就活でまだ内定がない息子

レス18
(トピ主2
お気に入り82

家族・友人・人間関係

roro

来年卒業見込みの私大文系4年生の息子は今も内定が出ていません。

専攻は英語ですが、100社くらいエントリーして
最終面接までいった会社もあったのですが内定に至らず
とうとう「本当に自分がやりたいことをやる」と言って
専攻と全く関係のない美術系の仕事に就くため
作品を作っています。

一応、こちらが勧める企業も応募はするのですが
面接にいっても志望動機の甘さを突かれているようです。

作品は素人目にはそれなりに見えるのですが
やはり専攻したわけではないので
プロから見ると足りないところがあると思います。

このまま本人の希望通りにさせて見守るべきなのか
毎日胸が詰まる思いです。

同じような立場だった方のお話を伺いたいです。

ユーザーID:9473169267

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ご心配ですね

    息子さんは将来、何をしたくて大学に入るかでなく、大学に入る事だけが目標だったのでしょうね。

    だから卒業してからの展望が無いのに、就職活動してもどこも雇ってくれませんよ。
    面接官は適当な思いで就活してる学生は、すぐに見破ります。

    そして息子さんが今やってることも、現実味が無く行き当たりばったりな感じがします。

    就職活動しながら、アルバイトでもした方が良いですよ。

    ユーザーID:9785991660

  • 参考程度になれば…

    就活が終わった学生です。
    就活の事を心配してくれる親にはとても感謝してるので、見かけて思わずレスしてしまいました。
    内定式等が多い10月までに決まっていると安心しますが、この時期にまだとなると不安ですよね。
    ですが、まだ内定がないというのは決して遅すぎる訳ではない…と思います。
    就活していた私の思いは、親の心配もありがたい。けど思うようにさせてくれたら嬉しい、でした。
    このまま就活できずにニートになるんじゃないかとか、自分(親)が不幸にあったら路頭に迷うんじゃないかとか、心配事は尽きないだろうなと思います。
    ただ、就活って人生の中でこれからのことを左右する大事なことなので、自分で決めさせてほしいです。
    例え満足いかない結果になっても、自分で決めたことだから仕方ないと割り切れます。
    あと、親側から支援して上手くいったとしても、これからもそうだと限りません。困ったら親頼り、の状況になっても困るし、親としも不安なのは分かるのですが、
    ここはむしろ口出ししない方が、子供のためと、息子さんを信頼して見守ってみるのもアリなんじゃないでしょうか。
    この時期、就活もしないで家でゴロゴロしてるのでしたらまた話は別ですが、息子さんはやりたいことがあったり、実際に作品を作ったりして活動的っていうのが凄いですし…。
    私は特にそういうのもなく、ダラダラと就活していたので(笑)

    いままでこういう話を書いてきたんですけど、これは親御さんに向けての意見で、もし息子さんが質問者だったら以下のことをいいます。
    就活してて感じたのは「時期が早い程良い条件がある」「自分がどこの時点で妥協出来るか」なので、ある程度活動する期間を決めるのも手段の一つかなと。
    例えば3か月普段の就活と、美術系の仕事を1:4くらいの配分で探して、ダメだったら後者は諦めるとか。
    参考程度になれば幸いです。

    ユーザーID:4779042398

  • This is the 現実逃避!

    同じような立場の者ではないですが、傍目から見ても、息子さんの態度は、レスタイトルというべきでしょう。

    トピ主さんが一刻も早く息子さんに言い渡さなければいけないのはただ一つ、
    「就職が決まっていようと決まってなかろうと、大学を卒業したら家出てけ。」
    です。

    要するに、「生活費は自分で稼げ。自分で稼ぐ分には何を目指そうとおまえの自由だ!」ということをハッキリと伝えることです。

    そうしないと、就職が決まらないまま大学卒業後も家に居座ることになり、トピ主さんは「ニート引き籠り困ったもんだ」と嘆くことになるでしょう。

    ユーザーID:5589464581

  • すみません

    良いアドバイスなど持っていませんが、「無意識のうちに自分が投稿したのでは?」と思う程、うちの状況と同じなので出てきてしまいました。
    うちは、もう諦めています…
    ただ、とりあえず健康で友達もいて楽しそうにしているだけで良しと…
    思えば小学校受験の失敗に始まり、中学も大学もショボイ…「いつか大逆転」との思いも虚しく、就職もダメダメなんだろうなぁ

    「生きてるだけで丸儲け」
    これが私の座右の銘です。だって結局可愛いでしょう?やりたい事やらせてあげて幸せそうにしていてほしいでしょう?
    尻拭いは必至ですが…

    ユーザーID:4753727358

  • 就活について思うこと

    息子が3人います。彼ら(私も含めて)の就活を見て思うことがあります。大卒者が就職するするということは、彼の専攻分野の延長線上に職種があり、職場があり、会社があるということです。

    具体的に書くと、
    長男:制御工学専攻⇒エンジニア志望⇒設計部門⇒自動車メーカ
    二男:洋画専攻⇒デザイナー志望⇒ブックデザイナー⇒出版社
    三男:数学専攻⇒数理ファイナンス⇒クオンツ⇒銀行
    となります。

    息子さんについて書くと
    英語専攻⇒教育、貿易、翻訳、通訳、etc⇒教師、文書作成、etc⇒学校、商社、航空会社、出版社、銀行etc
    と成るのではないでしょうか。

    大卒者の就社先は彼の専攻分野の知識を活かせる会社です。何処でも良い、何でも良いという訳にはいきません。息子さんの持っている知識を活かす職種、もう一度考えなすことを勧めます。

    他人の土俵で相撲を取るのではなく、自分の土俵で相撲を取る、これが大卒者の醍醐味です。応援しています。

    ユーザーID:4295701335

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • う〜ん、何とも

    息子さんの行動が方向転換なのか現実逃避なのか判断できません。

    美術関係でも可能性は大いにあると思います。
    本人の美的センスや作品の出来よりも、クライアントの意向に
    沿えることの方が遥かに重要ですから。

    クライアントの意向には、作品の出来以外に納期やコストやイメージ理解や
    ユーザー訴求など様々なファクターがあります。

    美術系学生の創る自己満足作品ではなく、そこで勝負できれば勝ち目は
    十分にあると思います。

    合同説明会も単独説明会も、エントリーではなく直接応募の会社も
    探せば幾らでもあります。

    どうぞご自分のパーソナルな売りを見極め、走り続けて下さい。

    ユーザーID:4633479223

  • 就活とは・・・

    進学とは、全く異なります。就活とは男女の恋愛に似ています。進学が知性という記憶力を中心とした単純な知識蓄積の差異の結果であることに反し、就活も婚活も互いの相性や思いの深さ等、感性領域が問われるのです。

    所謂、市井の企業情報やホームページから入手した知識を、感性の活用により自己流に変革して認識し、その理解度と認識度と到達度という相性をベースに、学業経歴や性格や資質を考査されていると、考えた方が良いのだと思います。

    その際に最も重要なものは『受信力」であり、決して『発信力」なのでは無いのです。企業が求める人材像を自己に投影して、アピールすべきであり、自己主張に重点を置き過ぎると、使いにくい人物との印象を与えがちです。

    これと全く相反するのが、アーティストです。作品に必要なものは、自己主張の一点のみです。長年に渡り専門的に修練してきたものでない限り、趣味の領域に留めた方が良いとは思いますが、一度きりの人生です。最終判断は本人次第と成るのかもしれませんね。

    ユーザーID:4288715871

  • やるだけやってみる

    経験者ではないのですが、美術系という部分に反応して出てきました。
    美芸大落ちで、一般大学の美術系学部に進学した子がいます。

    うちの子は、一浪して目指した専攻に合格がもらえなかったので、美大ならどこでも良いわけではない、と言い、一般大学で目指した専攻に近い学科へ進学しました。

    入学して先輩から聞いた話では、4年間作品を作り続ける美大生に、自分たち2年間しか制作しない一般大学生は敵わない、という情報でした。

    予備校時代の友達は、ほとんど美芸大へ進学しましたので、美芸大生の現状も知っており、彼らは制作にいそしむ日々を入学時から続けています。

    その上で、家の子が出した結論は、自分は美大生には無い勉強の部分を磨いて、10年以上培った能力に加えて、勉強で知識を上乗せして闘う人間になろう、ということのようです。
    (美大生になるに足らなかった能力を勉強で補う、ということです。)
    このため、入学時に考えていた専攻と、入学後数ヵ月して進むと決めた専攻が変化しました。

    ご子息のケースで言えば、美術系の仕事の中で、美大生が持っていない能力(英語)を活かす仕事を見つければ、居場所は見つかるかもしれません。

    わが子の一般大学は、美大ではないですが、ポートフォリオ(作品集)を持って就活する学生も多数いる学部です。
    作品集を持って就活する際には、大学が合格者のポートフォリオを持っているか否かが重要ですので、在学の大学に聞いてみられると良いと思います(もちろん本人が)。
    求められるクオリティが理解できます。

    作品持参の就活は、自分の能力を如実に他者と比較される場面が多いと思います。
    美大生は大学入試やコンクール出品で、常にその競争をしています。
    その経験の上で、どうするのか。
    それは本人しか決められないので、まずは、やるだけやってみる!それしか無いでしょう。
    ご健闘をお祈りしております。

    ユーザーID:8144723317

  • 公務員試験に落ちてしまいました

    お願いします。
    レスが付かないので上げさせていただきます。

    もう自分で考えるべき年齢なので、放っておこうと思うのですが
    夫のほうがかまったり、叱ったりしてしまいます。

    一応、大学は有名私立で、英語の検定試験などもかなり高い点数を持っています。
    8月末に公務員試験に落ちて破れかぶれになっているのかもしれません。

    美術専攻ではないので
    例え一見上手そうに見えても
    仕事でやるとなると理論や基礎が重要なので
    会社の面接では相手にされないのではと私は思っています。

    本人の希望が第一だとは思いながら
    美術は趣味にとどめて、堅い仕事についてほしいという気持ちもあります。

    同じようなご経験のある就活生の方、そのご家族の方のお話が聞きたいです。

    お願いします。

    ユーザーID:9473169267

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 企業の試験と公務員試験は違います

    地方私大で学生指導も行っています。

    後だし情報まで拝見しました。

    まず、保護者さんに知っていただきたいのは
    企業の試験(主にSPI)と公務員試験は内容が全く違います。
    詳しくは公務員試験に関するキャリア専門の人の新書を読んで欲しいのですが
    両方目指すと、いくら優秀な学生でも虻蜂取らずになる事が多いです。

    公務員の場合は、浪人する学生もいますので
    今後の進路として
    ・何が何でも今年度中に就職

    ・浪人して猛勉強して公務員を来年再チャレンジ
    かを決断して下さい。
    ただし、私も経験がありますが
    本人が納得していないと結局1年以内に退職してしまう事が多いので
    本人に決めさせてください。
    もし、「どうしても公務員」なら
    下手にバイト等をさせず、公務員試験に専念させて下さい。
    あとは、一般職なら都道府県、大きな都市、中堅都市、町村レベルで試験日が違いますので
    志望とは違う市町村でも、受験できる所は全て受ける事です。

    どこでもいいから民間に就職するのなら
    大学の就職課(最近はキャリアセンター等の名称の場合もある)に本人が出向き
    大学に今来ている企業のうち「これは絶対ない」と思わない企業は
    どんどんチャレンジする事です。
    外の合説等にくる企業は他大学との競争になりますが
    大学内にくる求人は、「その大学の学生」を求めている分採用されやすいです。
    また、就職課も学生の就職率は入試や大学の評価にも関わりますので
    自分からセンターに出向けば、手厚くフォローすると思います。

    あとは、表面の条件とネットの噂に惑わされない事。
    入社時点の条件が良くても、そこから昇給がほとんどされなかったり
    勤務条件が元々ハード(サービス残業代込み)なケースも見聞きしています。
    むしろ、基本給は低くても昇給が確実にあったり
    ワークライフバランスが良い企業もあります。
    良い噂は出回らないと思った方がいいです。

    ユーザーID:5075232596

  • 2回目です。

    「公務員試験に落ちた。しかも8月」とか。ならば地方公務員の採用試験なのでしょうか?国家公務員上級試験(旧国一)は、確か6月実施だったと思うが所以。

    多くの方が否定されるでしょうが、地方公務員試験は、縁故・コネが幅を利かしており、先般にも、首長本人が試験制度を勝手に変え、特定者に下駄を履かせて、その便宜供与に、お金まで取っていた事例が露わになった通りです。

    私の娘も大学進学模試で、過去最大の応募者55万人が、参加した模試のドッキング判定で、全国6位でしたが、某政令指定都市の採用試験に応募し、不自然な事由にて不採用と成りました。

    国家公務員採用試験には、地方公務員試験の様に、情実採用などの余地は無いですから、来年もう一度チャレンジされては如何かと思います。確か26歳まで応募資格が有る筈です。娘の一つ上の次男は勉強嫌いな性格ですが、国家公務員上級試験に合格し、キャリア官僚として奉職しています。

    ユーザーID:4288715871

  • レスありがとうございます。


    親身にアドバイスくださりありがとうございます。

    nyanyaさん
    おっしゃることは当たっていると思います。
    今振り返ってみれば、本人は深く考えずに大学の学部を選択したようです。

    joccさん
    就活が終わったばかりで、学生と親御さんの両方の見方を書いてくださり
    とても参考になりました。
    とてもしっかりした考えをお持ちですね。
    うちの子も今回のことを機に、いろいろ深く考えるようになってほしいです。

    眠り小僧アホ吉さん
    わたしも同じ危機感を抱いています。
    本人には卒業後の援助はないことは伝えてあります。

    せぶぞうさん
    「うちの状況と同じなので出てきてしまいました」と言っていただいて
    驚きました。
    息子ではありませんが、就職をめぐりいろいろなニュースがあったり
    身近な人の話でも悲しい出来事があったので
    「生きてるだけで丸儲け」という言葉を忘れずに行きたいと思います。

    間もなく古希さん
    応援してくださるとのお言葉、ありがとうございます。
    今すぐでなくても、いつか専攻が生きることもあることを願っています。

    ぽんしゅうさん
    「クライアントの意向に
    沿えることの方が遥かに重要」
    おっしゃる通りです。好きと仕事は違うので
    要望に沿う技術と
    コミュニケーション力が必要だと言い聞かせているのですが
    本人の耳には入っても心まで届いてないかもしれません。

    恋次郎さん
    分かりやすい例えをありがとうございます。
    本人に伝えます。

    oymさん
    息子さんの経験を教えてくださってありがとうございます。
    考えが深い息子さんですね。
    現在、ポートフォリオ作成中ですが、どれだけ見てもらえるか不安です

    ユーザーID:9473169267

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • つては

    工学系の場合,先生のつてで12月,遅い人で2月くらいに決まる人もいます。
    私のところでは,今年は3人,先生のつてで決まりました。
    英語ということなのでよくわからないのですが,先生のつてというのはないのでしょうか?

    ユーザーID:0466949761

  • 典型的なモラトリアムですね

    「社会に乗り出す」心構えが出来ていないのでしょう。

    「何をしてもかまわんが、卒業したら家を出なさい。家に住むなら相場通りの家賃と食費を徴収する。」と通告しては?

    ユーザーID:3220108454

  • うちの子は卒業式10日前にやっと内定でました

    タイトルの通りです。
    10月の内定式どころか年越ししても決まらず、親も大変でした。
    でも今は意外と通年採用ありますし、就職決まるとどうしても気が緩んじゃうから、今にして思えばこれで良かったのかも…。
    トピ主様、焦らず諦めず続けて行けば、きっと自分にあった就職先決まりますよ。

    ユーザーID:2977900914

  • 見守ってあげて欲しいです。

    私も就職活動では大変苦労し、百社以上エントリーしても片っ端から落ちました。
    お子さんはボロボロ・ズタズタになっているはずです。
    それでも何とかしようと頑張っているわけで。

    美術方面でも良いじゃないですか?
    本人が挑戦しようと、自分の可能性をかけてみようと思っているんだから。
    ダメならダメで、また他の道を探すと思いますよ。

    自分の将来なんてどうでもイイや〜というアンポンタンなら、数社程度しかエントリーしませんって。
    公務員試験も受けませんって。
    お子さん、それなりに真面目だから「アレがダメならコレだ」と挑戦しているんです。
    そういうタイプの子供に、卒業したら家を出ろ!とか変なプレッシャーを与えるのは、子供を追い詰めるだけだと思います。
    心配なのは痛いほどわかるけれど、じっと見守るに徹してあげて欲しいと心から思います。

    ちなみに私、大学4年時の就職活動は全敗。
    でも卒業間際に、新聞の求人募集欄で見つけた会社に応募して直ぐ採用され、4月からスムーズに働き始めることが出来ました。
    同じタイミングでハローワーク経由で面接に行った会社や、これまた新聞の折込広告と一緒に入っている求人募集の広告で応募した会社からも、採用の通知を頂けました。
    だから、世の中わからないものですよ?

    ユーザーID:1122190462

  • 親が口出しして良い時って、ありますね

    進学、就職、結婚。

    こういった場面では、我が子を最も長く近くで観ている親が、大いに口出しをしてもよいのではないかと友人知人の例を見てきて、思うようになりました。

    大学を出たばかりのお子さんですものね。まだまだ未熟です。

    ところで、間もなく古希さんのレスに深く頷いております。

    やはり専攻の延長線。そう遠く離れず天職はあるように思います。

    英語を主軸に、美術が絡むような企業をトピ主さんが探してみてもよいのではないでしょうか。

    海外展開を開始して間もない上場企業では、今なお英語ができる人材を求めています。

    これまでは英語とはちょっとかけ離れていた建設関係なども今では商社並みに英語ができる人材を求めており、多くの駐在員を世界中に送り出しています。

    公文なども海外展開がすさまじい勢いで伸びています。

    サザビーなどで美術品の買い付けをする企業、海外の美術関連書籍出版社なども英語ができる人材を求めています。

    トピ主さんがそういった会社を見つけて、息子さんに勧めても良いのではないでしょうか。

    今は大切な時期ですから、こういう時こそ親が口出ししましょう、と思います。

    甘やかしたくない、親は出しゃばらない方がよい、子供を信じて任せると言っていた方のお子さんがフリーターになってしまい、その後鬱状態で引きこもってしまった例を数件知っています。

    親の口出しをうるさい、自由にさせてと言い張れるお子さんは、きっと自力でなんとかするのでしょうが、自棄になったり意気消沈してしまうお子さんに対しては、今こそ親が陰で動いてよいと思います。

    上記の例を見て以来、ESの見本を親が作って子に教えてもよいとさえ思うようになりました。
    親バカ、今ならOK、今だからOKです。

    心から応援しています。息子さん、トピ主さん、今が正念場、動いて!

    ユーザーID:6069240542

  • なんと!レスを送信したあとに一年前のトピだと気づきました

    お恥ずかしい。

    失礼いたしました。

    トピ主さん、その後いかがでしょうか。

    息子さんとトピ主さんご夫婦が、幸せに暮らしていらっしゃることを心から祈ります。

    ユーザーID:6069240542

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧