20代女フリーター実家暮らし、父親の扶養

レス47
(トピ主0
お気に入り136

キャリア・職場

日和

今年学校を卒業し、就活は上手くいかず、最近になって精神的にも落ち着き、フリーターとして働き始めました。

130万を越えて働くべきなのか、親の扶養内でいるべきなのか、迷っております。

元々扶養から外れるものと考えておりましたが、週5で8時間サービス接客業の立ち仕事、人も少なく忙しく、残業もあります。辛いけどもう少し頑張ろう、でも、働く日数を少なくても良いかな、と思いました。
その気持ちを親に伝えた結果、扶養内にしても良いのでは、と言われました。

“130万の壁”を越えて働くことは可能です。
しかし、保険や税金、年金での支払額が大きく、扶養内で働くのと結果的に(お金だけを見れば)そこまで変わらない、ということが、計算して分かりました。

扶養から外れれば、働けば働くほど稼げます。しかし、プライベート…趣味や、勉強の時間が欲しく、来月から時間を減らしてほしい旨を上司にお伝えしてあります。

保険と税金、年金は国民の義務
社会人が父親の扶養だなんて甘えてる
お金をとるか、時間をとるか
責任感、自立

ネットでは様々な意見が交錯しておりますが、結局は自分で決めなくてはなりません。ですが、やはりネットの意見に左右されてしまうので、どちらが良いのか決めかねております。

上司には扶養のことをお伝えしてあります。
上司から見れば、私が扶養になると時間が制限されるため喜ばしくはないでしょうが、働き方は尊重してくれることを言っていただけました。

精神的に病んでしまったこともあるので、自分でオンオフの管理をし、均衡を保ちつつ働きたい気持ちと、
社会人という立場に踏み込んだことから、親に甘えず、義務として保険や年金などお金を支払い労働しなきゃという気持ち、
どちらもあり、どうしたらよいのか、という状況です。
もちろん、親に別途で生活費は必ず支払います。

何か意見をいただけたら嬉しいです。

ユーザーID:4305645630

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数47

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 扶養は気にせずフルタイムに近い状態で働く

    目先の損得で「扶養」を選んではいけません。扶養になると自立できなくなってしまうからです。

    扶養内パートは、事実上無職と同じです。税法上も社会保険上も無職と同じ扱いで、だからこそ、税金も社会保険加入も免除されているのです。

    今後、結婚や転職の際にも「フルタイムでは入れるのに扶養だった」というのはマイナスになる事が多いと思います。同じアルバイトでも、「正規採用や契約社員などを目指したが、仕方なくアルバイトだった・・でも仕事は頑張った」人と、「時間はあったのに、楽を選んで扶養で働いていた(仕事を頑張った・・と言っても、誰もそうは思わない)」人では、評価が違って当然です。

    ですので、目先の損得は気にせずに普通に働いた方がいいと考えます。

    ユーザーID:8464835103

  • 自分のペースで

    普通だと学校を卒業したら自立してフルで働くのが当たり前だとは思いますが、主さんの体のこともありますし、無理して頑張りすぎる必要はないのではないでしょうか?
    幸い頼れるご両親もいらっしゃるようですし。

    ただ、やはりいつまでに自立してフルで働くというのをある程度ご自身の中で決めておかれた方が良いと思います。就活をするのも前の仕事をどれぐらいしていたかなども見られますし、年齢が上がれば上がるほど正社員での採用は難しくなります。また、働く日数が少ないことに慣れてしまうと、そこから週5に増やした時にかなりきつく感じるようになってしまいます。年間の扶養の制限には抑えつつも調子が良い時は大目に働く月があっても問題ないはずですから、働ける時は働くように心がけた方が今後のためになるかと思います。

    ユーザーID:7442799802

  • うーん

    私も高卒後フリーターで23歳頃まで母と二人で実家暮らしでした。

    うちも母から厳しい事は言われなかったので、しっかり実家で甘えてました。
    私はトピ主さんのように精神的な都合で…ではなく、フリーターとして
    掛け持ちしたりリゾバしたり夜通し遊んだり、とにかく遊んでました。

    扶養の件も私も調べましたが130超えるなら180とか200まで行かないとダメですよね。
    そうなると今より仕事時間を増やさなければなりません。

    私も色々働いていて、200超えた年もありましたが昼夜はカフェ、深夜朝は居酒屋、みたいな感じで掛け持ち。
    もしくは長時間営業のお店で通し勤務。また、工場などの夜勤仕事。でないと無理でした。
    その時は大体9連勤とか13連勤とか、バイトで稼ごうと思うとその分時間を捧げる事になります。

    トピ主さんは精神的な病みや世間からの負い目も抱えつつ、週5で8時間労働はすごいと思いますよ。
    頑張ってると思います。

    ですが、そのくらい働いているのなら別業種で正社員になった方が良いと思います。
    今の職場でもありだと思いますが、例えば週5(というか週休二日制)で6〜8時間勤務のサービス業接客業なら
    求人広告を見ると沢山ありますよ。

    正社員は責任が重い…と腰が引けるかもしれませんが、私は長らく接客業してますが
    そんなに重く考えながら働いてる人だけじゃないです笑
    トピ主さんも同じ仕事をしていて分かるかと思いますが、正社員とバイト、そんなに変わらなくないですか?

    親が他界したら保険や年金は自払いですから、一生扶養内で今の仕事するのは難しいですよね?
    どうせ同じ時間で働くなら社保完備、正社員の方が得ですよ。
    そのあたりは求人広告と睨めっこして下見して決めましょう。

    あと、正直親としてもその方が嬉しいとおもいます。
    今でも十分あなたを心配してますし、正社員になったら内心ホッとすると思う。

    ユーザーID:3915267409

  • どうせずっとアルバイトではないでしょうから

    そのうち正社員になれば、嫌でも扶養をはずれて働くことになります。
    今はまあ、お父様に甘えてもいいのではないでしょうか。
    一緒に暮らしてあなたを近くで見ているお父様が、いちばんあなたの状態をわかっているのだと思います。
    ご自分で思っている以上に無理をなさっているのかもしれません。

    アルバイトによっては、フルで働くことを想定しない労働内容なものもあります。
    そういう職種の場合、毎日長時間働くと疲弊してしまうという可能性もあります。

    今はあまり無理をせず、扶養内で働き、
    正社員になるための資格の勉強をしながら体力を付けていくのがいいと思います。

    人生のすべてのステージで、常に模範的に生きられるひとは幸せです。しかし、そこまでがんばる必要もないのです。
    無理せずいきましょう。

    ユーザーID:5180695192

  • いつまでも

    いつまでも あると思うな 親のカネ

    ご両親にどれだけの資産がおありか分かりませんが、
    働き手の父親が急に事故に遭ったり病気になって収入が途絶え、
    逆に医療費などの支出が発生してあっという間に生活基盤が崩れてしまうことは
    よくあることです。

    その時、あなたにはどれだけの貯金、蓄えがあるでしょうか。

    親のサポートがないとして一度自分の人生設計を考えてみるべきです。

    ユーザーID:2718805787

  • 扶養内でいいのでは?

    それぞれ事情がありますし、
    自身の事情に則した生活が好ましいのではないでしょうか。

    将来の事を考えれば、
    成人していながら、学生でも無い身分で、
    扶養内で働くという選択はとても不利なものでしょう。

    しかし、現在を生きなければ、将来はありません。

    精神的に病んでしまった事があるのなら、
    今は現在を生きる事を最優先し、
    無理の無い働き方をした方がいいと思います。

    親が扶養内を許すなら、それはやはり、
    トピ主の今まで、そして今を見て、
    将来よりも現在を優先すべきと考えた結果でしょうから。


    ただ、社会は、トピ主の個人事情は考慮しません。
    扶養内でも、働いていれば実績にはなりますが、
    それが評価されるかどうかは別の話です。
    扶養内で働くにしても、
    扶養を外れて働くにしても、
    現在の延長線上に将来があるという事をお忘れなく。

    ユーザーID:8275567680

  • 今はそれでいいと思いますよ。

    社会人として、納税の義務を果たしながら働きたいという気持ちがあるのですね。

    ただ、前に精神的に落ち着かなかった時期があったこと、勤務先の上司が理解してくれていることを考えると、しばらくはお父さんの扶養の範囲内での働き方をしてもよいと思いますよ。

    勉強の時間がほしいとありますが、進学や資格取得を考えていますか?
    次のステップを目指すため、アルバイトの傍ら、前向きに取り組んでいきましょう。

    もし、進学等の予定はなく、正社員として働きたいということであれば、まずは公共職業訓練を受講するのもよいと思います。窓口はハローワークです。
    3〜6ヵ月程度の訓練(無料)期間中、社会人としてのビジネスマナーや専門技術が習得できますよ。
    履歴書にも記入できるので、新卒での就職はしていないが、ビジネスマナーは訓練で身につけました、とアピールできます。

    最後に。
    健康保険はお父さまの加入する健康保険制度での要件を満たせば扶養家族となれますが、国民年金はお父さまの扶養にはなれません。
    年金制度の扶養は、サラリーマンの妻のみが対象であり、子は対象ではないからです。
    年金保険料の負担が苦しく納付していないのであれば、すぐに市区町村役場で相談しましょう。保険料免除の手続きを必ずしておきましょう。
    所得税等の非課税の範囲は、社会保険とは年収要件が異なります。
    この機会にネットで正しい情報を整理しておきましょう。

    今、無理をしない働き方をして、将来環境が整ったら自立できるような働き方にシフトチェンジしていけばよいのではないかな。
    自分の今の心身の状態をしっかりと理解した上で、働くことが大切だと思います。

    前向きな気持ちはありますよね。今の自分を認めてあげましょう。

    ユーザーID:5064371881

  • 確認

    アルバイトしているところは社会保険がありますか?

    週5で8時間勤務ならアルバイトでも社会保険の加入条件は満たしていますので社会保険に加入しないといけませんが。
    130万関係なく労働条件によって社会保険には加入しないといけません。


    扶養には2種類あって所得税上の扶養と社会保険上の扶養です。

    所得税上の扶養だと1年間の収入が103万以下。
    130万だと所得税ではお父様の扶養にはなりません。

    社会保険の130万は所得税のように1年間で130万を超えるではなく、「130万を超える見込み」です。
    つまり、130万÷12ケ月=108,333円。
    上記金額を超えて働き続けていると扶養ではないと看做されます。
    但し、扶養条件は加入している健保組合によって色々違う場合がありますので、詳しくはお父様が入っている健保組合に確認して下さい。

    それから、20歳を超えていると健康保険はお父様の扶養になりますが(国民健康保険だと支払あり)、年金は扶養であっても支払わないといけませんよ。

    ユーザーID:5663066824

  • 就職は諦めるってこと?

    どっちがいいかなんて、あなたが何をしたいかによるんだから、こっちはわからないですよ。
    あなたの住んでいる地域で仕事があるかないかもわからないので、
    今の仕事を捨てるのが賢明なのかもわかりません。

    一般的には、資格も何もないなら、年を食うほど正社員にはなりにくくなるでしょう。
    だからそんなことしてないで、就活を続けて早く就職する。

    というのが正解でしょう。

    ユーザーID:3039558789

  • 親の

    親は何を考えたら、若い人にそんな事を薦めるのかよくわかりませんし、あなたもどういう将来設計を描いているのか、全くよくわかりませんね。
    将来どうなりたいか、全く見えてこない生活ですよね。
    まあ、一生お互いに依存して生きていく覚悟ならそれで良いのでは?
    働く時間を削ってまでやりたい趣味と勉強って何ですか?

    ユーザーID:0331000159

  • 親はいつまでも居ません

    トピ主さんは出来る限り早く自立できる様に
    働ける様になった方が良いです。

    精神的に。。。とあるのですが、働けないほど
    ではない様ですし、ご両親もいつまでも働ける
    訳ではありません。

    勉強などは期限を切ってアルバイト生活からは
    卒業して、正社員もしくは派遣でも良いので
    130万円の壁などと言わずに、フルタイムで
    働きましょう。

    今のままではご両親共々、共倒れになりますよ。

    ユーザーID:3487266404

  • いつまで親に頼るつもり?

    親が死ねば、必死に婚活を始めるのですか?

    人間、堕落したら、急に頑張れませんよ。
    精神的に病んでしまった経験があるならなおさらです。

    バイトをフルタイムで続ける、扶養のまま空き時間に正社員になるための就活する
    この二択だと思います。

    ユーザーID:6370117226

  • 扶養家族に入るのはどうかと思いますが。

    20代ですよね。
    転職活動、健康のために暫らく扶養ではわかりますが。
    プライベート、趣味の充実のためには?
    今優先すべきは何かを考えたほうがいいのでは?
    結婚相手がいる、親に財産があるなら別ですが。
    正社員になりたいのなら、今がんばらないと後で後悔しますよ。

    私があなたの親なら。
    中途半端な働き方をするなら、今の仕事を辞める。
    時給が低くても目指す仕事に繋がる仕事に就いてほしい。
    (接客業は正社員になったら、もっと悲惨でしたよ、私の場合。)
    最初から5時間なら5時間のところに働いて、残り3時間は転職活動に回す。
    たまに遊びに行くのは気晴らしだからいいと思いますが。
    働いてるのか、遊んでいるのか、よくわからない働き方はどうだろう?と思います。

    ユーザーID:4125088733

  • もったいないですね

    ・キャリアで頑張るつもりはないのですか?

    ・独り立ちするつもりはないのですか?

    ・いつまでも親にすがれませんよ

    ・フリーターじゃ結婚の条件も悪くなりますよ

    ユーザーID:3657954167

  • 自立のために

    損してでも、自分で社会保険料を支払う立場をお勧めします。
    順風満帆ではなかった私自身の社会デビュー、「なんでこんなに苦しい思いをしてまで働くのだろう」と思った時期がありました。
    20代、資格取得のために仕事をやめて親の扶養に入りたいと申し出たら、日頃娘に大甘の父が、きっぱりと「お断りします」と。
    ショックが大きかったのですが、改めて「なぜ働くのだろう→社会保険料を納め続けるため」という解が出ました。そして転職。

    その後、腹がくくれた結果なのか、転職先の分野で順風が吹き、四半世紀が経ちました。
    ねんきん定期便で知らされる年金額は、長年働いた成果です。

    この先、年金なんてあてにならないという風潮はありますが、社会保険を支払い続けた人に対する国からの見返りはそれなりにあるはずです。
    どうか細く長く働き続けてくださいね。

    ユーザーID:2232462346

  • 資産家なの?

    親の扶養内で働くという選択肢があることに驚きました。考えたことなかったです。
    資産家で、一生生活に困らないなら、それでも良いと思います。
    ご両親が病気で働けなくなったり、亡くなった時にどうするおつもりですか?
    雇用保険は入ってますか?年金は大丈夫?
    財産を継ぐ時には税金がかかりますがご存知ですか。
    トピ主さんのような考え方の方は、おそらく、生涯かかる費用や受け取れる金額、世の中の雇用状況などの知識が乏しいのだと思います。
    無知ほど怖いものはありません。
    と、無知な私はよく思います。

    ユーザーID:7351479194

  • エールを押しました

    しっかりした文章にみられるように、しっかりとした自覚を持っていらっしゃるのですね。私はどちらの選択にしろトピ主さんを応援したいなと思いました。

    扶養に入るのは一時的でいいのではないでしょうか。いずれパートではない正社員につくことを考えてみてください。

    私自身はトピ主さんの悩み、よく分かります。私はずっと専業主婦で夫の扶養に入っていましたが、ある時点から収入を増やし扶養から外れました。そのときの精神的な開放感は得がたいものがありましたよ。金額的には扶養のほうがよかったかもしれません(昔でしたから専業主婦の特権はすごかった)。

    だからいつかは自立、という方針をたてて、いまは体を休め、開いた時間に資格をとる勉強をしたらどうでしょう。

    ユーザーID:5426109522

  • 人それぞれ。

    扶養内で働いてみて、やはり違うなと感じたら、また扶養から外れれば良いです。


    お父さんの会社に負担が掛かるだけですけど、仕事ですから大丈夫よ。


    自立したいなら、まずは家族の家事を全て担ってみては?
    働く時間を減らす事は遊ぶ為だけでは無いでしょ?

    ユーザーID:6009431727

  • 目的があるなら扶養内

    「勉強」の中身が公務員試験などの就職につながるものなら扶養内でいいと思います。
    そうでないなら接客業もスキルになりますから、扶養外で働き年金保険料を払いましょう。
    様々な働き方があるので学生の就活とは違う方向から就職することもできます。
    もしプライベートを充実させるためだけに楽をすると、将来大きなツケを払うことになるでしょう。

    ユーザーID:1011838071

  • 正規雇用目指しなよ…具体的にやりたいことがあるの?

    フリーターとして働くって、非正規雇用ということですか?
    バイトとかパートとか派遣とか、そういうこと?
    なのに残業までするの?

    だったら、ちゃんと社員として社会保険に入れてくれる正規雇用目指した方がましなのでは。
    (アルバイトでも勤務内容によっては社保に入れる義務が雇用主にありますが)
    保険や税金、年金が負担に感じるのはわかりますが、正規雇用で社保に入れば給料から差し引かれる上に会社が一部負担してくれるのでそれほど痛いと感じませんよ。

    私は昔、夢をかなえるための自分の時間が欲しくてあえて社員にならずにパート扱いで社保にも入ってました。
    その方が残業や重い責任の担当にされず済むし、固定の日に休めたからです(社員は酷使されていた)。
    社員よりはお給料は少なかったけど、自分の夢のための時間は確保できたし、何より社保に入れたのでその仕事を辞めた後で夢を本職にするための準備期間(無職)にも失業保険がもらえました。

    トピ主は今でも残業なんかさせられて自分の時間も取れないなら、非正規雇用のメリットないですよ。
    そこまでガツガツ働けるのなら、いっそ正社員になって社保にもちゃんと入って親の扶養は外れたほうがましなんじゃない?

    ちなみに私は非正規雇用の代わりに確保した「自分の時間」で色々身に着けて、いまは独立して夢の仕事で生活できています。

    やりたいことがはっきり決まっていて時間が欲しいなら非正規雇用で社保に入る、やりたいことが特にない怠け心で「プライベートも欲しい」なんて言ってるのなら、時間の無駄なのでちゃんと社員になってバリバリ働いて扶養も抜けて独立して、2.3年くらい仕事に集中してみたら?
    その2.3年の間に仕事を通して本気でやってみたいことができたり好きな人ができたりすると思うので、プライベートを考えるのはそれからでいいと思う。
    まず貯金がないとやりたいこともできないよ。

    ユーザーID:6090201984

  • どちらでも良いと思います。

     最終手取り額が、同じならどちらでも良いと思います。
    ただ、考えておくべきことは、いつまでもお父さんの扶養に入り続けることはできません。
    そのため、5年後、10年度にどうなりたいのかを考えて決断してください。
    今後のことを考えて、今を生きてください。

    5年度 たぶん20代後半になっていますよね。
    その時、すてきな旦那さんと結婚して専業主婦になっているのなら、無理をする必要はなりません。
    扶養の枠の中で働き、自由な時間を堪能すれば良いと思います。
    そして、結婚に向けて、準備を進めていけば良いだけです。

    5年後に自分の稼いだお金で生活していたいのであれば、今は扶養に入って、正規職員として働くことを考えた方がよいと思います。
    就職して、5年10年経てば、収入はフリーターで目一杯頑張った額より多く稼げているはずです。
    その時に別に結婚していたなら、共稼ぎ夫婦になっているだけのことです。

    5年後、10年後を考えれば自然と答えが出るはずです。

    ユーザーID:8472441766

  • それよりも

    正社員の道を目指すことはしないのですか?
    いつまでも親の扶養内で働くことは出来ません。
    それとも結婚したら今度は夫の扶養内でとお考えでしょうか。

    精神的に不安定であったことは分かりますが、その理由をずっと持ち続けては独り立ちはいつまで経っても出来ません。
    フルタイムで働く体力があるなら、さっさと就職活動をする方が建設的です。
    年齢が若ければその分選べる立場にもあるのですから、フリーターの位置に甘んじてはいけません。
    今の仕事を減らす分、将来を見据えた職探しをしましょう。
    趣味や勉強はそれからです。

    ユーザーID:0140841343

  • 後から後悔する

    目先のことしか考えてないから悩んでるんだろうけど、
    扶養内だと、トピ主さん将来いくら年金がもらえるのかな??

    それから次の就職にも影響するかもね。
    私は採用も担当してますが、
    トピ主さんの状況で扶養内で働いてました!という人は採用しません。

    自分でオンオフの管理をしたいなら、
    就職は諦めて結婚して専業主婦になれば?
    子供を持つのは難しいかもしれませんが。

    ユーザーID:9242806941

  • 期限付きで

    精神のバランスを崩されていた時期があるとのこと。

    しばらくは、助走期間、リハビリと思って親御さんに甘えて(扶養に入れてもらう)もいいのではないですか?しかし、期限を設けないと、ずるずると抜け出せない心配もあります。

    期間を区切って、少しずつ自立の道を探られてはと思いますが、どうでしょう。

    ユーザーID:9118938092

  • ん?

    扶養はされても、妻じゃないから三号ではないですよね?
    健康保険は親のに加入するにしても年金は自分で払うのでは?払っていなかったらオオゴトです。確認してください。その口振りでは多分、親が払ってくれていると思いますが。
    また、結婚の予定があるなら兎も角、特に何も無いなら、想像してみてください。親が居なくなったら?また親が倒れたら?
    親が倒れたら私が時間があるから面倒見るわ!というかもしれませんが、介護って想像を超えるお金がかかります。
    経験したこと無い人は介護保険使えばいいじゃんと言いますがとんでもない。保険外のお金に翻弄されます。私も介護破産しそうになりました。
    いかがですか?
    自分の時間がとか頓珍漢な事を仰っていますが、その甘ちゃんな事を吹いていられるのは親が住む所や大人としての義務的支払いをしてくれているからです。
    その環境は有り難いと思いますが、いつか親は先にいなくなります。
    その時にあなたに何が残るのか?その時にあなたが今の仕事を続けていられるのか?
    続けられるよーと若い今は思っているでしょうが、さあやはり正社員に…正社員とまで言わなくともフルタイムに…と思ったときに下に若いフレッシュな女の子がいたらどうでしょうね?その子が正社員ならばあなたは不用となります。
    なぜそんな事わかるのよ?
    はい、私、小さな店を複数経営していて、あなたの様な人を沢山見てきて且つクビにしましたから。
    いい歳まで甘ちゃんでいた人は自身に甘くてね…それなりに私も何度も情けをかけて痛い目にあって出した結果です(泣)

    ユーザーID:6061765016

  • いやいやいやいや・・・

    国民年金は親の扶養に入っていようが外れようが、収入が有ろうが無かろうが、20歳を越えたら支払わなければなりません。(3号)
    そして無収入でも年収1億でも支払い金額は変わりません。

    支払い義務が免除されているのは、配偶者の扶養に入っている人(2号)だけです。

    学生や無収入であれば猶予制度が有りますが、猶予はあくまで猶予なので、今払わなくても後で払わなければなりません。
    収入が有るなら払っておいた方が良いと思いますよ。

    ユーザーID:3007305885

  • 将来的にはどうするの?

    就活が上手くいかなかったのは残念ですが、中途採用等で正社員になるつもりはないのですか?
    自分が親だったら、求人誌を見るなり職安に行くなりさせて、早めに定職に就くように促しますけど・・・

    「精神的に病んだ 」と書かれているので、扶養でも良いというレスも多そうですが、そこで甘えちゃうとこの先ずっとフリーターで過ごしてしまうのでは?
    御両親はいつまでも若くありませんよ。
    趣味も勉強も、大学の4年間でそこそこ出来たでしょう?
    収入に繋がる資格取得のための勉強なら敢えて時間を作るのもありですが、趣味的な勉強なら余暇にやるべき。

    ユーザーID:2211556808

  • 独身ですよね?

    「扶養の範囲」というのは税制上のことと社会保険上の二通りあります。
    トピ主さん独身ですよね?
    20歳を過ぎておられますか?

    独身だと社会保険上、父親の扶養には入れません。
    130万円の壁は、社会保険上、『既婚者が』配偶者の扶養家族になれる基準です。
    税制上は103万円以下なら父親の扶養家族になれる、ということになります。

    何をどう計算されたのかわかりませんが、市役所の窓口にでも行って制度をきちんと勉強るこすることから始めてください。

    「病気や体力がないためフルタイムで働けない」ことを責めるつもりはありませんが、年金の保険料は払っておいたほうが自分の将来のためですよ。
    今がよければいい、という考え方はしないことをお勧めします。

    ユーザーID:5052762755

  • 勉強内容と体調次第

    サービス接客の仕事ですが、普通の人でもかなり厳しい仕事です。
    故に人手不足や離職率の多さや過労で体調を崩したり、中には亡くなる人も居ます。
    トピ主さんには不向きの仕事だと思います。
    職場の人間関係に接客、スタッフが少なく多忙、残業が多い、場合によってはクレーム対応があるので他の業種への転職をお勧めします。

    勤労に前向きなのは良いのですが、また病気がぶり返さないか心配です。
    お父さんの了承も得ていますので、徐々に環境と身体を慣らせてからフルタイム勤務で良いと思います。

    精神疾患と言う事で主治医の先生と相談しながら時間数を決めたらいいと思います。
    何の勉強か解らないのですが、転職に役立つものでしょうか?

    ユーザーID:4593285757

  • 難しい問題ですね。

    ただ、扶養内かどうかより、これから先、どうするのかをよく考えた方が良いと思います。サービス業が悪いわけではないけれど、正社員の道を探して自立できる様にしておかないと、フリーターで一生過ごせるとは思えません。今時は、結婚できるかどうかも分からないし、結婚しても共働きが普通になってきていますからね。今は扶養内に取り敢えずしておいて、正社員の道を探す事をお勧めします。一人でも生きていける収入を得るのは、若い時が可能性が一番ありますから。

    ユーザーID:0416152714

レス求!トピ一覧