婚活でお見合い〜初デートの間隔が開きすぎる

レス38
お気に入り50
トピ主のみ3

ジェカ

男性発

結婚相談所で婚活中の29歳男です。
婚活歴は半年、未だ成婚には至りませんが、何人かは交際にまで結びつけられている状況です。


うちの相談所では、最初にお見合い→仮交際成立→デートを繰り返し、3か月以内に本交際へ・・・という形式をとっているのですが、
表題の通り、仮交際成立から初デートまでの間隔がいつもだいぶ空いてしまうのです。
最低でも半月、1か月以上開くこともザラです。
私からはいつも「また来週にでも会えませんか」とアプローチをかけて、毎週土日のどちらかは動けるようにスケジュールも組んでいるのですが、上記のような先の日程を指定されてしまうことが常です。

3か月以内というタイムリミットがある以上、デートの回数をしっかり重ねて本交際にこぎつけたいのですが、出だしから大幅なロスを喰らっている気がしてなりません。
またこれだけ間隔が開いてしまうと、私の方の気持ちも冷め気味になってしまい、デートの計画を立てる際も
「なんでよくわからん相手のためにこんなめんどくさい思いをしなければならないんだ」
と嫌悪感まで生まれてしまう現状です。


元々最初から外せない用事があったのが理由なのかもしれません。
しかしだとしたら、この先しばらく会えないことをわかった上でお見合いを申し込んでいるわけであり、それは相手に対して不誠実にあたるのではないでしょうか。
毎週予定を空けている自分が馬鹿らしくなってしまいます。自身が毎週でも会いたいと思ったらどうするつもりなんでしょう。

あるいは、そもそも私に対して気持ちがないだけかもしれません。
しかしそれも、「だったらなんで仮交際OKしたんだ」という話になります。世間体のためでしょうか。


こうした、デートを遠い先の日程に指定する女性の心理について、特に女性の方のご意見をいただければと思います。
参考までに、交際相手の年齢は28〜32歳あたりです。

ユーザーID:5571490766

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ご意見ありがとうございます

    トピ主です。皆様ご意見ありがとうございます。


    「キープ扱いされているから」という判断が大勢のようですね。
    ようやく交際の成立率も上がってきて、ちょっぴり自信がついてきたところだったのですが……それらが全てキープ扱いでしかなかったというのは、正直堪えますね……。

    そういえば、初回であれ2回目以降であれ、相手の方から具体的なデートのお誘いを受けたことは今まで一度もありませんでした。
    それも「自分から進んで誘うほど好きではないから」と考えると筋は通りますね。

    そうなると、今後はこうした「初デート前の時点で、明らかにキープ扱いされていると気づいた時」に、私の方はどう対処したらいいか?という問題になってきますね。
    よろしければ、ひき続きご意見をいただけたらと思います。



    以下、質問のあった点についてお答えします。


    土日だけでなく、平日もお誘いの候補日にはちゃんと入れています。実際、今までのデートの1/3くらいは平日夜のものでした。
    相手の方の勤務形態については、お見合いの際にある程度聞いてはいます。9割方はよくある土日休みの形態のようですね。


    連絡先については、仮交際成立時にお互いの連絡用アドレスが公開され、それを通じてやり取りをするといった形態です。
    とはいえPCアドレスなので、やり取りはどうしても遅くなり、日程などの事務的な話に終始することが大半です。
    携帯アドレスやLINEを教えてもらったことは今までありません。普通は初回のデート後ぐらいで教えてもらえるのでしょうか?


    続きます

    ユーザーID:5571490766

  • 続きです

    仮交際の同時進行については、うちの相談所では認められています。私自身もちょうどいま同時進行の最中です。

    ただ個人的には、同時進行であることは対応がおざなりになる理由にはならないと思います。
    自分の交際スケジュールがどれだけシビアかなんて相手の方には関係ないことですし、少なくとも仮交際OKするほどの気持ちがあるなら、相手の「会いたい」という気持ちを汲んで少しでも歩み寄る姿勢は見せるべきだと思います。
    今回の私のように、間隔が開くことで気持ちが冷める場合もあるのだから、たとえキープであってもある程度誠実な対応をしなければ、相手の気持ちを「キープ」し続けることも難しいと思います。
    物理的にそれが無理なら、そもそもそんな状態になるほど交際相手を増やすべきではないと考えます。


    半月程度で焦りすぎという意見もいただきましたが、
    私の場合、初回だけでなく2回目以降も同様に半月〜1か月ほど間隔が開いてしまうのです。
    平均3週間とすると、3か月で会える回数はわずか4回程度。
    これを足りない・少なすぎると感じるのは、私のわがままなのでしょうか。
    それとも、この少ない回数でしっかりと相手のことを見極められるほどの密度の濃さが、現状の私のデートには足りないということでしょうか。

    ユーザーID:5571490766

  • トピ主です

    引き続き、皆様ご意見ありがとうございます。


    「本気で好きになった相手とは、デートの回数は少なくても十分」という意見が多くありました。
    私はそういった「運命の出会い」のようなケースはほとんど期待していなかった(今までも経験したことはありません)ので、正直驚いています。
    第一印象はそこそこで、デートで会うたびにだんだん好きになっていく、初っ端からすんなり進むことはまずあり得ない・・・というのが婚活の定石かと思っていましたが、実際はそうでもないのですね。
    いつの日か、私にもそういう出会いがあるのでしょうか。いまいち想像できません・・・。



    また、この年代の女性は売り手市場で相手は選び放題だから、という意見も複数ありました。
    ただこれも前回のレスと同様、対応がおざなりになる理由にはならないと思います。
    前回のレスと重複しますが、いかにお見合い相手・交際相手がたくさんいようと、いかに自分のスケジュールが忙しかろうと、いかに自分の気持ちが薄かろうと、交際相手に対しては誠意ある対応をするのが普通ではないかと思います。
    これは、名目上とはいえ「交際します」とした意思表明に対して責任を取ることであり、婚活うんぬん以前に社会人として最低限必要な常識であると考えます。

    だというのに、自分からは会おうともしないしメールもしない、会う予定も先延ばしにする、相手の気持ちは一切無視・・・これでは「いったい何がしたくて交際してるの?」と問いたくもなってしまいます。
    ほとんどあり得ない期待を抱かせるくらいなら、お見合いの時点で切ってもらう方がまだマシというものです。

    とはいえ、これが婚活の舞台における「常識」だと、割り切るしかないのでしょうね。
    婚活自体が、そういった無責任な対応が許される場所であると覚悟して、今後は臨まなければならないようですね・・・どうにも腑に落ちませんが・・・。

    ユーザーID:5571490766

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧