言語が変わると性格も変わる?

レス20
(トピ主1
お気に入り82

趣味・教育・教養

ささら

こんにちは。大学院生、20代の女です。

私は今大学院で、毎日外国人留学生と英語で話しています。
最近ようやく、日常会話であれば支障なく意思疎通ができるくらいになりました。

でも、いまだに英語を話しているときの自分には、なんだか違和感を覚えます。
違う性格になっているような…。

ちなみに、私が考えた原因は2つです。

1つは、私の英語のレベルの低さによるもの。
日本語から英語に訳してから話すのはだいぶ少なくなりましたが、それでも、頭で考えてから話すときがあります。
例えば、「Heだからdoesだ」と考えたり、関係代名詞を使う場合に一旦頭の中で文章を組み立ててから話したり。
これによって、日本語で話すときは感情や感覚など右脳も使っているのに、英語だと左脳に偏っているというか…。
感覚的ですが、そんな気がします。
英語で話すことに集中しすぎて、何か大事なものを忘れているような。
例えば、日本語で日本人と話すときは、その人の雰囲気を感じとったり、その人の非言語的な部分の観察を無意識のうちにしたりしますが、英語で話すときはそういった部分に意識がいっていないような気がします。


もう1つは、純粋に言語の違いによるもの。
たとえば、
 ・英語は主語をはっきりさせる
 ・リアクションなどの言葉が違う
  (例 wow,oh,uh-huh,yeah...)
 ・日本語に直訳しづらい英語らしい表現がある…など。

書いてて思いましたが、まだ、英語を自分のものにできていない、ということなのでしょうかね…。

これらについて、どう思われるか、ご意見を聞きたいです。


余談ですが、私は外国人の彼氏ができて、英語で会話をしているのですが、もし自分がもっと英語が流暢になったら、自分の性格や、彼に対する印象が変わってしまうのではないか?とひそかに心配しています。

ユーザーID:5811804378

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 原語文化の違いが性格を変える!

    人間、どこの国の人だって思ことや感じ方は同じだと思いますが、特に米英語に関しては話す文化、態度が日本語を話すのとまるで違います。

    日本語だとお互い言葉に出さなくても理解するという思いやりがありますが、英語だと言葉にしなければ何を考えてるのか分らないという文化であって、とにかく自分の意見を率直に述べないと誤解されたり、人間関係がうまく行きません。

    そういう意味で英語で話すと、言いたい事は言えて、個人の気持ちもすっきりして性格がまるでおおらかになります。日本人が思う「アメリカ人は底抜けに明るい」というのは事実です。自分が鬱だとか暗い感じだと日本では或る程度受けいられて心配されたり、ごく普通ですが、アメリカだと嫌な顔されたり、過大に受けられて大騒ぎになります。

    これは決して悩み事が無いという訳ではありませんが、喋る事で、あまり気にならないということでしょう。友達なんかで、アメリカに住んで性格がリセットされたという事は普通に経験されてるでしょう?

    だんだん英語が自由に話せるようになるとだんだん自分が明るくなって、人生が楽しくなるはずです。それに向かって精一杯努力する理由がありますね。頑張って!

    ユーザーID:2818341982

  • 心配ない

    そんな心配しなくていいです。使い分ければいいし日本語と多言語のバイリンガルなんてみんな多かれ少なかれそんな感じですよ。
    かく言う私もそう。日本人の友達としゃべる時とアメリカ人の友達としゃべる時では人格も変わるスイッチが完全に入ります。そのほうが自然だからです。
    これが自分自身なのでこういうものだと思っている。

    日本語と同じ感覚では英語はしゃべれません。スムースにという意味でね。
    ただ意思疎通をするだけなら構いませんけども。
    外国人のしゃべる英語をキープしたいのならば話は別ということ。

    テニスの錦織選手などもまるで人格が違う感じでしょ。
    普通です。
    最後に「彼への思いが変わるのでは」というのは未知数ですけどね。
    そういうのはなるようにしかならないと思うし。そんな先のことを考えず、とにかくしゃべって自分の変化も楽しむくらいになって下さい。頑張ってね。

    ユーザーID:6985815642

  • そう思った時期もありました

    欧州の非英語国に長く住んでいます。日本にいる頃から英語の仕事が多く,この国でも仕事では主に英語,生活では現地語を使ってきました。

    以前は使う言語によって自分の性格が変わると感じていましたが,3言語を使う生活が長く続いたせいか,今ではどの言語を話しても自分は自分と感じるようになりました。もちろん言語によって言葉を組み立てる際に気をつける部分は違うし話し方も変わると思いますが,性格とは別のことだと思います。

    しかし言語により性格が変わると言う人もいるので,個人差はあると思います。

    ユーザーID:0326401399

  • 英語圏在住です。

    変わりません。私は私です(笑)

    日本語でも英語でもボケますが、英語だと夫が英語でツッコんでくれるので楽ですが、日本語だと誰もツッコんでくれないので、自分でツッコミもやらなければいけないという違いはあります(関東出身です)。

    また私は理系で理論的なので、日本語でもキッパリ言うタイプです(笑)だから変わらないのかもしれません…

    実際、人格が変わるという人もいます。

    ユーザーID:3709287139

  • 私の経験では

    会話相手と私が 例えば 外国語としてスペイン語を共通語として使う場合と スペイン語圏の人とスペイン語でコミュニケーションをとる場合で 違いを感じます。
    私のスペイン語力は同じなのに 私は前者と喋る時の方が自分を伝えられる様に思います。相手の語学力は圧倒的に後者が上なのに おかしい様ですが そう感じますし 実際そうです。
    相手の母国語で喋る場合 コッチが相手の土俵と 相手の了解に合わせようとするからか 相手が 自分の土俵であるばかりに 既定の語彙語感から臨機応変に離れられず コミュニケーションが硬直しがちなためか 文法の間違いや単語の微妙な選択ミスに 相互理解が左右されがちなのは 後者ように感じます。

    日本語でだって 適度にシニカルに コミカルに あらま欲しけれ距離感で 自分のキャラクターを装飾伝達出来るのはやっぱり相手も同等程度の国語力があって しかも ある程度生活の質が同じで年齢も上にも下にも離れすぎず。。が理想かと(例えば 超お金持ちの生活圏の8歳児 若しくは超売れっ子アイドルとのコミュニケーションでどこまで 違和感なく自分で居られるかは疑問に思います。そして それが相手の生活圏が舞台か私の生活圏が舞台かにも影響されるでしょう)
    要は 影響するのは語学力よりも 共通点を見つけようとする奢る事なき相互の好奇心と伝えたいという熱意かと思うので 恋愛関係においては 語学力は(ある程度出来れば)さして問題はないかもしれません。が。 そういった超個人的な相互理解に 元来 水を差しがちな 世間の目や周りの評価や文化的価値判断が (相手と生活文化圏が違う場合 )スッポリ抜け落ちてしまう可能性は否めません。それが吉とですか凶と出るかは 超個人的な価値判断にどれだけ自己責任で自信が持てるかによるのでは?(お互いに自信家ほど上手くいくかと思います。)

    ユーザーID:7574395985

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 言葉は洋服と同じ

    ”言葉は洋服と同じ”という文章を読んだことがあります。わたしも、アメリカに住んでいますが、日本語と英語をしゃべるときで人格が違うようにかんじます。やはり英語にはあいまいな婉曲表現が少ないのと、自分に英語力がないのとで、はっきり話すことが多くなり、手振り身振りも入ります。その言語にあった、振る舞いがついてくるのは、ある程度あると思います。

    でも、恋人同志などの場合は、非言語的なコミュニケーションが大きくなるので、そこまで心配することはないと思います。言葉の習熟とともに、お互いの理解が深まるのではないですか? 

    ユーザーID:7851627740

  • 私自身は変わっていると思います

    私の場合は、関西弁、標準語、英会話(中級程度)、
    イタリア語(独学初心者)と使い分けたり、勉強したりしていますが、
    自分の中では関西弁と英語のときは結構単純で、外交的になります。
    標準語では、わりとおとなしいです。

    イタリア語はまだ実践レベルではないのですが、たとえば語学教材を
    聞くときに、英語の教材を聞くときと利き耳が違うので、
    もし話せるようになったら、標準語の性格になるのでは…と思っています。
    親戚に外国人がいるので、母国語(笑)の関西弁と英語が
    脳の近い場所になって、遅くから使い始めた標準語とイタリア語が
    また別の場所を使っているのかな?となんとなく思っています。

    でも、多少性格が変わったとしても、
    好みそのものが変わったり
    善悪の基準が変わったりするわけではないし、
    嫌われるのを心配するほどじゃないと思いますよ。
    自分自身のことなので、違いを感じるけど、
    他人からみたら、大して違ってないかもしれませんしね。

    ユーザーID:1444308528

  • 性格といいますか

    こんにちは。日本語が母語、英語とスペイン語を話します(前者は流暢、後者はなんとか、、かな。帰国子女ではありません)

    言葉は、文化を受け継いでいますよね。例えば日本語だと語尾あいまい、さっしてもらいたい、断言はさける、云々。
    英語は結論が最初にありき、Yes,Noをはっきり。自分の言いたいことは主張する。
    スペイン語はこれも面白くて、一番笑えるのが例えば”皿が落ちて割れた”のスペイン語の直訳は、”皿が私からおちていった”です。責任はどこよ??(笑)

    で、私も英語は流暢とはいえ、たとえばパーティーで知らない方に話しかけるのはとても気が重いですし、自分の意見を主張するのも苦手です。言語的にそういう仕組みなので、仕方なくやってる感じはある。スペイン語でも、言語だけでなく”とてもついていけない”と思うこともあります。
    言葉は言葉として、自分の性格は変わらないんだと思います。

    ただですね、あるとき私の英語を聞いていた会社の方から、”英語のほうが話が分かりやすくてまともな考えを持っている人に思える”と言われたことはありました。。。それって、、どういう?

    ユーザーID:3645678134

  • ぎゃくですが 

    外国人さんで日本語話す方、印象が変わりますよね。同じかなと思います。

    ユーザーID:3910592358

  • 眼差しの違い

    英語の一人称は「私」です。そして、その私「が」、相手に対する眼差しに終始するような流れが出来てしまいます。しかし、日本語での一人称は多々あり、相手との関係を明らかにして、決められるものです。そこから、自分というものを見つめる眼差しが生まれるのです。英語にはそれが無いのです。

    ユーザーID:0300753907

  • わかります!

    私は英語とインドネシア語、2ヶ国語話しますが、
    英語とインドネシア語ではキャラが変わる気がします。
    もちろん、日本語の時も。
    その言語がもともと持つ性格、英語ならやはり主語の存在、
    結論を先に言う、否定と肯定の使い分け、あとは文化的な事も含め、
    ちゃんと自己主張する気が強い人になった気がしますし、
    インドネシア語は日本語と似ていて、曖昧な表現、主語がなくても大丈夫、
    言葉の抑揚で内容を表現するところがあるので、明るく元気な人になった感じ。
    英語よりもリラックスして話せるせいか、本来の自分に近いです。
    あと、ちょっと早口になりますね。

    私は帰国子女でも、語学留学してたわけでもないので、
    やはり日常会話の些細な事が言えなくて苦労していますが、
    結局は慣れだと思います。
    夫が英語圏の人なので、家では100%英語ですが、
    これは本当にリスニング力が鍛えられます。
    以前は気付けなかったことですが、人によって選ぶ言葉、言い回し、
    発音の仕方が本当に違うというのが良く分かるようになりました。

    日本語でも、私は自分が話す言葉はちゃんと選ぶようにしていますが、
    (いわゆる”言葉遣い”ですね)
    英語でも同じプリンシプルを持つようにすれば、
    ある程度キャラは一貫した印象になるのではないかと思いますが、
    いかがでしょうか?

    ユーザーID:4341002823

  • 言語が変わると性格も変わる?

    アメリカ生活が20年以上になる者ですが、私自身の経験で言うと、トピ主さんが違和感を感じる理由は、語学力というより文化の違いだと思います。英語文化は基本的に「雰囲気を感じ取る」「非言語的な部分を観察する」がない、つまり感情を言葉にしないと理解してもらえません。文法が間違っていても、言いたいことがわかってもらえればそれでOK. 以心伝心は日本人の間だけで、外国人にとっては言うことと行動が一致しない=真意がわからない人と誤解されかねないので、まずはYes/Noをはっきり言えるようになることを目標とすればいかがでしょう? 

    日本人は一般に間違うことを非常にネガティブに考え、会話に加わることに消極的なようですが、会話は文法がでたらめでも、とにかくめげずに話すことが上達のキーだと思います。

    ユーザーID:7834931983

  • 性格が変わるわけではないけれど

     英語ではありませんが、ヨーロッパの言語で暮らしています。

     トピ主さんのおっしゃることは、確かにあると思います。
    日本語ほど簡単に言いたいことが言えないので、初級の段階では特に、普段の自分よりも子供っぽく見られたり、大人しいと思われることは多いのではないでしょうか。

     それから、日本語よりもはっきりとした表現をするので、だんだん頭で考えずに表現できるようになってくると、逆に普段大人しい人がハキハキとものを言うように感じたりすることはあると思います。

     まあ、だからと言って根本的な性格が変わるわけじゃないですけどね。言語に関しては、印象が変わるだけです。

     後は、欧米に住んでいる友人たちを見ても、言語だけでなく文化も理解しないといけないので、皆だんだん強くなっているようには感じます。あいまいに濁していたら損するだけですから。

     ちなみに、日本語を話す外国人も同じですよ。
    日本語がたどたどしいと、教科書通りの丁寧な言葉を使っていて、とってもいい人そうだし、なんか頼りなさげでいろいろ手助けしてあげたくなっちゃうけれど、母国語で話してるのを聞くと全然違う!ネコ被ってた?!っていうこと、あります。
     こちらが勝手な印象を抱いただけなんですけどね。

     なので、トピ主さんと彼氏の間でも、同じことが起こることは大いにありえます。
    それも異文化交流の醍醐味だと思えば、面白いですよ。

    ユーザーID:5588140462

  • 変わらないです

    日本語でも英語でもツッコミ体質&道化な性格は変わらないです。
    ただ、その昔、アメリカに留学した友人が性格はさほど変わらないけど、いわゆる「汚い英語」を覚えて帰ってきちゃって少し距離を置きたくなったことはあります。
    見た目は普通の女子大生なのに場末のおネェちゃんみたいな話し方になっちゃってたので非常に残念でした。
    別の知人は、どちらの言語でも「毒舌だけど人情に厚い江戸っ子」な性格は変わってないし、さらに別の知人も「笑顔の下では腹黒い」性格は変わらないですね。
    性格が変わったように見える(聞こえる?)のは、選択する単語とか言い回しのせいじゃないかと個人的には思ってます。

    ユーザーID:0413874814

  • 道の途中

    昔同じことを思いました。
    もっと勉強続けていくと、また違うものが見えてきます。

    やさしい話し方とか、丁寧な話し方とか。だんだんわかるようになります。

    そうして、自分もだんだん使えるようになってきます。

    人柄については、、言葉での判断も加わるでしょうが、人間としての振る舞いをすでに見てきていると思うので、、どうでしょう。変わらないかもしれませんよ。笑 トピ主さんが彼氏のなにを見てるかによるでしょうね。

    ユーザーID:1023286269

  • とぴ主です。

    とぴ主です。
    みなさん、いろんなレスありがとうございました!
    こんなにたくさん、皆さんの実感の伴った回答をいただけて、本当に嬉しいです。
    非常に興味深く、読ませていただきました!

    皆さんのご意見をならべてみました。

    (どちらかというと)変わる
    ・文化の違いのために、英語で話せるとはっきり言うようになり明るくなる
    ・日本語の感覚で英語は話せない
    ・「言葉は洋服と同じ」言語にあった振る舞いがついてくる
    ・言語の習得の時期によって使っている脳の場所が違うのかも。
    ・文化の違い。日本語はあいまい、英語は結論ありき、スペイン語は「皿が私からおちていった」
    ・外国人で日本語を話す人は印象が変わる
    ・一人称の違い。英語には自分を見つめるまなざしがない
    ・英語だと自己主張強くなる、インドネシア語だと抑揚で表現するため明るい印象
    ・英語は言葉にしないと理解してもらえない文化
    ・選択する単語や言い回しのせい
    ・習得すればいろんな言い方も分かるようになる

    変わらない
    ・3言語使ってると自分は自分と感じられる。話し方は変わっても性格は変わらない
    ・日本語でもはっきり言うタイプだから変わらない

    その他
    ・語学力よりも共通点を見つけようとするお互いの好奇心と伝えたい熱意があるか

    英語のほかにも、スペイン語やインドネシア語などのお話も大変興味深かったです。
    語学力よりも文化の違いをおっしゃる方が多く、言語は文化なしには語れないんだなぁと感じました。
    性格の変化、印象の変化…いろんなご意見がありました。
    これから更に英語を習得していく中で、言語が変わることで自分が変わるところと変わらないところが出てくることに気づけたら、楽しいだろうな〜と思います!
    それと、彼との関係もなるようにしかならないと思うので、これからの変化も楽しんでいきたいと思いました。
    考えが深まりました!ありがとうございました。

    ユーザーID:5811804378

  • 基本的な性格は変わっていないはず

    友達で、英語だと下品な言葉遣いなのに、日本語だとキレイな人がいます。最初はそのギャップに驚きましたが、しょせん同一人物です。良く見れば、キレイな日本語を使っていても、下品な性格なのは良く見たら分かります。(いい人なんですが、とにかく英語が下品です。)

    同一人物なので性格は同じだと思います。ただ、どの部分が出るか、微妙に違う人もいますね。

    そのうちこなれてきたら、いい感じになるかもしれません。

    「Heだからdoesだ」と考えたりするのは、かなりレベルが低いです。それくらいは考えないでも出てくるレベルになってから悩んでも遅くないと思います。

    流暢になって意思伝達がスムースになったら、別れるカップルもいますが、それは「そんな人だと思わなかった」と魔法が解けるようなもので、元から相性が良くないだけです。

    ユーザーID:3847120375

  • 心理学の研究で

    母語でない言語でのコミュニケーションって心理学で研究されています。

    つい数日前に見たもので、意思決定に関する場合において、母国語では無い言語でのコミュニケーションを通じて意思決定を下す場合、「感情」に依る事が少なくなる
    という研究発表がありました。
    母国語は、幼い頃から家族や友人らとの密接な関係の人との関わりの中で自然と身に付いていったものだが、母語では無い言語はある程度大きくなってから学習したものなので、感情とは密接に関わっていないのが理由では、という論文でした。
    主様がおっしゃる、右脳左脳の考えに近いと思います。

    Communicating in a foreign language takes emotion out of decision-making というものです。

    慣れというのもあるとは思いますが。

    私の場合、アメリカの大学院である分野をみっちり叩き込まれ、考え方やレポートの書き方を英語で習い
    今の仕事でも使っているので、その関係の事柄になると、母語では無い英語で頭の中で考えます。多分、左脳フル回転かと。

    逆に、オフィスで英語で会話していて、滅多に無いですがものすごーく怒った時や、病院で「痛いー」と訴える時、
    左脳バリバリで何故か相手のコトバもむちゃくちゃすんなり入ってきて(理解というより、入ってくる)、こんなコトバ知ってたっけと思うほどスラスラ出てくる事もあります。
    面白いですよね。

    ユーザーID:3246048906

  • 英語は今の感情を思いっきり発散すればいい。

    米国在住5年目国際結婚です。

    英国には24年前に7年間程いました。同じ英語でもかなり違う事は
    皆さんご存知でしょう。

    英国人は米国人よりも湾曲したり結構遠回しに言いたい事を言うと思います。
    米国人は聞きたいことをストレートに質問してきますから最初は戸惑いました。

    慣れたら米国人の方が明るく単純な性格の人が多くて私は付き合いやすい
    と思います。

    さて、私は24年前に4年間程帰国せずに英国圏にいました。

    その後帰国してYESやNOの物事をはっきり言い過ぎてしまい日本の会社を
    クビになりました。

    それ以来、日本にいるときは聞き役に徹していましたしすごく注意して会話
    していました。

    今は主人と結婚して現地人友人達と感情を共有出来るので私の性格を理解している人
    達に囲まれているのでそれでいいと思ってます。

    もともと、日本では自己主張が強いタイプなので英語は感情や気分をガンガン
    伝えられるので私は大好きです。

    私の中の外国語言語は、友達、仕事、スポーツ、芸術活動のコミュニケーション
    ツールであるので伝達したい事を伝えられたらそれでいいと昔から思ってます。

    仕事以外はどの言語でも有りの侭に話せばいいと思います。

    ユーザーID:4553506863

  • 変わります(きっぱり)

    そうですねえ、日本に戻って2週間、某国に戻って2週間、「元に戻る」のに必要ですね。
    英語と某第2外国語(西洋語)でも変わります。この2つは似ているはずなんですがね。でも自分では人間(?)が変わると思っています。まあ、英語は単純というかシンプルだからね。
    どれが自分かと言われると、全部自分なんですが(笑)。
    若干、多重人格気味なのかなーと思うことはありますね。
    顔つきとか態度まで変わってきますから・・・。
    とはいっても、日本人から見ると日本人っぽくなくて、当地の人からみるとご当地生まれ・育ちの人間には見えないでしょうね(観光客には見えないにしても)。
    半端な生き物になっています(苦笑)。
    でも、それに慣れればいいかな、と思っています。

    ユーザーID:5029244475

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧