展開にびっくりした小説やマンガ

レス27
(トピ主1
お気に入り80

趣味・教育・教養

ほのぼの

映画の「きみの名は」。最初はラブコメの雰囲気だったのに、途中から「え?え?そういう話だったの?」となって、びっくりしてしまいました。

そんなふうに予想していなかったような展開をする作品で、おすすめありますか?
ミステリーではたくさんありそうですが、できればそれ以外でお願いします。
連載中のマンガとかでもOKです。

ユーザーID:7472027958

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • デビルマン

    テレビアニメ版ではなく、原作の漫画のデビルマンです。

    作者の永井豪先生も、こんな結末になると想定していなかったようです。

    不動明(デビルマン)と親友・飛鳥了の関係は。。。。

    あまり書くとネタバレになるので。是非、ご一読ください。

    ユーザーID:6355206471

  • ドカベン

    え、柔道マンガじゃなかったの?
    いつの間にか代表的な野球マンガになっちゃった。

    最近では「がっこうぐらし」かな。
    読んでみて(アニメ見てみて)のお楽しみ。

    ユーザーID:0528763755

  • 神無月の巫女

    深夜アニメの第一話を前情報なく見ていて
    学園ラブコメだと思っていたんですが
    途中、トイレに行って戻ってきたら
    学校がどこかへ行っていて
    暗い雰囲気のロボットアニメになっててびっくりしました。

    ユーザーID:4578269596

  • 犬のマンガで

    父が揃えている漫画です。
    中学生の頃に買ったって言ってるので30年以上前の漫画なのですが、
    犬が主人公の漫画で、「銀牙」という題名です。 少年ジャンプ系。

    アッと驚く話の展開! ではなくて、漫画の方向性に驚いた作品です。

    以下、物語の詳細には触れてないのでネタバレではありませんのでご安心ください。

    物語序盤は人間の少年と狩猟犬が人食い熊を倒す!って感じで始まりまして、
    当然人間の少年が物語を引っ張って行き、犬は「ワンワン」鳴いて良きパートナーの位置づけです。

    が、

    序盤の終わり頃から犬が人語をしゃべります。
    いや、人間と会話してるのではなく(人間にはワンワン聞こえるだけ)
    犬同士での会話を人間のセリフで話しているのです。
    犬たちも個性が多様で、悪人(犬)もいれば忍者(犬)もいます。
    姿形は犬のまま擬人化されたような、そんなノリでストーリーは進みます。

    ただ、クマ退治の大まかなストーリーばブレておらず、犬たちが犬だけで
    クマ退治すべく頑張ります。

    人間はすでに蚊帳の外。
    最初主人公だと思っていた少年は「犬頑張れー」という応援団的な立ち位置に。
    むしろ、この少年の序盤の努力は全て無かった事に…。

    あまりにも自然な流れで人間から犬へシフトチェンジし、犬がしゃべりだすもので、
    この展開に「あれっ???!!!」と気が付くのは終盤です。

    なお、高知県で出会う土佐犬の老犬がカッコイイです。

    ユーザーID:5626630519

  • 『舞姫 テレプシコーラ』

    山岸凉子『舞姫 テレプシコーラ』第一部の10巻はビックリした。 

    君の名はの、どんどん壮大になってビックリというのとは
    全然ビックリの質が違うんだけど。

    ユーザーID:3581291779

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 何時の間にか

    野部利雄さんの『のぞみ・ウィッチィズ』です。

    従姉の家に伯父さんが趣味で集めていた漫画本が沢山ありました。
    その中にあったのが『のぞみ・ウィっチィズ』で、漫画好きの従姉のお薦め本でした。
    「面白いよ〜、芸能界を目指すヒロインのラブコメだよ」と言われ、興味をひいたので読みました。

    初めは本当にヒロイン中心の演劇ものだったのに、何時のまにかヒロインの友人が主役になり。
    物語も熱血青春ボクシングものに変わっていきました。

    面白かったですけど、読んでビックリの展開でした。

    ユーザーID:6359371413

  • 小説やマンガ以外でも良いですか?(ネタバレ有り)

    結構前のアニメですが、

    ”魔法のプリンセス・ミンキーモモ”と言うアニメが有りまして。

    タイトルに有るように魔法で様々なキャラクターに変身してトラブルから皆を救う。
    っていうかハッピーにするアニメなんですが…。

    何と主人公のプリンセスが最終回で交通事故で死んでしまうんです。

    最後のカットで、赤ちゃんに生まれ変わって”にこっ!”って笑って終わるのですが、
    当時はショックでした。

    当時は”アニメオタク”と言うモノの出だしの時期で子供(女の子)向けのアニメにハマる男子たちが多かったようで、
    プロデューサー曰く(知人)
    ”若い男に現実を見せたかった(笑”
    だそうです(笑

    でもショックだったなぁ〜。
    まぁ、ファンからの猛烈なラブコールでパート2が放送されましたが。


    次は、”超時空要塞マクロス”
    メインは”歌で世界を救う”って事でヒロインはアイドル。
    ふとした出会いからお互い恋人同士になるのですが、
    更にふとしたことで上司の女性に恋しちゃう主人公。
    最後は異文化、異星人との壮大なSFアニメなのに、何故かトレンディードラマみたいな展開でビックリしました。
    この流れは今後のシリーズでは定番になりました(笑

    マンガだと、
    ”生徒諸君”
    主役の女の子とヤンチャな男の子。
    最後にはくっつくんだろうな。って思ってたら、
    サブキャラと恋しちゃって、その男の子が山岳事故でしんじゃって…、
    女の子は”一生彼を思って生きて行くの”って事で終わって、今でもモヤモヤしてます(笑

    映画だったら
    ”Pay Foword(ペイフォワード)”です。
    最後に主人公が刺されて死んでしまいます。
    それまでの行いを全て打ち消すような展開ですが、
    最後の最後に…(涙
    これは感動物です。
    とにかく重い内容ですが、見る価値は有ります。

    ってな感じです。
    又思い出したら投稿させていただきます。

    ユーザーID:4655243868

  • それは

    ・魔法少女まどかマギカ

     魔法で悪い奴をとっちめ、困ったことは魔法で解決、
     ではなく、かなりなシリアスで深い内容な感動作品

    ・けものフレンズ

     ほのぼの動物系日常アニメと思いきや、結構シリアス展開な友情を題材にした感動作品


    ・十二国記

     麒麟により王様に選ばれた主人公、そのまま王位に就くと思いきや 王位に就く前段階で、人間不信や孤独に悩み苦しみ楽俊との出会いから育まれる友情な展開に

    ・schooldays

     ハーレムアニメかと思いきや最後は殺人事件に至るかなりな衝撃の問題作


    すぐ思いついたのはこんなとこです。

    ユーザーID:8575686109

  • お任せあれ

    マンガ
    ・レベルE 冨樫義博 全3巻
      どの話も面白いし、想像の斜め上を行きます。
      特にカラーレンジャー編がくっそ面白い。
      悔しいけど流石富樫先生。日記はちゃんと読みましょう。

    小説
    ・阪急電車 有川浩
      何度読み返しても面白い

    ゲーム(実況動画)
    ・第七号車 レトルト 全4回
      フリーのノベルゲーム。
      選択肢はほとんどなく、ほぼ会話劇。(選択のさせ方も斬新)
      1時間半ないくらいで終わります。
      製作者は中国人とのことで、ちらほら誤字がありますが、
      そんなことはどうでもいい。

      BGM    ◎
      イラスト ◎
      シナリオ ◎ (結びの言葉がまた、胸にじんわりくるのです。)

      珠玉の一作。ラストの展開は必ずや予想を超えると断言しておきます。

    ユーザーID:7613164373

  • 好みがあるかもだけど

    漫画だと
    「約束のネバーランド」
    「進撃の巨人」
    続きが早く読みたくなります。

    映画だと
    「ファイトクラブ」
    「ショーシャンクの空に」
    え!そうだったの!?という展開です。

    ユーザーID:5270717541

  • 漫画ではないですが

    結婚する前は夜更かしして、TVの深夜番組をよく見てました。

    美少女戦士ポワトリン

    実はお父さんも正義の味方で、最終回の1話前で父娘で敵の大将と戦っていました。
    お父さんが敵の必殺技受けて、宇宙まで飛んで行き、キラリと星になる。
    娘はそれを見て、悲しみにくれるも敵をやっつけようと頑張る。
    娘がやや劣勢か?で最終回へ。

    最終回ではちょっと驚きの結末でした。
    意外過ぎて笑ってしまったことを覚えてます。

    ユーザーID:5070239246

  • 「かんかん橋を渡って」

    レディスコミックで良ければ「かんかん橋を渡って」(草野誼)が私が展開にびっくりしたマンガです。

    レディスコミックの雑誌に連載で、最初は、同居で義母との関係に悩む若い女性の話でした。紙のコミックスは1巻だけでていて、ここまでは、そういう普通の話です。
    それが連載が続くうちに、嫁姑天下一武道会の様相になってきて、ラスボス(義母ではない)登場、それを倒すために各家の嫁を一人ずつ仲間にしていって「みんなオラに力を貸してくれ」状態。ほとんど週刊ジャンプで嫁姑という感じでした。

    現在は、電子書籍なら最後まで読めるようです。私は電子書籍版を見つけて、思わず買って読み直してしまったのですが、勢いがあるというか、パワフルなマンガでした。

    ユーザーID:3137552889

  • ファンタジー

    ちょうど今読んでいるネット小説で「光と闇の間にありて」。
    きれいでやさしい世界観と文章なので読み続けやすいのですが、最近、びっくりするほどダークな面が出てきて、目が離せないところです。

    予想外の展開というのでもないですが、少女マンガの「暁のヨナ」。
    途中、あるキャラの正体がわかるところで、「花とゆめ」連載にしては驚くようなリアルな表現があり、え〜?こんな表現する作者さんだったのか、となりました。
    ファンタジーお好きでしたら、ぜひ。

    ユーザーID:8806200716

  • 「ナルニア国物語」

    思いがけない結末に驚きました。

    ユーザーID:5457705120

  • カリフォルニア物語

    漫画家吉田秋生さんの名作です。
    作品前半は少女漫画風ですけど、後半はリアリスティックな社会派ドラマに変貌しました。
    作品前期において主役に匹敵するほど活躍したキャラクターが、後期に至って悲惨な死を遂げるという物語の展開には、驚愕させられました。

    ユーザーID:3285380628

  • アニメなんですけど

    「君の名は。」は、私もちょっと不思議なラブコメなのかなと思って観ていたので、途中からの急展開には驚きました。


    おすすめの作品ですが、小説でも漫画でもなくてすいません。
    ぱっと思いついたおすすめしたいものが、全部アニメでした。

    「舞-HiME」
    「TRIGUN」
    「魔法少女まどか☆マギカ」
    「ひぐらしのなく頃に」

    「TRIGUN」は原作が漫画、「ひぐらしのなく頃に」は原作がゲームなんですが、私はアニメしか観たことがないので、アニメとして挙げました。
    どの作品も、こういう話なんだなと思っていたところに、え?っとそれまでの認識を覆すような展開があって面白かったです。

    ユーザーID:2244875854

  • 老人と宇宙

    シリーズ化されていますが未だにクオリティが落ちません。

    「老人の志願兵」という意表を突いたアイデア一発かと思うとその後の展開が全く予想できなくなります。

    少なくとも4巻目まで読まれることをお勧めします。

    ユーザーID:4780885353

  • 映画です

    『フロム・ダスク・ティル・ドーン』
    最初、強盗殺人を繰り返す極悪兄弟が登場。
    人質をとって逃亡するので、
    警察vs極悪兄弟の、アクション&カーチェイスの映画かと思ったら。
    極悪兄弟が逃げ込んだ先がヴァンパイアの館。
    いきなりホラー映画になってしまいました。

    脚本はクエンティン・タランティーノ。
    そう来たか、と思いました。

    ユーザーID:7845998984

  • 市川春子の『虫と歌』

    70ページ位の漫画です。

    市川春子という漫画家の作品が大好きなのですが、その中でも好きな作品です。

    突拍子もない日常が、あたかも当たり前のように設定され、淡々と進むところ。
    どこを切り取っても驚きがいっぱいです。
    そして、静かで美しくて呆気ないラスト。「…そうだったのか…」と。
    登場人物ひとりひとりの心情を考えると切なすぎて、読後感が何とも言えず、心がザワザワしました。

    ユーザーID:8871169075

  • ピグマリオ。

    和田慎二さんのマンガ「ピグマリオ」。

    一人の少年とトカゲ族のレオンとの冒険物語だったのが、最後は壮大なストーリー展開になり、当時学生だった自分にはビックリでした。

    メデューサに石にされた母親を元に戻すのが目的の旅物語です。機会があれば一読下さい。

    ユーザーID:7962121414

  • アニマル ファーム ジョージ オーウェル著

    英会話学校にいたとき、私でも読める小説をすすめてもらい、何の予備知識もなく読み始めて、展開にびっくりした小説です。

    農場の動物たちが人間を追い出し、動物だけで平和で楽しい農場を作り上げる童話かな、と思っていたらとんでもない。

    当時のスターリンによる独裁政治を風刺した小説だと、後になって聞きました。邦題は「動物農場」というらしいです。登場人物(動物)はスターリンをはじめとする実在の人物がモデルになっています。おもしろいですよ。

    ユーザーID:6666291905

  • オススメできるかどうかは別として

    漫画だと「はいからさんが通る」と「ダメおやじ」でしょうかね。

    「はいからさん…」は、子どもの頃途中まで読んで、大人になってから
    漫画喫茶で最後まで読んだのですが、最初はわりとドタバタのラブコメ
    だったのが、途中から偉く話が辛気臭くなるんですね。結構驚きでした。

    「ダメおやじ」は、おそらく「最初と最後で雰囲気が全く違う漫画」
    としては史上ナンバーワンでしょう。「はいからさん」とは逆で、
    途中から「ほのぼのファミリーマンガ」に変貌してしまいます。
    (長期連載をしているうちに世間の雰囲気が変わり、作者も
    それを感じ取って作風を変えたようです)

    アニメだと、なんと言っても「伝説巨神イデオン」。最終回は衝撃です。
    (ただ、個人的には「ハレンチ学園」の最終回に似ていると思いましたが)

    ユーザーID:7968683575

  • 小びっくりな展開かも

    今まで読んだマンガの中から、展開にびっくりした作品をレスします。ネタバレにならない様に、詳細は書きません。

    CLAMP
    『X』、『魔法騎士レイアース(1作目の方)』、『Wish』、『ちょびっツ』
    CLAMP作品は、この4作品の終盤へ向けてのストーリー展開に驚きました。(もっとも、最近は休載・未完作品が多い事に驚いています。)

    樋口橘
    『学園アリス』
    重要な部分が明かされる後半の展開が凄いです。NHKで放送されたアニメでは、プロローグ部分のみでした。

    ユーザーID:2983074419

  • トピ主です

    皆さんのレス、楽しく読ませていただきました!

    最近のは全然知らないのばっかりで、検索してみて「へえ〜」と思ったり「きゃー」と思ったり。
    昔のは、自分の学生時代にはやっていたマンガがいっぱいあって、なつかしかったです(40代です・笑)。有名だからタイトルは知ってるけど、ストーリーは案外知らなかったなあ、って思いました。

    くわしく書いてくださったかたもありがとう。それぞれにコメントしたいくらいですが、多すぎるのでまとめてのお礼ですみません。

    あ、でもひとつだけ。レス主さんが今でもモヤモヤしているという「生徒諸君」ですが、続編がずっと続いていて、ナッキーは超年下の彼氏ができて幸せそうですよー。

    ユーザーID:7472027958

  • 怪盗アマリリス

    和田慎二先生の「怪盗アマリリス」かな。
    少女怪盗ものかと思いきや、途中で主人公が芸能界入り〜アイドルになったり、自主映画を撮影したりと先生の描きたかった事を詰め込んだ作品でした。
    私は雑誌連載中から読んでいたのですが、毎回「どーするんだ?!」とハラハラしていました(苦笑)。
    しかし、ストーリーテラーとして名高い和田先生。最後は大団円で収まりました。

    和田先生は数年前に亡くなられましたが本当に残念です。
    未完の作品(傀儡師リン、超少女明日香シリーズ等)を残していたので…

    ユーザーID:1532848342

  • そりゃいっぱいありますよ。

    いい意味で「話が大きくなったり急展開する」のは、むしろ正統派の成功作として…。

    あえて「そりゃないだろ!」と思ったやつを挙げてみます。それでもそれなりに面白い。

    三遊亭円朝の「牡丹灯籠」
    いうまでもなく中国の「牡丹灯記」の翻案ですが、原話のラストがアチラ流の神仙譚になっているのに対して、こちらは後半は全く武家の仇討ちの話になっている。
    肝心の怪談はどうしたんだというと、主人公は真ん中へんで頓死する、それも隣に住んでいるゴロツキみたいな男に胸を蹴られて心臓麻痺を起こしたと後でわかるぐらいですから、怪談らしいのは前の方だけです。
    ドラマや映画だと相変わらず円朝原作とテロップが出ますが、幽霊とのロマンス、悲恋に主眼を置いたものが多くて、あの辺はむしろ、ティオフィル・ゴーチェの「クラリモンド」を下敷きにでもしてるんでしょう。

    江戸川乱歩の「猟奇の果て」
    最初は覗き趣味、逢い引き宿の隠し部屋で他人の情事を覗き見るという猟奇的なお話なんですが、主人公そっくりの人間が出現して急展開。
    後半は、整形手術で要人の顔になって、数人で日本を簒奪しようという、全くマンガみたいな展開になる。
    整形してすり替わることで日本征服を企む一味が、わずかに町医者みたいな老医師と数人の男たちという家内制手工業みたいな組織であるのがほほえましい。

    ユーザーID:7536257912

  • ゲームで

    「ダンガンロンパ」シリーズ。

    桁外れの才能を持つ高校生達が、隔離された場所で「コロシアイ」
    「学級裁判」の場で協力して犯人を探し出す。
    正しければ犯人(クロ)だけ、間違いならクロ以外(シロ)全員
    「おしおき=処刑」

    シリーズ一作目は比較的分かりやすかったんだけど、二作目の
    スーパーダンガンロンパ2の4章で判明する主人公の正体。
    主人公は自分の持つ能力について記憶がない。
    それが分かったかと思えば、最後の最後でまた新事実が。
    そして、生徒達の本当の正体と彼らがいる世界についての展開も。
    アニメ化されてるけど、ゲーム2作目とその後を描いたアニメは
    登場人物が多く、ゲーム以外の関連小説も読んでないと分からない
    部分があるので混乱するかも。

    舞台を変えた新作「ニューダンガンロンパV3」
    第一の事件から「えっ、そうなっちゃうの?」な展開。
    限られた人数しかいないので、全作犯人当ては比較的やりやすい。
    が、独特の世界観と強烈な個性を持ったキャラ達が面白い。
    今までの世界観を全否定するかのような、今回の世界観。
    海外でも人気が高く、イベント会場でコスプレする人やイラスト
    サイトに投稿する人達が本当に多いです。

    ユーザーID:8193844224

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧