過去の自分が悲しい

レス24
(トピ主4
お気に入り97

家族・友人・人間関係

にょん

幼いころから沢山の友人や愛する人に囲まれる夢を描いていました。幼稚園の時には既に大学生になった自分の生活を描いていました。
小学校高学年の頃から「リア充」チームにいないことは感じていました。でも「ここは本番じゃない」と思っていたので、仮に誰かとぶつかった場合も、相手に非があると思い、自分を情けなく思うようなことはありませんでした。
高校は進学校で各地から集まってきました。そこでも友人はできましたが、悪くもなく、おとなしくもなく、いわゆる女子高生ではありませんでした。
大学に進み、活発で、勉強も運動もでき、かわいくおしゃれで、性格もいい人達に囲まれ、カルチャーショックを受けました。
皆大人で優しく経験でも敵わない、必死に自分を大きくみせようとマウンティングに終始し、優しい友人は愚痴のごみ箱にし、イケてる人には媚をうり、この4年は一番みっともなく辛い時間でした。
社会人になり、優しい上司はいましたが、厳しい上司にはもちろん可愛がられることもなく、不向きな仕事をすぐに投げ出しました。このころからはどうしたらうまくコミュニケーションが取れるのか、周りの研究をしました。しゃべり方や受け答えなど。
でも無理なんですよね、人間関係で同じシチュエーションなんて2度とこない。
話下手は聞き役に回ればいい、ともよく聞きますが、聞き役も反応をしなければ重宝してもらえません。
ニコニコしていても「笑うとこじゃないけど」、合いの手を入れようとしたら「それはいいんだけど」と不快を表され、とっさのパスには言葉が出ない。
どうやってもうまくいきませんでした。

ユーザーID:8589690802

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 辛そうですね

    気持ちがいっぱいいっぱいなのかな。
    苦手だと萎縮しちゃうし頭で考えすぎて負のループになっちゃいますよね。

    コミュニケーションに問題があって何とかしたいと思っているなら、
    日記を習慣にして言いたいことを整理する癖をつけるとか、
    ラジオやトーク番組を聞くようにしてシミュレーションしてみると
    いいと思いますよ。

    あと英会話を習うとか。
    これは上手く話せないのは当然なので
    そんなにプレッシャーを感じずに
    会話力を鍛えられたりするので。

    もし違う事で悩んでいるならごめんなさい。
    ゆっくりでいいから吐き出してスッキリしてくださいね。

    ユーザーID:3085570766

  • きっと大丈夫ですよ

    あなたはきっと今の自分に自信がないかも知れません
    でも僕があなたの話を読んだときにとても努力をしてきた事を感じました
    少しでも自分のなりたい夢に
    みんなに愛される自分になろうと頑張ってる人に感じました
    僕も万人に愛されたくていつもニコニコヘラヘラして周りの人達に媚を売って生きて来ました
    きっと今は自分に自信が無くて辛いかも知れませんでもきっとあなたの努力を見てくれてる人はどこかに居るはずです
    僕も万人に愛されたかったですが
    自分を見てくれるたった一人の人に出会って人生が変わりました
    だからきっとあなたもいつかあなたの今までの努力を認めてくれるあなたを見てくれる人に会える時がくると思います
    だから自分の過去を悲しまないで良いと思います
    いつかきっとあなたが今までの過去があったから今がある
    そう思える時が来ることを願ってます
    大丈夫、悲しむ事なんてないですよ

    ユーザーID:2765475626

  • 老婆心のまなざし

    あなたの意識はいつも未来に置いているのでしょう。
    もしも、あなたの意識を現在におくことができれば、
    これまでとは打って変わって好転することでしょう。

    ユーザーID:9749076165

  • 断ち切ろう

    今までの自分と今の自分はしっかりとつながっています。
    それを断ち切らない限り、そのままだと思ます。コミュニケーション能力が劣っていることを自覚しているのですから、それをなんとかしてくれる交差や専門家を探してみてはどうですか?

    性格も謙虚で素直な人の真似をしてみては?素敵だなと思えるお手本になってくれる人が周りにいますか?そういう人の存在に気が付いて、そういう人とっ変わることからはじえてみるのも悪くないと思いますよ。

    ユーザーID:4319279117

  • 大人っぽい子供だったの?

    まだ、社会人になって間がないんですよね。
    悩むことはいっぱいあると思います。
    ですが、過去を打ち消すこともないし、問題なく、成長できているのでは?

    人生は、理想通りにいかなくても、いい人生だったと思えるように、自分なりにうまく受け入れていけばいいのでは?

    子供の時に考えていた幸せと、違っていたって、意味あるものだと思います。

    ユーザーID:6862516910

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 努力する

    ありのままのにょんさんが1番ステキだと思います。周囲と自分を比べなくてもいいんじゃないかな。
    自分を大きく見せたり優しい人を愚痴のゴミ箱にするなんて最悪です。
    人より経験が少なかったら自分で何かにチャレンジしてどんどん自信を付けていけばいいと思います。
    自信が付くと卑屈な性格も表情も変わるし、会話にも深みが出てきますよ。
    友達が皆充実して幸せな人生を歩んでいて勉強もできて容姿も良くてと思いがちですが、みなさん凄く努力していますよ。

    ユーザーID:5899699848

  • マウテングする人の心理を垣間見ることが出来ましたありがとう

    どうもありがとう。マウテングする人の心理を垣間見ることが出来ました。

    会社勤めなら、付き人かカバン持ちを徹底しますわ。
    見習うべき人の傍にひっついてまずは聴きます、よく聞くようにします。
    お手本になるような人を見つけたら、まずはよく聞くように努めます。

    ユーザーID:0018922029

  • 僕も若いころはそんな感じでした。

    私はトピ主さんとは少し事情は違っていますが…、

    私は現在は40代ですが、小学校までは友達を笑わすのが好きでそれなりに受けている実感があって、ただそれ以降容姿を複数の同級生に中傷されてから、すっかり引っ込み思案になってしまいました。

    高校入学後は昔の人気者の自分を取り戻そうとして、愚かにも逆に人を見下すような行動に出てしまったりなど、級友から却って軽蔑を買ってしまうことも多かったです。当時は楽しくやりたい、という衝動みたいなものに突き動かされて、それが良くない結果を生んでいました。

    大学入学以降も30歳以降になるまで対人恐怖症がひどく、コミュニケーションも下手。
    トピックの最後の方で仰っていた、会話の噛み合わない感じなどもよく経験していました。

    でも今は会話で食い違ったことを言ってしまうということはほとんどないです。
    恐らく経験を積んだからでしょう。いつの間にか、どんな会話にも対応できる自分になっていました。若いころは、人間関係に早熟した羨ましい人も中にはいますが、だいたいはトピ主さんのような悩みを、多かれ少なかれ抱えているものではないでしょうか。

    私は自営業で翻訳の仕事をしていますが、大事にしていることは地味なことを泥臭く注意深くやることです。
    もし仕事で無理そうだと感じることがあったら、すぐに投げ出さずに一旦、率直に話しやすそうな上司に相談してみることはできませんか??
    何かトピ主さんに向いた仕事を割り振ってくれるかもしれません。

    ユーザーID:7526526415

  • うん・・・

    私のことかと思いました・・・
    涙ぽろりか、エールかを連打したいです

    気が付いただけでも、トピ主さんの人生は収穫があったということだと思いません?
    私も周りとなじめず、媚ったり、卑屈になったり、威張ったり
    様々ありましたが、年取ったせいか、思うのは

    いい勉強させてもらった
    お互い様

    良い人もいれば、コイツはどうにもならないという人もいましたよ
    でも、お互い様です。持ちつ持たれつ、ぶつかり合って、痛みあって
    成長するんだと思う

    この年になっても、対人関係というのは悩みますよ
    みんな多かれ少なかれ、そういうものです

    ユーザーID:0493947248

  • I love myself

    あなたは不安感の強い人です。自分を人と比べてばかりいますね。そして、愚痴を聞いてくれる人を必要としています。

    自分を知るために心理学を勉強したり、カウンセリングを受けてはどうですか?そして、何か困難なことに挑戦してみてはどうでしょうか?自分を知り、たくましくなりましょう。

    あなたは愛されたいし、安心感が欲しいのです。そのためには自分を愛し、自分が自分の親なることが必要なんですよ。

    ユーザーID:9657602078

  • 厳しい事を言いますが

    過去はトピ主の味方です。
    過去の自分と上手にコミュニケーションが取れないのに他人と上手に取れる訳が無い。
    自分自身に優しくできないのに他人に優しくできる訳が無い。

    話し役は自分の心にある感情を正確に表現しなきゃならない
    聞き役は相手の言いたい事を正確に汲み取ってあげなきゃいけない
    どちらも難しいんです。話し役でも聞き役でも真剣にやらなきゃダメ。
    トピ主は簡単に考えていたり楽しようとする部分があるみたい。

    根本的に子供の頃の夢は子供の頃のものとして現実に即した夢があってもいいと思います。
    友人も愛する人も沢山いなくてもいいでしょう?
    本当にトピ主の事を必要だと思ってくれる人が数人いるだけで充分幸せだと思います。

    アドバイスするとすれば自分の事を“ダメだ”と思うより“ドンマイ”って励ます事です。
    私も聞き役でコミュニケーション能力は高くないですが失敗してしまった時には
    “全ての人と分かり合えるはず無いさ”って勝手に自分自身を励まします。
    相手にとっては失礼な事かもしれませんが自分自身を落ち着かせ納得させるために必要な言葉だと思っています。

    ユーザーID:4262380683

  • トピ主です、お返事遅くなりすみません

    結局私は、30過ぎまでは人の真似事みたいなことをして、リア充までいかずとも、普通の社会人、年頃の女性として過ごしました。

    でも30を過ぎ、常識的にみて恵まれた環境にいることを認識しているにもかかわらず、体が反応してしまい、ストレス性の病気になりました。
    これを機に、引きこもりになりました。幸い優しい主人と、在宅の仕事があるので、生活は普通にできています。

    私は頑張ることからドロップアウトして、井の中の蛙になることを選んだわけです。これは私なりに頑張って頑張った上での結論です。
    頑張った結果、無理をしても恐怖や不安は強まり、周囲との差は開くばかり。
    だったらいっそ見ないほうがいいと、病気を境に思ったのです。
    逃亡者の言い訳です、それでも頑張るべきという考えもあると思います。

    で、相談でもなんでもなくなっちゃうのですが、今回私トピを立てたのは
    今の自分をどうしたらいいか、や、今の自分がかわいそうだ、ではなく(もちろんこちらも解決できれば万々歳ですが)

    幼い頃、本当に無邪気に純粋に未来に希望を持っていました。
    どんなおねぇさんになるんだろう、ってわくわくしていた幼い自分が、とても不憫で。
    過去から続く現在なので自己憐憫といえばそうなのですが、40を超えた私が思い出す幼児の私は、別の存在なのです。
    小さな女の子の希望がこんな風に悲しい結果になったことが、可哀そうでいたたまれないのです。

    相談でもなく、ただ私の話を聞いてほしい的なトピで申し訳ありません。

    ユーザーID:8589690802

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 自分てなんだろう

    >幼稚園の時には既に大学生になった自分の生活を描いていました。

    このくらいの年齢って、親の話をそのまま自分の思っている事にしてしまう時期だと思います。
    自分が思っていたのではなくて親(特にお母さん)が思っていて
    そうなってほしくてうまい具合にトピ主を誘導していたのかなと感じました。
    お母さんは「マウンティング」をしていませんでした?
    他人や我が子を道具のようにあつかっていませんでしたか?
    幼稚園の頃からすでに、ありのままの自分というよりは、
    お母さんが望む自分を演じて(演じさえられて)いるのかもしれません。

    本当の自分じゃないんだもの、苦しくなるはずです。

    今、理解のあるご主人のもとで仕事もあり幸せなはずなのに、
    それではだめだというのは、「お母さんの価値観」かもしれませんね。
    大学生になった姿、将来をわくわく夢見ていたのはお母さんで、その夢を叶えてあげたい幼いトピ主が
    いたということではないでしょうか?

    なぜこんなに他人からの承認が必要なんでしょうか?
    なぜ他人との会話(合いの手等)で相手のご機嫌をとらなくてはならないのでしょうか?

    自分は自分のままでは受け入れてもらえない、
    そういう感情って、幼稚園の頃にお母さんとの関係のなかで
    トピ主が生きるすべとして(お母さんから愛されたい、認められたいという思いから)
    身に着けてしまったものかもしれません。

    幼いころからがんばってきた自分、病気になってまでも、頑張ろうとしている自分。なんて健気なのでしょう。大事にしてあげてください。
    お母さんの方じゃなく、自分の方を見てあげてほしいなと思います。

    他人にお母さんの事を言われると腹が立つかもしれませんが、ぜひ考えてみてほしいと私は思います。

    ユーザーID:8836569165

  • トピ主です。

    トピ主です。
    遅い返信だったのに見ていてくださる人がいて、またレスをいただけてうれしいです。ありがとうございます。

    母に、こうなりなさいと強いられたことはなかったですが、誘導されていたとしたら、それは気づいていないかもしれません。
    両親にはとても愛されて育ちました。極端に厳しくも過保護でもなかったと思います。習い事や進学や友人付き合いなど、私の決定を却下されることはありませんでした。それなりに反抗期もあり喧嘩もしました。

    ただ、大人になってから、私の母はとても変わっているんだと感じています。

    母は全ての人を悪く言います、おっしゃるとおりマウンティングし通しでした。愚痴が多く、勿論友人はいません。社交的な父が外に出ることも気に入らないようです。電話すると1時間でも一人で愚痴り続けます、相槌を打たずに受話器を離しておくこともあります。

    母が50代の頃、更年期も重なり父に対しての態度が酷く、「お母さんの常識がすべての常識じゃないんだよ」と諭した結果大喧嘩になったことがありました。父は母を諭す私に「もうやめてくれ、ごめんな」と言いました。父は色々分かった上で母を大事に思っているのかもしれません。

    もし母が正直な目で自分を見だしたら、立っていられなくなるかもしれないと感じています。このまま彼女の思考の中で生きているほうが幸せかもしれないと感じました。もう70代です。
    下手に井から出た蛙は、辛くなると、身をもって感じています。

    ちなみに最近兄が母と喧嘩をした際に「お母さんのこと悪くいう人なんて誰もいないわよ」と母が言い、それに対し「じゃあお母さんは自分のこと好き?」と聞くと「自分のことなんて大嫌いよ」と答えたそうです。

    ユーザーID:8589690802

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • トピ主です2

    母は、モノをはっきり言う人のことを、その主張内容に関わらず「神経が図太い人だ」と言います。
    私は高校生になり、クラスのリーダー格の女子がハッキリしているのに優しいことに本当に驚きました。
    私の中では、オシャレではっきり物事を言い、楽しく遊んでいるリア充は、頭が悪く気も使えず不良に近い人という定義だったのです。

    また、私がため息や愚痴を人前でいうことは失礼なことだと知ったのは、高校から大学生になってから、
    それが理由で人に嫌われてからです。

    母から、子育ては大変だった、あんたたちのせいで〇〇できなかった、などと言われると
    「自分の楽しみのために生んだくせに!こっちは生まれたから仕方なく頑張っているのに」という言葉が喉まで出かかります。
    私は子供を持たない選択をしました。
    赤ちゃんは欲しかったです。主人と子供との生活もしたかった。老後もすごく不安。
    でも人生を楽しめる子供に育てられる自信はありません。
    産まない決断をして3年、今でもこんなトピを立てているのだから、これで良かったんだと思っています。

    何を求めたトピなのか、分からない内容になっていましましたね。汗。
    ・母の影響は多くあり、その事について母を責めたい気持ちもある。
    ・でも、母のせいだけにするのは私自身の問題から逃げているような気がする。
    ・母のことは気重ではあるけれど、母も一生懸命生きている大切な人。
    ・私は人と接触を少なくすることで穏やかな日を得たけれど、本当に望んだものではない。
    ・本当に望んだものへの努力は、私なりには精一杯やった。気持ちより体の問題で、もうこれ以上できる気がしない。

    どうしたらいいんでしょうね。
    なんで他人に承認が必要かといわれると、それ以外にないんです。趣味が人間関係を超えないんです。
    人と話したい、人に好かれたいし私も誰かを大事に思いたい。イイように使われたくない。

    ユーザーID:8589690802

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 全てを一度に解決できる魔法の言葉はないけれど 1

    私も、子供のころから自分が理想とするような人間関係を上手く結べない、両親、家族関係(同居)、にストレスを感じ、子供なのに大人のような、子供らしい子供時代を過ごすことができなかった者です。
    にょんさんのトピを読んで、皆さんのレスを読んで、自分と重なる部分を感じ、これまでいろいろ試行錯誤して生きてきた過去を思い出しながらも、上手くレスするのは難しいなと感じながら、見守っていました。気になるので。

    今、40代の私は、20代でストレス性の病気になりました。本当に回復した、もう大丈夫と自信を持って感じるのに10年はかかったと思います。その間に、社会復帰し、結婚をし、子供を授かりました。自分のことを詳しく書くのは控え、トピさんのレスや皆さんのレスを読んで返したトピさんのレスを読んで、感じた事をかきますね。

    >何を求めたトピなのか、分からない内容になっていましましたね。汗。
    >・母の影響は多くあり、その事について母を責めたい気持ちもある。
    >・でも、母のせいだけにするのは私自身の問題から逃げているような気がする。
    >・母のことは気重ではあるけれど、母も一生懸命生きている大切な人。

    40代、分別のある大人なんだからと自分を納得させないで、一度お母様に本音をぶつけていいのではないでしょうか。お母様の影響は多大に受けているし、責めたい気持ちがあるという本音を大事にしては。
    「物わかりのいい、良い子を演じるのを辞める」ということです。親のせいにしていいことはありますよ。
    それをするとしばらく軋轢やら、新たな葛藤やらを感じて苦しいかもしれませんが、どうか、お母様が元気なうちにされるといいかと思います。私の周りでは、それができないために苦しんでいる人が何人もいます。親が死んでしまえはその思いは消えるのかといえば、そうではなく残ったりします。

    ユーザーID:4390551643

  • 全てを一度に解決できる魔法の言葉はないけれど 2

    >・私は人と接触を少なくすることで穏やかな日を得たけれど、本当に望んだものではない。
    >・本当に望んだものへの努力は、私なりには精一杯やった。気持ちより体の問題で、もうこれ以上で
    >きる気がしない。

    これは悩ましい問題ですね。でも今は自分を責めないで、自分は十分頑張ってきたんだと受け止めてあげてください。これは、消えないと思います。私も燻った気持ちをかかえています。今も向き合っているところです。

    >どうしたらいいんでしょうね。
    >なんで他人に承認が必要かといわれると、それ以外にないんです。趣味が人間関係を超えないんで
    >す。
    >人と話したい、人に好かれたいし私も誰かを大事に思いたい。イイように使われたくない。

    今は自分が思う通りの人間関係が結べないから、今までできなかったから駄目だと、諦めないことだと思います。結局、最後まで人間関係は様々な形でついてきます。難しくて、だから面白く、ときに疲れてしまう。
    いろいろな形があっていいじゃないか、失敗したって、肥やしにして今後の関係に生かしていけばいいじゃないか、今日は上手く振舞えないから省エネモ−ドの自分でいいじゃないか。
    人と話して、いい人だな、深く付き合いたいなとおもってもうまく歯車があわない時もある。でも、何年後かにぴたりとあったりする。かと思えば、ずっと続くと思われた関係がすれ違ってしまい、音信普通になってしまう。自分ばかりが尽くして、いいように使われて、もやもやしてしまう、自分が思うようには相手は思っていないのだと知る。そしたら、その時に関係を見直せばいいじゃないですか。これからも、大事にしたい相手に出会えますよ。

    ユーザーID:4390551643

  • トピ主です

    ririkaさん、レスありがとうございます。

    返信がずいぶん遅くなりましたが、レスいただいてすぐ拝読したのです。そして日を置いて何度も読みました。
    なんというか、本当に胸に響く言葉、ありがとうございます。

    何日も考えたのですが、母親にぶつけること、できなかったです。悲しませたくないし、いい生涯だったと人生を終えてほしくて。
    母を尊敬はしていないけれど、でも愛おしいというかやっぱり大切なんです。
    母にぶつけることで母が抱える悲しみに値するほど、私は人生を前向きに捉えられるようになるのか、、、自信がないんです。
    今から取り戻せるものは少ないと諦めているところもあるのかもしれないです。
    また、実感はないのですが、こう考えてしまうことが、まだ母の前でいい子を演じている証拠なのかもしれないですね。

    人間関係は本当に悩ましく難しいですね。
    そういう私を易々と見透かして、仲良しをチラつかせて利用されることも多いです。
    後で気づいてショックと同時に、その掌握術(計算力?)を賞賛してしまいます。仲良くするスキルさえ私は身に着けていないのに。
    そうなるともう私には防御体制しかとれず、結果諦めているフリをしているけれど、諦めきれていないです。

    自己肯定と、未来への希望を捨てないこと、と拝読しました。
    今の私にはまったくナイものです、だから苦しいんですね。
    どうしたらこれを持てるのかを今度は考えてみようと思います。

    本当にありがとうございます。もし嫌でなければririkaさんご自身の(トピを見てくださっている方の)詳しいこともお伺いしたいです。

    ユーザーID:2552303685

  • 私はこうしました 1

    にょんさん、私の書き込みに丁寧に返信していただきありがとうございます。私も昨年の12月15日ぐらいに読ませていただいたのですが、どうやって返したらよいのか中々まとまらず、年末年始の慌ただしさでで日々過ごしてしまい、遅くなってしまいました。

    私はにょんさんのような文章力がないので、自分の過去を上手くまとめて書き綴れません。ダラダラとまとまりのないものになって、ここがにょんさんのトピではなくなってしまうのではと思いますし、正直に言えば抵抗感もあります。それで考えた末、「にょんさん、私はこんな風にしましたよ。」と書いてみますね。そうですね、カフェなんかで、お茶しながら喋ってる感じをイメ−ジしてもらえたらと思います。

    私は、自分が病気になって壊れたとき、母に自分の気持ちをぶつけました。繰り返し何度も。子供時代、我慢して辛かったこと、なんで私ばかり!!とストレスが体に出ていたのに、そのせいだと気が付かず、抑え込んでかなり無理をしていたことを伝えました。ほかの兄弟姉妹と比べて、母のストレスのはけ口になる形で育ちました。ワンマンで大きな声で激高する父や、あれこれ口を出してくる親戚に対して、言い返すことのできない母の愚痴を聞いたり、中に割って入って言い返すことで母を護っていました。小学校の高学年生の時には離婚するように真剣に勧めたんですよ〜。つくづく悲しい子供時代ですよね〜。。。母は、ふふふ、と微笑んでいました。私がそう言って、真剣に怒っている姿をみることで気が紛れていたんですね〜たぶん。受身な人なので、自分から進んで行動に移すことなんてしない(出来ない)、父が亡くなって一人になった今でも、自分のことは誰かが何とかしてくれる、役所関係や面倒なことは自分ではできないから全部お願いという人です。
    私は、物わかりのいい、良い子を演じるのを辞めたのです。

    ユーザーID:4390551643

  • 私はこうしました 2

    にょんさんのように、「悲しませたくないし、いい生涯だったと人生を終えてほしくて・・」と、相手のことをを中心にして考えるのではなく、自分の中心、”本当の真ん中”を吐き出したんだと思います。
    にょんさんは、「母にぶつけることで母が抱える悲しみに値するほど、私は人生を前向きに捉えられるようになるのか、、、自信がないんです。」と、こういう犠牲を払ったんだから、こういうリタ−ンが欲しい、という何か「こうじゃなくちゃいけない。」というものがあるように思います。
    私は自分が望む形(母が子供時代の私ををそういう気持ちにさせていたと気が付くことであるとか、それに対する十分な謝罪、そういう思いをさせないように母自身ががかわること)を得られたというよりは、私が変わり始めるきっかけを得たのだと思います。つまり、母にいくら謝罪されたところで、私の子供らしい子供時代は戻らないからです。それから、子供のころから感じている生き辛さは、自分の思考パタ−ン、思い癖を治さないと、変わらないとだんだんとわかり始めました。正確には、心理学の本やら、家族関係やら、それ関係のなんやらをそれこそ山ほど読んだので、知識としてはあったのですが、それが本当にわかり、自分が変わっていくのには時間がかかるのです。早く変わりたいと焦りますが、これは人と比べて焦っても仕方がありません。自分はそうでした。
    気づいたそれをすぐに改善できるものでもなく、私は毎日の生活の中で、あれやこれやと失敗を繰り返しながら長い時間をかけて、してきたように思います。そして、それを私は続けていくのだと思います。

    ユーザーID:4390551643

  • 私がしたことは 3

    私がしたことは、これまでの成長過程でどんな出来事があり、そのことをどんな風に感じ、どうとらえてきて現在の自分が出来上がってきたのかを、明らかにすることでした。簡単に言えば。自分年表を作って、感情の折れ線グラフを作り、自分を振り返るのです。この作業をとおして、私はかなり落ち込み苦しみました。もう後悔やらなんやらのドツボにはまり、本当に苦しかった。にょんさんが、このトピで自分のことを書き綴ったことと同じかな?

    私は、自分の生育環境から、家族を作ることに抵抗感があって、結婚を選択肢に入れていませんでしたが、自分がいろいろと変わっていく中で、縁あって今の夫と、家族になりました。 子供を持つことは、病気を再発するのではないかという思いもあり、なかなか踏み切れませんでしたが、夫と生活する中で気持ちが変わり、ぎりぎりの年齢で授かることができ、今は子育てをしています。妊娠中、産後もホルモンバランスのせいなのかいろいろなものが噴出してきて大変でした。両親、家族への恨みつらみです。本当に根深いですね〜〜。これは私の思い癖です。今現在は、昔よりはうまく対処できるようにはなりましたが、まだまだ試行錯誤は続きます。
    遅く始まった、子育ては私にいろいろなことを気づかせてくれました。子供は私にはっとするような言葉を投げかけるのです。私は今、自分の作った家族に、日々成長していく子供たちに、もう一度育てられている思いです。自分を選んでくれた家族に日々感謝しています。
    私が昔とらわれていた「こうじゃなくちゃダメなんだ。」「これがすぐにできないといけないんだ。」「白か黒しかない。0か1しかない。」というような強迫観念に近い考え方、人生に対する変な焦りは、本当にどこに行ってしまったんだろうというぐらいなくなりました。
    いわゆる人生においての臨機応変ということが私なりにつかめたんだと思います。

    ユーザーID:4390551643

  • ありがとうございます

    あまり思い出すしたくはない思いをまとめてくださったのに、大変遅いレスをお許しください。

    私の母もririkaさんのお母様も、悪意ではなく心の弱さだったのかなと思います。彼女たちには彼女たちで抱えている思いがあった。
    お父様も親族も、という環境は、さぞかしお辛かったろうと思います。当時感じていたか否かに関わらず、成人されてからの人生においても。

    でも、ririkaさんは過去に区切りをつけられた、そして過去の自分を自分で慰めてそれぞれを供養(?)成仏(?)させてあげた。
    そして子供を持ち、自分を成長させるという道を選ばれた。そこに踏み出せたこと、本当にすごいです。
    育児は育自、という言葉もありますよね。本当ですよね、膝を打ちまくりです。
    親戚の子供と過ごすだけでも自分の嫌なところを何個もみつけてしまい、落ち込む自分すら慰められず。
    もし私に子供がいたら、さらに子供にどんな声をかけるか、自分の感情をどう見せるか、どう導くか、、、私は子供を持つには子供すぎでした。

    思い癖、考える癖、全く同じことを思っていました。
    一朝一夕で直るものではなんですよね、もう何十年も右手を使っていたのに左手でやれなんて、無理なんですよね。
    今は私も変な思考にはいっているときに如何に自分で気づけるか、が課題です。認知療法かなって思っています。

    脅迫観念がなくなり臨機応変にこなせるようになってきた、とてもうらやましいです。
    それにはririkaさんの努力があったから。
    逆を返せば私も努力すればそうなれる。同じような気持ちを持った人が変われたことは希望になります。

    ご助言と実体験をどうもありがとうございました。
    私は、、、このまま刃を研ぐ面倒を避けて切れない刃を持ち続けるのか、
    とりあえず診療内科で自分の思考の癖を検査することにしました。
    歩みは遅いですが、せめて引き返すことのないよう頑張ります。

    ユーザーID:8589690802

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • にょんさん、お元気ですか?

    こんにちは。返信をありがとうございます。
    ここの皆さんの書き込みは、折に触れて読み返しています。
    にょんさんへの皆さんの返信が、私にとってもとても気付きになったので。

    あまり、自分を追い込まないで、ぼちぼち進んでください。たまには戻っても、たぶん大丈夫ですよ。それが受け入れられる、変に落ち込まない自分になれると思います。切り替えて進んでいければ、それはまた自分の殻を破るきっかけになります。足踏みしてお休みだって、いいんですよ。
    私は昔、「時間が解決してくれるよ。」と励まされても、苦しくて、なかなかかわることができない自分に焦って、その言葉が意味する本当のところがわからなかったです。「適当に」「ほどほどに」という言葉も、わからなかったです。
    今は、それが何なのか私にもわかるんです。すいません、説明が上手じゃなくて。
    にょんさん、応援してますよ。

    ユーザーID:4390551643

  • また来てしまいました

    昨晩久しぶりに幼い希望に満ちた自分を思い出し泣いていました。
    悲しくなるとこのトピを見に来ます。

    昨日は新しい思考が二つ。
    主人に申し訳ない気持ち。
    私の悲しみは主人とは関係ないところにあるのですが、主人からすれば今の生活は望んだ幸せではなかったんだと捉えられるだろうなと。逆の立場なら私はそう思います。
    無常の風さんから「意識を現在に置いたほうがいい」とコメントもいただきましたがその通りで、それをしないと現在の幸せも壊しかねないと思います。

    もう一つは、
    「対人関係」「母との関係」などの言葉があると、とても重い難解な問題に思うのですが(ましてや自分のことですし)
    でもプロ野球選手になりたいと夢見ていた子供が、なれなかった例なんて沢山あると思うんです。
    そういう人が大人になってどう思っているか?酒の席で思い出話として話してる位のイメージ。
    じゃあ自分はどうしてそう思えないんだろう。現在違った形の幸せを得た、その事に満足できないんだろう。
    tokuさんの「子供の頃の夢は子供の頃のものとして現実に即した夢があってもいい」という部分ですね。
    その辺をぼんやりと考えています。

    ririkaさん、何度もあたたかくためになるコメント本当にありがとうございます。
    私を知っているの?という位、私が苦しんでいる根本に寄り添った言葉があります。

    まだ私は「時間が解決してくれる」とは思えず、悲しみや憎しみの感情と共に生きるんだろうなと予測していて、その予測は冷静で現実的だ、と思っています。
    でも冷静でも現実的でもなく、ただ努力せず悲観的なだけだ、と見ることもできるな、とも思っています。

    ririkaさんの生きづらさから脱出できた経験の話は、希望になります。
    人は変われるとはよくいいますが、類似の経験をした上で変われた人の話は、本当に励みになります。

    ユーザーID:5898490882

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧