治癒しない脳腫瘍の夫

レス10
(トピ主1
お気に入り170

心や体の悩み

まい

よろしくお願いします。
50代前半の夫婦で高校生の娘がひとりおります。私の
夫は30代の時から病気と闘ってきました。大腸ガン、腎臓ガン、尿管ガン、膀胱ガン。
今までは何とか社会復帰を果たしてきましたが
二ヶ月前に脳腫瘍が判明。腫瘍の組織を検査した結果、最も悪性度の高いグレード4、
グリオブラストーマと診断されました。
左半身麻痺の状態で、現在は放射線と経口の抗がん剤治療をしています。
運動機能をこれ以上損なうからと腫瘍摘出手術は出来ず。
辛うじて病理検査のための生検はしてもらえましたが…
本人も妻の私も死を覚悟はしています。
本人の絶望感や先々のことを考えると
辛いです。一人で居るときはいつも泣いています。
夜、眠れません。
配偶者の闘病を支えるのは、みんなが通る道ですが、
この辛さはどうしたらいいのでしょうか。
経験者の方のお話を伺えたらありがたいです。

ユーザーID:7340587136

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • テレビで見たのですが

    スーパードクター特集で、脳外科の福島先生が紹介されていました。
    普通なら断られるような手術も沢山されているようです。

    今見てみたらホームページがあり、患者さんが直接先生に連絡が取れるようになっていました。
    とりあえず相談だけでもされてみてはいかがでしょうか。
    ネットの動画なども多分あると思うので、どんな先生か見てみてからでも。

    ユーザーID:3920885031

  • 家族が闘病中です。

    心中お察し致します。

    ここ何年か、家族を複数看取って来ました。
    今は実父がトピ主様旦那様と同じ病気で闘病中です。
    高齢なので治療は一切していません。
    食べ物も食べられなくなってきました。

    泣いてる暇はないんです。
    行きたい所があれば、行きましょうよ。
    食べたい物があれば、食べさせましょう。
    家族で、御主人のやりたい事を最大限フォローしましょうよ。
    時間に限りが有るんです。
    泣くなんて、今やらなくても、いつでも出来るんです。
    今は、御主人が快適に過ごせるよう、お手伝いすることだけ。

    本人の希望があるなら、自宅で過ごす事も出来ます。
    自宅で看とることも出来るんです。
    介護保険も使えますよ。

    何をすることがベストなのか、後悔しないようご家族で考えてください。

    どうぞ、
    笑顔で一日一日を大切に、御主人と過ごしてください。

    ユーザーID:2288068308

  • 大変ですね。

    ご主人が重いご病気では、奥様も精神的にも身体的にもお辛いですね。
    お察しいたします。

    先行きを案じて涙するお気持ちも痛いほどわかります。

    でも逃れることが出来ない運命なら、辛くとも頑張るしかないと思います。
    1番辛いのはご主人です。

    私は母を送った時、母の辛い闘病を見て泣いてばかりでしたが、今思えば辛い母を見ている自分が辛いと自分の気持ちばかりだったなと思います。

    何が必要かと言えばご主人に寄り添うこと、自分に出来ることが何もなくても1人にしないでそばにいてあげることだと思います。

    ご主人のために頑張ってください。

    ユーザーID:5735807251

  • お辛いですね

    リズ・ブルボー著「ガン 希望の書」をおすすめします。

    ユーザーID:1299166270

  • 笑顔でがんばりましょう。

    私の主人も末期ガンです。
    主人は6年前より大腸がん手術、転移性肝癌手術、2度目の転移性
    肝癌手術、リンパ節転移手術、多発性肝癌抗がん剤治療、肺癌と
    ずっと癌と闘ってきています。
    毎回10時間以上の手術を乗り越え、私のもとに帰ってきてくれて
    いましたが肝臓への多発性肝癌を発症してから手術不可
    抗がん剤治療のみと言われ、副作用と闘いながら頑張りましたが
    この前最期の抗がん剤と言われた抗がん剤が効かなくなりました。
    今までも4回もの大手術に2度生死を彷徨うな時もありましたが
    なぜかこの人は大丈夫と思えたのですが最期の抗がん剤が効かなく
    なったと聞いた時は死を意識せざるおえない状況になりました。
    私も毎日オロオロしています。
    背中が痛いと身動き取れない程痛がったり、発熱が38℃以上に
    なると主人を車に乗せ救急に駆け込んだり、入院の場合もあれば
    自宅での対応の時もあり、その時は4時間おきに薬やパジャマを
    飲ませて着替えさせたりほとんど寝むれないときもあります。
    そんな中でもどんなに辛い時でも私が笑えば、主人も笑います。
    私がニコニコしてくれるから頑張れると言ってくれます。
    私は主人が亡くなった時後悔のないようにしたいと思っています。
    これからのことを考えるといっぱいいっぱいになってしまうと
    思います。でもお互いに笑顔でがんばりましょう。
    心より応援しております。

    ユーザーID:0699490793

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • お医者さんの体験記から

    その方はお医者さんで、グリオーマのグレード4になられて、その分野では強い東京女子医科大学病院にかかってなおされたそうです。本はネットで検索すると出ると思います。

    東京女子医科大学病院で治療は受けられなくても、アドバイスのようなものが受けられたら…

    ユーザーID:5494936604

  • 泣いていいですよ

    酷な事ですが、ご主人と共にいられる残り時間が見えてしまった。
    本当は全ての人にあるはずなのに、見えない事は幸せな事なのかも。

    私もガンで昨年夫を見送りました。治療の手がなく緩和に切り替えてからは1年でした。
    2人の時には「泣くのは後でいくらでもできる」と色々がんばってましたが
    お風呂の中では声を出さずに号泣してました。(バレましたが)

    彼が「死ぬ前に〜」という感じが辛すぎると言っていたので、
    お互いに、我慢しすぎないように、なるべく普段の生活。
    でも「したい事」はなるべくやる。絶望にひたりすぎない。
    そんな感じで、2人でお茶を飲む。そんな普通のありがたみを噛み締めた日々でした。

    「自分が逆なら、残される事に耐えられない。本当にごめんね。」と何度も言っていました。

    亡くなった後の事は、その時に考えましょう。コレにつかまってはダメです。
    ご主人とたくさん会話して、希望も愚痴も泣き言も罵倒も、何でも聞いてあげてください。
    まいさんが辛くなる事、悲しくなる話もあるかもしれません、
    でも聞けるのは今のうちです。

    私は看取りまでの1年間「今が自分の人生で一番がんばる時なんだ」と思っていました。
    愛する人に出会えて、最後を看取れるのです。幸せな事だったと私は思います。

    どなたか、まいさんの気持ちを吐き出せる人はいますか?
    全部背負ったら、潰れてしまいます。それではご主人も辛い。
    弱音を吐く、人、時、そこのバランスです。
    見当たらないなら、小町に泣き言を言ってください。
    きっと皆さんが受け止めてくれますよ。私も見てますよ。

    ユーザーID:9750974149

  • 辛いですね

    まいさん、毎日どれほどお辛い日々でしょうか?私は突然死で夫を亡くしました。まいさんが「闘病を支えるのは皆が通る道」と書いておられますが、そうばかりではないのでしょうね。闘病を支えている方たちの、現在のお気持ちを察するには余りあります。看病できたからまだ良いとか、突然の別れのほうが辛いとか、比べることは出来ませんね。どちらをも経験することは不可能ですから。今すぐにでもあなたを抱きしめて差し上げたいです。苦しいね、よくやっているよと伝えたい。そう思っている人間がここにいる事を伝えたくて・・・正直弱っていく愛する夫を看病することがどれ程辛いことか、考えただけで苦しくなるから。ただただあなたに寄り添いたくて、心を抱きしめたくて出てきました。応援しています。私も50代、一年半前に夫と死別しました。

    ユーザーID:0769744329

  • 迷ったのですが

    辛いですね。それにしても長い間闘って来られたんですね。
    私は夫の死を乗り越えられた訳でもないのですが、少しでも力になれればと思って。
    ここに書き込むことで少しでも楽になるのであれば、それもいいですね。
    私なんて闘ったのはたった1年と少しなのに、書き込む余裕すらありませんでした。
    私の場合は、話を聞いてくれる人が身近にいましたので、なんとか頑張って来れたように思います。
    精神安定剤や睡眠薬を飲む日もたまにありましたが、この際それもアリだと思いますよ。

    ウチの夫は一年前にグリオーマのグレード3と診断されました。
    まさに、青天の霹靂でした。

    ウチは原発性の腫瘍でしたが、主様のご主人は沢山の癌を経験してるようですから、おそらく転移からくる脳腫瘍なのでしょうね。
    ウチの夫も50代で、性別や年齢からも悪性の確率が高いと最初から言われていました。
    腫瘍のある場所も悪く、到底摘出できる場所ではありませんでした。

    もし、摘出できそうな場所にあるのなら、東京女子医科大学に術中MRIがあるそうです。一度調べてみてはどうでしょう。

    担当医師と相談し、抗がん剤や放射線治療を行うのが最善だと思います。
    抗がん剤がよく効く方もあるようですし、少しでも長く生きられれば、その間にまた新しい治療法も出てくるかもしれません。

    夫は間に合いませんでしたが、ペプチドワクチンなどの治験を試すことも考えてはどうでしょうか。

    ユーザーID:2956876775

  • トピ主です

    皆さま
    レスをいただき、ありがとうございました。
    どうしても、毎日涙が出てきてしまいます。
    が、後悔のないように出来ることをしていきます。
    夜眠れないので、かかりつけ医に睡眠薬を出してもらいました。
    私が体調を崩しては困るので、気をつけます
    皆さまの温かいメッセージに感謝しています。

    ユーザーID:7340587136

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧