家計診断お願いします

レス14
(トピ主2
お気に入り34

生活・身近な話題

ゆうこ

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です。

    皆さん、たくさんのアドバイス本当にありがとうございます。

    お褒めの言葉も頂き、しばらくはこのままでいいんだと安心しました。
    諸々の事情もありますので、今はこのまま貯蓄に励んで行こうと思います。(ちなみに住宅手当は16000円程しか貰えません)


    ご指摘頂いた保険についてですが、結婚した際に夫婦で見直し、
    医療保険(一人2000円程度)ガン保険(一人3000円程度)生命保険(一人1000円程度、死亡保障500万ずつ)に入っています。
    +妻のみ都民共済2000円(独身時代入っていて解約していなかったもの)

    今年の検診で妻に婦人科系の早期のガンが見つかり、入院+手術をうけた関係で180万以上保険がおりました。(医療+ガン保険)

    ただでさえ早期とはいえガンと告知され、入院や初めての全身麻酔に手術と不安な気持ちでいっぱいの中、金銭面でサポートして貰えたことで余計な心配をせずにすみ、保険に入っていて本当に良かったと思えました。


    このことからも、保険は転ばぬ先の杖ということ、ずっと健康で保険料全額ムダになっちゃったねーと笑えるなら、それが一番幸せな事なのだということを実感しました。

    なので保険はこのまま入っていようと思っています。もちろん年齢や状況、医療体制は日々変わっていくので、最新のものに入り直したりしながらですが。


    様々なご意見を頂き、ありがとうございました。
    住宅購入についても勉強し、将来なるべく最適な住宅購入が出来るように頑張ります。

    ユーザーID:8276271053

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 23区じゃ保活考えないと

    数年後の転居は夫の仕事都合とすると、妊娠してもしなくてもすぐ動けませんもんね。
    当てずっぽうで埼玉に家買ったら、勤務地が神奈川寄りになったりしたら、ですもの。

    夜勤もあるけど、妻の勤め先今のままで産休育休とって、1年ほど勤めて退職(転居先に転職)というプランは、今が23区だと、育休後に預けられる保育園の有無に寄っちゃう方策ですよね。
    激戦区ほど0歳から預けていたりするので、育休半年で保活クリアして預けて、お子さん1歳半で妻退職かつ保育園退園というスケジュールになります。
    また、転居先も都近隣なら、妻再就活しつつ保育園入れられるかどうか……
    地方で、定員に空きがあるなら可能ですけどね。
    妻の職歴と転居によって保活の難易度が変わることも考慮しては。
    その上で引っ越し準備と後始末、乳幼児の育児でしょう。夫婦ともグッタリにならないかしら。
    転居候補地の小学校以上の学区や保育園も調べて比較を。

    育休を今の職場で挟んだ上で復職して辞めるのは、給付金を考えてと思います。
    だったら、妊娠前に転居転職がベストと思いますけど、夫仕事都合に戻りますもんね。
    保活失敗、妻転職失敗も可能性に入れつつ、貯金しっかり、が、現状ベストですかね。
    お子さん生まれて小学校上がる頃なら、どこにいても条件同じになると思いますので、そこまでの6年間ですね。

    ユーザーID:1035950046

  • いいですね

    無計画に収入を使いきる共働き夫婦が多いなか、よく貯めておられますね。

    家を買う希望があるなら、安定した収入があってまだ若い今でもいいんじゃないですか?
    頭金をしっかり積んで、借入額を小さくしたいのも一理ありますが、
    住宅ローンを組んで10年くらいは所得税で優遇されていませんでしたっけ?
    気をつけたいのは毎月の返済額で、無理な返済計画は、出産や冠婚葬祭、お子さんの受験、車の買い換え、いろいろなところで対応が迫られますから、
    現在の賃貸で払っている10万程度にして、貯金は続けるのが良いと思います。
    住宅ローン減税が終わったら、満を持して繰り上げ返済すれば。

    子供が大きくなればなるほど、出て行くお金もビックリするくらい大きくなります。
    生まれたらすぐに学資保険、可能なら貯蓄の継続を心がけて下さい。
    定年退職するころには借金も学費も目処がついて安定した老後を送れますよ。

    あ、親の介護も突発事項として頭の隅に置いといて下さい。

    ユーザーID:4352100426

  • レスありがとうございます。

    トピ主です。

    現在は東京23区内(妻が看護師で夜勤もあるため、妻の職場の近く)に住んでいますが、将来的には夫の仕事の都合で関東隣県もしくは都内でも郊外に引っ越し、家を購入したいと思っています。
    ならば、さっさと引っ越して妻は看護師でどこでも働けるだろうし別の病院へ転職すればいいとも思いますが、、、今後子供を産んで産休や育休を取得するとなると、転職してすぐに妊娠する事は出来ません。(転職して最低一年は新しい職場の仕事を覚えたり、人間関係を構築してから妊娠するのが常識という考えがあります。)
    年齢的になるべく早く妊娠したいため、今の職場で働きながら妊娠し、産休育休を取得後復帰して最低一年は務めてから退職する予定で考えています。分かりずらくてすみません。

    なので今すぐ購入するというのは難しいのです。せっかくご意見頂いたのに申し訳ないです。
    最初のトピにここまで書ければ良かったですね。

    今はとにかくなるべく貯金を増やして将来の住宅購入や子育てに備えたいと思っているのですが、今の家計の状態で大丈夫なのか、こうした方がいいよなどというご意見があれば伺いたいです。

    ユーザーID:8276271053

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 生命保険は解約する

    保険について。

    いざと言うときに残された家族が困らない為のものですよね。

    子供のいない今、不幸があってもそれぞれ一人で生活出来るでしょうから、葬式代が確保出来てれば、生命保険はいりません。
    交通事故の場合は、自動車保険がありますし。

    最低限の医療保険のみ、月額1000円くらいの掛け捨てで。

    妊娠したら、出産の事故に備えて死亡保障3000万円くらいの保険にそれぞれ加入したらよいと思います。

    貯金は大事ですが、月々の貯蓄額が多いので資産運用を考えてもいいと思います。

    また、頭金は100万円くらいにして、住宅ローン減税をうけましょう。
    変動の安い金利で借りて、減税が受けられなくなったり、金利が上がったタイミングで繰り上げ返済を。今は金利が低いので、低金利の恩恵を受けて下さい。
    繰り上げ返済の手数料が安いところを探して下さい。

    住宅手当てはどれくらいでしょう?
    子供が小さいうちは家が痛むので、ある程度大きくなってからの購入の方が修繕費を節約できます。
    また、借家のほうが就学援助を受けやすいので、自治体のサイトで調べてみて下さい。
    子供部屋が必要になった中学生頃の購入もいいと思います。
    子供が中学生で築1年の住宅と築13年の住宅ではどちらが資産価値が高いかを考えましょう。
    将来の水回りのリフォームを12年先延ばしに出来るということです。

    住宅手当てが安くて恩恵のない場合でもオリンピックが終わるまで購入を待ちましょう。
    オリンピック後に不動産が値崩れを起こすと複数の専門家が言っています。

    貯蓄、頑張ってね。ふぁいとー!

    ユーザーID:5408490885

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • すまい給付金(住宅ローン減税)

    たしかローン額が多いとそれに応じて?1%を10年間、所得税から控除される住まい給付金という制度があったはず。これがあるなら頭金を払うより後から返済を早めた方がお得なのでは?

    多分、トピ主さん世帯の年収ならローン破綻は無いような。
    どちらにせよ、貯金しておけば安心ではありますが賃貸より家を買った方が安いのでは。

    賃貸は98000+更新料含めて10万、35年ローン(3000万の物件)なら一ヶ月約7万円。
    2000万貯まるまで4年ほど必要だとして賃貸で住んでいたら自分の物にはならない上に差額144万円は消えている状態。

    早く家を買った方がお得だけど、家族構成が決まらないと家も決めにくいし子無しってこともあり得るのですよね?なら子供が出来次第家を買うでもいいかも?不妊治療で貯金を使うかもしれないし。

    すぐ決められる様に、家選びは動いた方がいい。
    住宅展示場などでその辺の相談も受け付けていますよ。

    ユーザーID:5377187085

  • 早めに貯金するか安いとこに引っ越す

    小遣い夫婦で8万は、それぞれの医療費、美容費、仕事関係必要経費込みですよね?
    その場合は、奥さんが育休で年収減っても4万確報しないと行き詰まります。

    夫さんの仕事の安定度合いによりましょうが、早めにローン組んで家を買うか、もっと家賃安いところに引っ越しては?
    奥さんの月給は夫さんより低いですがボーナスが良いので奥さんが年収高くなってますので、世帯年収で家賃や衣類、趣味教養のランクを考えると危ないでしょう。
    よそより1〜2割引いて考えるくらいでいいと思いますよ。
    結果奥さんが定年まで元気で働けたら、老後は安泰ですけど、今は仕方ないです。

    ユーザーID:1035950046

  • 絶対に慌てて買わないことです

    とても素晴らしい家計で恐れ入りました。
    特に都内でありながら家賃を10万以内にしているところ、光熱費も通信費も抑えていらっしゃいますし、「食材、外食、日用品」を共働きで5.5万はすごいです。
    被服費・美容費などが書かれていませんので、おそらく4万のお小遣い範囲でやりくりされているだと思います。
    万が一、ご夫婦どちらかが働けなくなっても、小遣い額を少し調整するだけで維持できる家計は、共働き家庭の見本のようですね。
    是非これからも続けてください。
    きっと2000万なんてすぐに貯まると思います。

    不動産価格は上下が激しいものです。
    ですから目先のローン金利に騙されないでください。
    早く買えばそれだけ早く建物の耐用年数を迎えますしね。
    しっかり頭金を貯めてからで問題ないと思いますよ。

    これから妊活・妊娠・出産となるかと思いますが、それらは必ずしも予定通りに行くものではありません。

    住宅の購入は、お子さんが生まれて落ち着いて、オリンピック・バブルが終わってからでよろしいかと思いますよ。

    ユーザーID:5380804161

  • 予定通りにはいかないものよ。

    現在23区にお住まいで、郊外で3000万以内の物件を検討って安すぎませんか?このあたりに欲しいなと思う地域の物件のだいたいの価格はご覧になっているんでしょうか?

    今すぐ買わないにしても、買うまでに不動産の知識を得ることは必要だと思います。一生を左右する高い買い物です。ここのさじ加減で賃貸代があほらしくおもえるくらいの額が一瞬にして吹っ飛びます。(数百万レベル)
    掘り出し物を探せという意味ではないですよ。不動産に掘り出し物はありませんから。優先順位を考えろという事です。

    今はお子さんがいないくてピンとこないかもしれませんが、子供が生まれると生活が子供中心になりますからね。治安とか、学区のレベル、公園、買い物のしやすさ等々気になる事が山ほど出てくるはずです。
    仕事中心で自分たちが住むのに便利な場所は子育てにはものすごく不便だったりするんですよ。
    そして何よりも部屋の広さですね。お子さん1人でも3人住むには70平米は無いと…。子育てしやすいと思う地域は当然ですがお値段もそれなりにしますよ。

    私は家を買うのはお子さん産まれてからでもいいのではと思います。失礼ですが、授からないという場合もありますし、いきなり双子って事もあるんで。

    あと、余計なおせっかいかもしれませんが、お子さん産むのは早い方がいいですよ。

    31歳ならばあっというまに高齢出産になっちゃいますよ。ぼやぼやしてたら欲しい時に授からないなんて事もありえますからね。

    何が自分たちにとって何が一番重要なのか、優先順位を考えて、奥さんともう一度よーーく話し合う事が必要だと思います。

    ユーザーID:6738968505

  • 頭金ためるのは意味がわからない

    フルローンでよくないですかね?
    銀行は喜んで貸してくれますよ。
    貯めてる間の家賃が無駄ですよね。

    あと、食費雑費で5.5万円は切り詰めすぎですね。
    途中で生活が嫌になるかもしれません。

    ユーザーID:4127222246

  • 頭金は少なくても

    2,000万円貯まる前に、頭金少なく、家の購入をされて、後から貯金出来た分を、繰り上げ返済されるのがいいと思います。

    今は金利も低いですし、どちみち購入の予定なら、先に買っておくのが得策ですね。

    後は、5,000〜10,000円ずつ小遣いを減らすのはどうでしょうか?
    ストレスの溜まらないよう、出来る範囲で。

    ユーザーID:7260064041

  • 保険見直し

    収入に見合った家計と思います。
    削れるところはありますが、そこまでカツカツにしなくてもゆとりがあると思います。
    ただ、保険が掛け捨てで14000円は高いと思います。

    ユーザーID:0998095548

  • 優秀

    良いと思います。
    現状維持でいいでしょう。

    ユーザーID:7120267179

  • 今の状態が続くなら

    今の状態が続くなら一刻も早く購入すべきです。
    家賃98000円で、年間117.6万円。諸経費27.6万、利息30万として年間60万元金返済に充てられます。

    保険は団信に切り替えて月4000円に節約。
    ここで浮いた1万と家賃2.5万/月として月に32.5万円返済

    1年後には利息の負担が4万円減っています。
    2年後には利息の負担が8万円減っています。

    ユーザーID:9725381247

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧