夢がたくさんありすぎて困っています。

レス12
(トピ主0
お気に入り7

キャリア・職場

りんご

高校生です。
私は将来やってみたい仕事がたくさんあります。美容系・インテリアコーディネーター・事務仕事など具体的には3つですが、まだまだあります。多すぎて何を目指したらいいのか分かりません。
この中で1つを決めると、残りの職業が忘れられません。このままでは進路も決められなくなって、人生が失敗しそうです。何か良い方法を教えてください。

ユーザーID:3737397472

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 全部やればいい

    ご自分で会社を興すことをお勧めします。
    特に開業初期は、代表自ら何役もつとめねば回りませんから、いやでも、いろんな作業に手を出すことになります。
    「美容部員」兼「営業」兼「事務員」など。

    ちなみに私は「代表取締役」兼「イラストレーター」兼「プログラマー」兼「営業」兼「事務員」です。
    そんな人、ざらにいます。

    ユーザーID:9756666487

  • 職業のデメリットを考えて

    やりたいことがたくさんあるなら、その職業のメリット、デメリットをよく考えてください。

    私が考えるならですが…

    美容師:
    立ち仕事で足が痛くなる。
    土日祝は出勤。それなのに給与が安い。大体、年収は250万〜300万。離職率高い。
    シャンプーやカラーで手がボロボロになる。
    妊娠したら、匂い、立ち仕事、いろんな面で、多分、継続は無理。

    髪型とか自由なのはいい。服装も自由。
    カラー剤とかで汚れる可能性あるから、そんなに高い服は着ていけなさそう。

    事務:会社の規模によるが、給与は低め。ただし、銀行などなら、年収は400万ぐらいからスタート。金融系なら、土日祝休みで休日も多い。
    妊娠しても、座り仕事だから続けやすい。
    産後も続けやすい。

    インテリアコーディネーター
    想像だけど、他人の休みに合わせて働く仕事だろうから、土日祝は休めなさそう。
    この資格があっても、難関資格ではないので、再就職には活かせない。


    自分でも調べて、現実を想像してみてください。

    ユーザーID:8993056330

  • ならばすべてを具体的に調べてみたら

    >美容系・インテリアコーディネーター・事務仕事など
    これらもずいぶん抽象的に感じますが、書かないだけで具体的なビジョンがあるのかも知れませんね。

    まだまだある就きたい仕事のすべてを書き出し、必要なスキルや方法を調べて明確にしてみたらどうでしょう。
    自分のイメージに合うとか、自分には難しいとか、少なくとも今よりは前に進めると思います。

    ユーザーID:9969800541

  • 二兎を追うものは一兎を得ず

    夢の職業にあがっているものを、バイトですべて体験して下さい。
    もっとも現実的に出来そうなものを、まず勉強していきましょう。

    ユーザーID:9396239738

  • 興味と向き不向きを客観的に比較してみたら

    興味があるという視点で職業を見ていれば、トピ主に限らず誰でも沢山の夢が出てくると思います。

    その中から、自分の学力、性格、手先の器用さ等、総合的な比較から絞り込めばいいと思います。

    最初に追っかけた夢が、途中で挫折したり、やっぱり向いていなかった、という事だってあります。

    ユーザーID:9129776967

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 凄いね

    私が高校生の頃は将来やってみたい仕事なんて考えたことないですよ。

    ただ、早く働いて好きな物を腹いっぱい食べたい、そして車がほしい、

    それだけでしたから、仕事なんて単に給料がいい会社に入ろうとだけ

    思ったものです。

    私の頃は失敗して職種を色々変わっても何とかなったものですが、今の

    時代にそれが通用するか疑問ですね。

    ただ、これだけは言えると思います。

    今の仕事が好きでやっていると言う人は殆どいないと思います。

    やらされている中でも目標を持つことが遣り甲斐にもなります。

    60代の男より

    ユーザーID:9638124368

  • それなら

    一つを仕事として、他を趣味とすれば?

    ユーザーID:3762459000

  • 専門的な勉強を必要とする職業から始めては?

    美容系・インテリアコーディネーター・事務仕事などとの事ですが、資格取得が必要な専門的な勉強をすることから始めては?

    高校生との事ですが、私は商業高校に通ってたので在学中に簿記と珠算の資格所得をしたのですが、2〜3年で簿記の知識は得られますよ。
    美容系やインテリアコーディネーターなら、専門学校へ進学する方法がありますよね。
    やれることから、順番にやっていけば良いんじゃないでしょうか?

    稼げるようになってから、また、見えてくる将来像があるかもしれませんよ。

    ユーザーID:8529050075

  • 本気でやる気があるなら全部やればいい

    事務仕事が夢って珍しいですね。
    どんな仕事を選んでも事務処理の作業はついて回ります。
    わざわざ事務だけを仕事にしたい人は、事務以外をしたくない人ですので、これは夢の中から省いてよいのではないでしょうか。

    美容系といっても色々ですが、ヘアとメイクはだいたい一緒に学べるようです。
    有名なメイクアップアーチストたちは当然美容師か理容師の国家資格を持っています。
    美容師ならば専門学校に行くことになるでしょう。就職はなかなかよいそうです。
    でもスタイリストになるためには数年の修行が必要です。
    それはメイクやネイルも同じですね。

    インテリアコーディネーターは、これを勉強して資格を取ってもなかなか就職には結び付かない狭き門です。
    美容師は国家資格ですが、インテリアコーディネーターは民間の資格です。
    通信教育でも取れる資格ですよ。


    ですから、本気でやる気があるなら、美容系の専門学校に行きながら、通信教育でインテリアコーディネーターの資格を取る。
    独学でインテリアの勉強も続けながら、美容系の就職をする。
    お金を貯めて自分のサロンをオープンさせて、インテリアの仕事も受け、美容師の仕事も両立させる。
    ・・・というのはどうですか?
    独立するなら事務仕事は自分でやらないといけませんよ。

    ユーザーID:7238193461

  • 何で困るの〜?!

    困る事なんてないじゃない。
    最悪(って言い方になっちゃうけど)次から次へとやればいいんですよ。
    駒は何でも多い方が得では?
    現実働いてみたら自分には合ってない業種だった・・
    っていうのもあるかもしれないんだし。
    転職を繰り返すって一般的には褒められたことじゃないけど
    老人になって死ぬ前にお金に困って無くて幸せなら、それでいいんです(笑)

    美容系が何を指すのか分かりませんが
    インテリアコーディネーターと方向は似ているのではないですか?
    ガッツリロックオンしないで
    方向性をそちらにむけつつ、とりあえず高学歴を目指すのって悪くないよね。

    どの職種にも事務仕事はありますから
    事務で無敵な資格を、高校生のうちから趣味で取りまくっておくのもいいね。
    高校生がいろいろ勉強するのってまだ趣味なんだから
    無責任に気軽に色々勉強したらいいのでは?
    それでやる気が出ないようなら、あんまり仕事に本気じゃないって事かもね。

    ユーザーID:1824549710

  • 頑張って1つに絞り、あとは趣味としておこなう

    まず、「事務員」は範囲が広すぎて夢ともいいがたいのではないでしょうか。

    会社でも自営でも、働けば必ず「事務作業」がついてまわります。どんな業種の世界でも、事務は必要ですが、事務にも様々あります。経理や総務もあるし、営業事務、受注や発注の伝票処理業務・集計業務などもあれば、各種業務のアシスタントなどもあります。

    もし、「事務ならなんでもよい」というのであれば、机で書類とにらめっこする仕事ならどんな仕事でも厭わずにするということでしょうか。

    それはともかく、あれこれ目指すわけにもいけませんので、なんとか1つに絞って、あとは自分の「趣味」として日々行えば良いと思います。

    そういう意味では、美容系は一人ではなかなかできないので、インテリアを趣味にして自分の部屋を飾るなら可能かと。

    私は機械系の大学を出ましたが、趣味で(黎明期の)パソコンをしていたので、そちらの技量が買われ、機械にソフトを組み込んだりし、最終は社内システムの構築も行い、大学での専門も役立ちましたが、それよりも趣味の知識が会社で役立ちました。

    そして、社内でいろんな職種に就きましたが、専門知識をベースにした事務作業の職もたくさんあります。

    いわゆる「事務員さん」もいましたが、仕事をしながら専門知識を覚えるのも限度がありますし、結局は、言われるままに作業を行うしかない人も多いです。


    これからはマルチな才能が必要な時代だとも言われます。専門は一つに絞ってその学校へ進み、あとは趣味として追求していれば、その知識が役に立つときも来ると思います。

    ユーザーID:3961465041

  • 選択基準を増やしてみる

    夢が多いということは色んなことに興味があること!
    素晴らしいことだと思います。

    しかし普通は1つの道ですら究めることは大変ですし、
    心残りになってしまう可能性もあり、さぞかし不安でしょう。

    トピ主さんは複数のことをものにできる自信はありますか?
    もしその自信があればちょっと欲張って複数の道にチャレンジしてもいいかもしれません。
    しかし、それは出来ない、もしくはそれでも選べないのであれば
    「やりたいこと」以外の観点でさらに絞り込んでみてはどうでしょうか?
    例えば収入とか自分の能力との適正とか尊敬できる人がいるとか
    その職業のなりやすさなんかも選択基準になるかもしれません。

    自分にとってメリットのある選択基準を複数絡めてみて、順位をつけてみたら
    もう少し絞り込めるのではないでしょうか?

    ユーザーID:2561350147

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧