炭水化物とお通じ

レス17
(トピ主1
お気に入り85

心や体の悩み

しゃっくり

40歳フルタイムで働くものです。

小さい頃からお通じに悩まされたことがなく
便秘とは無縁なのですが、

最近週に一回ほど朝からお通じがないときがあります。
特に気分が悪くなるわけでもなく、次の日の朝にはお通じがあるので
悩んでいるわけでもないのですが、
夜に炭水化物を取らないと次の日お通じがないような気がするんです。
お米や、パンや、パスタなど何かしら炭水化物を食べないと
次の日便意がありません。
炭水化物はお通じに関係するのでしょうか?

40歳になったので、夕食は軽めにしようかと最近試みたら
こんなことになるとは。
お通じがないのも体に良くないので、
それなら軽めにお米を食べた方がいいのかと。

アドバイスお願いします。

ユーザーID:2249578768

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 炭水化物というよりも量の問題では?

    御飯などの炭水化物を取らない代わりに、肉、魚、野菜といった
    おかずは多めにとっておられるのでしょうか?
    そうではなく、おかずの量も普段のままで、炭水化物のみ抜いているという
    のでしたら、食べる量が少なめの為に、便として排泄するに至らないという
    ことではないでしょうか?

    ある程度、量をとらないと便も作られませんし、押し出される事が
    ない訳ですから、便意ももよおす事もないと思います。
    私など、風邪で熱を出して、食事もままならない状態になれば、何日も
    便意をもよおす事もない程です。その間、特にお腹が張るような事も
    ありませんし、便秘というよりも、便そのものがナイという事なのだと
    思います。

    普段から小食ならば、体も、そういうものと認識して、毎日、少量であっても
    便も排泄される事になるのだと思いますが、急に量が減ると、体もそれに
    順応できなくなってしまうのだと思いますよ。

    ユーザーID:1821247691

  • 関係あります

    炭水化物は、排便の分量を増やすので、便意を催すアシスト的な役割を持っています。

    只し、便秘気味な人はさつま芋などを食べると、更に詰まりやすくさせてしまいます。

    また、ダイエットに良いからとコンニャクを沢山食べる人がいますが、あれも便秘の原因になりますので、適度な分量を摂取した方がいいです。

    ご飯でしたら、麦や雑穀などを混ぜて食べるのがいいと思います。

    ユーザーID:5076722169

  • パスタが一番出る

    私はパスタ・スパゲッティが一番通じると思います。旦那も言ってます。
    なので、炭水化物は(かさが増すから?)出すんだと思います。

    ユーザーID:5095895343

  • ダイエットなんでしょうか?

    炭水化物を制限するというダイエットなんでしょうか?

    文章からの想像ですが、トピ主さんの体に炭水化物制限は合わないんじゃないでしょうか

    近頃読んだ本では、海外では炭水化物をあまりに制限すると病気になるとの
    記事がありました

    私も炭水化物ダイエットを試みましたが、貧血状態になり続きませんでしたよ

    誰しも体質があるので、摂取されたほうがいいのでは?

    砂糖、オイル、糖質、ご飯、乳製品・・・

    人によって様々に太る要因があるようです

    私は乳製品とオイルに気を付ければ体形維持できるようになりました

    なんでも遺伝子で何を食べると太るか、というのがわかるそうです

    流行りだという糖質制限ダイエットも、体調おかしくなった人いますよ

    ユーザーID:6869059090

  • 体にいいもの

    私も同じように思っていました。
    健康に気を使うようになって、去年からできるだけ、玄米、食物繊維たっぷりな野菜を良く摂って、パンやパスタは全粒粉にしました。でも、お腹が張っている感があり、すっきりしないんですよね・・・。調べてみると、消化に負担がかかるみたいです。
    適度に白米や普通のパスタにするようになってから、お通じは順調です。

    お腹の調子が悪かったり、病気になると柔らかくした炭水化物がいいみたいので、何かかんけいあるのかもしれませんね。

    旬のものをよく取り入れたバランスの取れた食事が一番なのかと思います。

    ユーザーID:6758101292

  • 食べる量の問題

    一日に食べる全体量が少ないと、
    便のかさが増えないので、翌日出ません。
    炭水化物うんぬん、というより、
    全体的にあまり食べてないから出ないだけでは?

    ユーザーID:7348492670

  • 食品の嵩

    炭水化物そのものは関係ないと思いますが、食事量が全体を通じて少ないのだと思います。
    便通には、ある程度の量を食べる必要もあります。
    ダイエット中に便秘がち、高齢者が便秘がちなのは、いずれも食べる量が少ないからだと思われます。

    私は、夕飯時はごはんを食べず、おかずのみですが、毎朝、便通があります。
    でも、休日など、たまたま一日の食事量が少なかった日の翌朝には便通がないこともあります。
    逆に沢山食べすぎた時は、一日に一度以上、便通があります。

    夕飯を軽めにするのなら、昼にご飯も含め、しっかり食べられるといいのではないでしょうか。

    ユーザーID:1103858716

  • 材料がないとゴミも出ない・・・

    適度な水分と食物繊維がうんこ量をアップするようですが、米が異なって糞と書くぐらいだから、炭水化物も必要なんじゃないですか

    ユーザーID:0918602795

  • 食物繊維が足りなくなるから

    タイトルの通りです。
    糖質ダイエットが流行り、炭水化物が悪く言われますが炭水化物はとても大切。
    脳に大切な糖分もあるし、食物繊維もたくさん。(1グラム当たりは少ないですが多量に摂取するので自然に多く摂れる。)

    少なめるのは良いですが、全く摂らないなど極端なことはしませんように。体調崩す要因をわざわざ作らないのが賢明です。

    ユーザーID:6208768249

  • 同じです・・

    私は3ケ月前から、夜だけは炭水化物を摂らないようにしてます。
    そうしたら朝それまで出ていたものが出なくなってしまいました。
    でも夜ごはんを食べると出るんです。
    やっぱり・・・うん○を出すために炭水化物は摂った方が良いんだと思ってます。

    ユーザーID:3124763056

  • 私もそうでした

    はい そのとうりです。低タンパク質ダイエットをすると ベンピになります。

    ユーザーID:9924660999

  • そりゃ

    炭水化物は便のかさを増しますからね。

    ユーザーID:1756574755

  • トピ主です。

    みなさま、お返事ありがとうございます。

    炭水化物は便通のアシスト的存在という言葉に納得しました。

    多少ぽっちゃり型ではありますが、特にダイエットを試みているわけはありません。
    夫いわく、もう40なのだから、エネルギーとなる炭水化物はそんなに取らなくてもいいのではないか、
    良質のタンパク質と野菜で十分なのではないかと。

    炭水化物を摂るとお茶碗一杯のご飯でもお腹が膨れるので、
    肉や魚、野菜などあまり食べられません。
    かといって、ご飯を食べない代わりにおかずを増やしているわけでもなく、
    腹八分目だったのが腹六、七分目という感じですね。
    実家の父はビールを飲みながらおかずを食べ、気が向けばご飯(お米)とお味噌汁でしめるので、
    それもありかと試した次第です。

    やはりお通じが毎日ある方が体にもいいと思うので、
    炭水化物抜きはできるだけ避けた方がいいですね。
    小ぶりのお茶碗に半分でも食べようかと思います。

    ユーザーID:2249578768

  • わかります

    わたしもそうです。
    夕飯にお米を食べないと、翌朝に便が出ません。

    主人が糖尿病のため、食事はいわゆる糖尿食です。
    カロリーと栄養のバランスを考えて作っています。
    おかずだけで1食300kcalくらいですね。
    食事の全体量は少ないかもしれません。
    元々便秘がちでしたが、糖尿食にしてからはなぜか快便です。

    私の場合は麺類やパンだとあまり排便効果がないようですが、お米を食べればちゃんと出ます。
    1日でも出ないと、ガスがお腹に溜まって痛くなるので、少量でも夕飯のごはんを食べることは私にとって大事なことです。
    こういったことは、体質によるのかも。
    お米は、かさ増しするのと同時に、繊維質でもあるのだと思います。

    ちなみに、ダイエットで食べるお米の量を減らした時期がありました。
    (このときは、運動もしましたが、半年で10kg以上痩せました)
    ごはんのg数を量って、徐々に減らしてみました。
    私の場合、1食80gを切ると、逆に痩せなくなりました。
    脂肪燃焼には炭水化物のエネルギーが必要なことを実感した体験です。
    それからは、なるべく夕飯も80g以上のお米を食べるように心がけています。ただ、多くても120gほどです。
    逆に、「今日は特別」と割りきって外食でごはんをたくさん食べてしまった翌日には、運動もしないのに体重が減っていることもあります。
    どうやら、お米のごはんが何かしらダイレクトに体に影響するタイプのようです。

    脂質を極端に抑えた食事にしたときにも、便秘になりました。
    糖尿食を作る中で、いろいろと試してきましたが、食べたものがそのまま体に反映することを身をもって知りました。

    人によって、食べたものと体の反応は様々だと思います。
    いろいろと試してみて、ベストな状態を探してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:6397145556

  • 私には関係あります

    ずっと前からそう思っていました。特にお米です。

    私は海外在住です。
    ご飯は炊きますが、日本のように毎日ではありません。メニューによってなので、一週間に1−2回程度でしょうか。
    ご飯を炊かない時でも、メインのお肉や魚、サラダやスープなどもお腹いっぱい食べます。でも、こちらではお通じのない日があったり、あってもあまりすっきりしない感じです。

    ところが、年に1−2回日本へ行くと、両親の家では基本、毎日お昼と夜はご飯を食べます。すると、毎日本当にすっきり出ます。一日に数回トイレに行くこともしばしば。そしてかなりすっきりと痩せます。(こちらの知人には戻って来る度に『日本には食べ物がないのか』とからかわれます)

    長年、色々な物を疑ってきたのですが、どう考えてもお米のようです。お米の種類や水も関係しているような気もするのですが、私なりの結論はお米です。なので、私の中では糖質制限ダイエットはありえません。逆に、痩せたかったら毎食ご飯を食べたら良いと思っています。

    ユーザーID:8946208073

  • 関係あるかもしれません

    もう10年くらい前の話ですが、何かでパスタの原料に使われるデュラムセモリナ粉には整腸作用があると書かれてるのを読みました。

    そのときは「ふーん、そうなんだ」程度だったのですが、その頃に引っ越した友人が「なんか引っ越してから便秘気味なんだ」と言うので上に書いたことを話したところ・・・その友人は「前に居たマンション、1階にパスタの美味しいお店があって週に3〜4回は食べてた!確かに引っ越し以降は全くパスタ食べてない」とのこと。

    そこで友人は「意識的にパスタを頻繁に食べるようにしてみたら、便秘解消したよ」と言ってました。誰もが当て嵌まるかどうかは分かりませんが、こういう例もありました。

    ユーザーID:6157154895

  • このトピに感謝しています

    みなさんのレスを読んでわかりました。

    私は便秘が酷くなって(まぁ色々あり)大腸がんを疑われ、検査検査になりました。

    必要な栄養素を省いちゃいけませんね。

    ユーザーID:1029987435

レス求!トピ一覧