• ホーム
  • 学ぶ
  • 少子化で高校や大学って入学しやすくなるでしょうか

少子化で高校や大学って入学しやすくなるでしょうか

レス33
(トピ主1
お気に入り61

趣味・教育・教養

大母さん

こんにちは
現在小学校高学年の子どもがいる母親です
この先、十年間くらいのあいだで考えると、これから子どもの数が減ってくるので、タイトルのように受験がしやすくなるでしょうか?
それとも学校の数が減り、逆に入りにくくなると思いますか?

愚か者なので、単純に甘い考えが浮かんでしまいました。
みなさんはどのように思われますか?
私は入れることは入れるけど、偏差値格差みたいなのが広がるのかなぁなんて、思ってますが・・・

ユーザーID:1352472520

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どもでもいいなら

    高校、大学、ランクを考えないなら入りやすいですよ。
    特に大学はFランクの大学だと定員割れも多いですし。
    でもトピ主さんがお子さんに望んでいるのはAランク、滑り止めでBランク・・でしょ?
    上位の学校の大変さは昔も今も、おそらく未来も変わらないと思います。

    ユーザーID:6651051162

  • 基本的には変わらないのでは?

    第一希望という意味ではなくどこでもいいから高校や大学に入りたい・・・というのであれば合格しやすくなる可能性はあります。
    私の知る限りでは全国の大学の入学定員は増加していますが、志望者は減少しています。

    しかしそうではなく自分の希望する学校に行きたい・・・というのが普通です。
    少子化に伴い、各学校の定員の削減や状況によっては学校のレベルそのものの低下なども考えられます。
    上記で大学の定員は増加していると書きましたが、現実に入学者は必ずしも定員の増減状況とは一致しません。(定員が増加しても入学者が減ることがある。)

    ちなみに私は20年以上前に受験を終えていますが、ちょうど高校や大学の定員が削減されていました。
    例えば高校は難関私立などは元々の定員が少ないので削減率も然程多くはないのですが、公立は確か30%以上の削減がされていた記憶があります。
    もちろん自治体によっても違うとは思いますが、トップ校は上記のような方法で基本的に学校のレベルを維持しようとします。
    (特にトップ校については偏差値はそれほど変わらないことも多い。)

    なので結局はお子さんが受験するその時に希望する学校に行きやすいか・・・と言われると今と然程状況は変わらないのではないかと思います。
    但し、基本的に学校の入りやすさはその学校の人気が影響するので年月が経てば他の学校とその人気が入れ替わったりすることで偏差値などが変動することは当然あります。

    ユーザーID:8004641515

  • 先行き…

    少子化で学校が減る事は有ると思いますが、学校のレベル格差が顕著に成ると思います。先々社会人に成る時に学力別格差を卒業校で判断される事も有るかもしれません。国公立でも私立でも自校のレベルを落とさない様に成ると思います、つまりレベルの高い学校は入学も狭き門は変わらないと思いますよ!子供が少なく成れば学校は入り易いは無いと思います。

    ユーザーID:4589307632

  • 変わりません。

    実績のない大学は簡単に潰れていきます。
    結局皆が行きたい所謂いい大学に集中するので要は変わらない、もしかしたら今より厳しくなるかも知れませんね。
    どちらにせよちゃんと受験出来る準備をしておくに越した事はありません。

    ユーザーID:1302934710

  • 一律ではない

    それは各学校の方針だと思います。

    例えが悪いですが
    よく売れるヒット商品があり製造が間に合わないとなったとき
    受注数量を間に合わせるために
    製品検査のレベルを下げて数量を確保するか
    あくまで品質レベルは落とさず、受注数量は待ってもらうかです。

    ユーザーID:7435521605

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • もうすでに全入時代ですが

    もうすでに、高校のみならず大学も全入時代ですよ。
    おまけに、全入時代と言われるようになってもう結構たちます。
    入れることは入れるけど、偏差値格差…すでに今そうです。
    だれもがMARCH大学に入れると思って受験をするのですが、簡単には入れません。

    ただ、大学進学したい、どこにしようと考えた時点で、
    トピ主さんの高校時代(現在30代?)に比べると、夢のような選択肢です。
    高望みしなければ、だれでも必ず大学進学できます。

    でも、10年後今より受験者側からの利点が増えることは、たいしてないと思います。
    トーダイやワセダやケーオーに入りやすくなるということは絶対ないです。
    10年後は、なくなる大学が今以上に増えます。
    短大はもう極限まで減ってしまいました(今あるところは残るかもしれません)。
    いい大学(人気や知名度ではなくて)を見極める選択眼があるかどうかが重要になってくるでしょうね。

    ユーザーID:7500773628

  • 大きな変化は無いだろうと思います。

    高校⇒少子化に伴って、公立高校は統廃合が進み、学校数がかなり減ります。私立高校は有名高校は残りますが、無名高校は廃校になると思われます。入試状況は現在と変わらないと考えられます。

    大学⇒東京阪で代表される国立大学法人は学生定員を削減し、学生の学力レベルの維持を図るでしょう。入試難易度は今と変わらないと考えるべきです。WKGMARCHで代表される有名私大は学生定員(学部や学科の増設等)を増やすため、入学は容易になるでしょう。地方の多くの無名私大は廃校になり、私大生は有名私大に集中します。

    "偏差値格差"ってなんですか。造語ですか。偏差値−受験業者の飯のタネ−というのは、平均値50、標準偏差10の正規(Gauss)分布です。偏差値という言葉が化粧して独り歩きをしています。偏差値なる怪獣に振り回されないように気を付けましょう。

    何れにせよ、お子さんが受験する頃の状況は今と大差はないと思われます。何時の時代も、受験は大変のようです。

    ユーザーID:4894689980

  • 難関は難関のまま

    定員も減りますので、難関校は難関校のままです。
    定員割れするような学校は低偏差値の学校ですから、今でも5年後でも入りやすい(ほとんど入れます)

    ユーザーID:9821640724

  • 入学はしやすくなるでしょうね。

     国公立はともかく私学は生き残りのために必死に入学者を集めることになり、それでも定員割れの学校も出てくると思われます。
     つまり、受験者が入学定員を下回り、極論すれば名前さえ書けば誰でも入れるような状況になると思われます。
     それから「偏差値格差」とはどういうことを指しているのか分かりかねますが、学校間のレベルの格差は拡大するでしょうね。
     偏差値と言うのはある集団の中の位置を示すものです。
     大学進学率が40パーセント台だった昔は、そもそも受験生の集団自体が中より上の子供ばかりだったので、たとえば偏差値50といっても同年代の中では上から4分の1くらいの成績だったのですが、今のように進学率が高くなって誰でも大学に行くようになると偏差値50は同年代の真ん中と言うことになります。
     こういうことを「偏差値格差」とは言わないと思いますが、偏差値の幅が広がっている?のは確かでしょうね。

    ユーザーID:0754744448

  • 入りやすくても無くなるかも

    そのうち高校や大学は3割くらい無くなるんじゃないかと思います。
    単純に潰れるだけではなく統廃合も多いかなとは思いますが。

    赤字の学校も多いでしょうし、大学生とは思えないような学生も少なくないですし、一部の大学は入るメリットが無いです。

    進学するなら母校の名前が言える学校に入学させしましょう。

    ユーザーID:7618420193

  • すでに

    すでに入りやすくはなっているので、今さら入りやすさに関してはそれほど加速しないと思いますが、それでも30年前とは雲泥の差でしょうね。

    格差はもっと別の場所で起きると思いますね。

    ユーザーID:3066437980

  • 定員が減る

    こっち地方ですが、少子化で高校の定員がだんだんと減っています。
    中には統廃合された高校もあります。
    やはり、ある程度のレベルは維持したいのです。

    ユーザーID:2868226323

  • もちろんですよ(笑)

    >少子化で高校や大学って入学しやすくなるでしょうか

    入学しやすくなりますね、三流どころには!

    一流どころは昔も今も将来もあまり変わることはないでしょう。


    ユーザーID:3820359281

  • トップ校はそのまま

    レベルが下に行くほど、
    入りやすくなるように思います。

    ですが、トップ校〜中くらいは、
    競争率はそのままじゃないですかね。

    みんな、出来れば良い学校に入りたいでしょうから。

    ユーザーID:2656020275

  • センター試験が廃止になります

    子供の数が減って、廃校になる高校や大学がますます増えていくと思います。

    入りやすくなるかどうかは微妙ですが
    試験の内容がこれからどんどん変わっていくので
    情報を早いうちから収集しておく方がいいでしょうね。

    センター試験が廃止になったり、試験が記述式になったり
    英語は民間の資格(英検とかかな?)が必須になったりと
    学ぶことはより高度になるんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:4580118875

  • 「どこでもよければ」入りやすい

     文字通り、「どこでもよければ」、入れます。
    でも、レベルの高い高校、大学に、受験生が集中します。 トピ主さんのおっしゃる通り、「偏差値格差」が、ますます広がります

    ユーザーID:6729123928

  • 心配ご無用です

    現在でも分数の計算が出来ない子でも入学できる高校もあるし、お金があれば

    殆ど入学できる大学があります。

    これからもほぼ100%入れると思いますが、偏差値の格差拡大と当然あります。

    勉強が出来ない、しない子に大学へ行かせる意味があるのか疑問ですがね。

    ユーザーID:5898347794

  • 競争は残るでしょう

    私は、子供が小さい頃に、「少子化なのだから、子供は就職が楽になるだろう」と思ってました。

    ところが、アテは外れ、楽に就職できるどころか、大学を出ても、非正規へ進むような人もたくさんいる時代になりました。

    たぶん、この先も「良い大学」は競争が激しいと思います。

    逆に「誰でも入れる大学」が減るとしても、極端には減らないのではないでしょうか。

    「誰でも入れる大学」だと、学生の質もいろいろなので、向学心を求めるなら「それなりの大学」へ入れるように努力が必要だと思います。

    ユーザーID:1113263613

  • この先

    この先高校も大学も皆が入りたい人気校と誰でも入れる学校の2極化すると思います。

    ユーザーID:4171579462

  • 椅子取りゲーム

    上位有名校の定員は減らすどころか経営のため入学数を増やしてるくらいですので、いわゆる名前の知れた学校に入る数の上での「確率」は高まると思います。

    が、教育に熱心な家庭数のほうが有名大学定員数よりも下回るはずはなく、対策を十分にした人たち間での争いとなると思います。

    外れる人が一人でしかない、椅子取りゲームならのんびりしてるかといえばそうではなくその一人になるまいと全員が必死になる、という構図です。

    いえ、外れた人のほうが少ないわけで、外れた場合のみじめさを考えれば、
    いっそう悲壮感があるかもしれません。

    少なくとも、今度導入される英語のテストは、単に学校で教科書をさらっていれば得点できるものでなくなるわけで、英会話の機会をどれほど自宅で持てるか、総合的な英語学習カリキュラムを用意してくれる中高に通えるか、で差が生じます。
    シビアになると思いますね。

    ユーザーID:9405975039

  • どうかなあ

    我が家は子どもの年が少し離れています。
    上の子の時より定員が1クラス分減らされた公立高校がいくつかありました。

    地方は今も公立>私立ですから
    少子化が進んでいるのに公立高校の定員がそのままなら
    私立高校の経営に影響が出るので仕方ないですね。

    大学に関して言えば今も何割かは定員割れらしいので
    そのうち募集停止になって最後の卒業生を送り出したら閉校になるのでは。

    反面、新しい学部をどんどん増やしてマンモスになった私大もありますよね。
    そういうところは定員が増えているので親が受験した時よりも
    入りやすくなっているのかもしれないけれど
    結局、内部進学とか推薦・AO入試をそのままにしていたら
    一般入試はあいかわらず狭き門かも。

    ユーザーID:7443461103

  • 人気のところは人気

    生徒や学生数が減っているので「学校を選ばなければどこかに入れる」という状況には既になっていると思います。あまり人気のない学校には人が集まらず定員割れにもなっている。

    だけど人気の学校には希望者が殺到するからそちらの方はいくら少子化でも「希望すればだれでも入れる」状況にはならない。

    ユーザーID:0378313286

  • 選ばなければ競争がない

    上位の学校に入る為の競争は厳しいままだと思います。
    けど、ランクを気にしなければラクに入れると思います。

    ユーザーID:7755009193

  • 4年ですでに変化が出てます。

    上の子が4年前に高校受験、そして、下の子が今年受験なのですが、
    上の子の時と、様子が変わってきています。
    都立は変化は感じられませんが、私立の様子が変わってきています。
    上の子のときより、推薦の条件が甘くなってる学校があります。
    つまり、条件を下げないと入学希望者が集まらない、ということですね。少ない子供の取り合いなんでしょう。
    でも、条件を下げると学校の偏差値が下がってしまうことになりかねないから、学校にとってはバランスをとるのが難しいでしょうね。4年でそうなのだから、主さんの時にはまた変わるでしょうね。
    少ない子供を取り込むために、中高一貫校にしたり、逆に、高校でとるようになったり、男子だけだと生徒が足りないから共学になったり。
    大学も、二分化されてきています。誰でも大学に入れる時代だからこそ、より、上位の大学じゃないと意味がない、と上位の大学は激戦になり。下のほうの大学の付属校はあえて上位の大学を受験させる自虐的な進学校になったり。「ほとんどの生徒が外部の大学を受験しますので」が売り文句。

    ユーザーID:3100402327

  • 私も予想ですが

    おっしゃる通り、偏差値格差が広がると思います。
    ですが、その対策としてか、公立の中高一貫の学校が増えるのでは?と聞いています。

    国立大学は、相変わらず狭き門でしょうが、私立大学は、生き残りをかけて、就職に力を入れるかも?

    色々進化しているので、子供たちには、いい未来だと思いたいです。

    ユーザーID:2427188885

  • 全入時代です

    すでに選ばないなら、誰でも大学生になれます。

    中堅クラスもかなり入りやすくなり、学生のレベルがかなり落ちたと聞きます。
    優秀な学生が集まる人気大学と、廃れていく大学の格差がどんどん広がると思ってます。

    ユーザーID:5084662898

  • トピ主です

    ありがとうございます

    何よりも「びっくり」ポチが多かったので、キツイ言葉が多いのかなぁと恐れおののいていたのですが、冷静でやさしいレスで良かったです。

    「偏差値格差」って変な言葉ですよね。すみません。
    最初にレスをいただいた、ねこねこさんのような事が言いたかったのです。
    ランクの上位と下位の二極化が進むのかなぁと。

    それから今も全入時代。そうですよね。「2018年度問題」とか聞いたので、そうかぁー、大幅に減るのかぁ。としみじみ思った次第です。

    昔よく「日本の大学は入りにくいが、海外の大学は卒業しにくい」と聞きました。
    実際、海外の大学とは全く縁がないので実態は知りませんが、日本もとりあえず入学は今までより簡単にできて卒業しにくくなるシステムになるのかなぁ。
    その方が大学儲かりますよね?

    ユーザーID:1352472520

  • 大学は、もうすでに入りやすくなっている

     高校と大学で話が違ってきます。

     大学に関して言うともうすでに、著しく入りやすくなっています。ここ30年で東大京大とも入学者数ほぼ、変わっていません。子供の数は4割減なのに。つまり1.5倍くらい入りやすくなっている。そのため下位合格者のレベルが下がっていることを大学の先生が嘆いています。

     早慶に至っては入学者が昔より1.5倍です。つまり2倍以上、入りやすくなっています。その分内部進学を増やして大学から、の外部枠を絞って、レベルを高くみせかけているのです。それより下位大学は言わずもがな。

     しかしほぼ中学生全員が進学する高校だとちょっと話が違う。一般論ですが公立高校は統廃合が進んでいて、特に真ん中より下、の学校が次々統廃合されて減っている。総合高校になってレベルを上げ、生き残りを図っている。教育コストを下げたい地方自治体の思惑と合致して。トピ主の住まいがどこか不明ですが、通える範囲の高校のレベル・動向には注意した方がいい。

    そうなると真ん中より下の子は選択肢が減ります。ほぼ私立しか受け皿がない。全員は行かない大学より、高校のほうが少子化のインパクトを受ける。どのレベルの高校に進むか、の重要性が増すと思います。

     もう1つ、偏差値格差というより学校内での格差がきつくなる。昔は高校ではある程度輪切りにされていたので学校内では割とレベルが揃っていたが、少子化で入れる層が増えると、高校でも上と下の差が大きくなる。

    ユーザーID:0396012105

  • 私も疑問だった

     私の子はすでに高校生ですが、親の世代からは人数は激減しています。しかし高校や大学の一校当たりの定員はそれほど減らされてはいません。それを考えれば、昔より楽に難関校へも入学できることになりませんか。

     例えば私立大学では、一般入試枠を絞って受験偏差値を維持していると聞くので、学力が足りなくても推薦やAOで合格できる人は増えているはず。
     
     子の学校は推薦を使わせない国公立至上主義の高校ですが、周囲の学校を含めてそれはそれは勉強させるのです。私自身それほど勉強しなくても進学した経験から、ここまでしないと合格できないのか不思議に思っています。単に私の実家との地域性の違いなのかもしれませんが、私が気が付いていない受験内容やシステムの変化のせいなのか、便乗してお尋ねしたいです。

     

    ユーザーID:8214395353

  • 定員を減らした超有名校もあった

    大学は補助金をもらっているので、
    政府が定員より多くの学生を入学させていると
    補助金を減らすということをして
    某大学では合格者がいきなり2000人減ったということが
    起こったそうです。

    必ずしも、入学しやすくなるわけではないと思いますが。

    ユーザーID:4895247230

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧