『やすらぎの郷』 観てますか?

レス7
(トピ主1
お気に入り41

生活・身近な話題

『やすらぎの郷』 毎日録画して見ています。

もう50代の私にとっても、ドラマの世界観や出演者はもう少し年長者向きかなとか、私の両親世代ならドンピシャだな、と感じたりはします。
演出も台詞も、妙に古臭かったりする。
背景は見るからにグリーンスクリーン合成、あるいは昨今珍しい大がかりなスタジオセット撮影だったり。
タバコを吸うシーンがやたら多いのも、現代へのアンチテーゼなんでしょうね。

でも、50代になると少しずつ死を意識することも増え、ドラマを見て考えさせられることも多々ありました。
収録期間中に亡くなった野際陽子さん、3ヵ月経ってもまだドラマ内で姿を見ることができます。

青春の一時期を北海道で暮らしたので、『北の国から』 の倉本聰さんの脚本だというのも魅力のひとつでしょうか。

ドラマ内の○○さんのモデルは実在の△△さんだろうな、と想像できる人も少なからずいました。

ドラマは今月で終わりのようですが、あれこれ感じるところが多かったです。

ユーザーID:5201489706

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も録画して観ています

    子供が育ったと同時に酷い更年期になり、やっと落ち着いた頃で仕事も今はしていないんですが、見逃すと嫌なので、録画しながら観ています。色々と考えさせられるドラマですよね。ただ最初は理想的な老人ホームと思って観ていましたが、設定上無理があるところがちょっと気になります。夜のランプも懐中電灯で出歩くのも、ちょっとありえないな〜って・・五十代になり、老眼がすすみ、居間やキッチンの電球を一番明るいものに変えて、本を読みやすくしたばかりだし、夜も見えずらくなってきて、一昨年酷い転び方をしたばかりなので、せめてライトだけは、リアルを優先して欲しかったな・・とちょっと残念ですが、概ね、良くできたドラマですし、ラストまで楽しみにしたいです。

    ユーザーID:0399129309

  • 観てます

    戦争当時のリアルな話。
    「戦争を知らない世代が描く戦争」への冷めた憤り。

    そしてクスッと笑わせる
    ぎょっとする(ちょっと引く)
    一途過ぎる
    悲喜こもごも、様々な恋模様。

    倉本聰は、セリフと心情の微妙なズレというか、「言いたい事とは違うんだけどつい言っちゃう」という「嘘」ともいえない「虚勢」とか「本音の外側」を見ている人には本音がわかりつつそのセリフも「あるある」と思わせるのが本当にうまいと思って観ています。

    女優陣も俳優陣も本当に素晴らしい。

    野際陽子さんは(本人にしかわからないけれど)女優としては幸せな最期(途中という事を思えば悔いはあるでしょうけれど)だったと思いたいです。
    登場シーンを削除してと望まないで下さったご遺族にもお礼が言いたいです。
    代役や降板をしないで、亡くなった方を登場させるという決断をしたテレビ局にも。

    最後までしっかり見ようと思います。

    ユーザーID:4993834707

  • 楽しみにしています

    50代独身女性です。
    私も初回から録画して見ています。

    加納英吉さんが亡くなる辺りは、高齢の両親をもつ身として色々考えさせられます。

    一人一人の人生に向き合う姿勢が様々で、哀しかったり可笑しかったり、自分と比較してしまいます。

    私は独り身なので、やすらぎの郷のようなホームで最期を静かに迎えられたらと、心から思います。

    ユーザーID:4753660495

  • 観てますよ

    介護施設で働いているので、来所してくださるご利用者様と「今日はどうだった?」とか「全然、やすらがない郷ですよね」なんて楽しく話しています。

    ユーザーID:4816747436

  • 案外リアルかも

    毎日録画して、帰宅して家事が終わってからゆっくり見ています。

    有馬稲子さんのことは存じていましたが、ドラマに出ているのは初めて見ました。
    すごくお年を召して・・・と思っていたら、まだまだ実際はお若い。

    私はあの年代の方がたくさん出てくるドラマも今回見ていて必要だなって思いました。今度は5〜60代を中心に誰か作ってくれないかな。

    で、街灯のことですが、つい先日近所の街灯が消えていて危ないので自治会の方にお願いに行ったのですが、そのとき「年を取ってから夜は6時過ぎたら外にでないから気が付かなくて。若い人は必要よね」と言われていました。

    だから、このドラマでも街灯がいらないのだろうな。用があって移動する人は若い人だし、カートでも自転車でも電灯はつくし・・・と、あらためて、案外リアルかもと思ってみていました。

    石坂さんも、藤さんも、ドラマよりも実際にはお若いんだろうな。
    そういう姿も今度は見てみたい。

    ユーザーID:2393738000

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • ストーリーよりも

    気になるのが、出演している70代、80代の女優さんたち
    お顔が本当に若過ぎる事

    ごめんなさい、そちらの方に毎回、驚いてしまって・・・
    決して、悪口ではありません

    ユーザーID:3268014357

  • 今日が最終回でしたね

    みなさん、コメントありがとうございます。
    今日が最終回でしたね。(まだ録画を見ていませんが…)

    ドラマが始まった当時、私の両親(80代&70代)にも勧めました。
    両親は新婚旅行で「川奈ホテル」に宿泊した思い出もあり、出演者の豪華な顔ぶれを見ても、虚実入り混じったエピソードを見ても、きっと喜ぶだろうと思ったからです。

    ただ、現在ガン闘病中の父や、十数年前にガンを克服して現在は夫のガンを悲しんでいる母に、勧めてよかったのかと今は自問自答しています。
    両親が実際にドラマを視聴したかどうかは分かりませんが…

    いろいろ考えさせられるドラマでしたね。
    大原麗子さんをモデルにしたであろうエピソードは、番組スタート当初から大きなファクターでしたが、最終週でついに懐かしいフレーズ「少し愛して、ながーく愛して」がご本人の声で出た時には、涙が出そうになりました。
    倉本聰さんご自身も、この脚本を書くきっかけになった大事件だったんだろうと想像します。

    第2シーズンはないのかと期待もしますが、主要な出演者がドラマ内やリアルで亡くなっている事実や、倉本聰さんご自身の年齢等を考えると、難しいのでしょうか?

    でも現代の若者のTV離れ&ドラマ離れを考えると、ドラマは中高年向きに作った方が観てもらえるような気もします。

    ユーザーID:5201489706

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧