ゴミ出しは家事には入らないですか?

レス404
お気に入り1,079
トピ主のみ0

トピ主

男性発

このトピのレス

レス数404

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 主擁護してる人は

    私は専業主婦ですが、年に2回家事代行サービスを利用してます。
    エアコンの洗浄、キッチンの水回り(レンジフード込み)、お風呂と洗面台をお願いしてますが、2時間で約7万になります。

    つまり、週3日で21万になり月にしたら84万の価値になるわけです。それを踏まえれば主の奥さんは月に100万以上稼いでるわけです。

    一方主はお手伝いレベルの家事しか出来ない。
    職は分かりませんが、10時間もだらだら仕事して時間内に終わらせる事も出来ない。どこの企業でも仕事が出来る管理職はだらだら仕事しませんよ?

    そんな事も分からずに擁護してるんですか?

    主の奥さんは、炊事洗濯掃除の他にアイロンかけや買い物、近所付き合いの他に6時間仕事してるわけです。

    主はお手伝いレベルのごみ捨てのみでだらだら10時間の仕事。

    全く分担制になってませんけど、主擁護してる人は主みたいに仕事も家事も出来ない人と結婚したから、擁護したいんですね。

    ユーザーID:8216390069

  • 公平とは

    ななさん
    別の方も同様な主張されているので聞きますが「仕事の反対割合時間、家事をする。」
    それが本当に公平だと思いますか?
    あなたの出した時間を使うと家事の時間1460分を、夫420分、妻1040分で行う。
    これだと仕事と家事の時間で夫が67時間、妻が42時間行うことになるのですが、これが公平の状態と言うのですか。
    あなたの出した家事の時間は25時間、これ全てを妻がやっても仕事と家事で49時間。掃除の追加は受けて公平だと私は思うのですが、やはり前者が公平だと思いますか?


    別件ですが、
    家事も仕事並みのプレッシャーで行うことが公平だと思います。
    営業なら成績グラフを掲示され、製造ならストップウォッチもった監督者に最短のやり方を決められ、接客業では理不尽な対応を受け入れる。
    「掃除が足りてないよね…」これ、入ったばかりのパートや大切な新入社員だって言われる軽い注意ですよ。
    それがひどい言葉と捕らえるのは甘えた考え方だと思います。

    ユーザーID:4684182507

  • 結局はお互いの思いやり

    なんだろうなぁと思う、40代の既婚男性です。
    ゴミ出しは10-15分ぐらいで出来ますよね。その程度です。
    むしろゴミ出しをするために、ざっと家の中を掃除してたまったゴミも一緒に出すぐらいやってみたら。それなら結構時間がかかりますし、掃除&ゴミ出しなので家事といえるぐらいになると思います。ゴミ出しも週2ぐらいだと思いますから、それほど負担じゃないように思います。
    風呂掃除も5-10分ぐらいで終わりますよね。たまにしっかりと掃除しないといけない部分はでてくると思いますけどね。

    当方は、掃除全般、ゴミ出し程度は引き受けてます。
    慣れたらそんなに負担ではありません。毎朝 20分ぐらい時間をとれば掃除も含めて出来ますよ。ゴミ出しのない日は掃除とか分けてやることもできますしね。

    ユーザーID:5638632460

  • またこういう馬鹿げたことを

    言う主婦が出てくる。本当に主婦って世間知らずですね。

    >つまり、週3日で21万になり月にしたら84万の価値になるわけです。それを踏まえれば主の奥さんは月に100万以上稼いでるわけです。

    レンジフードを掃除する人達の月給が100万近くあるとでも言うのですか?

    そんなこと言ったら、私の提供しているサービスは年間ン億ですから、主の
    奥さんの100万どころではなく、月数千万稼いでいる事になりますよ。

    売価、原価、更にはそこから貰える給与をごっちゃにして話すからそんな
    馬鹿げたことになるのです。

    もう少し世間を知りましょうね。

    ユーザーID:5126254460

  • 主を擁護する気は無いが…月花さん

    あなたの理論は破綻している。

    2時間70000円稼げる(収入)仕事なんて無いよ。

    そもそも、見積り高過ぎ。

    作業者に支払われる賃金なんて1時間2〜3千円が良いところ。

    で、論点はそこでは無く、主のしている事は家事かなんだが。

    家事だと思うけど、役には立っていない。

    労働時間や収入は関係無く家事はお互いに範囲を決めてする事。

    家はお互いフルタイム。
    収入はじいさんが3倍有るが、家事は下記の通り担当している。

    掃除、洗濯は妻
    平日の炊事は各々
    (米のみ妻が炊き、おかずは各々準備して洗い物も各々)
    土日の朝昼食は各々、夕食はじいさんが8割方作る。
    (買い物含める)
    日用品調達は妻
    風呂、トイレ掃除はじいさん
    生活する為の家事は細かく探すと本当に沢山有る。

    主は台所の洗剤やスポンジ、風呂場のシャンプーやコンディショナー、ボディソープの詰め替え、毎日では無いけど家事だと考えた事有る?これらは一例。
    主のしている事は家事全体の1%程度。
    仮に労働時間や収入云々を考慮したとしても最低35%は足りないね。

    仕事すると言う事はストレスとプレッシャーを受けると言う事。

    夫婦で働くと言う事は、例え一方が1日3時間週3のパートだとしてもお互いが納得するよう家事を分担しなければ駄目だと思う。

    ユーザーID:7502349993

  • 忙しそうにしているのを横で見ていてゲーム三昧

    忙しそうにしているのを横で見ていてゲーム三昧。

    そして『掃除がたりてないよね』発言、そりゃ怒りますよ。

    ごみ出しは、うちの近所の小学生のお子さんでもやっています。

    ユーザーID:5724484814

  • 家事には二つの側面がある

    家事には2つの側面があります。

    ひとつは「機械的に実行する」という側面。

    料理で言えば、切る、炒める、味付けする、盛りつけする、配膳する、等
    洗濯で言えば、洗濯機のスイッチを入れる、干す、畳む、等
    風呂掃除なら、浴槽や床を洗剤つけてこする、等
    ごみ捨てなら、ゴミ捨て場に持っていく等

    もう一つは「考える」という側面。

    料理で言えば、予算を立てる、献立を決める、材料の在庫と調達方法を把握する、等
    洗濯で言えば、天気や量に合わせて予定を立てる、素材に合わせて洗剤を選ぶ、等
    風呂掃除なら、掃除用具の買い替え時期の検討、シャンプー等の残量把握と補充、等
    ごみ捨てなら、ゴミ袋の在庫チェックと補充、ゴミの日の確認、分別、等

    実際に家事をしているように見えるのは「機械的に実行している」ところだけですが、
    その裏には、目に見えないたくさんの考えるべき事柄があるわけです。

    仕事の帰りに買い物してくるくらいたいした手間ではありませんよね。
    奥様から「牛乳とトイレットペーパー買い忘れちゃった。買ってきて」と頼まれれば
    いつも使ってるものを探して買うくらい、トピ主さんにも簡単に出来るでしょう。
    でもそれは家事の手伝いであって家事ではありません。

    旬の食材と家族の好みとここ数日の献立を考慮した上で今日の献立を決めて、
    冷蔵庫等の在庫を考えて足りないものを購入したり、日用品の残り具合と
    特売日までの日数を考えて買う日を決めたり、いつもの商品の底値を覚えておいて
    スーパーで買うかドラッグストアへ行くか決めたり、トピ主さんにできますか?
    家事としての買い物っていうのはそういう事を言うんです。

    奥様が分別して、奥様がゴミの日に合わせて玄関に置いたものを、
    ただ機械的に運んだだけでは「家事をした」とは言いません。

    奥様は、そういうことを理解していないトピ主さんに怒っているのだと思います。

    ユーザーID:3172804998

  • あのさー

    ゴミ捨てなんてうちの3歳の息子でも出来るとってもとってもかんたーんなお手伝いなんですよ〜?
    ゴミ捨ての大変なところは色々なゴミ箱からゴミを集めてまとめるところなんですよー?
    捨てに行くだけで偉そうなこと言わないで欲しいです。
    うちもトピ主夫婦とほとんど変わらない勤務時間ですが、夫は食後のお皿洗い、保育園で着た子供の服を干してくれたり、子供のお風呂入れてくれて寝かしつけしてくれて、休みの日には掃除機かけてくれたり本当に夫としても父親としても100点満点です!
    トピ主は何してるの?笑

    ユーザーID:8364860675

  • kikiさんに同意

    お互いに相手に対する思いやりや労わりがあるといいですよ。
    そしてそれを相手に伝えるのはもっと大事。

    不満を口にする前にまず感謝です。
    お互いに仕事をしてるなら「お疲れ様」「いつもありがとう」は大事です。

    私達のために仕事を頑張ってくれていると思うから、仕事から帰った夫にはまず「おかえりなさい、お疲れ様です」
    仕事に出る時は必ず「いってらっしゃい、気をつけてね」
    最近、腰痛の私の代わりに夫がゴミ出しに行ってくれます。
    行ってくれるのはわかっていますが「ゴミ頼んでいい?」「いいよ」「有難う、お願いね」必ず聞くことにしています。

    夫の実家に行った時は買い物から食事を作って後片付けまで私がするので、帰りのクルマの中では夫が言います「今日は有難う、お疲れさん」
    酔っていても必ず言います。
    夫の両親の通院に付き添った日も、帰ってくると開口一番に「今日は有難う、病院どうだった?」

    トピ主さんが仕事から疲れて帰ってきて、スマホいじってゴロゴロできるのは、奥様が食事の支度をしてくれるからですよね。
    奥様も夫が疲れているのを知ってるから「ゴロゴロしてるなら洗濯物畳んでよ」なんて言わないのでしょう?
    奥様も仕事しているのですから、疲れているのは同じだと思います。
    でもご自分の方が「働いている時間が短いから」黙って家事に励んでいる。
    やっぱりそこは、不満よりも「有難う」がよかったですね。

    人間不思議なもので、誰かに労いの言葉をかけられるとなんだか疲れもちょっと減って、次も頑張ろうって思えるようになるものです。
    それが自分にとって大切な人からの言葉だったら特に。

    お二人とも忙しすぎてそんな余裕がないのかも知れませんが、試しにちょっと言ってみてはどうでしょう。

    ユーザーID:9142151755

  • 生活空間

    自分の出来る範囲で家事をしています
    共に生活する部屋なので、散らかってるなと思ったら自分で掃除しますけどね
    自分では気付かない所を奥さんが、奥さんが気付かない所を自分がみたいな
    ケンカをする前に相手も仕事をして疲れてると思うので、分担までとはいかないまでも気付いたらやってあげるのが円満にいくとおもいますよ

    ユーザーID:3693305449

  • お手伝いレベルかと…

    うちは主さん夫婦と似たような感じの勤務体制です。家事もほぼ私の比率が多いです。

    ですが、基本的に口は出しません。冗談でも出したとしたら、私も冗談でキレて返し、旦那が謝る形です(笑)
    もし本気で言ってきたとしたら、本気で返します。

    「口を出すなら、手も出せよ。」この精神だからです。

    働いている時間が少ないから家事をやることが多くて当たり前、これは奥さん自身が思っていいことであって、主さんが思うべきものではありません。

    家事は細々したものが多く、あれもこれもと、働いている中で行うのは至極大変です。それを今以上にと求めるのなら、主さんが行いましょう。そこに勤務時間がどうこうとかは言い訳にしかなりません。

    また、主さんが10時間勤務できるのは、奥さんがそのぶん家のことをやってくれているという一面もあります。

    ちなみに家では、ゴミ出しは小6の息子が毎日やり、とても助かっています。が、それはお手伝い程度のことです。仕分けは私がやって玄関に置き、それを息子がゴミステーションまで運んでいます。

    子供がお手伝いとしてやっている内容を同じことを、主さんは家事だと豪語しているのが滑稽に感じられました。

    ユーザーID:4176814580

  • 聞くまでもない

    妻を横目にスマホいじったりしてゴロゴロしてます。

    これいつもされるとムカつきますよ。僕は主さんと真逆で彼女が料理、掃除、片付けが苦手なタイプなんですが、自分はそれらが苦にならないから全部受け持ってる側なんですが。それ自体はいいんです。得手不得手があるから無理にお互いがする必要はないと思うので。ただ夜帰宅して時間がないので急いで食事を用意して2人で食べ終わるとすぐに片付けして、と動いてる傍目にテレビをぼんやり見てるかスマホいじるだけで動きもしない彼女を見ると毎回ではありませんが『少しはなにかしたらどうだ?』と言いたくなることがあります。手伝えということではなく。ただ片方が家事などで忙しく動き回る横でただ無気力にダラダラされるのはこっちにも脱力感がうつり家の中の雰囲気が悪くなります。相手を思いやることは何かする事以上に大切ですよ。

    あと質問の解答ですが、ゴミだし。あんな1分かからないものは家事のうちにはいらないです。

    ユーザーID:3840663770

  • 女性は感情の生き物です。

    こんにちは。

    女性は感情の生き物です。数字で測れるものではありません。
    なので、たまたま、ちょっとしたことで、噴火してしまったのでしょう。

    家事の分担や、仕事量が原因ではないと思います。
    ちゃんと、いつもねぎらいの言葉をかけていますか?
    記念日はいつもと違うお祝いをしていますか?

    あと、夫婦間で権利意識をもってはいけないと思います。
    夫婦はあなたの家庭の共同経営責任者です。
    もし、掃除が足らないなと思うことがあったら、自分が動けるのなら、
    自ら動くことにためらいを持ってはいけません。
    なんせ、共同責任者なのですから。

    そういうところが抜けていたから、感情的に怒られたのだと思います。
    なかなか男性には難しく理解できないところではありますが、
    女性と男性は違う生物の日本人と思う必要があると思います。

    ユーザーID:7652312932

  • 我が家の話…ちょっと自慢になるかもですが(笑)

    我が家の場合
    私は週5日、1日平均8時間勤務です。
    妻は週5日、1日6時間勤務です。

    妻は、平日は5時前に起きて、洗濯をし弁当を作り朝ごはんの準備をしています。
    妻は、寝坊をしたことがありません。私には到底マネできません。
    仕事から帰ってきたら、また夕飯の準備、風呂の掃除…です。

    私は、平日は朝に掃除機をかけ、ゴミを集めて捨てるだけです。
    (平日はハタキをかけるのは省略です)
    せめて自分もと思い、私の休日には、洗濯物を干す、たたむ以外の家事をすべて行っています。
    ※洗濯物については、妻のポリシーがあるみたいで(笑)
    別に強制されたわけでもなく、やりたくないなと思う日もありますが、
    妻だってそう思う日だってあるだろうけど毎日やってるわけですから
    自分だってサボれません(笑)
    食事の準備も今でしたら料理レシピ投稿サイトがありますから、
    そこそこのものは作れますよ(笑)

    やり始めたきっかけは、妻が起きるところを見たときです。
    まだ暗くて寒い中、起き上がっている姿を見たら
    自分はなんて楽しているんだろうと思ったのです。

    トピ主さんも奥さんの日常生活を振り返ってみると
    そこには感謝しかなく、何かしたくなるはずですよ。
    まずはできることからはじめてみてはどうでしょうか?

    ユーザーID:2844009497

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧