将来やりたいことって決めてましたか?

レス35
(トピ主2
お気に入り28

趣味・教育・教養

ましゅまろ

中学3年の女子です。学校ではたまに講堂での先生の話や卒業生の話がありその中で「将来なりたい仕事、やりたいこと、を決めて勉強に取り組んでいた」「将来やりたいこと、目標を決めた方が将来がより明確になるから早いうちにそういうのは決めなさいよ」などと言われるのですが前に京大の見学ツアーに行った時には「やりたいことが特になかったからなんとなく京大に入った。」とおっしゃっていた方もいました。社会人のみなさんは将来やりたいことを決めていたのか、お聞きしたいです。ちなみに母には「自分は大学に入ってから決めたから別に無理に決めんでいいんちゃう?」みたいなことを言われました。実際そういうのを中学や高校生で決めていた方って多いのかな、と疑問に思ったのでみなさんの話を聞かせてください!

長文失礼しました

ユーザーID:8937218584

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数35

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 中高生の頃は

    ましゅまろさん、はじめまして。私は40代主婦。2人の子供がいます。私自身は中高生の頃、なりたい職業は全然決まってませんでした。大学は国文科でしたが、ただ国語が唯一の得意科目だったから。教職課程を取り中学の教員免許も取得し県の採用試験も受けましたが結果は…。「どうしても教師になりたい!」という強い熱意はなく、そこからは出産までは事務職。子育てが落ち着いて今は介護施設で働き、昨年度やっと介護福祉士の資格を取得しました。今でもこの仕事は私に向いているのかわからなくなるときもありますが、お年寄りに教えられることも多々あります。
    息子は大学2回生、これといってなりたいものはないそうですが「公務員になれたら」と言います。(多分、安定してるから…とかの安易な理由でしょうけど)娘は高1、やはり将来やりたい事は「まだわからない。」そうで普通科に通ってます。娘の同級生の中には高校の看護科に進学した子もいます。彼女は中3の時点で決まってたのでしょうね。長くなりましたが、中3ならまだ時間はあります。

    ユーザーID:9907202284

  • 追加です。

    もし成績がいい方なら、これからも勉強を頑張って、少しでも偏差値の高い大学に進むのもありです。もし、高校生の時になりたい仕事が決まってなくても、将来の選択肢が増えるからです。私は、別に学歴至上主義ではありません。もし中3でやりたい事が決まれば、高校選びも具体的に決めやすいし、高校生の時に決まれば、そのための専門学校、そのための学科がある大学にいくのもありです。お母様がおっしゃるように、大学に入って考えるという人も多いですよ。

    ユーザーID:9907202284

  • 明確な目標がある人のが少ないと思う

    小学生の頃から医師や弁護士や親の家業の跡継ぎなどは、明確な目標にしていた特に男子は若干いました

    ですが、女子の大半は、明確な目標があった人は少なかったです
    今、40代のおばさんなので、時代は違うかもしれませんが

    それでも、中学や高校では正直、社会を知らないでしょうし
    自分の得意な事が、例えば、スポーツや芸術の人などは仕事に繋がり難いので、では、仕事はどうする?と考えると どうしても一般企業の大手に入れたらいいね、ぐらいなものかもしれません

    大学まで幅広く勉強して、色んな体験を積んで 例えば素敵だなと思う人を目標にしてみたら良いかもしれませんね
    今は、色んな職種の人のブログが読めるので良いですね

    ユーザーID:1880258842

  • 後で変わってもいいから決めておいた方がいいよ。

    法学部に入ってから、やっぱり医師になりたいとか、
    薬学部に入ってから、やっぱり建築士になりたいとか
    思うとかなり遠回り。
    目標はあった方がいいですよ。

    ユーザーID:9502668786

  • 子供のころから

    結構物を作る作業が好きだったので、高校は工業高校電気科を受けました。

    並行して同レベルの 普通高校も受けまして、両方受かり

    親は普通高校に行ってほしかったと言われましたが、自分の予定通り工業高校へ

    仕事も電気関係の 盤(電気設備)製造業の会社へ

    配電盤制御盤の組立〜マイコンの設計、プログラムの設計、工業用シーケンサのプログラム設計 と進んでいきました。

    結構残業の多い会社で有名なところ、忙しい時は 徹夜もあり。
    出張も多く 南は沖縄から北は北海道まで 長い時は1か月以上 現地で現場機材の調整試験確認作業、お客様への製品使用方法の説明もありでした

    今は定年退職しています。

    技術的には、使用する機材が常に進化を続け 新しい機器の仕様、規格を常に勉強勉強でしたが、仕事の内容としては、もちろんきつい時も多かったけど、やりがいのある十分満足できるものでした。

    物を作ることが好きだったので、高校卒業と同時に 作曲なんかも独学、楽器もいくつか習いました。他に多趣味で 将棋、競技かるた、スポーツも好きで ウィンドサーフィンやボーリング、乗馬もやりました。

    面白そうだと思ったら何事によらずチャレンジ、それは今も続いています。

    ユーザーID:5954041281

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 無理に決めなくて良いよ

    自分のやりたいことに、早く出会う人とそうではない人がいます。
    早く出会ったから偉いわけではない。

    日々の生活に真剣に取り組んだ先に将来があります。
    特にやりたいことがないならば、興味を広く持って、いろんなことに目を向けてみたら良いと思う。それは絶対に、後々あなたがやりたいことに出会った時に活きてくるから。

    焦らず、毎日の生活を楽しく懸命に。
    がんばって!

    ユーザーID:7109217572

  • 息子も同じことで悩みますよ

    でもね、何だかかわいいのです。そのお悩み。
    うちの子も中学三年生です
    まだまだ世界感も狭い。今後、何に出会うかわからないのに
    大人たちは「夢を追うのは美しい」とばかりに理想論を押し付けるでしょ
    ・・・でもね。それって、幸せな人たちだと思うんだよね。

    私自身は、小学校高学年から夢がありました。
    何とか自分で食べて行きたかったから。家を出て、男に頼らず生きる!
    これしかありませんでした 家庭環境に恵まれなかったので・・・

    苦労をしていると、決めざる得ない境遇に陥ります。

    なので、我が子が真剣に「やりたいことがない」なんて!
    なんて。。。幸せだな。って思います

    今は見分を広め、語いを増やし、感性を高める時期です
    たくさんお勉強をして可能性を増やすこと!!私は我が子にそう言ってますよ!

    だって、私みたいになったら・・・きついから。(私は業界では成功はしてます)

    今は、何もない どうしよう?
    その不安、蓄積からガーっと何かに出会えたら開花すると思います
    あなたも我が子も真面目なんですよ!大丈夫!そのコンプレックス!
    絶対に何も考えていない子より素晴らしいですから!!
    この先、いい夢に出会えるよ!応援してます

    ユーザーID:7748604253

  • 3才の時には決まっていた

    私も夫も、物心ついた時には、この仕事に就くと決めていた。
    周りの大人たちも、そうなるだろうと当たり前のように信じていた。

    そして、そうなった。

    うちの子も小学生の時には決めていた。
    夫婦で大反対したのだけれど、いま結局その希望の職種に就いている。

    最初から決まっている人もいる。あとから決めた人もいる。

    あとから決めた人は、きっと何でもできる人なのでしょう。
    うちの一家は「”それ”しか出来なかった」のです。

    人それぞれです。
    貴女に合う仕事が見つかりますように!

    ユーザーID:5447858531

  • 私は10才には決めていました。

    数学教師だった母を誇りに思っていた私は、一生仕事をすると決めていました。
    やりがいのある仕事をする為に、一生懸命勉強しました。

    高校一年生の時、「思春期は疾風怒濤の時代」という言葉に衝撃を受け、青年心理学に興味を抱きました。その後は、心理学を学ぶ事を目標に勉学に励みました。

    10才の時に決心した通り、私はずっと仕事を続けました。
    今も心理学には興味を持ち続けています。
    いつか社会の役に立てたらと思っています。

    ユーザーID:7525166593

  • どっちでもいいよ、そんなの

    やりたいことが決まっているならそこに向けて頑張ればいいけど、挫折したときに他にやることがなくなって辛くなることもあるから、決めることがよいとは限らない。

    やりたいことがないなら、なるべくレベルの高いところを目指して頑張っていくのがベスト。そうすると何かになりたかった時に選択がたくさんできる。
    レベルの高い高校へ行けば選べる大学も増える。
    レベルの高い大学へ行けば条件のよいところへ就職もしやすくなる。

    遊びや手抜きに夢中で適当な学校へ入ると、周りも同じく適当なやつばっかり。
    「これになりたい」って思った時にはすでに手遅れ。「もっと勉強しておけばよかった」って大半は思う。

    ちなみに私は小学校の時から夢があって、それになりたくて頑張ったけど30年勉強しても夢かなわず。なりたいものには努力だけでは無理で、運も才能も必要だった。
    その後挫折したけど、別の仕事と勉強は頑張って、今は結構稼ぐようになった。

    だから「将来やりたいことを決める」って、私からすれば全然おすすめできない。決めたからといって、確実になりたいものになれるわけじゃないから。
    だけどレベルの高い学歴(特に名の通った大学を卒業すること)は自分を裏切らない。どの仕事についても自分を誇ることが可能。

    あなたにやりたいことがないのなら、今は必死に勉強して出来るだけレベルの高いところを目指すべき。それがあなたのピンチを救ってくれることもある。
    なりたいものに高学歴が必要だったとき、無勉強だったらただ泣くしかないでしょ?

    ちなみに先生たちが何でそういうことを言うかというと、「生徒の前でそういう言葉を言うとかっこよく見えるから」であって、先生たちだって中学の頃は何も考えてなかったと思うよ。大人って子供の前では威張りたいものなのよ。

    ユーザーID:9430037021

  • 三者面談で

    私は高卒ですが、高3の三者面談で決めました。
    ほとんど先生と母が決めました。
    それにすんなり従う私って変ですか?
    今幸せです。

    ユーザーID:7850763263

  • 少ないのでは

    60代のおっさんです。

    中高でやりたいことを決めてそれに向かって努力している人なんて少ない

    と思います。

    また、なりたいことややりたい事になった人なんて5&もいないのでは。

    私も高校生の頃は何でもいいから早く働いて、腹いっぱい美味いものを

    食べたい一心でした。仕事なんて何でも良かったのです。

    会社へ入って頃は嫌々仕事をしていましたが、そのうちに義務感と向上心

    が生まれてきたというのが現実だと思います。

    でも時代も変わり今はどうなのかよくわかりません。

    ユーザーID:3874116560

  • どちらでもイイです!

    1早々に決めて、その道に行けるよう頑張る。
    2なかなか決まらないなら、とりあえず進学。

    このどちらかが間違いではなく、人それぞれ、どちらでもいいんです。
    まだ決まってないのに、「今すぐ決めろ」と言われても無理でしょ。

    大事なのは、一日一日を大事に、やるべきことをしながら過ごす。
    そうすれば、何かしら、数年後に道が開けてくることがあります。

    何に対しても努力せず、だらだら過ごせば、
    数年後、何者にも成れない、それだけです。

    ユーザーID:1662913375

  • 決めてました

    私の場合、高校一年生の時、将来つきたい仕事はこれだ!と決めました。
    というか、まあ憧れてたってカンジですけど。
    でも、その頃からその目標に向かって昼夜問わず努力しまくってましたね。
    もう365日、寝ても覚めてもその仕事の事しか頭にない状態でした。
    夢をかなえられたのは31才と遅かったのですが、天にも昇るような気持ちでした。
    あまり一般的ではない仕事なので、参考にはならないかも。
    これは人それぞれですので、先生の言う事は理想論ではありますが、私はお母さんの意見に一票。
    それが一生わからないって人だっていますしね。

    ユーザーID:3726045601

  • 方向付けは出来ていたようです。

    半世紀以上前、私は中学生で、両親は町工場で働く工員でした。彼らを見てて、私も中学校を卒業したら、工員としてこの町工場で働くのだろうと漠然と考えていたようです。経済的に高校進学は無理だったからです。

    紆余曲折を経て、日本育英会の貸与奨学金とアルバイトで高校、大学へと進みました。大学では機械工学を専攻しましたが、力学系以外好きになれず、大学院は制御工学の講座に籍を置き、博士学位を取得しました。

    修了後、奨学金返還免除職に当たる某研究所に入所し、60歳まで働きました。現在、老後生活を満喫しています。

    工員として働くことを意識したのは中学生の頃、その後数学を使う仕事に就きたいと考えたこと、実際に就いた職種は機械システムの解析でした。機械で始まり、機械で終わった仕事人生です。

    裕福な資産家の一員で無い限り、人は生きる糧を得る為に働かねばなりません。どうせ働くなら、他の人が持っていない知識を駆使して、依り良い生活をしたいものです。将来の目標が決まれば、学ぶべき道が決まります。頑張りましょう。

    ユーザーID:5681947621

  • 大学生かな〜

    高校生までは完全にオタクでしたので、
    「漫画家かアニメーターになる。またはTVアニメの脚本家」と思っていました。

    大学生の時に漫画を描いていましたが、それほど才能がないことに気が付き、
    周囲はマスコミ志望の人が多かったので、
    「マスコミを目指すべきなのか」と思いました。

    ここで物凄い勘違いをしていて、マスコミって言っても
    ずっと制作ばかりしているわけじゃなく、コミュニケーション力が重要だったんです。
    それに気づかないまま業界に入ってしまい、苦労しましたが、
    ちょうどパソコンが普及しはじめたころで、パソコン担当兼任で生き残りました。
    結局はそれからずっとやっているので、合ってたような、合わないような。

    ユーザーID:2715494625

  • 中高で決めなくて良い

    中高で決めなくて良いと思います。
    なぜなら、世の中にどんなに職業があるのか知らないから。
    あなたの周りにはどんな職業の人がいます?

    例えば会社員だって様々です。
    商社に入って海外でプラント建設をしている人もいる。自分の力を存分に試せます。
    あるいは、通信会社に入り海底ケーブルの研究をしている人もいる。


    世の中にどのような仕事があるか、どうしたらそうなれるか、そういう事は大人になってわかる事です。

    ユーザーID:3619932808

  • 私は決めてませんでした(友達は決めてた)

    私の場合は、大学にいった、ら文化人類学がやりたいなーという興味本位で文学部に行ったので、将来の職業のことまでは考えていませんでした。
    大学入ってからの選択肢としては、アカデミック方面に進むか、教職免許を取っておくか、公務員試験を受けるか、士業の資格を取るか、あとは一般企業の文系職種に就くか、みたいな感じでしたね。

    高校2年生くらいの時点で、特に理系の女子は進路を明確にしてる子が多かったですね。
    医療関係の志望が多かったです。医学部、薬学部、看護大学など。一般企業に行くと、はっきり言って、女性は、男性よりお給料が安い場合も多いんですが、これらの専門職に就いておけば、男性サラリーマン以上に稼げますからね。文系女子は、教職志望が多かったかな。こちらもしっかり稼げます。
    男子は、理系は興味のある分野の学部に行って、技術者か研究者志望、文系は、とりあえず難関大学行っといて士業か公務員か、一般企業、みたいな進路の子が多かった。

    ……いま思うと、皆ちゃんと考えていましたねえ。
    そういう子に共通してるのは、わりと現実的というか、「適性があって稼げる職業」を見据えて進路を決めているということです。社会を知ってる大人のアドバイスがあったんでしょうね。

    私は、ただ単に勉強が好きだったので、大学で勉強するとこまでしか考えてませんでした。結局、文化人類学を深める方には行きませんでしたが、本当は理系の勉強にも興味があったんです。理系に行っておいた方が職業選択の幅が広かったかな。
    今、高校生なら、文系理系問わず、勉強ができるリベラルアーツの大学を志望します。ICUとか。それで学部の間に深めたい分野を探して、研究職を目指すと思う。

    大学の4年間は、思う存分勉強ばかりしていられる、人生で唯一の時間なので、好きな勉強に没頭するのもありだったと思ってます。京大の方は、そのタイプかもしれませんね。

    応援しています。

    ユーザーID:6433364413

  • 決めてませんでした

    現在会社員です。

    中学・高校・大学時代、全然決めてませんでした。
    高校から色々な種類のアルバイトをして色々経験してみて
    この業種は自分には合わないな程度は理解できてましたが
    正直何がやりたいのか、そして何が向いているのかなんか
    まったくわからない状態で就職活動してました。

    ではどのように就職活動したかと言うと
    アルバイト時にこれは楽しいかな?と言うか苦痛と感じなかった職種。
    また趣味に関係ある職種を漠然と選びました。

    その結果、一応趣味の延長線上の会社に入れたのですが
    それが良かったかと言うと微妙な部分もあり何ともいえません。
    仕事としてではなく趣味のままにしといた方が良かったかもしれません。
    仕事は仕事と割り切って雇用条件で選ぶのもアリだと思います。

    ですので、決めてなくてもまあ何とかなると言えばなります。
    ただし、職業によっては大学を選ばないとなれないものもありますので
    そのあたりを考慮して考えてみてください。

    ユーザーID:0240703095

  • 一部の職業だけ

    将来の目標を決めて頑張るって、信念を以って就く職業だけで良いですよ。


    「金持ちになりたい!」
    「偉くなりたい!」
    「有名になりたい!」

    大概の場合、中高生の将来の目標って、そんな程度で良いんですよ。


    しっかりと目標を定めるというのは、将来の幅を狭めてしまうということでもあり、そんなに「素晴らしいこと」でもないのですよ。

    ユーザーID:4465387396

  • ちょっと堅苦しいけど

    高校生の息子がいる母親です。

    今まで子供の学校の先生と関わりがありましたが、最近は本当に将来のこと、職業のことなど早くから意識させていますよね。私たちの時代は、そこまで細かく考えるように言われることはなかったです。もちろん自分でちゃんと考えている子はいましたけど、それは本当に早くから準備をしないと間に合わないような、医者、芸術家、プロスポーツ選手くらいだったと思います。

    だいたい、、中学生や高校生のうちに知れる職業や業種など本当に一握りです。子供が普段から見聞きするような会社や普段接する職業などは、社会の中のほんの一部なのに、将来の職業に向かって頑張りましょうって言われて、社会的に認知度の高く、わかりやすい専門職希望の子が溢れかえっているだけです。どうしてもそういう職業に惹かれるのは、若いがゆえ仕方がないとは思いますけどね。実社会の中では、専門職としての名前が付いていない仕事もたくさんあり、割合で言えばそういう仕事の方が多いと思います。中高校生のうちに、自分から将来の職業選択の幅を狭める必要はないと思いますよ。自分に何が向いているかということでさえ、そんな早くに確定できるほど人間は単純ではないです。

    高校生の時点なら、自分はどんなことに興味があるのか、好きなことは何か、何に喜びを感じるのか、いろいろな人(職業、年齢、立場)と関わっていろんな体験をし(バイト、部活だけじゃなくて)、いろんな本を読み、自分自身を知って欲しいと思います。やるべきこと(勉強)や好きなことに熱中できる能力があれば大丈夫。

    今の時点で、職業を決めることが大事ではないんですよ。若い人の可能性は無限です。長期的、広い視野で是非考えてみてください。

    ユーザーID:6248792615

  • 全然決めてなかった

    勉強したいことだけはハッキリ分かっていたので、それが学べる大学を選びましたが、
    学んだ内容では学者になる以外それで食べていくことはできないものだったので、
    お金を稼ぐ手段としての「将来なりたいもの」は一切決めていませんでした。

    大学院を出てから、なんとなくお給料の良い外資系企業に就職しましたが、
    働き始めてから「これじゃない!」と気づき、そこから学生時代の専門とは
    全く異なる今の職業に転職しました。

    やりたいことが中高生の時点で明確になっている人は
    それに向けて頑張ったらいいと思いますが、世の中に
    どんな仕事があるかまだあまりよく分かっていない中高生の時点で
    無理やり将来なりたい職業を決めてしまうのは、
    いささか勿体無いというか、ちょっと危険というか。。。

    もし今の時点で自分の内から湧き出るような、将来の目標に対する
    意欲がないのであれば、まずは視野を広げつつ、自分がどんなことが
    好きで、なにが向いていてなにが向いていないか、
    自分自身と向き合うので十分だと思いますよ。

    ユーザーID:1789529191

  • 決まってたというか・・・

    若いうちからやりたいことが決まってる人って「決める」というより「わかる」んだと思います。
    自分が好きなもの、得意なものがわかってて、たとえ漠然としててもそっち方向に進みたいって考えてる。

    私も小学校低学年の頃からなんとなく方向は決まってました。
    当時は「漫画家になりたい」って言ってましたね。

    で、その後アニメーターとかイラストレーターとか同じようなジャンル内で変わりはしましたが、結局グラフィックデザイナーになりました。

    でも四年制大学は、国際関係学科というところで、全く関係ない学科を選びましたが。

    イラストが描きたかったのでダブルスクールでデザイン学校に通ったのですが、グラフィックデザインのクラスで、こっちの方が楽しいし、向いてるとわかったのでそちらで就職しました。


    でも、世の中には中学生くらいでは全く何も考えてない人の方が圧倒的に多いと思います。
    そういう人は高校、大学などでじっくり考えて方向性を決めたり、専門を持たないまま就職して、とりあえず目の前の仕事をして稼いだり・・・色々なんじゃないですかね。

    「決める」というよりは必然的に決まってくる、と思うので、無理に今考えて決めなくてもいいのでは?

    ユーザーID:3742127781

  • 私は決めてませんでした(友達は決めてた)

    私の場合は、大学いったら文化人類学がやりたいなーという興味本位で文学部に行ったので、将来の職業のことまでは考えていませんでした。
    大学入ってからの選択肢としては、アカデミック方面に進むか、教職免許を取っておくか、公務員試験を受けるか、士業の資格を取るか、あとは一般企業の文系職種に就くか、みたいな感じでしたね。

    高校2年生くらいの時点で、特に理系の女子は進路を明確にしてる子が多かったですね。
    医療関係の志望が多かったです。医学部、薬学部、看護大学など。一般企業に行くと、はっきり言って女性は男性よりお給料安い場合も多いんですが、これらの専門職に就いておけば、男性サラリーマン以上に稼げますからね。文系女子は教職志望が多かったかな。こちらもしっかり稼げます。
    男子は理系は興味のある分野の学部に行って技術者か研究者志望、文系はとりあえず難関大学行っといて士業か公務員か一般企業、みたいな進路の子が多かった。

    ……いま思うと皆ちゃんと考えていましたねえ。
    そういう子に共通してるのは、わりと現実的というか、「適性があって稼げる職業」を見据えて進路を決めているということです。社会を知ってる大人のアドバイスがあったんでしょうね。

    私はただ単に勉強が好きだったので、大学で勉強するとこまでしか考えてませんでした。けっきょく文化人類学を深める方には行きませんでしたが、本当は理系の勉強にも興味があったんです。理系に行っておいた方が職業選択の幅が広かったかな。
    今高校生なら、文系理系問わず勉強ができるリベラルアーツの大学を志望します。ICUとか。それで学部の間に深めたい分野を探して、研究職を目指すと思う。

    大学の4年間は思う存分勉強ばかりしていられる人生で唯一の時間なので、好きな勉強に没頭するのもありだったと思ってます。京大の方はそのタイプかも知れませんね。

    応援しています。

    ユーザーID:6433364413

  • 好きなことが見つかるといいね

    夫私ともに40代 夫は中学からやりたいことがあった人、私は全くなかった人です(笑)
    夫は結構小さなときから好きなことがあり、それをやりたくてやりたくて仕方がなかったそうです。大学の付属の高校に通ってたのに、「大学に俺のやりたいことはない」で大学進学せず専門学校に行きました。
    私はとにかく早く社会人になりたくて、別に何をしたいとか何になりたいとかはなかったです。実家が崩壊過程で父がろくでなしで(笑)とにかくお金を稼いで家をでたかったです。

    ユーザーID:1540706591

  • 大学で勉強したこととは全然違う仕事をしてます(笑)

    理系学部出身です。エンジニアとして就職しましたが、女性エンジニアとして受け入れ体制が整っておらず、アシスタントで終わるのは嫌だったので、また勉強し直しました。今の仕事は天職だと思ってます。今の業界でエンジニア出身者はほぼ皆無なので重宝されることも多いです。

    中高生の時は漠然と理系に進もうと思ってましたが、昔は今ほどどんな仕事が世の中にあるかなんて学校も社会も教えてくれなかったし、教育と仕事が連携してもいませんでした。ほとんど人が漠然と大学に行ってたと思います。自分が興味があることを勉強してる人もそうでない人もいました。

    将来が決まってない場合はなるべくつぶしが効く方面へ進んでおくのも手です。学部や大学などウケが良いところを狙うとよいのでは?

    私の姪は子供の頃から獣医師になりたくて、獣医師になりました。それはそれで幸せな事だし、夢を達成した姪は努力家だと思いますが、そういう人の方が少ないです。

    ただ今は寄り道をするのも難しいかもしれませんね。ちなみに家業をつげというプレッシャーはものすごいものでしたが、大人になってその仕事につかなくて良かったと思っています。素晴らしい仕事ですが、性格的に合わなかったので。

    自分で決めるという事は大変なことですが、それが大人になるってことです。将来を決めないまま大学等を選ぶことにはリスクがあります。そのリスクを引き受ける勇気を持つことも大人になるってことです。今の子は昔よりも早く大人になることを求められていて気の毒です。

    ユーザーID:3388676211

  • 別にまだ決めなくてもいいけど

    決めないなら、とりあえず、医師か弁護士、あるいは東大・京大を目指しましょう。
    自分に能力がないと分かったら目標を下方修正してもいいのです。
    そこまでの努力はやりたくないというなら、そう宣言してもいいでしょう。
    どちらも、やりたいことが見つかった時に自分にそれをやる能力があるかどうかの判断材料になります。

    「将来やりたい=将来やれる」ではないことはわかってますよね?

    ユーザーID:4167169217

  • 視野を広げる

    今更なのですが皆さんのレスを見て自分のレスは改行が少なく読みにくかったのでは、と感じました。すみません。

    丁寧に答えていただきありがとうございます!
    リアルなお話が聞けとても参考になりました。

    将来やりたいことが見つかっていない今は無理に決める必要はなく、自分はまだまだ視野が狭いということを感じました。

    やりたいことが決まってないくても今、一生懸命勉強しいい大学に行けるようにすることで将来の選択肢が増やせるんですね。

    いろんなことに対してアンテナを張り、様々なことを体験していく中でやりたいことを探しつつ自分の視野を広げていこうと思います。

    ユーザーID:8937218584

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • やりたいことを!

    こうなりたいとか

    やりたい ことを学ぶとは

    途中から別の道に進むことに

    なっても、必ず役に立っています。

    職業として(会社員)生きるのか

    研究者として生きるのか

    起業するのか

    いろいろ道はあります。

    今は、なんでも吸収して

    成長するのがいいと思います。

    中学時代の読書量は人生を左右します。

    やりたいことは、出会った人によっても

    変わってきます。

    真面目に取組むあなたには、学生のうちに

    取れる資格をどんどん

    取ることをおすすめします。

    これからの時代 どんな職業が残るのか

    それすら不透明なのです。

    でも、いろいろやって

    好きな仕事が見つかることも

    あります。

    あせらずに!

    私は何も考えずに 60歳に

    なります。

    ずっと仕事をしていますが、少しずつでも

    成長したいという気持ちは変わりません。

    去年より今年が 今年より来年が

    より成長した自分でいられるように

    過ごしてきました。

    小さな積み重ねは、大きな成長に

    繋がります。

    お互い 頑張りましょう。応援しています。

    ユーザーID:4079944238

  • 私は決めてなかった。娘は決めてる。

    私自身は、中学生の時に従兄弟について行った大学のキャンパスと大学生生活への憧れから、その大学に入りました。
    学部は、一番得意な科目で決めました。その先の職業など考えていなかった。
    就職も、来ていた求人を手当たり次第受け、内定もらった中から決めました。
    就職氷河期でみな、そんな感じではありました。

    娘は、まだ小4なんですが、幼稚園の頃から、なりたい職業がはっきり決まっていて、変わってません。
    その職業につくのに有名な大学を夫が教えたら、その大学へ行く目標も確定。
    その大学のその学部に行くには、あの中高一貫校がいいかな、という夫の言葉で、中高の目標も確定。
    その中高一貫に入るために中受することも、当たり前のごとく決めました。
    塾に入る前に6年までの塾のスケジュールを教え、習い事の整理もしなくちゃね、と言ったら、スイミングは辞め、書道は忙しくなったらやめる、バレエは塾に合わせて減らすけどやめない、中受する上級生のバレエの続け方を見て、同じようにすると言ってきました。
    特に親がレールを敷いたつもりはないけれど、夢に沿った親の提案を自分の決断に変えて行く娘には、親ながら驚きです。
    その中高一貫に受からなかった場合のルートも納得しています。
    大学も、今のところ目標は一校ですが、目標の職業に結びつくなら変えても、挫折感はないと思います。
    なぜ、その職業にそこまで魅入られているのかわからないけれど、その目標に合わせて、現在の行動まで考えられるのは、やはり強いと思う。
    勉強が辛くて嫌になっても、諦めない力になっていると思う。

    無理に目標を定めることはないけれど、目標が決まっていて、それのために現在すべき行動が分かっているのは、かなり強みにはなると思います。
    私も、大学生活への憧れという不純な動機でしたが、それのおかげでがんばれました。

    ユーザーID:9830045644

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧