税理士によって相続税の計算は違うの?

レス17
(トピ主0
お気に入り135

生活・身近な話題

私は30代女性です。

相続税がかかりそうなので、相続税の計算を税理士さんに依頼中です。
必要な書類は8月上旬に提出済みです。

【 質問 】

1)同じ書類を提出していても、税理士によって計算した結果は異なるものなのでしょうか?
2)書類を提出して、計算にかかる日程はどれくらいでしょうか?

1)についてですが、相続税に詳しい税理士と、そうでない税理士とでは数十万円相続税の支払い額が違ってくることがあると、どこかのサイトで読んだ記憶があるので不安になってきました。

現金の他に、他人に貸している土地・建物(商売されている)があります。
土地を端から端まで使うことはできず(消防法?)、建物の後ろにスペースをあけさせられています。
このようなことも、計算に関係するのでしょうか?
私が気にしなくても、税理士さんなら不動産についてもしっかり調べて下さるものでしょうか?
(謄本・評価証明書提出済み)

2)については、8月上旬に書類をまとめて提出した際に、担当税理士さんが、一か月ほどで結果を報告すると言っていたのですが、連絡が来ないので、電話をして確認をすると、

「期限は2月ですから急がなくても大丈夫です。今やっていますが慌てて計算して間違えたら大変ですからね」と言われました。

女だから舐められて後回しにされているのか?
相続税に慣れていない税理士事務所なのか?
2月ギリギリまで先延ばしにして、計算ミスをしていても、やり直しがきなないようにわざと遅らせているのか?

不安になってきました。

落ち着かないので早くしてほしいとお願いをすると、ミスをされたり、嫌われると逆効果かと思い何も言えずにいます。

レスを下さると大変助かります。
どうぞよろしくお願い致します。

ユーザーID:7836759281

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 違います。

    詳しい先生は色んな法律を組み合わせ、相続税が抑えられる方法をよくご存知です。
    知り合いの先生は、詳しい先生と連携を組み、こんなにも変わると驚いてました。
    相性も大切だと思いますので、気になるなら他の事務所の先生にも相談されるといいと思います。

    ユーザーID:3771510196

  • 女だからではなく

    もし舐められるとしたら、無知だからだと思います。

    計算に必要な情報をきちんと提示していれば、税額計算は基本的には同じだと思います。
    でも、失礼ながら、トピ主さんの書きぶりだと、合っていても間違っていても、理解できなさそう。
    計算方法の概略ぐらいは勉強した方がいいように思います。

    土地を端から端まで使って建物を建てられないのは、建築基準法のせいだと思います。

    税理士さんに、どのくらい時間がかかるのか、率直に聞いてみてはどうですか。

    ユーザーID:7159805263

  • 簡単に

    こんばんは。税理士です。税理士によって税額が違うかは、減免措置や、特例など税金を減らすことができる認められた処理を適用できるかにかかってきます。ちなみに消防法の適用による使用制限は相続税に影響しません。

    また、相続税支払期限も亡くなってから10ヶ月以内に申告を行いますので時間はもう少しありますが、1ヶ月くらいで報告をしてくれると言いながら何も報告が無いばかりか、下に見るような発言、またトピ主さんが不安に思っていることを聞けない雰囲気というのは、いかがなものかと思います。地方の老人税理士によくあるような態度ですね。都内であれば確実に淘汰されています。

    おそらく女性だと思ってなめきっていると思うので、お年を召した男性が回りにいらっしゃればガツンっと言ってもらってもいいのではないでしょうか。
    また、今、トピ主さんが抱えている不安や疑問は、質問しても差し支えない内容ですし、それを答えなかったら
    税理士に問題ありますから。また、税理士ともめてしまったら、所属する税理士会が仲裁してくれる制度もありますし、作業料のコストかかってくる思いますが、思いきって税理士を変える選択もありかと思います。トピ主さんは悪くないです。

    ユーザーID:6019010421

  • どんな仕事にもノウハウがある

    弁護士だって、同じ法律の下で争っているはずなのに、
    強い弁護士とそうでない弁護士がいるでしょう。
    それと同じ事です。

    税金も、税法の下に計算しますので、
    税法をどのように解釈するかによって結果に違いが出る事はあります。


    相続税の計算に掛かる日数はわかりませんが、
    私なら、今の税理士への依頼を取り消して、他の税理士に依頼します。

    なぜなら、その税理士は、依頼者を見て仕事をしていないからです。
    依頼者に、「一か月ほどで結果を報告する」と言ったなら、
    公的な提出期限に関わらず、期限は一ヶ月です。
    依頼者と約束した期限に間に合わないなら、
    依頼者に対し、間に合わない旨の連絡が必要です。
    急ぐ必要があるかどうかは、依頼者に相談して決める事です。
    受任者である税理士が一方的に決める事ではありません。

    こういった、依頼者を軽視する税理士は、依頼者の側に立った視点を持ちません。
    依頼者の側に立たないという事は、依頼者の求める節税の視点も持たないという事です。
    こういった税理士は、税法の解釈に迷った時、より多く納税する方で計算します。
    依頼者の側では無く、税務署の側に立っているからです。

    ですから私なら、他の税理士をあたります。

    ユーザーID:1696795051

  • 期間はかかりました

    1)相続税申告で一番難しいのは財産評価ですが土地の評価中心に、細かい評価方法が多く有り、更に時々ルールが変更になります。
    国税庁の統計では、税理士さん1人につき年間1件以下しか行っていない計算ですから、まったく相続税の申告に関わっていない方が多数いることになりますね。
    ですから多くの経験や勉強をしていないと、新しいルールが反映されずに高い評価額になってしまう可能性ありますから、税理士さんの腕次第です。
    2)うちでは、共有地や貸地等のややこやしい物件が結構あったので、9か月程掛りましたが、
    税理士さんから、この相続額では必ず国税局から調査が来ますと言われましたが、申告書類の出来が良かったようで、出張旅費を掛けてまで調査するメリットが無かったようで、調査は入りませんでした。
    今の税理士さんに相続に関わった件数を聞いて、少なければ今までの経費を捨ててでも、相続に詳しい税理士さんに変えるのも一つのほうほうです。

    ユーザーID:4746247366

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 計算自体はかわらないです

    税理士事務所にいて、相続税の申告もしたことがあるものです。

    【確認事項】
    書類は提出済みとのことですが、被相続人の生まれてから亡くなられるまでのすべての戸籍謄本や過去3年分の通帳なども含めて、全て提出済みということでよろしいでしょうか。
    以下は、書類に不足がないという前提での回答になります。

    【回答】
    1.原則的な計算は同じであっても、様々な特例が存在し、それをどう使うか?もしくは誰に何をどう相続させるか?などで税額は変動します。
    2.私たちは機械ではないので、書類を入れたらすぐに結果が出る訳ではありません。今回は自宅・現金の他に賃貸用の不動産もあるとのことですから、どうしても数か月はかかると思います。
    3.建物の後ろにあるスペースは計算上安くなるとかということはありません。同じ土地に駐車場があるとしたら、それと同じ評価だとお考え下さい。
    4.女性だから後回しにはしません。申告が終わらないと、申告料が請求できませんから。


    相続税の申告は税務調査が多く、4件に1件は税務調査に来ます。
    ですので、私たちは税務調査が来ても困らないようにと、細心の注意を払って計算をしなければなりません。
    もちろんトピ主様からお預かりした書類も、戸籍謄本が全て繋がっているか?なども含めて確認をしますし、土地は評価証明書の金額ではないので、公図・地籍図などで評価額の計算をしなければいけません。
    また、税理士に書類を出したのが8月上旬ということですから、出されてすぐにお盆休みがあったとも推測できます。

    上記を踏まえますと、税理士の回答は妥当だと思いませんか?
    相続専門の事務所でない限り年末から3月は繁忙期になりますので、年内には申告書の提出ができるようにすると思います。
    また、慣れていないところは、税務調査のリスクが高いのでそもそも申告を引き受けません。

    ユーザーID:5602866757

  • 自分で計算した事があります

    相続税の計算を自分で行いました。

    規則は一つです。
    読み落としや解釈間違え、適用間違えは人間のすること、必ずあります。

    プロの会計士でも相続(土地)計算の経験者は少ないようですね。
    なぜなら相続条件は人それぞれで、全ての事案を経験できないから。

    不安なら御自身で総務省のページを調べ、一つ一つチェックするしかない。
    任せるなら信用するしかない。

    ここで相談しても、トピ主の相続条件を全て晒せない以上無駄。

    自分でやるか任せるか二択。

    ユーザーID:1404775415

  • 解釈の違い

    税理士さんの得意分野によって、理解の深さが違います。
    税理士さんが必要と言って、税務署に問い合わせたら不必要ということは、ときにはあるようです。

    ユーザーID:1022021563

  • 人間はミスをする動物です

    >1)同じ書類を提出していても、税理士によって計算した結果は異なるものなのでしょうか?

    同じ書類であれば同じですよ。
    税理士が異なれば、両方ともミスが無い場合と、両方共が同じミスをした場合にだけ、同じ結果になります(当たり前だ)。

    しかし、税法はつぎはぎだらけになっていて、どの税理士も完璧な申告が書けるとは言い難い。
    だから、税理士によって結果が異なるのです。

    >女だから舐められて後回しにされているのか?
    >相続税に慣れていない税理士事務所なのか?
    >2月ギリギリまで先延ばしにして、計算ミスをしていても、やり直しがきなないようにわざと遅らせているのか?

    そんなこと神様にしかわかりませんよ。

    いつまでに仕上げるか、期限を切った契約(違約金付き)にしておけばよかったですね。できるかどうかわかりませんが!

    ユーザーID:4829539583

  • 大丈夫

    6カ月過ぎると税務署から「お知らせ」が来ます。「〇〇事務所でやってます」って言えばいいのです。会計事務所も素人ではない限り期日に遅れたら大変ですから。税率は決まっていますからどこでやっても同じですが、手数料は違いますよ。
    知り合いだったらちょっとお安いかもしれません、弁護士事務所とかで必要書類を全部取り寄せてくれるところは高いですよ(役所、銀行はとにかく大変ですから)

    ユーザーID:1437293196

  • 違うかも

    友人が相続したときのこと。
    懇意の税理士に頼んだんだけど、気をきかせていろいろ小細工してくれて、それが税務署に指摘されてかえって沢山払うはめになったって言ってたな。

    ユーザーID:9571842789

  • 参考になれば

    ご家族を亡くされたのでしょうか
    ご愁傷様でした

    私は最近立て続けに相続手続をしたため
    その経験から回答させていただきます

    1)現金預金や株は誰がやっても大差ないですが
    土地の評価は大きく差が出ることがあります

    といいますのは
    単純に課税評価をもとにした評価額を100とすると
    貸付用地だと、○平米まで○割減
    広大地だと○割減
    家の前の道路の幅が○だと○割減 などなど様々なルールがあるからです

    国だけでなく、土地の所在する自治体独自のルールもあるし
    年々変更もあるそうなので
    相続に強い税理士とそれ以外では
    土地の評価額に大きく差がつく場合がでてきます

    (ただ、どのルールも当てはまらない土地もありますので
    その場合はどんなに敏腕税理士でも100のままですが)

    2) 1と絡みますが
    時間がかかっているのは
    適用できるルールがないかをつぶさに調べてくれているからだと思います

    100のままでよければ、すぐに計算できますし

    我が家の場合は
    飛行機の距離のところにある土地を
    実際に現地調査に行き
    現地の自治体にも確認に行ってくださり
    おかげで土地の評価額が2000万も下がりました

    期間は8ヶ月程かかりました

    ただ、もし、ご遺族間で
    早く遺産分割したいということであれば
    いつ頃までに計算終わらせて欲しいとお伝えすると
    その間でできる範囲でやってくださると思いますよ

    慣れないことで不安も大きいと思いますが
    少しでも参考になれば幸いです

    ユーザーID:0908791696

  • 違う

    相続税だけじゃなくて所得税や法人税も違うでしょう。
    法律は幅広いグレーゾーンがありますので、そのグレーゾーンをどこまで白とするかでかなり変わることがあります。
    税金は数十万どころか100万単位で変わる可能性もないとは言いませんが
    誰がやってもだいたい一緒のパターンのほうが多いと思います。
    事例に上げられた土地であれば特別な評価減がない可能性も十分あります。

    すべての書類、資料が揃っていればよほど不動産が多いとかといったことがなければ
    1日である程度は終わります。
    でも、不動産でも登記簿などをもらっていても現地確認、市役所調査などを行いますので
    不動産が遠方だったり、市町村をまたいであちこちにあればその確認だけで数日を費やします。
    特殊な土地であれば評価減について調査だけでなく税務署に確認したり、友人に相談したりもします。

    仕事は貴方の相続だけじゃなくて、他の相続の仕事を持っているかもしれないし
    法人や自営業の顧客対応もありますから資料が揃ったからといってすぐに着手できないことも多いです。

    多分11月までには終わらせます。
    それ以上遅くなると繁忙期に入るので相続に申告なんてできなくなります。
    万が一、2月ギリギリにまでかかり間違いが分かったとしても
    修正申告(税金が増える)、更正の請求(税金が減る)という手続きで対処できますので
    良い方法ではありませんができないわけではありません。

    不安であれば別の税理士に相談してもいいし、早くしてほしいと伝えてもいいと思います。

    ユーザーID:4316998944

  • 相続税に慣れていない税理士さんだと高くなるかも

    昨年父が亡くなり、先日、納入期限の数日前に申告と納入が終わりました。
    私の場合、当初税理士さんなどに頼まず自分で申告までしようと思っていたのですが、税理士法人では納入期限まで3カ月を切ってから依頼すると料金が高くなろ場合が多いので、最終的に自分でやるのは断念して相続税専門の税理士法人に依頼しました。

    まず、前提として、相続税については、本来払うべき金額よりも多く納入しても税務署から指摘などされることはなく、自分で気づいて修正申告するのでもない限り、多く払ったままになります。
    ですので、納入した金額が足りなくて後に指摘されない限り、本来納入するべき金額よりも多少なりとも多く払っている可能性はあるわけです。

    さて、私は当初自分で申告しようとしていたため、以下のような無料相談会で税理士さんに相談しました。

    1.証券会社のサービスの相談会2回。税理士の資格を持っている社員さんと、税理士法人から来ている税理士さん二人との相談。同じ二人に二回相談しました。
    2.税務署の無料相談会3回。税務署の相談会はその度ごとに予約することになり、その度ごとに担当者がかわりました。
    3.税理士会の無料相談会1回。最大で2回までとのことでしたが、1回のみでやめました。
    4.料金の見積もりを出してもらうことを前提に相談した、相続税専門の税理士法人2社。

    私の場合、父とは同居しておらず、当初「小規模宅地の特例」は適用されないと思っていたのですが、1.の証券会社のサービスの相談会で、適用される条件に合致していることを教えてもらいました。
    不動産(土地)についての課税対象額は、特に「小規模宅地の特例」が適用されるかどうかで大きく変わります。(長くなるので次のレスに続きます。)

    ユーザーID:9026122427

  • 相続税に慣れていない税理士さんだと高くなるかも(続き)

    私の場合、「小規模宅地の特例」以外に、不整形地であることと、間口の狭さや奥行きに関する部分でも安くなりましたが、やはり「小規模宅地の特例」の影響が大きく、これが適用されるかされないかで納入すべき税額は百万単位で変わります。

    私の場合、父と同居していませんでしたが「小規模宅地の特例」の条件に合致するのですが、税務署の無料相談会で相談した税理士さんお一人と、税理士会の無料相談会の税理士さんお一人は相続税専門ではなく、最初、私には「小規模宅地の特例」は適用されないと言われました。
    そこで、私の方から、「こういう条件だから適用されるはず」と指摘し、その場で税理士さんが書籍で確認するという結果になりました。
    つまり、もし私が自分が「小規模宅地の特例」が適用される条件に合致することをしらず、この2人の税理士さんのどちらかに依頼していたら、数百万単位で余分な金額を納入することになっていた可能性があるわけです。

    ということで、税理士さんや税理士法人に依頼する場合には、やはり、相続税専門の税理士さん、税理士法人に依頼した方が安心だと思います。
    ただ、トピ主さんはすでに税理士さんに依頼しているということで、もし他の相続税専門の税理士さんや税理士法人に依頼しなおすとすると、キャンセル料あるいは違約金といったものが発生することになると思いますので、どちらが得策かよく考えた方がいいと思います。

    証券会社のサービスの無料相談で来ていた税理士法人の人にその税理士法人に依頼した場合の料金を聞いたのですが、50万円(税別)とのことでした。
    そして、相続税専門の税理士法人2社の見積もりでは、1社は28万円(税別)、もう1社は38万円(税別)でした。
    税理士さん、税理士法人によっても料金は大きく変わりますので、依頼する前に複数の税理士さん、税理士法人から見積もりをもらった方がいいと思います。

    ユーザーID:9026122427

  • すみません、もう終わっているはずの話ですね

    たまたまこのトピを見つけて先の2つのレスを入れたのですが、あらためてよく見たら、このトピが作成されたのが 2017年9月20日付で「8月上旬に書類をまとめて提出した」、「期限は2月」とのことですのでもう終わっているはずの話ですね。
    結果はどうなったのか気になるところではありますが、無駄なレスをしてしまいすみませんでした。

    ユーザーID:9026122427

  • 税理士料金

    終ったトピの様ですが…。

    最近相続に悩むものです。

    税理士料金高すぎますよね?
    節約の方法知りたいです。

    ユーザーID:9294205402

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧