現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

瞬間移動

ハイホー
2017年9月22日 21:00

タイトルの言葉はかなり前からあったと思いますが、SFやマンガの世界かと思っていました。(これらをバカにしてはいけません、むしろ想像力豊かな先見の明の産物というべきでしょう)

その後ブラックホールのワームホールや量子コンピュータのことを聞き及んで、もしやという気持ちとともに現実味が増してきました。

私が生まれるはるか前に誕生していた量子力学、初めは奇妙で面白いという程度の認識でしたが今はこの世界を支配しているというのにほとんど異議はありません。

なぜなら日々の行動はまさに選択の連続で、ここに確率が大きく関与していると思うからです。

私を含めて瞬間移動を間近に体験することは無いでしょうが、皆さんはこの世をどのように見ていらっしゃるのでしょうか?(もちろん、その方面の研究をなさっている方も・・・)

ユーザーID:8619593482  


お気に入り登録数:17
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:7本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
もうひとつ
ハイホー(トピ主)
2017年9月23日 9:26

小さいころに分子、原子という言葉を聞きました。
そうなら細かく見ていくと隙間があり、一握の砂も掌からこぼれる(抜け落ちる)こともあるのかなと思いました。(実感はありませんでしたが)
それが、なんとスカスカだというではありませんか。

瞬間といっても瞼の瞬く時間なら有限ですから、瞬間移動の定義は曖昧かもしれません。
まして相対性理論(聞きかじりです、深いことはからきしダメです)では、時間は個別に流れているらしい。

事実は小説よりも奇なり・・・
たまには思いがけないことも起きるという具合に捉えていましたが、今はちょっと違います。
人間の存在は自然の一部だとすれば、人間の作った小説よりも自然の出来事のほうが先を行くということは十分考えられます。

ユーザーID:8619593482
あの世とは
この世の人
2017年9月23日 9:32

瞬間移動とずれますが近いテーマだと思うので。

夕べ、ヒストリーチャンネルで暗黒物質についての映像を見て自分なりに
想像を膨らませてみました。
我々の現存する世界に重なる様に暗黒物質の世界も存在しているかも、とか。

もしかして「あの世」とはその暗黒物質の世界で、死んだらその世界に行くのかな?とか
あれこれ想像しました。
ただ、行ったり来たりの輪廻は勘弁して欲しい。
今生はそう悪くはなかったけど、やっぱり生きるってしんどいから。

ユーザーID:3987301952
世界は
次郎
2017年9月23日 11:32

数年から数十年先に技術的特異点を迎えます。
地球外生命体が存在するとして地球の100年先の技術を持っているところは当然あると思います。100年なんて宇宙の歴史規模では誤差にもなりません。

すると、瞬間移動できる生命体が地球に瞬間移動して来ていてもいいことになります。

来ていないようなので、瞬間移動や地球外生命体が地球侵略には懐疑的です。

ユーザーID:7515935422
不思議だけど
みち
2017年9月23日 22:48

二重スリット実験というのを知った時は怖かったです。
素人ながら、自分が観察しなければこの世界の物質は全て
波動なのか?とか。
でも日々、忙しい生活をしていると気にならなくなり
まあ、自分が生きてる間に宇宙の秘密が解明されることは
ないんだろうなと。

ユーザーID:6649146701
瞬間移動を題材にしたSF映画があります
ねこのヒゲ
2017年9月24日 3:53

瞬間移動を題材にしたSFに「ハエ男」(映画では「フライ」だったと思います)が有名です。
AからBへ移動するのに、Aの装置で分子レベルまで分解し、Bの装置で人間の形に戻すのです。

犬とかの動物実験もやって成功したと思います。
AからBへの瞬間移動が順調に成功していました。

ある日、装置を作った博士自身、人体実験をやり、数回は成功します。
何度目かの実験時、Aの装置に博士が入り、ハエが一匹紛れ込むのです。

人間もハエも分子レベルまでバラバラになり、Bの装置再生しますが、顔はハエで体は人間のハエ男が出来ると言うストーリー。

ユーザーID:7841048089
あまり知識はありませんが、
2017年9月24日 9:33

ドラえもんの道具で一番欲しいのはどこでもドアでした。世界中の何処でも自分の地点と行き先を結んで大幅な時間とコスト短縮出来てすごく実用的。しかもコンパクトに携帯できる。
飛行機や車は必要無くなりますね。しかし時空の衝突事故は起こるのかしら・・・

今住んでいるこの世界は実際3次元ではない様ですね。縦、横、奥行き以外に時間と質量がある時点で違う気がしていました。
相対性理論で唱えられるこの質量で時間軸が歪むというのがもう一つ(2つ?)の次元の証明、且つワープの可能性なんでしょうね。
この次元を観測し実用化するのは至難の技でしょうが、いつか実現されると面白いです。

ユーザーID:8947808835
いわゆるテレポートですね
エコ好きパパ
2017年9月26日 18:42

瞬間移動って、超能力などのオカルト的なものを別にすれば、SFで言うところのテレポーテーション(テレポート)ですね。
SFではテレポートを実現する方法として、対象(人間でも、物でも)を分子構造にいたるまで精査して設計図を作り、その上で対象を分解した上で設計情報を電波などに乗せて目的地に発信し、目的地で再びその人間なり何なりに組み立てています。
スタートレックなどに出てくる物質転送機ですが、早い話がPCで行うファイル移動と同じですね。
この場合は移動といってもカット&ペーストで、向こう側に複製を作るのと同時に、元のファイルを消去しているわけで、その線でいくと、テレポートした結果出現した人間は、元の人間そのものなのか、まったく同じ構造のそっくりさん(自我や過去の記憶も同一)なのか疑問です。
もしかすると、本来の対象は瞬間移動したとたんに消去されていたりして…(怖い)

ユーザーID:0771296256
 
現在位置は
です