全国学力テスト2017年結果について

レス13
(トピ主0
お気に入り55

趣味・教育・教養

アメニモマケズ

今年も全国学力テストが行われ、結果が出ましたね。
好成績だった都道府県、振るわなかった都道府県、悲喜こもごも、様々な意見があると思います。
みなさまのお住まいの都道府県と意見をぜひ聞かせてください。
私は大阪府在住、やはり成績上位の都道府県が上位である理由を知りたいです。
どうしたら大阪府は上位に入れるのでしょうか。

ユーザーID:6351575854

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大阪が上位になる方法

    中学生の対象に私立中学の子たちにも学力試験に参加させればいいんですよ。
    あれ基本的に公立校対象だから。
    秋田とか福井とか上位の常連できちんと自治体の努力がみを結んでいると思います。
    ただ首都圏や近畿圏の私立中学の子たちも加わるとかなり結果が変わります。
    小学校のころから模試とかで鍛えられてる私立中学の子たち、しかも上位の難関校や人気付属校の子たちのレベルは相当なもんですよ。
    ある意味大阪なんていうのは飛車角抜きのハンデ戦を戦っているようなもんですよ。

    ユーザーID:8470631404

  • 上位常連県在住、小学校と中学校の先生の経験あり

    私が住んでいる県では、県の教育委員会が大学と連携して「探究型授業」という授業方法を推進しています。
    授業は次のように進められます。

    一番わかり易い算数で説明します。

    1、課題の提示「今日のめあて」を知る
    2、自分一人で解き方を考える
    3、決められたグループで解き方を発表し聞く
    4、グループの代表がクラス全体に対して発表する
    5、どの解き方が一番合理的か話し合い、「今日のまとめ」を自分の言葉で書く
    6、「今日の感想」を書く

    1、「三角形の面積を求めよう」
    2、方眼用紙に書かれた三角形の面積を求めるため、線を書き加えて既習の四角形や平行四辺形に変形させる
      子供は思考が柔軟なので、いろいろな形ができます
    3、自分の見つけた方法を発表し、グループの他の人の発表を聞く
    4、どの考えを発表するか話し合い、代表を決めクラス全体に対して発表する
    5、どの考えも「底辺×高さ 割る(記号が出ません)2」 に集約できる
      ここらへんは教師主導になることも多いです
    6、「三角形の面積の求め方が分かって良かった」
      「自分と違う友達の考え方が面白かったです」
      こんな感想が出ます。

    6年前私が講師で勤めていた学校は市の研究推進校だったので、1年生からこんな感じで授業が進められました。
    4年生位になるとそのパターンで授業が進められるのは当たり前で、
    「グループで話し合いをして下さい。」と先生が言うと、さっと机を合わせて話し合いが始まります。

    あれから6年経つので他の学校にも普及して、どの学校でもこのパターンで進められていると思います。
    昨日の地元紙でも「探究型授業は思考力を付けている。」との記事があがっていました。

    他には、早寝早起き朝ごはん好き嫌いはしない、むしばの治療はしっかり、家庭学習は当たり前、でしょうか。
    家庭が安定していると、授業に集中できます。

    ユーザーID:8982488745

  • 秋田から、お邪魔します。

    今年もトップ級。と地元紙にありました。うちの子の時はトップでした。
    ひとえに先生方のきめ細やかな指導の賜物と思います。

    秋田はご存知の通り、ガン、自殺率もトップで過疎化しています。
    この中で、就職先で安定している代表が

    「先生」

    なのです。

    地元国立の秋田大学は教育文化学部は秋田師範から歴史あり、教員として出世するには有利でした。医学部はそのあとにできました。なので、高速道路、新幹線はなかったの秋田で優秀で金持ちな子は

    「先生を継ぐ」

    ため秋田大学教育学部(当時文化はつかない)の行くのが私らの時代でした。いま50歳前後で管理職です。親の代から生活に余裕があるので、生徒に目が行きます。

    最近は30歳以下は東北大、学芸大出が増えた気がします。

    「自分の学力を受験で試したい」

    時代のニーズにも合っていると思います。ちょうど全国学力テストが始まったころの子も25歳くらいです。

    「先生を育てた家庭の環境」

    が安定してて、ほかに職がないので優秀な人材が帰り、また生徒を育てているのも大きな要因と思います。

    ユーザーID:7846321616

  • 大阪は最下位でいい

    平均正当率が65%ということは、出来る子がいても影響力は少なく、下位層、出来ない子が足を引っ張るということです。
    出来ない子を減らせばいいというのは単純な解決策ですが、現実に目を向けると
    家庭環境、家庭の経済環境に問題がある子が出来ない子である確率が高いです。
    (皆がそうではないですが、確率の問題です)
    大阪という雑多な街、大都会にそういう経済的に厳しい家庭を受入れる度量、雇用
    吸収力がなければ、行き所がない不幸な人が増えることになります。
    皆が同じでなく、勉強なんか出来なくても力強く生きる力を身につける。そういう価値観で生きる人がいてもいいと思います。
    現実に皆が豊かにはなれない時代です。
    単純な理想論では不幸です。
    (東京はエリートの町でもあるから、大阪に期待します)

    ユーザーID:9374941378

  • 続き

    1本目のレスの後、「全国学力テスト順位」で検索したところ、政令指定都市の順位も出ていました。

    新潟市が小学国語A・B、算数Aでトップ。
    「何を学んでいるのかを示す「学習課題」、何を学んで、何をできるようになったのかを振り返る「まとめ」、どのように学んでいるのかを自覚する「振り返り」のある授業を目指している。新潟市教育委員会はこの3つのフレームワークを小中学校の教育現場に広く周知し、授業づくりや小中学生の学力の向上に取り組んできたという。」
    だそうです。

    仙台市は中学すべて(国語A・B、数学A・B)で1位
    「東北大学の研究チームと協働研究を締結し、学習意欲の科学的研究」
    「教員の指導力向上については、宮城教育大学と立ち上げた「確かな学力研修委員会」と協働し、教員に向けた模擬授業「提案授業」の実践や公開、提案を実施。」
    だそうです。

    サラッと書いていますが、現場の先生たちの負担はかなりのものです。

    先生たちは教えること3割、後の7割はお金の計算や県に出す報告書や遠足に使うバスの手配など、教えること以外のことに時間を割いています。
    もう少し予算がついて、学級の経理や通信や宿題プリントの印刷をしてくれる事務の方が配置されないものかと思います。

    ユーザーID:8982488745

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 学力テストは意味がない

     学力テストは基本私立公立どちらも参加できますが参加していない学校もあります。
    全ての学校が参加したら、当然1位は東京になると思います。
    大阪、奈良も上位に入るはずです。

    学力テストが上位でも進学率は低いですよね。
    ですから結果に一喜一憂することは無駄です。

    ユーザーID:2356534717

  • 個人戦なので・・

    秋田県は凄いな〜と思うし、上位の県の小中学校は、子供が勉強したくなるような授業しているのなら羨ましいとは思います。

    うちも大阪で、ずっと下位ですが、それはなんとも思いません。
    勉強は個人戦なので、自分の子供の成績が良ければそれでよしです。

    小中で結果を開示されてきましたが、うちの地域の学校は大阪の平均値を大きく上回っていました。でも、中学の数学が特に面白い授業をしてくれた訳ではないです。テストがやたら難しい。大阪の人ならわかると思いますが、大手進学塾の数学のテストと同じくらいの難易度です。

    ユーザーID:0072952155

  • 2回目です

    多分、上位の常連って秋田とか福井とかだと思うんです。
    このあたりって私立上位校って基本ないんです。
    受験が必要なのは国立と公立一貫校。
    つまり学力テストに参加するんですよ。
    以前教育関係の講演で専門家の先生が話していました。
    ガチで全員試験になったら東京が一番になると。
    試験慣れした中受経験者が絶対的に強いと。
    ただ都市部って底辺も広くて平均にすると大差はつかないはずです。
    大阪は私立校動員すれば間違いなく順位は上がりますよ。

    ユーザーID:8470631404

  • 考えてみると・・・

     成績上位の県については,プロ野球に準えると「1打数1安打で首位打者」と主張している事に相当するように思われます.実際にはそんな事はありませんね.つまり「規定打席(=試合数×3.1;1シーズンで400打数かそこら)に達していなければ,どんなに打率が高くても首位打者にはなれないわけです.
     或いは,昔「国鉄再建監理法」なる法律に基づいて,収支係数の悪い線は廃止と取り沙汰されましたが,これについても「都心だけに縄張りのある山手線と,甲信の人口希薄な山間部も通って山手線の15倍の距離がある中央線では,前者が黒字で後者が赤字も当たり前.単純に山手線が優秀と評するのはおかしい」というような議論が沸き起こった次第です.収支係数(言ってみれば線区の”成績表”)は,あくまで当該路線全区間で計算されましたので,長い線区はそれだけ”不利”でした.

     結局,人口(テストの参加[対象]者)が少ない県であれば,優秀な児童生徒だけを揃える事にも繋がりやすく(教師の努力云々とは必ずしも関係ない),上位にランクされる確率が高いと想定されるのです.従って,一定数以上の参加がある都道府県の間でのみランキングを行うのが妥当と考えられます.こうすれば大阪府の位置付けも多少は変わるかも知れません….

    ユーザーID:2655613519

  • 私立を入れても変わらないですよ

    中学受験の勉強中の小6まで受けている「算数」を見ればよいのでは。
    上位に大阪は入ってきてませんね。だから「私立を入れたら」なんてまやかしですよ。
    (東京はそこそこ上位ですけど、1番ではありません)

    それに大阪は公立高校優位地域です。
    優秀なお子さんが中学受験をせずにあえて公立高校に行くのも多い。
    (もちろん私立に抜ける子もいますけどね)
    実際、高校別の合格力ランキングでは大阪・関西の公立高校が上位にランキングしています。

    結局のところ下位層が多いからなのです。
    学力の底上げをするには、習熟度別の授業や補習が必要なのですが、今の公立小中ではそれができません。

    とはいえ、夏休みを減らしてるそうですから、対策しようとする意気込みは見えます。

    ユーザーID:4289820456

  • 学習以前の問題が

    元大阪市、中学教員です。
    大阪の公立中学は、想像を絶する世界です。
    授業が授業でない、学習以前の問題です。

    生徒に「学習しよう」という意識が薄い、
    「勉強は塾でやるから、
    学校では気楽に(授業中でも)楽しく友達とおしゃべりしよう。」

    なんていう生徒が、かなりいます。

    チャイムが鳴っても全員席に着く状態まで、20分かかることもあります。
    教員の当たり前の注意が入りません。暴言、時には暴力です。

    とにかく、「学習の構え」がないのです。もちろん全生徒ではありませんが。

    だからといって、そういう「学習体勢にない生徒」を受け入れてくれる所もない。

    別室で手の空いた教員が、不適応な生徒の対応をするにしても、
    他の教員も他の非行事件の事情聴取などで空き時間も手一杯です。人手がありません。

    なので、「学習の環境作り」が急務です。
    大阪の教員は、なにも他府県の教員に比べて教科指導力が落ちるわけではないでしょう。

    ただ、「教員の指導を受け入れる体勢にない生徒」が山ほどいるのが現状です。


    よって、「学習不適応生徒」を、別室で、丁寧に指導する環境、
    例えば専属の「学習トレーニング室」などをもうけ、そこに不適応生徒を集める。

    他の真面目にやりたい、または真面目にやらないといけないと少しは思う生徒と、
    そうでない生徒を分離し、対応するようにしないと、
    いつまでも学力向上は困難ではないでしょうか。

    ユーザーID:2522580223

  • 大阪府の先生は頑張っていますよ

    転勤族ですので、大阪でも東京でも子供たちが小学校に通いました。
    大阪の小学校は本当にすごい量の宿題でした。
    いかにして、基本を身に着けさせるかと毎日先生お手製のプリントが配られました。
    頭が下がりました。

    それに比べて、東京。
    中高一貫受験者が多いために、宿題を出しても提出しない子供が続出するという
    理由からか、本当に宿題が少なくってびっくりしました。

    要は、家庭環境です。
    家で机に向かう習慣がついていないお子さんがたくさんいるのです。
    ご両親が10時頃まで帰宅しないお宅ならば、
    勉強の習慣はつくはずがありません。
    それが、現実です。

    ユーザーID:1949148860

  • 全国学力テストで

    秋田は常にトップですが、東大進学率はそれほどでもない。東大や有名難関私立大に進学する率が高いのは東京はもちろん埼玉、大阪などの大都市圏。

    秋田など米どころは、田んぼなど土地があり賢くても地元の国公立大学や短大を出て、地元に残ります。

    また、全国学力テストとNRTと言われる全国的なテスト(マークシート)と高校入試と大学入試のテスト問題の質(出題の意図)は、全く違います。「全国学力テスト」はスウェーデンの小中学校教育がよい!!としてその学力を図るために作られたテスト問題です。

    どのような教育に価値を置き、そのようにして子どもの「学力」を高め、どこの国に照らし合わせて、その子どもが幸せに暮らしていけるのか。これが大事なのだと思います。

    ユーザーID:5343136186

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧