生きていくことの意味

レス16
(トピ主1
お気に入り56

心や体の悩み

hiro

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 親孝行されてますよ!

    ずっと側にいてあげている。何よりの親孝行ですよ。
    鬱病を抱えながら仕事とお母様のお世話をされているなんて、あなたは
    とても立派だし頑張っています。私だったら鬱を理由に投げ出しているかも。
    40代はまだまだ若いです。幸せも希望もちゃんと自身の心の中にありますよ。
    後は、それをどうやって解放して感じるのかです。きっと身近なところにその方法はありますよ。
    世間一般の結婚や家族が幸せの定義ではありません。自分の幸せの形を見つけてください。

    ユーザーID:1655927071

  • 誤解を恐れず言えば

    無責任の人生ってなかなか楽しいですよ。

    わたしも離婚し、ひとりです。離婚前から心療内科に通院しています。

    私なんて居なくてもいい、誰にも必要とされないことに悲観的でした。ずっと悪いことばかり考えていました。

    でも、ある日、ふと。人っていつかは死ぬんだって思って。

    わたしはそれまでの期間自由だな、と。

    病気になっても誰も悲しまないし誰も困らない。会社はちょっとは困るけど代理はすぐ見つかるだろうし。

    なんて気楽な人生なの!と考えられるようになりました。

    今も心療内科に通院していますが、毎日自由。会社も嫌なことはあるけど、辞めても私が困るだけ。

    なんて、考え方もありますよ。

    ユーザーID:5578212707

  • 自分の体を鍛える事から

    遠くに住んでいたので親の世話なんて全くできなかった私に言わせると貴方は親孝行も十分でとっても偉い尊敬できる方です。

    でも、もう困ってる人の世話ができないかもしれないなんて、読んでみると貴方が一番困ってるのじゃありませんか? これから自分のために生きる事です。方法としては自分を他人とみて、この愛らしい人をどうやったら幸せにできるのだろうと考えてみる事です。単純な喜びとかすぐ見つかると思うので、まずそれから始める事です。

    私はゆっくり歩く楽しみを薦めます。野原とか田んぼ道とか町の歩道でも歩いてみてください。そして、だんだんスピードをあげて、登山靴とかバックパックを買って本格的に山歩きなどの楽しみを見つけてください。 もしそういう機会が薄いならば、まずはジムのメンバーになって一生けん命体を鍛えてください。

    精神と肉体は一体です。肉体が健康でエネルギーに溢れてくれば、これから自分のために旅行とか他の楽しみも見つかります。そして、友達も増えてくるし楽しい毎日が来て、自分のために努力したかいがあったと自覚できる日がそこにあります。

    ユーザーID:2677157404

  • 私ならこう考えます

    定年後、両親を亡くし、妻とも離婚し、ひとりで第2の人生を生きている中年男です。
    私が貴女の立場なら、次のように考えます。
    1今の職場で定年まで働く
    2母親を最後まで看取る
    3定年後、それまでの仕事や介護の経験を活かして社会的活動を行う
    4その間に“出会い”があれば、それを楽しむ
    5その間に自分の好きなことを見つけて、それを楽しむ

    ようは、これからの生き方をどうするか、“方針”を定める ということですが。

    ユーザーID:0675625097

  • ペットは?

    ペットはどうでしょう?私は一人になったら、相棒としてペット飼うつもりです。

    ユーザーID:1656036210

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 主さんがそばにいるだけでいいと思います。


    お母様は旅行など望んでないと思うんです、また豪華なプレゼントも。

    母親は子供が元気でいてくれたら、それでいいと思っていると。

    私が独身でこんなこと言うのも、、、ですが母と話していてそう思う

    ことがあります。

    生きる意味・・・
    難しいですが、産んでくれたお母様のために生きるんです。

    ユーザーID:1568628567

  • お気持ちわかります

    私は61才の子供のいない独身女性です お母さんのことお辛いですね。
    私の鬱歴20年です。今も通院して薬を飲んでいます。私もずっと生きる意味を考えてきました
    生きていくって修行だなと思います。2年前から猫を飼いました この子は私がごはんをやらないと死んでしまいます
    それだけでも生きなければと思いますし猫に癒されます
    ペットを飼うというのはどうでしょうか?

    ユーザーID:9645162918

  • あなたは役に立っていますよ。

    大丈夫です、あなたはちゃんと役に立っています。
    あなたは仕事を通じて、有形無形で社会に貢献して
    いますよ。

    御母様を旅行には連れていけないけど、手を握り 
    温もりを伝えることでも、充分に愛情を注いでいます。

    ご自身の体調、御母様の介護....
    長年大変だと思います。
    疲れがたまるとマイナス思考になりがちだけど
    そんなときは、外に目を向けてみてください。

    これから、陽気もよくなります。
    爽やかな秋の空を見上げ、深呼吸して
    自然の素晴らしさをあなた自身が感じてください。
     
    1日ひとつ、楽しいこと、良かったこと
    感じてみてください。 

    空が青い、今日のランチは美味しかった
    誰かのジョークで笑った
    街で微笑ましい光景を見た
    そんな些細なことでも、ちいさな幸せ
    ちいさな良かった、の心の貯金をしてみてくださいね。

    あなたはいつでも必要とされてますよ。

    ユーザーID:2937043550

  • それは「考え違い」です。逆なんですよ。1

    >母が亡くなったら、もう守るべき人はいなくなる。自分がいなくなっても、困る人はいなくなるんだ

    それは主さんが、あまり苦労してない人生だから「考え違いしてるんです」

    大人が【生きる】ということは、果てしなく「煩わしく」、しかも「誰か」「何か」のために苦労することばかりが続くものなんです。

    成長して大人になれば、働いて自分でお金稼ぎ、生計を立てねばならない。
    結婚すれば、配偶者の顔色見たり、機嫌をうかがう大変さ(男女ともに)
    家事が死ぬまでついてくる。嫌でも毎日毎日の延々と続く家事から逃れられない宿命。

    配偶者の親兄弟親族との付き合いの面倒さ
    配偶者の親兄弟親族の問題や金のことや相続に煩わされ巻き込まれる大変さ
    自分の兄弟姉妹との、親の介護問題や相続問題の面倒さ

    夫婦で死ぬまで家計を破綻させず維持する大変さ
    妊娠・出産の大変さ
    子育ての果てしない大変さと、育て教育するお金を稼ぐ大変さ
    子どもの病気や怪我の問題
    子どもの健康や友人関係や事件に合うことや、イジメや正式や進路の問題の心配
    子どもの恋愛や結婚・就職にまつわる心配

    夫婦どちらかが病気になったり、悪癖があり、又は思わぬことを双方がかぶる大変さ

    夫親や実親の介護の発生。介護の大変さ。介護にまつわるお金の大変さ。
    夫親の病気やお金のことや借金や親族のごたごたをかぶる大変さ
    夫親の介護問題の面倒さ

    配偶者の健康やうつ病やリストラ問題や。。。。

    ひいては子供夫婦の、経済や離婚や孫の問題など〜

    つまりは、人生は延々と果てしなく、苦労や心配や(解決できる・できない)問題や、お金の心配や工面がついて回る。死ぬまで。

    あの有名な画家の、伊藤若冲は、言っている。

    「人生は煩わしいことの連続だ。そういう煩わしいことの果てしない積み重ねが人生なんだ」と。言葉はちょっと違うかもしれませんが、そういう意味のことを。

    ユーザーID:2606914723

  • それは「考え違い」です。逆なんですよ。2

    そして、様々な煩わしいことをせずにはいられず、煩わしいことに追いかけられる人生で、やっと、多くの責務を果たした‥・と女性が思う頃には、夫の介護もして見送り、自分一人になった老後です。その頃には自分に介護が必要で施設入所でしょう。

    しかし、そういう面倒続きの人生でも、その中に家族がいることの幸福は、人により様々あるかもしれません。しかしそれは、多くの果てしない苦労や煩わしさと背中合わせです。そんな苦労して、幸福感がある人もいるし無い人もいるんです。

    自分の事だけ考えて生きればいい状況・運命になった人は、

    実は、とんでもなく「幸せ」なんです。

    80過ぎても、同居で、まだ姑が生きていて、介護から解放されない辛い嫁もいる。
    入所の金が無くずっと自宅介護。その100歳超えた姑は孫から「早く死ね」と言われるとか。

    生計が成り立って『自分の事だけ考えて生きていればいい』ことは

    「最高の幸福」です。

    『神様が与えてくれた自由で幸福な時間だ』と思い
    自分で楽しく生きることです。

    主さんが夢見ている「結婚」とか「子供」とか「家庭」というのは、
    主さんが思ってるようなものではない。無いから知らないだけ。

    果てしない逃げられない義務や責務や面倒や問題や心配や、お金の問題や、不安や我慢で成り立っているもの。

    『自分で生計が立つこと』
    『自由があること』

    これだけで
    本当に恵まれ幸福なことだと、知ることです。

    もし、主さんの親が100歳超えて介護とお金が必要だったら、
    主さんは「解放して一人にして」と、心から思うでしょう。人は無いものねだりをするもの。

    親2人を看取ってまだ40代〜幸福な人生ですよ。

    楽しいことなど世の中にも自分の回りにも山ほどある。
    陰気なこと考えずに

    「人の束縛受けずに、義務責任でがんじがらめに縛られずに、」
    生きれることの幸福をかみしめてください。

    ユーザーID:2606914723

  • それは「考え違い」です。逆なんですよ。3

    優しい夫と可愛い子供、親孝行な娘息子や嫁婿に囲まれ、介護されて幸福な老後・・・

    〜なんて、雲を掴(つか)むような、非現実的な青い鳥話を頭に描かないことです。

    主さんの境遇こそ羨ましい人が、世の中には、ゴマンといる。
    主さんは幸せな人です。

    それをきちんと認識して、
    心に不幸をわざわざ掴(つか)まず

    自分の心を楽しくして生きましょう。そうすれば心も健康になると思います。

    秋になって空も空気もきれいで、爽やかです。外に出かけて秋風に触れ、近く遠くの散歩でも観光でもしましょう。

    >独り身でもう40代の半ばです。もう結婚とか無理だと思いますし、自身もまともな状態に出来ないのに、
    家庭を持って家族を幸せにする自信なんてまったく

    こういう発想は「妄想」なんです。

    「結婚すれば‥・幸せがある」という妄想は、もうやめましょう。

    独身の人は

    こういう「結婚さえすれば・・・」という妄想に駆られるようですが、

    そういう妄想に駆られている間は、本当の自分の「幸福感」はやってこないのです。

    『結婚してないから不幸』…という思い込みは、

    ただ現実から逃げているだけです。そういう人には「幸福感」がやってこないんです。

    「主さんはとても幸福な人です」それがストンと理解できたら幸福になります。

    しかし、残念ながら、その「ストン」は、上記のような、結婚にまつわる様々な苦労をした人なら理解できるんですが、何も結婚の苦労をしない独身者には、理解できないんです。

    だから「ストン」と分からず、心が結婚にすがりつき続けるんです。

    「結婚してないから不幸」「結婚してないから生きがいが無い」とか・・・・それこそう考えてしまうことこそが、お気の毒なことです。本当はとても幸せなのに。

    ユーザーID:2606914723

  • つらいですね。

    わかります、すごく分かる。
    似たような状況におかれています。
    携帯が鳴ると、心臓が縮み上がり、強い動悸にみまわれます。

    未来のことについては、私の中では
    最後の家族を見送った後は、せめて49日、できれば三回忌くらいまでちゃんとして、
    その後どうしてもどうしても耐えられなくなったら後を追うことを自分に許したっていいのではないか、
    「とにかくその時に考えよう」と思っています。

    それと、自分なりのグリーフケアの準備をはじめています。
    今からでも思い出を出来るだけ多く作る、
    家族に関する日記を書いておく、
    家族との写真を残しておく、
    家族に私へのメッセージを一言書いてもらう、

    父が亡くなるときも同じようにしましたが、
    そういうものを見れたのは一周忌くらいまででした。今年七回忌です。
    普段は父のターミナル期のことは忘れて過ごせるようになっているので、
    今は父からのメッセージなどを見ると逆にリアルに辛かった頃のことを思い出して苦しいので、
    結局大切にしまってあります。

    それでも
    後で結局見ないかも知れないですが、
    家族が生きているうちに、
    この世に自分を無償で愛してくれて、幸せを願ってくれた人がいたという証を残しておこうとしてしまいます。
    いつかどうしても、後を追いたくなった時に見るかも知れません。

    仕事が忙しい点も主さんと似ています。
    忙しかったお陰で、辛いことに集中しなくてすみました。
    でも本当の本当に一人になったら……。どうなるのか自分でも想像できないです。

    今考えているのは、仕事以外の場で社会とも繋がっておこうということ。
    思いきって趣味のサークルに入ろうと思っています。
    一時的でもいい、うわべだけでもいい、自分の居場所があった方が、自分の支えになる気がして。

    そうは言っても不安は不安です。どうなるのか。

    主さん、私でよければお話聞けます。

    ユーザーID:6213224397

  • 自分の幸せのために生きる

    あなたがうつを抱えながらも
    お母様の看病を長くしてこられたこと、
    また仕事もこなしてこられたこと、
    心より尊敬いたします。

    お母様は、病床で苦しみながらも、
    あなたへの感謝の気持ちを忘れないと思います。

    お母様がいずれ旅立たれることは悲しいことですね。
    その悲しみを癒すには時間がかかるとは思います。

    しかし、人は悲しみが癒えたのち、
    新たな生きがいを見つける力も持っています。

    他の人を幸せにすることができなくても、
    自分自身を幸せにするために生きるのです。

    どのようなときに喜びを感じるか
    どのようなときに幸せを感じるか

    振り返り、模索、試行錯誤を繰り返し
    本当の自分の幸せを見つけること、
    それがこれからの人生のテーマです。
    心より応援しています。

    ユーザーID:9699577719

  • 人生はいつだってこれからだ!

    >時すでに遅し・・・。
    この思考が既に間違っているんですよ。
    人生にタラレバなんか無いんだと知ることです。
    トピ主さんの歩んできた道が正解だし、他の道など
    存在してなかったんです。

    私は長文レスのお答えしますさんの意見に全く同意見です。
    あとトピ主さんは親御さんに対する罪悪感や、過剰な義務感が強すぎます。
    裏を返せば親御さんに依存しているということになろうかと思います。
    自分主体で生きるんです。親はこんな娘で不幸だったという思い込みを
    捨ててください。

    トピ主さんはどういう選択をしていても後悔するタイプではありませんか?
    自己憐憫も強すぎます。自分を憐れんじゃいけません。
    こういう心持ちでは幸せにはなり難いです。

    過去をくよくよしたり未来を心配せずに「今」を生きてください。
    人生は長いです。その気になればこれから大恋愛だろうが結婚だろうが
    転職だろうがなんだってどんな可能性だってあるんです。
    明るく明るく、そのままの自分を愛して生きてください。

    ユーザーID:2127585039

  • 私も、親孝行されていると思います。

    どこかへ旅行に連れて行ってあげるというのも、それは良い親孝行なのでしょう。でも病気になったお母様を病院に寝泊まりして付き添いながら、お世話をして差し上げてきたというのも、それ以上の親孝行ではと思います。いつもお子さんが身近におられて心強かったでしょう。

    40代で結婚とか無理と仰っておられますが、世の中を見渡してみますとそんなことは無いように思います。50代や60代の参加するお見合いパーティーなどもあるようですし。

    仕事に穴をあけたことが無く、親御さんのお世話もされてこられたのなら、新しくご家族を作られても幸せになれる方のように思います。

    ユーザーID:9215434012

  • たくさんのレスありがとうございました。

    レスが遅くなって申し訳ありません。
    トピ主です。

    この投稿をしてからずっと仕事に追われていて、昨日やっと一段落つける状態になる事が出来ました。
    早く返信をしなくてはと思っていたのですが、なかなか出来なくて申し訳ありませんでした。

    もっともだなと思う事が沢山書かれていて、それは自分でもわかっているのだけど…という気持ちもあります。
    うつの治療を長い事続けてきて、考え方とか特性というものが影響を与えている事もよくわかっています。自分で自分をどんどん追い詰めて勝手に苦しんでいる事も。

    以前お付き合いしていた人にも言われました。
    頑張っているのにどうしてそれを認めてあげないのか?とか、もっと自分を大事にしてとか、過去を見ないで今と未来を見て生きてとか…

    分かっていても、なかなか出来る様になれない自分がもどかしいのですが、簡単に変わることが出来ないのも事実なんです。
    それと、今一番辛いのは私の周囲に悩みや困り事を相談できる人がいないということかもしれません。そういう人間関係しか築けなかった事が問題だとは思うのですが。

    ただ、みなさんのレスを拝見させていただいて、とにかく出来る限りの事をして、あとは自身の人生を精いっぱい生きるしかないと思うようにしようと思いました。
    少なくとも、今仕事はとても充実していて成果も出せています。それだけでも、幸せな事なのかもしれません。
    趣味も余裕が出来たら再開したいと思っています。登山が趣味で、母親の面倒を一人で見る様になるまでは、北アルプスとかによく登りに出かけていました。
    山登りをしていた頃が精神面は一番安定していたと思います。もっと前向きでしたし、生き生きとしていたのではないかと思います。

    行き詰まったら、みなさんのレスを読み返して、出来る事をしてみようと思います。
    どうもありがとうございます。

    ユーザーID:4320502695

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧