旅の思い出

レス6
(トピ主1
お気に入り34

生活・身近な話題

スミレ

もう何年も前、
スイスの登山列車に乗った時のことです。
私たち夫婦の隣に、イギリス人のおばあさん(80近いと思われる)と、その孫のお嬢さん(20代前半)が乗っていました。
おばあさんは、年季の入った登山靴からもベテラン登山者だとわかりました。
耳に入ってくる会話から、お孫さんも山登りが大好きなようでした。

鼻筋の通ったおばあさんと美しいお孫さんが、
中からキャラメルがたらりとなったスナック菓子を
「あらあら」と言いながら微笑み合っている光景は、とても微笑ましかったです。

列車が到着し、私たちが降りた直後、後ろで悲鳴がしました。
乗降口でおばあさんが転倒し、顔面をどこかに打ち付けたようです。
鼻の頭から血が噴き出していました。
主人はすぐに持っていた絆創膏を手渡しました。
おばあさんは「情けない。登山前に情けない」とぽろぽろ涙を流してその場にうずくまりました。

お孫さんの冷静な対応を、私は今でも覚えています。
「おばあちゃん、大丈夫よ。私がついているから。
山登りがだめになったって平気よ。
おばあちゃんといられるだけでも嬉しいの。
これから病院へ行きましょう。
片時も離れないわ。手を握っているから。
痛いでしょう。でも、これくらいで済んでよかったわ!
私がついているからね。大丈夫よ、おばあちゃん」
近くにいた私さえ、心が落ち着くような介助でした。

次の日の夕方、偶然にも、その二人と山道ですれ違ったのです。
顔の中心に大きな白いガーゼを貼ったおばあさんとお孫さんは、
顔を輝かせてハグしてくれたのですが、

けっこうハードな山なのに、
あれだけの怪我をしても歩けちゃうんだ。
お孫さんと一緒だと、怪我なんか吹っ飛んじゃうんだ。
二人とも悲劇なんかなかったみたいに笑顔になれるんだ。
そんなことが胸を押し寄せてきて、私ひとり大泣きしまいました。
二人とも幸せでいてほしいです。

ユーザーID:7514128299

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いいおはなしてすね


     なんだかほのぼのします。

     旅先の 心の交流伝えける 投稿の君にも 幸願い居る

    ユーザーID:1431876741

  • 仕方がない

    あるデパートでは、ベビーカー車椅子のエレベーターに一般人は乗せません。エレベーターガールがすごい口調で拒否します。
    でも、一般エレベーターには車椅子やベビーカーは乗れます。
    私はベビーカー車椅子専用エレベーターには乗りませんが、一般エレベーターにそういった人達が乗ろうとしても譲りません。専用エレベーターを使えと思っているからです。
    トピ主さんが見た息子さんは、譲ってくれと言えば良かったんです。今の日本で、善意は期待できませんから。

    ユーザーID:7523985445

  • 素敵なお話ですね

    素敵なお話ですね。

    読んでいて心がホッとしました。
    何より娘さんの落ち着いた対応、
    本当にすごいと思います。

    私だったら完璧にパニックになって
    ちゃんとした対応はできなかっただろうと
    読みながら感心しました。

    素敵なおばあちゃんと娘さんの関係ですね。

    私も大好きなおばあちゃんがいるのですが
    こんな素敵な2人になりたいです。

    ユーザーID:4503226155

  • ユングフラウヨッホ

    私も、スイスはユングフラヨッホでの思い出。

    1991年から3年間、イギリスに家族とともに海外赴任していました。

    2年目の1992年の夏休みに、スイスのグリンデルワルドに出かけ、ユングフラウヨッホに登山しました。(登山、とは言っても登山電車で、ですが。)
    山頂で、日本から来られたお年寄りの男性(70歳代?)の方にお会いしました。
    私は家族での旅行で、子供(6歳と3歳)も一緒でした。

    私が日本からイギリスに海外赴任している、とお話ししたところ、
    何と、ウルトラマンのミニチュア人形を私の子供にプレゼントして下さいました。

    その方のお孫さん用のものだったのではないか、と思いましたが、日本を遠く離れた異国の地で生活している私の子供のために、わざわざ、譲って頂いたのかなぁ
    、と有り難く頂戴しました。

    異国の地で、同胞の絆(みたいなもの)を感じた一コマでした。

    その方、どうされているのか、もう、亡くなられてしまったのかなぁ・・・。
    幸せな晩年を過ごされたのであれば良いのに、と、今でも、時折思い出します。

    ユーザーID:8291913992

  • なんていい話

    目の奥がジーンとしました。

    おばあさんのガッカリにも、
    お孫さんの温かい言葉にも、
    そして翌日の光景にも
    すべてに涙です。

    愛のちからってすごいですね。

    ユーザーID:2609959906

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • ありがとうございます。

    ミルク推奨さん
    なみだうさぎさん
    ウルトラマンさん
    コトリさん

    あたたかいレスをありがとうございました。
    何年振りかで”スニッカーズ“というお菓子を食べました。
    キャラメルがはみ出て、顎のところまで伸びてぶらぶらしたんですね。
    それで思い出しました。
    そうだった!あの光景もそうだった!と。
    もう何年も前の旅先でのひとコマなんですが、
    人として魅力的なおばあさんとお嬢さんでしたので、とても心に残っています。

    共感していただけてうれしいです。
    思い出も分けていただけてうれしいです。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:7514128299

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧