話せる小学生にしたい!

レス16
(トピ主3
お気に入り59

生活・身近な話題

どうしよう

私立小学校に通う4年生の娘のことで相談させていただきます。
認可保育園でのびのびと育ち、幼児教室の春季・夏季・直前特訓だけを受講して、ボーダーラインで私立小学校に入学しました。

ところが、入学したのはいいのですが、幼児教室で鍛え抜かれたお子さん達と違い、娘は1年生の時から話すことに劣っていました。声も小さく、モジモジした印象です。いつかはできるようになる、長い目で見ようと信じていましたが、「はきはきして筋道だった話し方」ができないまま、もう4年生で、さすがに焦っています。

学校では4段階学力別クラスの一番上、体育は得意、英検は2級、読書も好き、お友達との付き合いも順調で、特に自信をなくす要素はありません。しかし、発表などで前に出て話すことが苦手で、プレゼンで代表に選ばれることもないので、発表は一向に上手になりません。

2年後には中学受験。学力試験だけでなく口頭試験も重視する公立または国立一貫校を受験する予定です。学力面では受験塾で対応すればよいですが、話す方はどうしたらいいかわかりません。どのようにして、はきはきと自分の意見を言えるように鍛えたらよいでしょうか。こうすれば、モジモジしたお子さんがハキハキになった、理路整然と話せるようになった、という例も教えていただけるとありがたいです。

ちなみに口頭試験は、「この気体を上方置換で集める理由は何ですか」、「教科書に載っている〇〇(建築物)は、どういう点で注目されているのでしょうか。」「外国人観光客が増加することのメリットとデメリットについて、あなたの考えを答えてください。」といった質問で、毎年違うようです。

ユーザーID:0040023629

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 発表が苦手な子もいる

    大事なのは、大人になったときに、きちんと自分の意見が言えるか。

    お子さんによっては、発表が苦手な子もいる、それも個性です。

    発表が上手く出来ないからダメな子だと思わないでください。

    ものすごく長い目でみてあげましょう。

    焦ったり、強要したりしないで!

    ユーザーID:4493929076

  • 私立受けりゃいいじゃん

    私立小行ったんだから、
    経済的に国公立中じゃないとダメとかいうことはないんでしょう。
    面接なしガリガリ試験一発勝負の私立中受けりゃいいじゃん。
    得意な土俵で勝負したほうがストレスかからなくていいと思うけどな。

    まあどしても国公立一貫志望で突き進まなきゃならん事情があるなら、
    私立受験塾じゃなくてその公立一貫や国立用の塾行けば、そこで口頭試験の訓練してくれるはずだけどなあ。
    いい塾選んで場慣れすれば、
    頭のいい娘さんだし大丈夫じゃないかな。

    ユーザーID:9336178689

  • 聞いた話ですが

    プレゼンで緊張しない為と言うか、人前でしっかり話せる用に「落語」の実習?部活動?小学校で落語の勉強して、近所の方を招いての発表会をしているのを聞いたことがあります。

    話は暗記しなくてはいけませんし、顔を上げ、しぐさで演技をし、間を理解して人前で話すので、なる程、これは度胸がつくし、よいかもしれないなと思いました。

    ユーザーID:8197973896

  • 普通の小学校に転入させたらどうですか。

    私立の学校で、娘さんは ストレスがあると思います。中学受験なんて親のエゴです。娘さんに気持ちを聞いてあげたらどうですか。その時にトピ主さんは母親として怒らずに娘さんの気持ちに寄り添ってあげて下さいね。そうすれば娘さんも自分から話してくれますよ。勉強面だけではなくて、精神的・心の面をケアしてあげて、心の成長が1番大事だと私は、思います。

    ユーザーID:5602327200

  • 余計なお世話です

    なぜ、皆がこうあらねばならないと決めつけるのですか?
    優秀で物静かな良いお嬢さんじゃないですか。
    なぜ、あなたが進路を決めてるんです?
    お嬢さんが行きたい学校じゃダメなんですか?
    小さな時から幼児教室に通っても物静かなでシャイな子もいます。逆に幼児教室にほとんど通ってなくても、物怖じせずに前へ前へと行く子もいます。
    それぞれ個性があるから面白いんじゃないですか?必要性があれば、おのずと変わりますし変わらざるを得ません。
    発言できないのはどうかと今の段階で周りがとやこや言い過ぎると、逆効果ですよ。
    私はお嬢さんと同じくシャイな性格なのに、無理矢理大勢の前で発言させられ、失敗しました。結果、人前で話せなくなりました。パニックになります。‥まあ元々身体的にいくつかハンディがあったのも上手く話せなかった原因なのですが、他人にはそんなことわかりませんからね。
    笑われ、真似された辛い記憶は消えませんし、その後の人生の選択肢も狭まる結果となりました。
    くれぐれも、無理強いしないであげて下さい。人それぞれに得意なこと、苦手なことがあると思います。お嬢さんが得意なところを伸ばし、生かせる人生を歩めるよう、見守ってあげて下さい。

    ユーザーID:7642683613

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 演劇教室

    お子さんがご心配なんですね。

    演劇教室に通うことをおすすめします。
    滑舌の訓練をするので、言葉がはっきりと話せるようになります。
    授業の流れはたいていの場合、
    課題があって、練習後、みんなの前で一人ひとりが披露していき、
    講師から講評(というかダメ出し)を受ける流れです。
    これで一人だけの発表に自然に慣れます。
    みんな発表するし、ミスったりする人も普通にいるし、
    講師からダメ出しされるのも普通なので、場慣れします。
    お芝居の場合は、周囲の動きやセリフをよく見てよく聞くことも必要なので、
    自分のセリフを頭の中で考えながら、周囲の動きもよく見る訓練にもなります。

    人前で話せるかどうかは、本人の生まれ持った資質も関係しますが、
    慣れているか慣れていないかも大きな要因です。

    ユーザーID:5034372290

  • うーん

    受験塾で相談してみたらどうですか?
    ウチの子の通っている塾では、内申点対策で通知表を持っていくと指導してくれますよ。

    ユーザーID:5950059314

  • あまり強要させない方がいい

     トピ主様こんにちは
     私はある習い事のお教室を持っていて、スピーチもレッスンの中に取り入れています。
     が・・・生徒さんの中には、大人でも子どもでも人前で話すのが苦手な人もいますので
    決して強要はしていません。

     ちなみに私が取り入れているのは「30秒スピーチ」です。テーマは自由。
     この程度の時間だとみんな構えずに話してくれますし普段のお喋り感覚でそう緊張もしないみたいです。
     そこから徐々に時間を延ばしていき、慣れてきた生徒さんにはテーマもこちらが決めたりします。

     お嬢さんの場合、まだ4年生ということで「話すことに劣っている」「筋道だった話し方ができない」と決め付けてしまうのは非常に危険です。
     私も中学までは話すことが大の苦手でしたし話も下手でした。
     クラスのグループでの発表会をきっかけに、友だちが上手に説明しているのを聞いて
    自分も頑張ってみようと思った記憶があります。
     何がきっかけになるかわかりません。
     
     また、お嬢さんは人前で話すことが苦手でも他に得意分野がたくさんある子だと思います。
     そちらを伸ばしてあげようとは思いませんか?
     ほかのことに自信が持てたら、話すことに対してももしかしたら自信に繋がるきっかけになるかもしれません。

    「何とかしたい」という親心はわかりますが、どうか焦らないで温かく見守ってあげてほしいです。

    ユーザーID:3259514193

  • お子さんを信じてますか

    トピ文からは「うちの子はその部分がダメだ。できない。」というお母さんの気持ちが伝わってきます。多分お子さんにも伝わっているでしょう。

    子どもの頃の得意不得意と、大人になってからの得意不得意は変わることもあります。その不得意を周りがどう扱ったかも大きいですよ。

    お子さんは変われる可能性はあります。むしろ「化ける(大変化する)」可能性。
    でもそれをあなたがおおらかに信じてあげられないなら知らん顔して放っておく方がいいです。躍起になっての親の指導やアドバイスは却って害になりかねません。というのは後者は無言の「あなたはダメねえ」のメッセージが伝わってしまうから。

    子どもの自信って、ゆっくり育ちます。そして苦手分野がある方が全体の成長としてはバランスが取れていいのです。大人になってからの打ち明け話、「実は自分はこんなコンプレックスをもっていた子どもで…」は、結構成長の肥やしになっています。

    はっきり苦手な事があるというのは、成長にとっては大きな鍵。ゆっくりと自分で乗り越える経験をさせてあげませんか。

    他の事がよくできるお子さんだからこそ、この「できない」を大切にして、おおらかに見守ってあげてはどうでしょう。

    ユーザーID:9990590962

  • はきはき・すっきり話したい、は娘自身の目標でもあります

    皆さまありがとうございます。
    中学で外に出たいことと、はきはき話せるようになりたいということは、娘自身の目標でもあります。

    お仕事体験型テーマパークにお友達と一緒に行ったときに、
    Aちゃん(お友達):「次は〇〇に行こう。」
    B(娘):「さっきはAちゃんの好きなところに行ったから次は△△にしない?」
    Aちゃん:「でも、〇〇の方が私たちのためになると思う。だって、この前授業で××について勉強した時に、〇〇が出てきたじゃない。」
    娘:「そうだね。」
    Aちゃん:「なぜBちゃんは、△△に行きたいと思うの?」
    娘:「行きたいから。面白そうだから。」
    Aちゃん:「それは理由になってないでしょ〜。うちのお母さんなら、そんな理由では納得してくれない、絶対にダメなパターンの理由だよ。」
    娘:「・・・。」

    という感じで、すぐに言いくるめられてしまうのが嫌みたいです。

    こじつけでも、はぐらかしでも、理路整然でもいいので、とにかく、お友達と対等なテンポで自分の意見を言えるようにならないと、不利な状況になりやすい、という危機感を親子ともども持っています。

    ユーザーID:0040023629

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • なぜ、どうして、それで?はどうでしょうか。

    演劇教室に落語、よさそうですね。ありがとうございます。学校の演劇発表会でも、セリフはひとことだけなんです。何せ声が小さいので、どうしようもありません。演劇教室や落語教室で、だれにも頼れない状態におかれたら、エイヤッとひと皮むけるかもしれませんね。

    え・・・さんやtomoさんは、話せないことは個性で、そのまま大きくなっても何ら支障なく仕事をして生きていけるとお考えですか。私は心配性なのか、話せないことは相当に不利な気がしてなりません。いやな仕事を押し付けられたり、交渉で不利な立場になったり、ないがしろにされたりしないか、と思うのです。

    演劇教室や落語は自然な形で、「ひとりで、自分で責任をもって大きな声で話す」よい訓練になると思います。しかし、これから塾通いも本格化するので、児童劇団に入るとか、そういう状況ではないので、実現はなかなか難しそうです。

    塾の先生には、何につけ、「なぜそう思うの?」「どうしてそう考えたの?」「それで、あなたはどういう方針を取るの?」と詰問して訓練してみてください、と言われました。このような訓練は気詰まりですが、練習を重ねると慣れてきて、質問されそうなことはすべて最初に話すようになるらしいです。

    「さやかちゃん、今日の昼休みに意地悪だったんだよ。」と言っただけで、「なぜそう思うの?」とか、「あなたは、そのときどうすればよかったと思うの?」なんて聞かれるといやだなあ・・・とも思います。こういう質問を繰り返せば、理路整然と自分の考えが言えるようになるのでしょうか?

    ユーザーID:0040023629

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • その友達のやりとりと口頭試問は全然別の話になると思うけどな

    レス拝見。
    そのAちゃんは単純に「偉そうでヤな女子」だと思いますがね。

    いや、面接や行動観察入試突破してきた女子って、物凄く弁が立ってきつい子が多いのは実感として分かってはいるんですが。
    集団行動観察は、リーダーシップ取れて「前へ前へ」の子が好まれるんですよねー女子は(男子はボーッとしたのも割と取りますが)。
    ウチの息子が私立小行ったんですが、もう女子凄かったですから。
    小四〜小五が一番凄かったかな、
    「女子怖ぇ〜。きつい〜。
    こっちが近づかなくてもいきなり取り囲まれて訳分かんないつるし上げか来ることがあるし。
    それに女子同士のやり取りはもっと怖ぇ〜。
    こないだ俺の前と後ろの席の女子が俺挟んでニコニコ上品にすっごいディスり合いを始めて、『前門の虎、後門の狼』ってこれかと思った。
    俺、女子じゃなくてよかった。あんな恐ろしいの耐えられない」
    とか言ってました。
    小六になると大体皆ストンと落ち着いたけどね。

    でも、そのAちゃんの言い方は、弁の立つ女子同士でも嫌われる言い方だと思うけどなあ…致命的に。
    Aちゃん、他の弁が立つ子には嫌われてて、きつくない娘さんにひっついてるだけとかじゃないですか?
    別のユニットに目を向けても同じ事ですか?

    で、友達のそういうやり取りと、口頭試問は、全然別のことで、
    口頭試問が上手くいくように訓練できても、友達とのそういうやり取りは変わらないでしょうねえ。
    そもそも、トピ主レスのやり取りを見る限りでは別に娘さんが自己主張できてないとも弁が立たないとも思いません。
    中学でどっか他(別に国公立じゃなくても私立の優秀な所(理系が強い所とか)でいいと思うんだけど)に出るんだから、
    また違う関係性ができて、そんなにケンケンキャンキャンやらなくてもよくなるんじゃないかなあ。

    ユーザーID:9565285511

  • ストレートじゃなくていい

    確かに、自分の気持ちを言葉にできない事はこの先人生で不利になることも予想されますよね。トピ主さんの心配はわかります。

    ただね、テーマパークでの会話を読むと、本当にお嬢さんがお友達のようにはきはきすっきり話したいを目標にしているのかは疑問です。
    お嬢さんは理屈だけじゃない気持も大事にされる性格なのではありませんか?
    塾の先生のおっしゃる「詰問の練習」はそのまましては、心が壊れる気がします。
    そのまま聞く必要はないんです。
    母親であるトピ主さんが塾先生の話をストレートに受け取ったり、志望校をがっちり決めている事がむしろ、お嬢さんを委縮させている可能性があるので、まず親であるトピ主さんが考え方を変えたほうがいいのではないでしょうか?
    塾の先生が言った「なぜそう思うの?」「どうしてそう考えたの?」「それで、あなたはどういう方針を取るの?」はそれぞれ、もっとソフトな言葉に言い換えられます。
    お嬢さんにはその方が心に届きやすいと思います。
    最初は畳みかけるように質問したら焦ります。まずは考えを纏める方法に気が付く事が大事。そして論文と同じなんですいが、
    最初に結論
    次にその理由
    最後に考察
    その順で話す癖をつける。塾の先生の言っているのはこれと同じ。
    速度は少しずつ上げて行けばいいんです。






    でも出来ないかもしれない。
    人には個性というものがあるから。
    その時はそのままのお子さんを受け入れてあげて欲しいです。

    ユーザーID:4294093611

  • 私自身が受けた訓練

    30年以上前の話ですが。
    人前で話すことが大嫌いで、意見言わない埋もれキャラだった私を何とかしようと主に母がやったこと。

    まずは、一芸を持たせて自分に自信作戦でピアノ。
    あまり好きになれず練習嫌いで上達せず、むしろ自信喪失源になってた。小1〜小6でやめた。
    小4で自らの意思で始めた書道はハマり、高校まで。大人再開。自分に自信的な部分には少し役立ったかも。

    小4で、児童会の書記に立候補。かなり強引にさせられた。
    これは、特に友達の力関係に大きく影響した。一目置かれる感じが分かった。
    人前で話す訓練も、書記くらいなら、決められたセリフを読むだけみたいな簡単なものだったので挑戦レベルぎりぎりて、訓練になってた。
    学年上がって、副会長に推されたが、断固拒否。副会長は私には重すぎるのはわかりきっていたので。
    そこで、自分の意思をはっきり伝えてこれただけで、母、喜んでた。

    小5小6と、地域の子がいない場所のキャンプ(2泊3日、野外活動目的)に単身放り込まれた。
    これも、行くまではすごく不安で嫌だったけど、行ってみたら、友達もすぐにたくさんできて楽しかった。
    一年目は特に一皮むけたと思う。

    あとは、近所のお宅へのお使いによく行かされた。届けものとか。
    嫌で仕方なかったけど、今思えば、あれも訓練になってた。
    中学入るくらいには、ハキハキモジモジの中間くらいには行けてたと思います。
    それからは特に人前苦手意識もなく過ごせたけれど、大学の卒論発表会で声が震えて、小学生時代を思い出しました。


    小4の娘がいますが、モジモジ要素は全くなく、むしろ人前でこそイキイキするタイプ。
    でも、理論立てて話すことが苦手。
    私が心がけているのは、自然な敬語を使って大人と話す環境を作ること。
    あとは、作文の訓練しています。
    小4になったくらいから、話し方が変わってきました。

    ユーザーID:2436910860

  • トピ主様のレス読みました

     それって、単に友達を言い負かしたいだけに受け取れますが・・・
     そのAちゃんって、私から見ればすごくやな子どもです。
     「行きたいから。面白そうだから」という娘さんの受け答えはとても素直な理由だしそれで十分と思いますが。

     ノラ様も書かれていますが、友達とのそういうやり取りと口頭試験で自分の考えをはっきり答えるのとでは全く次元が違いますよ。

     気になったのがこのコメント。
    >こじつけでも、はぐらかしでも、理路整然でもいいので、とにかく、お友達と対等なテンポで自分の意見を言えるようにならないと、不利な状況になりやすい

     失礼ですが、こういうことを覚えた子どもって自己防衛で言い訳しまくったり
    他に責任転嫁する大人になりそうで私は個人的に共感できません。
     口ではなく行動で示せ、と言いたいです。

     強いて言うなら、自分の信念や意思があれば理由も考えも自信を持ってきちんと相手に言えるでしょう。
     でも信念や意思を求めるのはまだ小学生には早いかな。これからだんだんと学んでいくことだと思います。
     

    ユーザーID:8333441775

  • 朗読はじめました

    Aちゃん、利発でてきぱきとしたお嬢さんで、人気者です。
    大人になると立派に活躍しそうな、先が楽しみなお子さんです。

    先日、学校の2学期初めの面談で、先生にも、
    「もう少し堂々と自己主張できるようになるといいですね。」
    と言われました。

    面談前の参観授業でも、モジモジと語尾がはっきりしない意見
    を言い、友達に、
    「Bちゃんは・・・って言いたかったんだよね。」
    とフォローされてしまい、悔しい顔をしていました。

    先生からは、
    「2学期は朗読委員会に入ってもらおうと思います。昼休みに
    1年生の教室で、当番で本を朗読する係です。大きな声で
    ゆっくりはっきり読まないと、1年生は聞いてくれないので
    訓練になると思います。」
    と言われました。

    早速、再来週の当番の本を持ち帰り練習を始めました。
    小声でモジモジ・モソモソと・・・。でも、毎日やっていると、
    大きな声で、ゆっくりはっきり話せるようになるかもしれませんね。

    ユーザーID:0040023629

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧