裕福になっていく友だち

レス50
(トピ主1
お気に入り668

家族・友人・人間関係

ひろみ

40になり、やっと生活に余裕が出て来ました。もともと物欲はそうないのですが、普段の食べ物やちょっとした旅行などには我慢をせずにお金を使えるようになりました。

自分も恵まれているほうだと思いますが、お金に余裕のない20代、30代を共に過ごした昔からの友人夫婦は、二人ともとても成功し、立派な家と車を購入し、お酒なども高いものをそろえ、公共交通機関よりはタクシーという生活をするようになりました。年収は二人で3500万は超えているようです。

特にそのことを自慢するのでもなく、物欲に走るでもなく、必要だと思うものにお金を掛けるといった、わりと堅実な生活だと思います。それでも、一緒にいると、彼らが思っている普通と私が思う普通には一段違いがあるように感じます。一緒に出掛ける時など、彼らが行きたいレストラン、注文するお酒など、私にはちょっと贅沢すぎるものになります。

とても知的で良い人たちでこれからも付き合いを続けていきたいですが、ちょっと距離を感じてしまうのと、少しの嫉妬も交じって複雑な気持ちです。全ては私の気の持ちようだとわかっていますが、頭で考えるのと心で感じることに差があります。みなさん、気持ちの切り替え方などどのようにされていますか?

ユーザーID:2418631104

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数50

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 距離を置く

    私の友人にも生活水準が高い方がおられます。
    でもその人と付き合っているからといって、出費がかさむことはありません。
    金持ち(成金は除く)ほど堅実といいますが、本当にそうです。
    私も生活に困っていることはありませんが、無駄が大嫌いなので、友人との間でお金を使うようなことはしません。

    もしその友人が、高いお酒で接待してくれたり、こちらがお返しに困るような豪勢なことをしてくれるようになったら、その人との時間を減らすと思います。
    友人というのはフィフティフィフティなはずなので、こちらばかりごちそうになったり、お金を出させることはできません。

    だから気持ちの切り替えが必要なぐらい、負担に感じるのであれば、少し距離を置くのが得策に思います。

    ユーザーID:6479058541

  • 仕方がない

    私はここに書かれているような経験はありませんが、トピ主さんの気持ちは分かるような気がします。

    成功した友人は、収入に見合った生活をしているだけで自然体。

    見栄を張ったり、自慢しているわけでもない。

    でも、そんな彼らと生活レベルの差を感じざるを得ない。

    仕方がないですよね。

    無理をしないで、付き合える範囲で付き合うしかないですよね。

    ユーザーID:5042692688

  • そうですね

    距離を感じる、嫉妬も、、当然の感情だと思います。
    彼らがあからさまにそれを自慢などしてこないと余計にそういった感情を持つ自分を責める思いも出てきて苦しいですよね。

    気持ちの切り替え方としたら、ああ、それだけこの人たちは頑張ったんだ、とあくまでよその話として達観する事かな。
    自分達も彼らと同じ事ができたか?いや、できない。そう思えば今の状況は当然の事かも、って。

    もちろんあなたたちもしっかり頑張り余裕のある生活を今手に入れているわけですが、収入に関しては上には上がいるというのはよくある事で。

    それとそこまで「選ぶものの差」が出てくると密なお付き合いは難しいと思います。
    仲が良いのは変わらなくても、一緒に行動する事は減っていく。もしかしたら疎遠にもなるのかもしれない。
    仕方のない事です。

    ユーザーID:6086636321

  • それは仕方がありません

    その逆に落ちぶれていく人もいるのですから

    まだまだこれから格差が広がりますよ。

    ユーザーID:3820656719

  • 正直な方ですね

    自分はどうしたいのか?
    友人とこれからも仲良くしたい、だから仲良くする。
    友人が自分より貧乏な方が嬉しいか?
    そういう訳ではなく友人の幸せを喜びたい、だから妬まないようにする。
    友人が自分より裕福でも、自分が損する訳でもない。
    素直に「いいなあ、、」という気持ちは否定せずに、自分を客観的に見て自分もこういう点が幸せなんだとポジティブに考えるようにする。
    自分より恵まれている人は輝いて見えますが、その人と入れ替わりたいかと聞かれたら、意外とそうでもなかったりする。
    私は今の程々の生活が性に合ってるから。
    私はそこそこの人間だから、そこそこの生活がちょうどいい。

    ユーザーID:0179390834

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 友人側の意見です

    トピ主さんはそのご友人とどれくらいの頻度でお会いなさるのでしょう。
    よくて半年に一度くらいではないですか?

    私が最後に利害関係のない知己に会ったのは2年以上前です。
    お互い多忙なため、普段の連絡も数か月に一度がせいぜいの状態です。
    また、完全プライベートでゆっくり夕食をとれるのも稀な機会です。
    夫婦二人(大人だけ)となればひと月に一度もありません。

    わざわざ時間をとったたまの夕食くらい上質で安心できるものが食べたい。
    せっかく何年かぶりに会った懐かしい人と、楽しい時間を共有したい。
    料理やお酒はそのアクセントというだけです。
    「たまの贅沢」という価値観がずれていると残念な気持ちになります。

    私は38歳ですが、高校時代の友人との会食には未だ大衆居酒屋が定番になっています。
    正直、がっかりしてしまう。
    ひねり出したスケジュールで、大好きな古い友人と、何年かぶりにお酒が飲める、という自分にとってはスペシャルな行事なのですが、彼女にとっては日常の一コマなのですよね。
    もちろんわたしがどのような思いでスケジュールを開けたかなど、彼女の知る由もないわけですが…。
    せめて静かな店がいいなあと…。

    ユーザーID:5303859324

  • 割り切ること

    やはり割り切ることしかないのでは?
    知的でよい友人なので疎遠はやめたほうがいいですよ!
    いい友達もつことは素晴らしいことですから。

    40代ぐらいになると経済的格差があって当たり前なので
    懐関係は気にしないこと。
    現に主さんも恵まれているのですから。。。

    世の中、ほんとに裕福で年収も3500万あるという人はほんの一握りだとおもうのです。(一般的には)ここまで来たのも努力のおかげで今贅沢になさっているのではないですか。

    たまにでしたら、少し豪華なお付き合いもいい刺激になります。
    いつも一緒に行動するわけでもありませんから・・・

    いつもケチケチ、していて、高いところはお断りよりも
    たまにだったら、私はいい経験させてもらってるとお付き合い嬉しく思います。

    ユーザーID:1126940163

  • しょうがないんじゃん

    嫉妬とは。
    自分と同列か、それ以下だと思っていた近しい人が
    自分には無いものを持っていたり、その境遇になったりするときに
    起きる感情のようです。

    トピ主さんの場合は、
    もともとお金の無かった友人が、いつのまにか自分を追い越して
    裕福になってしまったから、嫉妬が芽生えたのですね。

    とても辛いし、面白くない。

    ですが、仕方がないことだと思うんです。
    友だちが2人いれば、必ずどちらかが上になって
    どちらかが下になる。
    差がある場合もあれば、無い場合もある。

    ちょっと辛いなと感じるようであれば、
    会う回数を無くしたり少なくしたりするなど
    調整をしたら良いと思う。

    自分もそこそこ裕福なのなら、それで良いと思うこと。
    人と比較しないこと。
    割り切ることです。

    あなただって十分、幸せですよ。

    ユーザーID:0686583218

  • 気持ちの切り替え?う〜ん。

    普通の人間には出来ないと思いますよ。まだ40代ならば。お互い働き盛りですので裕福になって行く友達と会っても心穏やかで居られる筈が無いと思います。貴女だって負けるものかと頑張っているから今の生活があるのだと思います。お互い良い方向で今現在友人関係を築いていると思います。でも貴女のその感情の方が寧ろ自然で私には好感が持てます。少し疎遠にされる事をお勧めします。いえ、これは友達に負けたからではなく貴女が貴女で居るためにです。心理学で学んだのですがやがて貴女が60代になると「足るを知る」(自分の生き方に納得出来る)状態になると友人が羨ましい事は羨ましいでしょうが最早そう友人の生き方が気にならなくなるそうです。だって貴女自身も頑張って生きてきたから。今は気になると思いますがそれが人間として自然ですので逆に今の気持ちを大切に生きていけばいいのではないでしょうか。そう思いますよ。

    ユーザーID:4169628617

  • 物欲から精神欲に

    昔からの友達とかが裕福になってたら嫉妬するのは当たり前です。類は類を呼ぶので、あまりかけ離れると自然に付き合いもなくなるのは当然です。

    この時点で、きっぱり納得して「それじゃ、精神的、知的な面でどうやったら彼らと違う幸せな生活が出来るのだろうか」と考えて、その目的で彼らの上を行くような活動をやった方が、嫉妬心なんかくだらない心情に悶えず、心広く付き合えます。

    例えば本を沢山読む楽しみを知るとか、良い音楽を聴く楽しみに浸るとか、絵を描くとか、ある趣味に没頭して卓越するとか、自然の中に入って瞑想するとか、とにかく彼らがいいレストランで美味しい高価なワインを嗜んでる期間に、勉強するとか素敵な本や映画に浸る事で、自分の精神的な成長は遥かに彼らの物欲に優っていくものです。もしくはそうであると自分に言い聞かせる事です。

    そしたら、物的裕福であるかどうかは全く気にしなくなります。これ、簡単じゃありませんか?

    ユーザーID:3340210762

  • 年収は社会の評価金額です

    年収が多い人々は、普通の人の数倍、努力しています。

    その成果が年収となるのです。

    年収が多く、資産が増えると、ゆとりができます。

    多くの人は穏やかで健やかに過ごします。一緒にいると、その人から火照りを感じるはずです。

    良い友達として、今まで通りの付き合いをして下さい。

    妬みを持つと、それが社会に認められない人の感情になります。

    スーパーで値段を見ないで買い物をできる生活を目指しましょう。

    ユーザーID:4344017134

  • 裕福の原因は

    何故に友人は成功したのでしょうか。

    家庭を一つの会社と考えれば、主な収入は会社勤めで得た報酬、支出は生活費。
    さて、そこで重要なのは、収入と支出の差でできた蓄えを新たな事業拡大のための投資に
    向けているかどうかと言うことです。
    同じお金を使うのでも費消(消費)と投資では意味が異なることを意識していますか。
    お金を銀行に預けて通帳の額を眺めているだけでは今日何も生まない。
    貯まったお金でグルメや旅行に行っても何も生まない。
    しかし、それを株式に投資するなり、資格取得でスキルアップするなり、人脈を広げるなり、
    新たな価値を生み出すことに使うかどうかで差が出てきます。
    それが金銭面だけでなく人生の広がりをもたらします。
    もっともそれは安易にできることではなくリスクもあれば情報収集や勉強などの努力を
    必要とします。
    きっと友人はそれを実践していたのでしょう。

    今からでも遅くはありません。
    飲食や旅行で日々満足せず、何か投資にチャレンジすることをお薦めします。

    ユーザーID:5115996057

  • 成功したお友達夫婦の立場の者です。

    私も40代。世帯年収も4000万円くらいで似てますね。
    CCロゴのやHのロゴのブランドバッグ持って高級車に乗っているから、
    みんな私達夫妻が裕福だというのは薄々感じてると思います。
    そうは思ってても、いざ家に招くと広くてびっくりされることが多いです。
    地名を言うだけでお金持ち地域と解るので、住所は必要ない限り明かしません。

    家に来てびっくりされること自体は普通ですが、びっくりされた後も自然に付き合える人としか付き合えません。
    嫉妬するような発言やら経済力に態度を変えた人など、全て頭の中のメモ帳にキチッとメモってさりげなく距離置きです。
    もう最初から立場の違いを感じてやたら下手に出てくる人や、変に敬語使ってくる人も知り合い止まり。友達にはなり得ません。

    お金以外のところで「人間の実力」というのがあると思うんですが、そういうところだけで楽しく過ごせる人達だけが我が家に出入りしています。
    いちいち車や持ち物で卑屈になられたりしたら、こっちも楽しく過ごせないし。

    レストランで友人が頼む物が高過ぎると思うなら「最初から会計別にしましょう」と言っておくか、「それは高いから私は頼みたくない」とか爽やかに言えば良いと思うけれど。それが言えなくてモヤモヤするならお付き合いの潮時なんだと思います。

    大人になると結局、経済的に同じくらい余裕のある人同士でしか会わなくなっていくものです。
    差があっても付き合える友達は、仕事や趣味の仲間で、お互いの経済状況以外に話題がある人達です。ある意味貴重です。

    ところで
    今一番仲が良いのは、本当にお金に困ってギリギリの生活してるご家族です。
    明るくて卑屈なとこがなく、私に必要な健康情報などシェアしてくれます。
    可愛いお子さん達が我が家の庭で屈託無く遊んでくれると私も楽しいです。
    こんなに経済力差があるのに対等に付き合えるのは、先方の人間性です。

    ユーザーID:0001592832

  • 無理なお付き合いはしないこと

    >一緒に出掛ける時など、彼らが行きたいレストラン、注文するお酒など、私にはちょっと贅沢すぎるものになります

    彼ら普通と、とぴ主の普通がレベルが違ってきているのです。

    とぴ主が彼らに合わせる必要は全くないのです。
    一緒にレストランに行くようなお付き合いは
    しなくても良いのではありませんか?

    彼らがいくら、堅実な良い人であっても
    収入の差が出る場面は避けた方が良いでしょ。
    彼らは3500万の収入の中での
    普通なのですから。

    今度、レストランに誘われたら
    高額な出費はうちは無理なのと
    言えば良いと思います。

    彼らがとぴ主と付き合いたいなら
    レストランもとぴ主に合わせるべきです。

    とぴ主は高額所得者に合わせる必要はありません。
    背伸びは厳禁ですよ。

    ユーザーID:0958351386

  • 私は言いました

    子供のころからの友人A。
    当時Aは父親があまり働かず経済的に苦しい生活をしていました。

    月日は経ってアラ50の今立場は逆転。
    Aのことは好きですが、こだわりの店、すぐタクシー、彼女のお誘いについていけません。
    ボーナスが「たったの〇〇万円」とか、お安く手に入れた服が〇〇万円という話題にもついていけません。

    昔からの友人なので私は直で言いました。
    「あなたのお誘いは私には高額すぎてつきあえない」と。
    Aはしょんぼりしてしまい、それからは私が誘う側になりました。
    昔貧しかった経験があるのでバカにするようなことは言いません。

    だれでも言えるわけではありません。
    運が良かっただけです。

    ユーザーID:1323330713

  • よくわかります

    私の場合は、娘の嫁ぎ先のご夫婦(いわゆる、舅姑)がそうです。
    良い方です、話も合います、娘のこともとても大事にしてくれます。

    でも、状況はトピ主さんと全く同じ。
    孫にかける金銭感覚も単位が違っています。

    これからもずっと長い付き合いになります。
    でも厳しいなと感じることが多いです。

    参考になる意見がなく、ごめんなさい。
    他のかたのレスを待ちたいです。

    ユーザーID:0248140263

  • あまり好きじゃないけどお金持ちだから付き合うの?

    それってもう友達じゃないと思います。
    たまに食事をする知人でしょう。

    引け目を感じない新しい友人を
    作りましょう。

    ユーザーID:1107558063

  • そういう家庭もあるよね

    あるよね〜で、終わり。

    元々お金持ちの友人が多かったので、特に気になりません。ある所にはあるんだな〜と思うくらい。

    遊びに行って桁違いならば、あらかじめ店の基準は私から言います。

    私の場合はトピ主さんの友だちの立場になりました。そんなすごい年収ではありませんが、あれこれ削って教育費に当てたら、一部友人だった人から沢山のイヤミを頂戴しました。海外旅行年2回も家族4人で行けるなら、それを削れば私立の学費くらい平気だと思うんだけどなあ。

    妬む暇があるなら、働けば良い。

    私のお金持ちの友人たちは、基本不労所得だけで暮らしていけるのに、仕事をします。お金持ちほど働く不思議。

    ユーザーID:1142743159

  • 生活が似てないと互いに疲れ疎遠になってくのは自然

    女性って、結婚するまでは、似たような生活と勘違いしても、結婚相手により生活が変わるので、


    付き合い方を変えていくのは、自然の流れですよ。


    今後は、もっとそういうことが増えるかもしれない。


    リッチな友人にしても、傷つけないように気を遣っているし、あなたも、ついていけないので、惨めな気持ちになる。

    お互いに疲れちゃうので、経済的に似た人と友人になってるのが楽ですよ。


    私は人生50年を生きて、あちこち転勤し、痛感しています。
    生活ぶりが似ていないと、互いに疲れます。

    ユーザーID:5653356982

  • 付き合うのをやめる

    やっぱり同じ様な生活レベルの人といる方が気楽ですね。
    無理して出費とかつらいですもん。
    心の持ちようって言ったって、無理してるじゃないですか。

    それに逆の立場だったら私は誘うのをやめますね。
    逆に気を遣って疲れます。

    ユーザーID:1236678075

  • 片側だけ見ると苦しくなる

    >年収は二人で3500万は超えているようです

    この年収を自力で得ているのならば、並大抵の努力や気力で、継続は難しい。つまり仕事に関しては物凄く頭と労力を使っているわけですね。集中力やストレスやプレッシャーは勤め人には計りしれない。これをあなたも実践したいですか?


    どうも、あなたは遊び仲間のようなイニングみたいですが、遊びだけ一緒にいるから、経済格差が気になるんだと思いますよ。遊びにしたって、もっと精神性を重んじたことにすればいいのでは。例えば展覧会にお誘いする、その後ランチやお茶飲んでお開きにするとかね。


    >とても知的で良い人たちでこれからも付き合いを続けていきたい

    本当かな(笑)?セレブな雰囲気に憧れて無理している様に読んで取れる。無理はよくないんだよ。


    >一緒に出掛ける時など、彼らが行きたいレストラン、注文するお酒など、私にはちょっと贅沢すぎる

    これは正直にお話しした方がいいですよね。遊び仲間や娯楽仲間としてしか必要がなければ、それまでのつながりということです。これまた無理はよくない。

    ユーザーID:3404452904

  • 年収3500万!

    働き盛りの共働きで年収合わせて1000万ならば普通ですけど、3500万はちょっと無いと思いますよ。
    レベルの違うご家庭とのお付き合いは自分が大変なだけです。
    徐々にフェードアウトしてみては?

    ユーザーID:9349231806

  • 合わせようとするからしんどいのよ

    私なら予算的に無理な会食は
    【無理無理〜破産するぅ〜〜笑】と言っちゃいますよ?

    友人に桁外れな人がいるんですが 彼女には言わないとわからないのです。

    安くて美味しいところを見つける楽しみを 彼女に教えてあげました。
    今 彼女もはまってます。

    同等の付き合いが出来ないから友人じゃなくなるなんてことは 無いですよ。

    もちろんたまには 彼女に渡しも合わせますけれど それはいつもじゃないです。
    著名人が集まるパーティなどもお断りすることが多いけれど、興味があれば参加します・


    自分が基準。

    なにもかもを合せる必要無し。

    ユーザーID:9948023158

  • 人それぞれ、様々です。

    50代の主婦です。

    自分では、贅沢をしているつもりはなく、至極「普通」だと思っていますが、それは自分の勝手なスタンダードだと考えています。経済的なことが原因で、私に対して距離をおくようになった友人もいると思います。逆に、ご主人の仕事がうまくいかなくなって、生活がたいへんでも、昔と変わりなく付き合える友人もいます。

    私には、とんでもなく裕福な外国人の友人がいます。彼女とは偶然海外で知り合い、30年以上の付き合いです。妙に気が合うので、今も年に1度は会うのですが、彼女の家族やご主人のご商売の話になると、あまりにかけ離れていて面白いくらいです。ご子息の結婚式にハリウッドの超大物スターが出席したと聞いて、びっくりしたこともありましたが、本人はいたって普通の人です。一緒に食事に行くときも、ごく普通のレストランで、交代で奢り合うので、引け目を感じるということはありません。

    でも、お財布が抵抗してしまうようになったために、お付き合いをやめた友人もいます。贅沢なレストランには、そう度々一緒に行けません。所詮、表面的なお付き合いしかしてなかった友人であれば、そんなふうに距離をおくことになっても、さほど残念に感じません。

    家庭の年収に関係なく、一緒に楽しく時を過ごせる友人が一人でもいれば、それでいいのではないでしょうか。無理しておつきあいをしても、楽しくないでしょう。

    ユーザーID:3491655384

  • わかります。

    私も知り合いで、かなり裕福な家庭です。
    時々招かれて食事をご馳走になるのですが、
    住んでいる家も〇億円(言われなくてもわかります)
    食事の食材もうん万円だとわかります。

    庶民の我が家に戻ってくると、なんだか
    惨めな気持ちになり、2,3日は
    どうしてもっとお金がないんだろうと
    憂鬱です。

    夫も我が家の夕食をみると、
    「なんだか、あれ見ちゃうと、みすぼらしく感じるなあ・・・」
    と、さびしそうです。

    お付き合い、ほどほどになされてはいかがですか。
    住んでる世界が違うんです。

    ユーザーID:6549542515

  • どうして?

    どうして嫉妬したり、比較したりしなければいけないのですか?
    そういったことを止めれば良いのにね。

    トピ主さんはすでにご友人夫婦とは価値観が異なるということを認識しなければなりません。
    ですから
    お酒の種類や交通機関の利用方法などに違いが出ても当然といえば当然なのです。

    まず、ご友人夫婦の年収ですがどのように知ったのですか?
    まさか、ご友人夫婦が教えて下さったのですか?
    それともネット検索で平均的な年収を調べた結果なのですか?
    こういうお金、特に年収の話などを持ち出すのは下品な行為だと思います。

    ところで、お金があるからと自慢したところで何になりますか?
    高所得者の場合は収入が高い分、支出もそれなりに多いのですよ。
    おそらくトピ主さんにはわからないような科目の支出が沢山あるかと思います。

    トピ主さんの情報が何も書かれていませんが、40歳の独身女性ということでしょうか?

    家を購入することくらい既婚者なら考えるべき問題です。
    ですから自宅購入はそれほどすごいことではありません。
    車もランクによりけりなので一概にどうとはいえませんが、
    フェラーリやランボルギーニなどを気軽に運転できる方であれば超リッチですよね。
    タクシー利用も40代にもなれば短距離でも利用することって増えますよ。
    寄る年波に勝てないのです。

    私も40代になってからタクシー移動が増えましたし(1人のときのほうが多いです)、
    食材などもスーパーが面倒臭いならデパートや成城石井でがっつりと買い物をします。
    そういう年齢に入ったということです。

    付き合いをすることによりストレスを感じるならば
    それは本当の意味で友人にはなりきれない間柄だと思いますよ。
    そういった価値観の相違って友人関係であってもとても大事です。
    同じ価値観の別の友人を作る方が幸せになれると思います。

    ユーザーID:6669093113

  • 本当に気持ちの持ちようだと思う

    彼らの収入アップは彼らの努力もあるので、トピ主さんも自分が思っていることが
    理不尽だとわかっているんですよね。

    彼らはそれなりに堅実にやっているわけで トピ主さんを
    見下してきたりしているわけでもない。

    高いお酒なども下手に気を使われてもそれはそれでもやもやするだろうし

    やはり気持ちの持ちようだと思うのです。

    どう気持ちを持っていくか。逆の立場だったらどう思うか。

    トピ主さんが今の生活が幸せならば他人は気にならないのでは?

    ユーザーID:4026518799

  • できればつながっておく

    個人的には「どんな人に囲まれているか」で人生が決まると思っています。子どもにお受験させるのもこれが大きいです。持ち物や家より、違うのは思考回路と行動、習慣です。
    最近の若い子が「自分より格下の友達といるほうが楽」という傾向ですが、これは最もお金持ちから遠ざかる行動です。
    どうしても、惨めになるからそれは出来ない、とおっしゃるならそれはそれなりの結果を自分で受け止めることです。

    ユーザーID:2727901879

  • 嫉妬は悪いことじゃない

    嫉妬する=悪いことではありません。嫉妬に狂うことがいけないのです。
    たしかにそのご夫婦は苦労されたときもあったのでしょうが年収3500万は羨ましい!うちは350万…(笑)
    別にあなたはそのままでいいのでは?嫉妬して嫌がらせしたり嫌み言ったりしてないんですよね?3500万を稼ぐ人はちゃんと人を見分けます。そのお眼鏡にかなったトピ主さんなら変わらないでいいんですよ。
    まぁもし気持ちを切り替えたなら「会うたびにちょっとセレブからご利益貰おう〜♪」ですかね。近くにいるだけでなんかハッピーなことが起こりますよ!

    ユーザーID:4795168721

  • 素直になろう

    物欲がそう無い人は(殆ど無い人は勿論)、「立派な家と車」とか「お酒なども高いもの」、「公共交通機関よりはタクシーという生活」という認識をしません。
    一軒家に住んでいることは判っても、持ち家か貸家かとか立派かみすぼらしいかなどという値踏みの発想が無いのです。酒類、タクシー云々についても同様。と言うか、そういう発想が無い人を物欲が無い(とか薄い)と呼ぶのです。

    トピ主は「物欲」にマイナスイメージを持っており、そういう欲とはなるべく無縁でありたいと願っており、日常の言動においても、勿論無意識に、そういう価値観が反映されているのでしょう。結果、自分自身がそういう性質(タチ)なんだと思い込んでいるだけなのです。自己暗示の一種かな。

    ところが実情としては意識の一部はそういう自己欺瞞を知っているわけで、自身を騙しきれない負荷(レストラン、注文するお酒などの贅沢度が高いなど)がかかると“嫉妬交じりの複雑な思い”として漏れ出てしまうのです。

    「へー、家に結構オ金かけてるねー」とか「高い酒飲んでるのねー」「えっ、ここタクシ−?」「一食にそんなにかけられないなー」などなど、素直に反応できていれば“嫉妬交じりの複雑な思い”は湧かなかったと思います。でも、そういうのっていかにも「物欲」に拘っているみたいで抵抗あるんでしょ?それがトピ主にしっかり「物欲」がある証左です。
    「物欲」に関する諸々の思いを一旦リセットして自分自身と素直に向き合ってみてはいかがか。新しい地平が開けるかも知れませんよ。

    ユーザーID:2692769974

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧