不登校を受け入れたいです。

レス36
(トピ主1
お気に入り165

妊娠・出産・育児

三児の専業主婦

早速ですが、中2の長女の事です。
昨年の秋頃から体調を崩し学校を休みがちになりました。
幾つか病院に診て頂き、少しずつですが横になっている時間も減り母である私との会話も増えてきました。
薬と夏休みそして、私が長女の話を全面的に聞くように努めたからだと思います。
長女が本音を言ってくれるのは非常に嬉しい事ですがやはりと言いますが、学校には行きたくない、行く気は無いようです。
この数ヶ月、私なりに本を読んだりと情報収集し、子育てを振り返り思い当たることを後悔したりと必死に向き合いました。
不登校は昔と違い問題行動では無く、家庭を居場所とする事が大切だという事は認識しています。
勉強は嫌いでは無く、したい事は沢山ある様です。
私がありのままの長女を受け容れ見守る事が今、すべき事は分かっています。
頭では解っていても感情が追いつかないでいます。
私が母親であることが申し訳なく責任を感じて涙がこぼれます。
そんな暗い母では無く明るく元気に振る舞いたいです。
私がメソメソしていると敏感な長女は気を遣い悪循環です。
登校したくない理由は多くは話してくれません。
最初はいじめ等から疑いましたが、本人や担任の先生の話によると無いようです。
多少の人間関係のこじれは全く無いとは言いきれませんが原因では無いようですし、少ないですが友人はいます。
他人に執着がなくラインもしていませんし、したがりません。
夫は協力的ですし、本人と仲も良いです。
正直に言うと学校に行き、たくさんの事を経験してほしいです。
私の狭い価値観の心では受け入れられていません。
のほほんと過ごしていた私の13歳の頃に比べると、いろいろと調べ考えているようです。
ただ、親心としていばらの道を行くよりか、このまま高校まで卒業した方が近道だと思ってしまいます。
どうしたらあたたかく受け入れられるのかご助言よろしくお願い致します。

ユーザーID:1348767177

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちも有りました

    やはり 中学生だった娘が 不登校に
    理由もハッキリせず イジメは無く
    ただ 行けないと…
    真面目で 努力家です
    勉強も嫌いでは有りません
    親は ただ話を聞くしか無かった
    家から出るのを 知り合いに見られたく無いと嫌がり
    それなら 知り合いのいない所へと 母娘二人 新幹線の距離に旅行に行きました
    少し元気になってからは 誰も知り合いのいない 二つ隣の市まで
    習い事に通いました
    往復の車の中で 沢山話しました
    主に 小さい頃の話でした 可愛くて可愛くてって話
    学校に戻る話はしませんでした

    中学校は行かなくても卒業出来ちゃいます
    娘はその後 少し中学校に戻りました
    高校は 誰も知り合いの行かない所と決めて
    個性を大事にしてくれる所へ行きました
    今年卒業します
    目標も出来て 大学受験します
    親は 何にも出来ませんでした 待つだけでした
    今は 体力だけ落とさないように気をつけて
    大人になった時 どうなりたいかのイメージ作りをしませんか?
    自分で そのために必要な事が見つけられるのを待ちましょう
    辛いと思いますが…

    ユーザーID:4529886072

  • 行きたくない理由ははっきりと話させます

    体調不良が原因であれば、
    具合が悪くなってきたらすぐ早退していいと言って
    行かせます。

    人間関係も良好、家にいるのが好きだから
    なんて理由では休ませませんよ。

    行きたくない理由も言いたくない、
    学校にも行きたくないなんて、わがままだと思います。

    行かないのであれば行かない理由を
    はっきりと話してもらう。
    それに対して全力で対処する。

    もちろんいじめや人間関係であれば
    先生を交えてとことん話し合います。
    引っ越しを含めてね。

    なーなーにするのが一番いけないと思います。
    一度引きこもると復帰はかなり難しいですよ

    ユーザーID:8358136738

  • 無題

    スクールカウンセラーはどうですか?
    思春期外来は受診しましたか?


    福祉のプロでもない親が本を読み漁ったところで、変わる訳ないですよ(笑)
    病院連れて行けば〜?
    今がチャンスだと思うけどなぁ。
    高校生ともなると、先生は頼りになりませんから。
    そもそも、お子様は高校行くん?

    ユーザーID:9832013672

  • カウンセリングとコーチング

    発達障害を抱える息子がいます。
    発達障害の子供たちには不登校が多く見られるので、息子もいつかなるかもしれないと考え向き合って来たところ、かろうじて不登校までいかずに今は大学生になりました。
    その経験から思うのですが、受け入れるだけではいけないのではないか?と思います。

    〉親心としていばらの道を行くよりか、このまま高校まで卒業した方が近道だと思ってしまいます。
    これは反対で、高校に通い続ける事の方が茨の道で、不登校でいる事は考え様によってはぬるま湯に浸かる事になると思います。

    私は今までの経験を通して親に必要なスキルはカウンセリングとコーチングではないかと思っています。
    辛い気持ちに寄り添うカウンセリング。
    その状況から、どの様な人生を歩んで行くかを自分で考えさせる為のコーチング。
    両方がバランス良くないと、乗り越えていくのは難しいのではないでしょうか。

    息子が鬱を併発し人が怖くなりながらも、学校に行ったのは将来を考えての事です。
    私が学校に行け!と言ったわけではなく、自立に向けてどうしていきたいのか、よく話し合った結果です。
    その怖さに共感し、彼の意思を尊重して、その支援のために付き添いをしてきました。
    彼も吐きながらの登校で、未だに不安が高まると吐いて学校に行っています。
    学校に通わなくても自立する方法はいくらでもあります。
    いろんな可能性を提示し、彼が進みたい道を自分で決め、そのために必要な行動を考えさせてきたら、そうなりました。

    学校に行かせる事を勧めているわけではないです。
    行かないなら行かないなりに、自分で自分の人生を考えさせないと、と思います。

    不登校で将来を考えてこなかった子の親と話す事がありますが、そのままニートに突入となってる子が多く、自立が難しくなっています。
    同じ不登校でも目標を持っている子は違いますよ。
    考えるサポートをしてあげて下さい。

    ユーザーID:7875496838

  • 学校は選択肢の一つ

    長女さんはいろいろ調べたり考えたりしているとのこと。
    のほほんと何も考えず学校に行っているあなたや同世代の友人たちとは異なり、早めに自分がどのように生きていくのかを考えているのでしょう。
    めそめそして、長女さんの不登校を受け入れられないお母さんの存在も、長女さんにとっては自分の生き方を考える上で大事な経験です。
    あなたが成長してもしなくても、長女さんは自立して行かれると思いますよ。

    健康や生活習慣、お金の管理に気をつけること、友人を大事にすること、そして何か困ったことがあったら親に相談することを伝えて、あとは長女さんの選択にお任せになってはどうかと思います。

    長女さんが生きていく上で必要な情報はまだたくさんあります。
    自分で稼ぐことを考えると、高校卒業という学歴は必要だと思います。中学校不登校で高校卒業相当の学歴を手に入れるにはどうしたらいいのか。
    大学で何か勉強したいのであれば、ここでも高校卒業相当の学歴は必要になります。
    長女さんが大学に進学する場合の教育費は準備されているのでしょうか。進学しないのであれば、その教育費をどう使うのが長女さんにとって最もよいことなのかを、長女さんとともに考えるべきだと思います。

    ユーザーID:6192818393

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 元気でいてくれるだけで…。

    お辛いですね。
    我が家も辛い時期がありました。
    もともとアトピーでしたが、中3の1年間は、ストレスから身体中重度のアトピーになり、髪も広範囲にハゲて、痒みで夜も眠れず、辛い辛い時期でした。
    そのストレスが学校にあり、長期休みには、症状が良くなるのです。
    生後すぐから、アトピーや喘息があり、元気で育ってくれれば何も望まないと思っていたのに、いつの間にか初心を忘れ、毎日学校に行くのは当たり前、勉強もして良い成績をと欲をかいていたことに気付きました。
    元気でいてくれるだけで有り難いと思えませんか。
    我が家の場合は、中3時は、休みがちでしたが、何とか卒業。
    高校は、通信に行きたいと本人は希望してましたが、欲をかいていた私は、普通校を受験して受かったら行ってみようよ。
    行ってみてだめだったら、通信高校に転学すればいいと励まし、合格。
    でも、無遅刻無欠席で頑張りましたが、半年で限界が来てしまい、月1登校の通信高校に転学。
    大学も通信あるよと話しましたが、本人が、最終学歴は、ちゃんとしないとと頑張り、今は、就活も頑張り、大手企業に内定を頂きました。
    本人曰く、高校時代の闇の2年半は、心を再生させるのに必要だったとのこと。
    居心地良く、過ごさせてあげてください。
    今は、心の再生中なのです。

    ユーザーID:4328403461

  • 何故高校へ行くの?

    うーん、凄い不思議なんだけど
    高校に行って欲しいんだ?なんで?

    私もちょいと不登校気味だったから言うけど
    一生学校には行かねーと思ってました。

    きっかけはいじめだったけど
    そのうち何だか分からないようになってきて
    もう行くキッカケがないんだよね。

    私は高校へ行ったけど、もし当時の知識で高認があるの知ってたら
    高校には進学しないで高認取ってたわ。

    うちは家も戦場だったので
    ある意味学校に行った方が良かったと思うけど
    もう心が拒否しちゃって無理なんだよね。

    主さんはまだ親の心があるみたいなので
    何もなかったようにいてくれる事がお子さんにとって一番だと思う。

    それから主さんにはもう2人お子さんがいるんだよね?
    その兄弟たちはどういう感じなの?

    私は不登校だったけど
    近所の幼馴染が5−6人いて
    いつも遊びには誘って貰ってたの。

    その近所の子達とだけは遊べて、外出も出来るのね。
    それが心の安定だったなぁ。
    (あとで知ったけど、その親分みたいな男子は生徒会長をしていて人望があったみたい)

    そこら辺のケアを兄弟にして貰えないかな?
    少しでも普通に接することが良いと思うの。
    もし高校位は出てほしいっていうなら
    高認の話もしてみたら?
    無理に学校に行かせることないよ。
    だって人生、まだ70年くらいあるんだもん。

    ユーザーID:6554242040

  • うちもです。

    うちは中一から不登校まる2年です。
    途中からフリースクールや塾や習い事に少し通うようになりました。

    高校は行くと言ってるので、通信制サポート校の学校見学をしています。

    お住まいの地域によりますが、
    今は、少人数で学校が苦手な子に対応した通信制サポート校がたくさんあります。
    カリキュラムも含め、通信制サポート校、すごくいいとこありますよ。
    価値観ちょっと変わります。


    私は、子供が2年のうちに公立・私立、通信制サポート校
    不登校で受け入れてもらえる学校を
    親だけたくさん見学しました。

    そしたら「なんだ、行ける高校あるんだ」と、かなり気が楽になりました。
    行こうと思えば、いつでも行けるんですよ。高校も大学も。
    中学だって、やり直す人のための夜間定時制があるようです。
    お金がないなら、NHK学園や都道府県の通信制があります。


    これから学校説明会シーズンですので、いろいろ行ってみてはどうでしょう。
    学校行かなくても、ゆっくりマイペースでいいんじゃない?と思えるかも。

    ユーザーID:1116715026

  • 本当にいばらの道でしょうか?

    私の思ういばらの道は、本人にとって自分で何も考えず、それでいて周りに流されて、
    苦しいと感じながら生きる道だと思います。

    あなたの娘さんは立ち止まりました。何かがおかしいと感じたのでしょう。

    これからは、自分がやりたいように、責任を持ってやればいい。
    たくさん調べて、足りないと思うなら、自分が意志を持って勉強しなさい。

    一番いけないことは、やる前から無理だと。諦めない気持ちです。
    若いのだから、とことんやりなさい。
    困った事があれば、聞くよ。
    でも、やるのはあなたよ。

    これだけで良くないですか?
    やるも、やらないも、自分次第です。

    子供に任せたら、あなたが楽になります。
    これからの人生、親は関係ありません。手放してください。もう親は関われないよ。と。
    無責任に感じますが、きっぱりと子に伝えた方が良いと思います。

    ユーザーID:0346169146

  • 時間がかかりましたが・・・

    はじめまして。
    私も子供2人がそれぞれ小学校と中学校の時に不登校を経験しました。

    当時小学校の同じクラスの子からいじめをうけました。担任に相談しても担任は自分は舐められていることを知ってか、その加害者に加担し、うちの子は助けてくれる人がいなくなりました。
    特別支援学級なのですが、自分の気持ちをうまく伝えられない、言葉にできない分、暴れることしかできませんでした。

    私はなんとなく周囲の先生から事情を聴き、また本人からも質問形式で事情を聴きました。担任とその加害者の子に負けるな!なんて気持ちと、自分の仕事の時間に間に合わない焦りとで、車に押し込むように引きずっていきました。

    しかし、ある日車のロックを解除して出ようとしたので、「もうやめよう」と思い、引きずったり怒ったりしながらなんとか学校に連れて行きましたが、やめました。
    学校にも何度も仕事終わりに相談に行きました。はじめはなかなか受け入れてもらえず、また私も仕事が終わるのが遅いので、手紙を書いたりしました。

    翌年度から担任が変わり、なんとか行けるようになりましたが、地獄絵図のような毎日で、今思えばなんであそこまでして学校に行かさないといけなかったのかと、息子に申し訳ない気持ちでいっぱいです。


    そして長男ですが中学校の3年間、ほとんど行きませんでした。
    はじめは友達同士のトラブルでしたが、だんだんと学校そのものに嫌気がさしているのがわかりました。

    私も学生時代は友達も少なくて、特に小学校高学年から中学校は、女子の嫌なところを目の当たりにしてきましたが、当時は母親が休むことを許さなかったので、死んだような目をして通っていました。

    なので当初の友達のトラブルがきっかけとはいえ、だんだん学校そのものが嫌だという気持ちはすごくわかりました。

    ユーザーID:7255872778

  • 続きです


    しかし勉強だけはちゃんとしておいたほうがいいと、私が通う心療内科の先生に言われて、数学と英語は塾に行きました。

    そして中三になり、進路の話になると不登校だった子でも通える可能性のあるところを2人で見学に行きました。
    そのために、放課後に空き教室で勉強を教えてもらいに行きました。
    またいい担任の先生に恵まれたこともあって、勉強だけでなくいろいろと話をしていたようです。

    今は目指していた高校に、中学から一人だけ合格しました。
    誰も知らない学校で新たな日々を送っています。時々「いきたくないな」というときもありますが、自分で起きて満員電車で通う姿は、中学時代のことを思うとありがたい限りです。

    私も何度も息子と話し合い、喧嘩もしました。
    主人はいないので、私だけはこの子たちを守らないとという気持ちでいっぱいでした。
    幸い仕事もしていたので、日中は家事などやってもらったりして、お互いべったりじゃなかったのもよかったです。

    本当に兄弟そろっていろいろなことがありました。これからも「えっ」っていうことがあると思います。
    でもきっとこの子たちは乗り越えてくれる・・・そう信じるていれば、きっと良い方向に向かうと思います。

    私もつらいときはいろいろな掲示板で相談しました。
    知り合いも一気にいなくなりました。でも、子供たちが毎日元気でいてくれることがこれほどありがたいと気づくことができました。

    どうか心配で不安だと思いますが、スクールカウンセラーの先生など身近に相談できる場所で時々お話を聞いてもらって、お母さんも無理なさらないでください

    ユーザーID:7255872778

  • 子どもの不登校対策で転校

    知人2人が子どもの不登校対策で転居しました。ある家族は隣の市へ、もう一家族は海外です。
    隣の市へ転居した子は文教地区の大規模校で今までとは全く違う生活を送り難関私立中学へ合格、海外転勤希望を出して3年後戻ってきた子は自立心の強い子になっていました。
    我慢して通う、通わず家で過ごすの他に、環境を変える・リセットするという方法もあります。煮詰まった環境の中で、もうすでに飛び立つこともできないほど心を壊されているならしかたないですが外へ飛び出す力のあるうちに思い切って飛び出すという方法もあります。

    ユーザーID:0754806115

  • 学校は大変

    学校って大変だと思いませんか?小学生でさえ朝は7時半に行きます。

    行ったら、朝から、小テストだの、運動だの休み時間でさえ削られていますよ。

    流れに乗ってしまえば楽なんですけど、中学生ならなぜ「制服を着るのか?」から始まると自分との戦いですよ。

    「なぜ、時間通りに行くのか?」「なぜ、みんなと同じ授業を受けるのか?」「なぜ、普通にできるのか?」

    全部、なぜ?って思わない子がいいのです。

    学校へ行くのは常識?義務教育って結局は親の義務なんですよ。

    もっと、突き詰めた話をすばいいのですよ。日本の教育の歴史でもいい、何か腑に落ちると思いますよ。

    学校の世界は狭いのですよ。もっと、学校以外でいろんな場所があってもいいと思うのです。

    自分に合うところは有ります。

    まあ、ニートは、60万人超えているみたいですよ。

    それを考えても、いかに学校に合わせるか、社会に合わせるかが難しい人が増えているのだと思います。

    ユーザーID:3641832768

  • わかってない。お子さんのいばらの道は学校へ行くこと。

    だから学校に行けてないのに、何もわかってないのね。

    ユーザーID:7381072710

  • 確かなのは、あなたの子育ては間違っていなかった。自信を持って

    ご近所さんで男子ですが中ニの春から登校していない子がいます。
    お母さんは、本当に良い方で(元幼稚園教諭)お子さんも活発に遊んでいる姿をよく見ていたので始めは驚きました。
    葛藤は多かったでしょうし人目もうわさ話も気になったでしょう。
    達観するまでの長い時間、大変だったと思います。
    学校の話だとイジメもなかったんですって。
    朝、登校しようとすると吐いてしまう。
    学校に行けてもお腹が痛くなってトイレに。頻繁になるので保健室に。
    家にいることが多くなり、そのまま不登校に。
    小学校の頃から、時々あったことで中学になって酷くなったみたいです。
    大人でも、ありますよね。
    なんか合わない場所。

    高校は通信制。
    登校は週に一回数時間あるらしく(多いね、、と驚いた)
    学校に着くと吐いてしまい車から降りられず、そのまま課題をお母さんが出して帰るということも。
    校舎というものがアレルギーなのかもしれない…とお母さんは言っていました。
    家では普通なんですって。
    よく家族で外出していますよ。引き篭もりではないです。

    人生のうちの数年です。
    他と比べないで、ゆっくり成長を見守ってあげましょう。

    お母さん
    悪くないです。一生懸命やってきていますよ!
    自分を責めない。
    あなたも、外で楽しいこと見つけてもいいんです!

    ユーザーID:8700882399

  • 素敵なおかあさん

    頭ごなしに否定しないでいてあげられるなんて、すてきなおかあさんです。「不登校」というからネガティブに聞こえるのかも。「ホームスクールをするのだ」と言いかえて、「学校ではできないたくさんの経験」を一緒にしてあげたり、娘さんがしてあげられるサポーターになってあげてください。右向け右、でみんなが学校に行く、という概念は洗脳のように私たちの生活にまとわりついています。でも、たまたま、集団生活よりも個人でいろいろ手掛けることが得意な子が、学校で「ダメな子」という烙印を押されることが許されるとは、なんとも理不尽なシステムではないですか。でも、親としての気持ちもわかります。保健室登校などで、出席日数だけはクリアして中卒扱いにはなるようにしておけば、高校なんて、通信制でも、夜間でも、行きたくなった時に行くのでもいいし、大検だっていいわけだし、高校卒業までをいま視野に入れなくても、いいじゃないですか。やりたいこと、やらせてあげてください。小中の勉強なんて、大人になって役立つものは家庭でも十分学習できる。高校の勉強なて、大学に行くためだけ、と言っても過言ではない。

    ユーザーID:2951942618

  • ウチの娘と似てます。

    娘は、教室に入れなく、別室登校をしてます。

    ウチも娘はイジメ等はないと…

    友達は同じクラスにはいないみたいで部活は美術部なんですが、

    部活は好きみたいで友達もいるようです。

    携帯に執着もしてません。

    もしかしたら、人間関係もそうですが、気を使ったり、合わせたりする事に疲れてるのかも知れないですね。

    ウチはそういう感じみたいです。

    二学期になった今は、一学期にいろいろありすぎて私のほうが疲れてしまい、

    学校側に距離置いてしまってます。

    担任とは話は出来るのですが・・

    娘は別室登校から部活へ行きたいようですが、校長が教室に行くのがルール、他の生徒の目があるという事で認めてくれませんでした。

    (一学期はですが)

    部活には行きたい子なので今は教育機関と相談中です。

    辛い、しんどいですよね…

    ユーザーID:8689170469

  • 悩んでしまうお気持ち、わかります。

    まず、トピを拝見して思った事は、
    トピ主様とご主人が娘さんを認めて
    きちんと向き合っているんだなという事です。

    なぜ学校に行きたくなくなってしまったのかわかりませんが、
    娘さんは家での生活は苦しいものではないと思います。それどころか
    家はとても安心できる場所なのかな、と。

    確かに、学校へ行かないことは良くない事と思ってしまったり、
    この先の進路が気になってしまったりと、親としての心配なお気持ちは
    痛いほどよくわかります。見守ることってすごく大変ですが、
    今はまだ見守る時期なのかな、とも思いました。
    学校へ行くことが当たり前で、というより学校へ行かなくてはいけないという
    概念が植え付けられている人が多いので(私もその1人です)
    学校へ行ってほしいと思ってしまいますよね。

    だけど、学校へ行くだけが正しくて
    学校が一番大事で、学校での経験が人生のすべてではないと思って、
    もう少し娘さんと話してみたり、見守り続けてみてもいいかもしれません。

    役に立つアドバイスでなくて申し訳ないです。

    ユーザーID:4664738208

  • 広がるよー

    学校へ行かないことでの不利益を減らしましょう。

    まず、勉強する環境を作る。
    通信教育、家庭教師など。

    次に、出かけるプランを計画する。
    学校のカリキュラムに準じたものでもいいし、学習していることに絡めてでも。
    学年に応じた下調べをし、行き先への旅程も本人に作らせて、親子で一緒に行く。
    見てきたことをいろんな形で記録しレポートにまとめる。

    家事を一緒にし、他に大人になったら覚えておいた方がいいことはどんどんやらせてみる。

    人と関わると言うのは同じ年齢でなくてもいいんです。いろんな人と会える機会を作る。

    いくらでも世界は広がります。
    家庭教育、って海外では本格的に認められているそうです。

    やってみてください。

    ユーザーID:1734885216

  • 答えになっていないかもですが

    子どもの同級生も中学時代不登校でした。

    彼女の1年生の時の担任が指導力のない人で学級崩壊していたこと(その先生は子どもが高2になる年に転勤されましたが、毎年クラスを崩壊させていました)

    多少の人間関係のトラブルもあったみたいです。

    病院やスクールカウンセラーとも話し合いがあったようで、3年生は完全に学校には行かないと決めたようです。
    ただフリースクールのようなところには通っていたそうです。

    高校は公立の単位制(もしかしたら総合高校かも?)の学校に通っています。

    娘さんも何かお家のお手伝いから始めて、外でもいろいろ経験出来ることが増えるといいですね。

    ユーザーID:0175931342

  • 大丈夫!

    うちの子も小学校時代、不登校でした。辛いお気持ちよくわかります。
    三児の専業主婦さんの対応は素晴らしいです。充分娘さんに向き合い、それが娘さんにも伝わっていると思います。これまで一生懸命に対応されてきて、疲れてしまっているのはないですか?一日中子供と一緒に過ごし、不安を抱えながら明るくふるまうのは本当に大変ですよね。
    私も子供の前では「大丈夫、何とかなるよー」と笑うようにしていましたが、不安を子供にぶつけ、後悔したこともありました。一人で運転中には、あの時の対応が悪かった、もっとこうしていれば、と、後悔や将来への不安で涙が止まらないことも多かったです。
    今、お母さんとしては一番お辛い時だと思いますが、娘さんは勉強ができ、やりたいことがあり、将来のことを一生懸命考えているとのこと、きっと大丈夫だと思います。それだけのエネルギーがあれば、選択肢はいくらでもあるし、将来は明るい!と思います。苦しい思いや違和感を抱えながら学校に行くよりも、まずは安心できる場所(フリースクールなどもありますね)を見つけて仲間を作り、将来を見据えた勉強をした方が、長い目で見ると自立への近道だと思うのですがどうでしょうか。
    私も、「普通」から外れてしまったこの子の将来はどうなるんだろうと心配でしたが、今は遠方の学校に元気に通学しています。地元の中学を強制していたら、きっと今の元気な息子を見ることはできなかっただろうな、と思います。自分で勉強できる、やりたいことがある子は、どこにいてもちゃんと前に進めると思いますよ。狭い価値観(私もでした)は、子供が広げてくれました。
    後は、少しでもご自分の好きなことをする時間を作ったり、将来のために勉強するなど、お子さん以外のことを考える時間や、ほっとする時間を作って欲しいです。どうかご自分を責めず、労わってください。今のままで十分いいお母さんだと思います。

    ユーザーID:9419079448

  • 子供が複数います

    長女は高校1年で、長男は中学時に不登校経験あります。

    >最初はいじめ等から疑いましたが、本人や担任の先生の話によると無いようです。

    いじめはなくとも今の子は人付き合いに非常にストレスを感じているのです。
    長女の場合、本人も先生もいじめは無いと言っていましたが、長女が数年後に話してくれたことは、
    教室内カーストが自然と出来上がり、上位の子が下位の子を馬鹿にするような雰囲気がありストレスだったというものです。(そこそこ進学校で真面目な子が多い学校でしたが)うちの場合、成績の悩みもあったようです。

    >他人に執着がなくラインもしていませんし、したがりません。

    人付き合いに疲れているからです。

    >正直に言うと学校に行き、たくさんの事を経験してほしいです。

    お気持ちは痛いほど分かりますが、今娘さんは薬が必要なほど心が疲弊しているのです。
    心にエネルギーがたまるまで待ってあげましょうよ。心にエネルギーがたまれば自然と前に進み出します。
    それからでも遅くはないです。家にいても成長はするし、人生において大切な時間を過ごしていたのだなと今は思います。

    >のほほんと過ごしていた私の13歳の頃に比べると、いろいろと調べ考えているようです。

    不登校についてや進路などについてということでしょうか?だとしたら、かなりエネルギーがたまって来ているのかも知れませんね。
    うちの娘も通信の高校を自分でネットで調べて決めました。ただ転校した後すぐに登校出来たかというとそうではなかったです。
    タイムリミットぎりぎり、今日行かなければ留年してしまうという日にやっと登校し、それからは順調に行きました。

    トピ主は頑張っておられるし、娘さんも少しずつ元気を取り戻しておられる感じがしました。
    大丈夫ですよ。ちょっとそれても、いばらの道ではないですよ。

    ユーザーID:3035691236

  • 心配ですね

    当方、小学生2人の母なので、中学校のことはまだ未体験ですが…
    子どもの学校では不登校の子は10人ほどいます。6年生で不登校になると、中学も入学式から欠席になっているようです。

    家庭が居場所なのは間違いないのですが、うちの自治体なら、中学生の不登校の子が通う学級があります。(もちろん、在籍校ではない)公立校ではないフリースクールなども、お調べになってみてください。公立校に在籍のまま、登校扱い?になる場合があります。

    体調を崩した時に休んで、それはもちろん体のためには必要な休養だったのだと思うのですが、登校してみると置いて行かれたような気持ちになったのかもしれません。学期の切り替わり時期などはチャンスだったのかもしれませんが、次のチャンスは…秋に運動会や文化祭などがあると、それに向けてなじみやすくなるかもしれません。

    先回りしすぎかもしれませんが、高校は受験し通学するつもりであれば中学でどう対処できるか確認し(提出物や定期テストなど)そうでない方法も相談なさるといいでしょう。高校卒業の認定というのかな、がある、専門学校のようなところもあります。色んな道を探しましょう。
    巷では「行きたくなければ○○においで」とメッセージが発信されていますが、その後をどうするか、は、親子で考えなくてはね。

    「長女」とあるので、老婆心ながら…不登校のお子さんたち、兄弟で連鎖するケースがあります。小学校ですが、高学年の子が不登校になり、中学年の子も、と。そのぐらいの年になると、日中、一人でも大丈夫と、上の子の在宅を認めると、下の子もさしたる理由もなく行かなくなる。
    もしほかにご兄弟がいらっしゃるなら目を配ってください。

    進む道はたくさんあると思います。もちろん、学校で経験することも、親が経験してきたことだから安心感はありますが、それしか道がないわけじゃないですから。

    ユーザーID:2006197224

  • 子供の個性に寄り添う姿勢

    不登校の理由は人それぞれ異なりますし、対応方針も親によってそれぞれ異なりますね。
    子供はひとつの人格と個性を持っていますから、どのようにすればよいかは、それぞれの子供によって変わってきますね。事例・意見は参考にしかなりません。

    親にできることは、子供が「自分らしく」存在できる環境づくりに最善を尽くすことだと思います。その環境がどのようなものであるかは、子供と親の信頼関係の中に見えてくるものです。

    学校のことはしばらく置いておいて、生徒としてではない、お子様の個性だけを見てあげてください。生徒や子供としての役割ではなく、ひとりの人としての人格を認めてあげてください。

    具体的には「学校へいってほしい」という気持ちを見せずに、接してあげてください。
    お子様は現在のところ、あなたの「学校へいってほしい」気持ちを察して警戒していると思います。

    お子様が何か言ってくれたら、疑問や否定・批判、親の考え・立場・戸惑いを見せずに、すべて認めてあげてください。全面的に聞くだけでなく、共感を示してあげてください。

    「学校行きたくない」気持ちは、お子様にとっては本音・真実ですから、「あなたがそう感じるのならそれはそのとおりだね」というようにお子様の気持ちに寄り添う姿勢をしっかりと見せてください。

    そうしていけば、少しずつ、学校にいくことよりももっと大切な、家庭の温かさを、お互いに感じることができるようになると思います。心より応援しています。

    ユーザーID:2534343539

  • どうかお体、無理なさらずに

    やはりプロの方(不登校対策専門の方)に相談したらどうでしょうか。
    お医者さんとは違った角度からの意見も貰えると思います。
    家にいる間は、お子さんにたくさん本を読ませてあげてくださいね。
    お体、お大事に。
    陰ながら、応援しています!

    ユーザーID:8506783351

  • 現在社会人の

    子が、小学校5年生の二学期から足が遠のきました。
    その約一年前から諸々ありまして。本人の性格と。
    正直学校側の不手際と重なっていたかと。学校側と
    衝突し、住まいを変えずに転校もさせました。

     転校先の学区の中学に進学しましたが。また足が
    遠のき・・・・。元々フリースクールに行きたいと
    言っていましたが。中2後半から通い始めました。
    中3進級時。あの先生がまた担任になったら。私は
    中学校に行かないと宣言され。学校側に頼んでいた
    のですが。なっちゃいました。腹をくくりました。
    そのままフリースクール中心で。そこで、教員志望や
    社会福祉士希望の学生ボランティアさんたちに関わって
    頂いて。前を向くようになりました。

     中一後半には。”学校に行く行かないは別として。
    将来なりたい職業を見つけた時に。専門学校や大学に
    行かないとなれない職業もあること。そのためには、
    高校に進学するか、高卒認定試験に受かる必要が
    あること。そのためには勉強は必要”と子供に
    伝えました。英語と数学は塾のお世話になりました。

     高校には行く・・・と意思表示がありましたので。
    単位制・通信制高校やサポート校などの、受験雑誌を
    購入し、検討させました。公立でも。不登校の子用の
    チャレンジスクール等も出てきていたので。何校か
    ピックアップして。説明会や文化祭等に行きました。

     ご本人はそれなりに調べたりなさっているようですね。
    聞いてみてはいかがですか? 中学卒業後の事を
    どう考えているか。

     私の場合は・・・。子どもが学校から足が遠のいた時。
    学校の枠を離れて相談したかったので。自治体の教育相談を
    申し込みました。 トビ主さま自身が気持ちを吐き出す
    場所の確保が必要なのかな…と。

     かつての自身の経験からです。 ご参考までに。

    ユーザーID:9007171567

  • 高校は通信制や定時制がある

    今は不登校でも、高校や大学は通信制や定時制があるからなんとかなります。
    通信制といってもスク-リングがあるところもありますから。焦らないでお子さんに向き合ってあげてください。

    ユーザーID:6375769770

  • 結果論かもしれませんが

    研究職でそれなりに高い社会的地位と認められているものです。
    先日、同僚10人と懇親したおり、うち3人が高校に行っていない、あるいは中退ということが分かり驚きました。
    一人は「私なんて小学校中退ですよ」と笑っていました。学校は本当に行っていなかったそうです。
    しかしその3人とも大検で進学し、博士号を取得して今の職を得ています。

    やりたいことが見つかれば、大検でもなんでも道は開けます。
    学校は手段であり、目的ではありません。
    変わり者には変わり者の居場所があります。

    ユーザーID:3188617177

  • 不登校児でした。

    はじめまして。お子さんが不登校、親御さんも辛いですよね。
    私はアラフォーの主婦で、幼稚園児と1歳児男の子ふたりのママですが、私自身が中学生の頃、不登校児でした。
    正確に言えば、転校をきっかけに小学校6年ごろから休みがちで、中学1年生の間は完全に登校できなくなりました。
    そんな私ですが受験して、第一希望の高校にも受かりましたし、4年制大学を卒業し、就職、結婚、子供にも恵まれ現在は幸せですよ。
    中学で不登校していても、その後の人生が台無しになるなんてことはありませんよ。そこは、親御さんの努力しだいかもしれませんが。
    うちの母親も初めは受け入れられず、学校に行けとうるさかったのですが、病院の児童心理の先生と話をしたあとは、学校へ行けとは言わなくなりました。
    母とは学校へは行かない代わりに、自宅でしっかりと勉強し、高校へは行くことを約束し、中学の授業には出なかったけど、中間期末試験だけは受けに学校へ行き、
    成績は良かったほうです。進学先の高校は私立高校で、不登校にも理解を示してくださり、出席日数が足りなくても、受験で合格さえすれば、入れるとおっしゃってくださいました。
    いろんな選択肢があります。中学校へ行けなくても、本人のがんばりしだいで、きっと道は開けますよ。
    今思えば、学校へ行くことを強制しなかった母に感謝しています。その後、中学2年のときに、仲の良い友達と同じクラスになり、少しずつ登校できるようになったんですよ。
    少し、待ってあげてはどうでしょうか。

    ユーザーID:9647781552

  • トピ主です。

    レスありがとうございます!
    エールのポチも励みになりました。
    特に体験談は私たちだけでは無いと癒されましたし、家庭学習もやり方次第で非常に有益なんだという事に気がつきました。
    メソメソしている場合ではないですね。
    外出先で制服の子たちを見かけたり、洗濯物に体操服が干してあるのが目に入るといたたまれなくなり胸が苦しくなっていました。
    下の子たちのお陰で頭の中が長女一色ではないのが救いです。
    日頃、子どもたちには愛情を伝え、どんな状況になっても私は味方だし守るし逃げるが勝ちな場合もある、と伝えていたので、当初から家庭は安全地帯にすべきだと考えていました。
    総合病院、メンタルクリニック、スクールカウンセラー等、出来得る限り足を運びました。
    その過程で私なりに勉強し理解しようとしました。
    それらの結果、今は一時に比べとても良い状態です。
    学校側の対応も丁寧で私たちの意向に沿った形で受け入れて頂いています。
    長女の話では、小学生の時から学校が好きではなく中学生になり行きたくないと思っていたら体調が悪くなりこれで休める、と思っていたようです。
    元々、人混みが苦手で疲れやすい方ではありました。
    コップの水が溢れたのでしょうね。
    一番長く側にいたのに鈍感な私は気付いてやれませんでした。

    長女から初めて高認の存在を知りました。
    今のところ高認を取得してその後大学受験に挑戦するようです。
    大学は教室や人も変わることが多いから通えそうとのことです。
    社会に出るのも自信がないので大学には出来るだけ居たいという理由で博士課程まで居たいらしいです。
    長女は中高一貫校に在籍しており、わざわざ高認の受験をしなくても、という気持ちでいばらの道という表現をしました。
    何も中2でそんな先まで考えなくても…と思ってしまいます。
    目下は検定の勉強を少しずつしており、散歩をしたり家族で出かけもしています。

    ユーザーID:1348767177

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧