現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

この対応でよかったのか?

エル
2017年9月22日 13:35

小学3年生の息子を理髪店へ連れて行こうとしたら「行きたくない」と言い出しました。
どうして嫌なのか理由を尋ねたところ
「この前行った時、髪の毛が多いね〜」と言われたのだそうです。

私は「それは量が多くていいね〜と褒めたのだと思うよ」と言ったのですが
「でも、腕が疲れちゃうな」と笑いながら言われたから「行きたくない」ようです。

私は息子の話を聞いて、子供らしい悩みに少し笑ってしまい
「じゃぁ、○○の近所の理髪店へ行こうか?」と少し遠い場所へ行く事になりました。
しかし、ここでも何か言われるのが嫌で、私に終わるまでいて欲しいと言うようになってしまい
もっと上手な言い方があったのでは?と悩んでいます。
皆さんなら、このような場合子供に対してどのような対応しますか?

母子家庭で父親はいませんので父親からのアドバイスはありません。

ユーザーID:2485302393  


お気に入り登録数:18
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:6本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
自宅で丸刈り。
自力で解決
2017年9月22日 15:31

バリカンで簡単にできます。

ユーザーID:0903136647
美容室に連れていってみる
ぽってん
2017年9月22日 15:48

私も髪が多いようで、若い頃は毎度言われていたので、うんざりでした。
嫌というほどでもないけど、普通の2〜3倍と言われると「手間がかかって大変」と思われてそうで、気が引けました。
「少ないよりはいいよ」と言われますが。

ロング料金があるとこもある(散髪だけならないですけど)から、切る手間が倍かかるくらいの量なら、「多毛料金」あっても仕方ないかも と思ったり。

美容師さんも、ついつい何気なく言ってしまうのでしょう。
普段より多い量だと「多いね」って。
でも、子供だと「自分は普通じゃないのか…」って、ちょっと落ち込んでしまいますね。
わかります。

美容師に事前に「髪多いことは言わないでください、気にしているので」と言っておくといいかと思います。

子供さんは、大きくなれば、髪が多くてもいい、むしろ男子なら、ハゲる心配がないかもしれないので良いことだ と思うようになると思います。
自分でセットしだして、まとまりにくい と思うかもしれませんが…。
私も、自分の髪は多すぎてイヤでした。三つ編みとか結ぶと、すごく太いんですよ(笑)
膨らむので、ボリュームを抑えることばかり考えてました。
今は何も思いませんけどね。年取ると、多い方が若々しいですし。

腕のいい美容師は、髪が多いことなんて何も言いません。
今の時代、そういうのもコンプレックスの認識なので、必要じゃなきゃ言わないものです。
でも理容師だと、あまり接客に気を遣わないのかもですね。行ったことないので、わからないですが。

料金にもよりますが、試しに美容室に連れていってみますかね。
美容師さんなら、気を遣ってくれると思います。

子供への対応は、「それは量が多くていいね〜と褒めたのだと思うよ」とか、他店へ行くとかで充分だと思います。
これからもっといろんなコンプレックスを感じることがあるだろうから、いちいち過保護にならなくてもいいかと。免疫つけないと。

ユーザーID:2104288296
えー。携帯からの書き込み
さくら
2017年9月22日 17:11

父親か母親かは、この際関係無いです(苦笑)


正直、その程度で?と思ってしまいました。
ごめんなさいね。
小3男子ともなれば、もっと逞しくいないとね。
本人にとっては大問題なのかも知れませんがね。


他の場所に変えても彼の気持ちが変わらないのならば、そんな事でクヨクヨしていないで、聞き流して良いのよ!ぐらい明るく言ってあげられないですか?


正直、トピ主様の息子さんへの接し方が、幼児相手のように思えます。
年齢に見合った接し方をし、そろそろ男の子では無く男として見てあげた方が良いと思います。
偉そうにすみませんね。

ユーザーID:9446568925
この先が心配
ハロン
2017年9月22日 19:11

貴女がおっしゃるように、理髪師の方は「量が多くていいね」と褒めたつもりで大した悪意はなかったのだと思います。「腕が疲れちゃう」というのも子ども相手の冗談のつもりだったのでしょう。

「理髪師の方の配慮が足りない」「子どもの心を傷つけた」などのレスも付くかもしれないけど、しかし世の中にはこの程度の「傷つくこと」は山ほどある。
それにいちいち打ちのめされていたのではこの先、生きていけないのではと。

特別に繊細な子とか何か事情があるならともかく、普通の小3の男児ならもう少しうまく乗り切れるようにならないと。

「子どもの心に沿う」ことは大事だけど、「生きる力」がつくようにしてあげることも大事かと。

「髪の量が多いことを褒めたんだよ、疲れたというのは貴方がかわいいから冗談を言っただけ。」「そんなこと言ってもちゃんとカットしてくれたんでしょ?カッコ良く仕上がってるよ、あそこの理髪店はいつもカッコよく仕上げてくれるんだし近いんだからあそこに行きなよ。」「今度言われたら『薄いよりいいでしょ』と言えば?」ぐらいに笑い飛ばして「大したことじゃないよ」という気分にさせてあげれば?

貴女が「気持ちに沿って」「息子の気持ちを増幅させ」「これは大変嫌なことなんだという子どもの気持ちを膨らませて肯定し」「ますます些細なことに過敏になって行く」ことにならないように願ってます。

ユーザーID:7780210667
甘ったれ携帯からの書き込み
2017年9月23日 12:35

3歳児ではなく、小3の、しかも男ですよね?
弱々しいですね〜。


そんな事気にしなくて良いのよ!
と言い放てば良いだけです。


甘いな〜。最近の親らしいと言えばそうなんだけどさ。

ユーザーID:9446568925
口数の少ないところを探す携帯からの書き込み
えーと
2017年9月26日 16:16

まあ、言われた事をくよくよしても仕方ないので、場所を変えましょう。

うちも、ちょっと厳しそうな所にいったら、怒り気味にやってくれました。(一番上手いんですよね、これが)
まあ、もう行かないと思います。そこそこの技術でいいので。

まあ、息子さんも気を強くもったほうがいいかも。でもこればかりは性格なので「嫌だったね」と共感してあげましょう。

ユーザーID:5339579809
 


現在位置は
です