入塾に際してのに習い事の整理

レス12
(トピ主2
お気に入り45

妊娠・出産・育児

小3の母

小3の娘がいます。中学受験を考えており、新四年で入室予定です。
入室に向けて現在習い事をどうしたものかと考え中です。
公文算(1年4月より開始G前半)国(2年2月より開始E1後半)。
ピアノ(1年1月より開始・バイエル下巻がまだ終わらない)
スイミング(3年より開始、現在平泳ぎ)の、平日週4日の習い事です。
公文国語は入塾までにG1まで終わらせて終了する予定で先生と話しています。
算数に関しては4年年末で終了予定で、Iまで行けたらいいな、少なくともHは終わりたい。
公文算数は入塾後も算数のみは続ける予定です。
問題はスイミングとピアノ。
スイミングは体力をつける事と、リフレッシュのために通っています。
四泳法は泳げなくとも平泳ぎまで完了していればいいと思っています。
毎週通うのではなく、4年次からは短期講習のみでいいと考えています。
ピアノは続けて欲しいのですが、練習も言わなければやらず、あまり好きではない様子ですが、嫌いではない感じです。
娘は整頓するならばピアノで(4年6月の発表会まで)、スイミングは続けたいと話しています。
ただ、スイミングは塾と曜日が被るので別の教室へ変更となります。
塾の宿題、学校の宿題、公文の宿題となるので、ピアノの練習もとなると大変な気もします。
ピアノがリフレッシュとなっていないので猶更です。
ただ、ミッション系の女子校希望なので、賛美歌などのことを考えると、中学の楽典は公立より難しいということは知っている分、続けさせたい気もします。
現段階、国語の読解が(受験レベルでは)弱い、算数の文章題と図形問題が手つかず…。
入塾テストに向けて少しずつ準備をしたいとも現段階でも考えています。
家庭次第、子供次第とは重々承知しておりますが、皆さんならどうするかな?と話しを聞かせていただきたく、投稿してみました。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:6996001958

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 辞めるなら公文

    中学受験するなら上位になればなるほど、公文は関係ありませんよ。

    お母様が有職か、子沢山などで手が回らないなら、
    学習習慣をつけるためにやってもいいと思います。
    専業主婦なら、時間とお金が勿体ないです。

    スイミングとピアノ、お子様の好きな方を残したらいいと思いますよ。

    4年はまだ余裕があるので、二つやってもいいのですが、
    嫌なことを強制されるのは、お嬢様が可哀想です。

    ユーザーID:4912049838

  • そうですねえ

    ピアノは今月で辞めさせます。

    人には向き不向きがありますからね。

    ピアノは芸術系、スイミングは体育会系ですよ。

    文武両道は理想ですが、誰もが両立できるものじゃありません。

    見切りを付けましょう。

    これは子育てに必須な線引きですよ。

    いろいろ経験させるのは大切ですが、出来ることと出来ないことがありますから。

    ところで、賛美歌の楽典がどうこうおっしゃるのは、伴奏させるのが前提の発想ですよね。

    ピアノを習っている子供が世の中に何人いると思っているのでしょうか?

    娘さんより上手で、熱心で、資質のある生徒なんてゴロゴロいますよ。

    放っておいたらサボるような子は、弾いているんじゃなくて音を出しているだけなんです。

    譜読みだって、世界観を理解するのではなく、オタマジャクシを追う程度でしょう。

    魂の込もった曲を奏でてこそ、神への賛美なのではありませんか?

    失礼ながら、娘さんには難しいと思います

    あきらめない、忍耐、努力、などを身に付けさせたのでしょうが、これらは好きなものに打ち込んでこそ湧いてくるものではありませんか?

    幸い、娘さんはスイミングを続けたいと意志表示しています。

    教室が変わってでも泳ぎたいという熱意があるんです。

    芽吹きの兆しだと思いますよ。

    スイミングを頑張ることを通して、受験に取り組む力が身に付くのではないでしょうか。

    ユーザーID:6403992567

  • ピアノをやめる

    本人に一番やる気がなくて、入塾後は練習時間も取れなそうなので
    ピアノを整理します。

    辞めたら一気に譜面が読めず手も動かなくなる、というわけでもないので、
    希望の中学に入学後に、本人が希望したら再開すれば?

    ユーザーID:2387575160

  • 受験勉強は楽しい

    塾に行くのに公文は不要です。
    特に公文の上の学年になると方程式が出てきませんか?算数ではかなり混乱します。
    練習する気が無いピアノはやめていいと思います。楽典など・・・知れてます。
    スイミングはやっていいと思います。体を動かすのも「脳」ですからね。
    特に考える系の分野と体を動かす系の分野を同時期に交互に使うのはとても良いと思います。

    まだ入塾までに時間がありますね。
    今のうちに土日に自然博物館や科学博物館でのキッズイベントをどんどん楽しんでおくといいですよ。
    あまり学習学習していない、のびのびとできる工作教室もいいと思います。
    図形を紙の上で解く努力をしてももともと実体験が少ない子は伸びません。
    一緒に走ったりボール投げたり、そういう公園遊びも大事です。
    算数の問題はそういう実体験を数値にして考えさせる問題が多い。

    どうぞ、親子で楽しんで準備してくださいね。

    ユーザーID:4940458495

  • お疲れ様です

    中学受験経験者ではないですし、自分の子供も中学受験しない予定なので、すみませんが・・・
    娘さんには音楽の習い事は向いてない気がします。
    中学での讃美歌の楽典が気になるって・・・独特かもしれないけど、そんなに難しくないと思いますよ。
    私はコモド時代から16年くらい合唱をした経験(民謡系、ミサ系、日本の合唱曲系などなど)からいいますと、たぶん慣れればどんな分野でもどうってことないです。
    好きかどうかは重要ですが。嫌な気持ちの方が問題です。
    それだけがどうしても言いたくて。

    受験塾では、高学年になると毎日通うと聞きます。
    好きなスイミングも数を少なくして、4年生のうちは少し余裕を持たせてあげてほしいな〜、と思いました。
    お母さまの立場で色々と気をもむのも、知人などから聞いていて知っています(受験の多い地域です)。
    ゆったりした気分が一番ですよ〜。

    ユーザーID:3488407984

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • お子様、頑張り屋さんですね

    私ならば
    ピアノとスイミングを週に一回
    公文は辞めます

    我が子は
    公文には行ったことがないです
    学力は劣りません

    ユーザーID:8724346850

  • 子供自身の意見が弱い印象

    同じ歳の娘がいます。
    性格は人それぞれなのはわかっていますが。
    なんだか、お母さんが全部決めてかかっていて、娘さんが自分の意見を言えているのか、自分の意見を持てているのか心配になります。

    娘は小学受験で落ちているので中受で受かりたい気持ちは、本人が強く持っています。
    夏期講習後、入塾許可出てから、塾スケジュールの曜日と6年生までにどのくらい忙しくなって行くかの表と、習い事の曜日の表を作って見せました。
    塾は4年生か5年生開始でもいいと思っていたので、4年生開始と5年生開始パターンで。
    娘の中で習い事順位はすでにはっきり決まっていました。
    塾というか勉強は、習い事より何より一番やめられないものだということもわかっていました。
    好きで一番やりたいのはバレエ。ピアノはやめてもいい。
    スイミングは好きじゃないけど親と約束した級まではやるんだよね?
    バレエは、中受受験生しながら、通ってきていたお姉さんたちを見て、あのお姉さんみたいにがんばりたい、と言ってる。
    大きな発表会があるのが5年生だから、4年生のうちに勉強がんばっておいて5年生でもしっかりバレエやりたい、と。
    さすがに6年生になったら減らすけど、お姉さんたちも週1は通ってきてたから週1はやりたい。
    ここまで自分の意思があります。

    まずは娘さんが一番やめたくないのがスイミングなら
    それを尊重してあげては?
    短期だけなんてリフレッシュにならないでしょう。
    うちなら、公文もピアノもやめさせてスイミング週2と塾にするかも。
    公文はやってないのでやめるのが得策かわからないけど、塾の宿題と予習復習のボリュームってすごいです。

    ちなみに、現在週3バレエ、週1ピアノ、週1スイミング、通信教育。
    冬休みから週1塾、週4バレエ、通信教育はやめる予定になりました。

    好きなことに没頭する力は、受験を乗り切る力になると私と夫は考えてます。

    ユーザーID:7506263194

  • 読解力について

    具体的かつ有用なレスがすでについているので、私は読解力について書きますね。

    読解力の基本となるのは語彙です。語彙を増やすには、読書が一番です。
    公文でも読書が推奨されていますよね。もし、プリントの進度に比べ
    読む本のレベルが低いと思われるのであれば、プリントの数を減らしてもらって
    読書に時間をさくことをおすすめします。一緒に図書館に行き、物語だけでは
    なく、科学もの、歴史ものなど、いろいろな本を借りてくるといいと思います。

    また、物語文で、複雑な心情を理解するのには、自分の実体験が土台になります。
    いろんな人と関わり、多様な経験、感情を経験することが必要です。
    低学年のときから、習い事と塾の課題に追われている子は、この辺が致命的に
    弱いことがあります。トピ主さんのお子さんはいかがですか。

    読解力は、プリントだけ、塾だけではつきません。
    言わずもがなですが、親子の対話も大事です。
    高学年になると、どうしても塾の課題に追われて慌ただしくなるので、今のうちに
    たくさん本を読み、友達と遊び、親や他の大人とゆっくり話す機会を作って
    確かな土台を作ってあげてほしいなと思います。 
    そのために、私なら、やる気がないピアノはやめさせ、公文のプリントは
    減らします。入塾を機に、スイミングのみに絞ります。
    いろいろな考え方があるとは思いますが、ご参考までに。

    ユーザーID:6895153990

  • どうして中学受験をさせたいか

    木を見て森を見ず、というか行き当たりばったりというか…

    辛口だけど本音で言いますが、中学受験を目指すには親子して厳しい気がします。

    現状の習い事は確かに中学受験志望者も習っているものが多いものです。
    でもそういった方々の家庭とは何か違う印象を抱くのです。

    入塾テストに向けた準備って何?
    単なるスケジュール調整の話であればスイミングを3年から始めたのは何故か?
    現時点で塾の曜日が分かっていたなら曜日がバッティングするところに通わせない。
    準備が入塾してついていけるような学力という話であるならば、
    入塾=合格でないのだから、その合格を掴むための手段である塾に入るための
    準備や努力をするような子が良い成績を残せるとも思えません。

    更に言えば、現時点でスイミングの目的にリフレッシュが入っているということ。
    つまり現状ですら子供に負荷がかかりストレスがかかっている。

    これって中学受験を目指そうという段階になっているとも思えません。
    何か中学受験をします、合格させたいならこういう形で習い事と両立させたいですって
    形態ばかりを整えてそれで満足している気がします。

    受験や志望校に対するお子様の気持ちや意識も感じませんし、
    形だけ整えるのであればお子様本人の希望を含めて単純に整理するしかない。
    でも受験させる親としての役目が果たせるかと言えば正直頼りない気がします。

    入塾までの間で習い事の整理も必要だろうが、
    親として子供と受験に向かう姿勢や意識などの面でトピ主さんが成長しないと…
    そうでないと今回の相談のように場当たり的にどうしようを繰り返し、
    自分で判断をすることが出来ない状況を何回も繰り返すだけになりそう。
    そうなってしまうと子供が親に振り回されてしまうばかりにも成りかねません。

    ユーザーID:8821508270

  • スイミングだけ残す

    スイミングだけ残してあとはやめる。

    理由は娘さんが整理するならピアノでスイミングは続けたいと言っていること。

    塾に行くなら公文はいらないでしょう。

    もし公文とピアノをやめて、
    塾に通っても時間に余裕があるなら、
    青い鳥文庫でもよいので本を読ませましょう。

    青い鳥文庫よりもう少し難しい本でもいけそうなら、
    重松清とか、あさのあつことか、森絵都とか、斉藤孝など。

    ユーザーID:7002260024

  • トピ主です1

    皆様、いろいろなご意見ありがとうございます。
    娘や主人とも話し合い、ピアノを辞めることに致しました。
    希望校は私の母校なのですが、英語と音楽に力を入れており、私自身ピアノを小4の途中で辞め、中学進学後の楽典の難しさに打ちひしがれた記憶があり、娘の時こそは…と思っておりました。
    普通科しかない学校なのですが、音楽に強く音大に進学される生徒さんも多く、総じて楽典は公立レベルではないのです。
    授業ではバイオリンやトランペットの実技はもちろん、楽典も賛美歌の3曲を丸ごと暗記してさらに変調した楽譜を書かねばなりません。
    7年ピアノを習っていた私でも本当に大変だったのです。
    ただ、私の母校に行かせたいと思っているのは私だけで、娘自身まだ志望校は決めていないので、あまり先々の事を考えすぎてもいけないと思いました。
    スイミングは学校での進級テストに合格したいという本人たっての希望で始めました。
    学校では教えもらう機会が少なく、やはりスクールに通っている子と通っていない子の差が明らかなのです。
    また、2年末で体操教室を退会(教室の移転により通えなくなりました)となり、体を動かす習い事を続けたかったというのもあります。
    体を動かすと頭も心もすっきりするので、そういう意味でのリフレッシュと書きました。
    下の子もおりますので、自分だけの時間でいっぱい体を動かすのがいいみたいです。
    公文に関しては本人の希望で始めており、塾との両立ができるかわからないけど頑張りたいと今は話しています。
    先生との相性が良いようで、たくさんほめてもらえるというのが良いようですし、進度もそこそこなのが自信にもつながっているようです。
    塾もどこにするか決めていなかったのですが、最近になり子供が通いたいという塾が見つかったので、先々見据えての習い事整理の予定を組み始めた次第です。

    ユーザーID:6996001958

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • トピ主です2

    娘自身もせっかく勉強していても復習時間がなかなか取れず、友達の遊ぶ時間を完全になくしてしまうのも辛いと話していました。
    娘もピアノをやめることに決めて、ほっとした表情をしていたので、随分と無理をさせていたのだな、と思いました。
    読書に関しては、比較的よく読書をする子で、あさのあつこ、森絵都、斉藤孝辺りはまさに今読んでいます。
    科学的、歴史的な文章はあまり自発的に読まないので、公文の国語で強制的に読む状況を作っている最中です。
    公文に関しては、やはり連立方程式まではやらせておきたいので、そこまでは頑張る予定です。
    私も主人も公文経験者で、小3までに微分積分までいったクチですが、娘はそういったタイプではないので、今思えばスタートが遅かったのかな、と思います。
    あと、習い事に関しては、一つのものを長く続けるというよりは、いろんなものを少しずつ経験させるというスタンスで、娘が気に入ったものがあれば継続、という考えです。
    スイミングもその位置づけで、学校で進級テストに合格したいと娘から話があったので、開始した次第です。もともと年末までの約束でしたが、続けたいというのでスクールを再度探したいと思います。
    受験に関しては、夫婦ともに受験経験者なので、娘自身も当然受験させるつもりでしたし、娘自身もその考えです。ただ、まだ3年生で考えも幼いので、受験の大変さを理解していない部分もありますが、勉強を頑張って自分で選んだ学校へ行きたいと考えているの確かです。
    夫婦ともに短期決戦集中力型で受験を乗り越えましたが、娘はコツコツ努力型とタイプが違うので、自分たちの子供時代の経験則が当てはめられないというのもわかっているので、いろいろと親子であがいてみたいと思います。
    いろいろなご意見いただきありがとうございす。
    これでトピを閉じさせていただきたいと思います。

    ユーザーID:6996001958

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧