母親が乳がんに。

レス8
(トピ主2
お気に入り34

心や体の悩み

ぽてち

今年の夏、母親が乳がんになりました。
大きさが4cmと大きかったので術前療法を行ってからの手術になります。
末期というわけではありませんが、乳がんの中でも悪性度の高いher2陽性という種類だったみたいで、先が怖くてなりません。
今術前療法(抗ガン剤治療)を行っていますが、長い長いこれからの治療、気持ちの接し方がわからないというか‥。母親が一番不安で辛くて怖いのはわかっているんですが、たまに母に仕事や恋愛が上手くいかない愚痴を言ってしまう自分もいて。
まとまりながなくて申し訳ないですが、20代後半独身、母親が一番の相談相手だったので、この先がほんとにほんとに怖いんです。
なにかアドバイスいただけませんか。

ユーザーID:0386402456

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 病気をしているご本人のことを一番に

     お気持ちはわかります。でも今トピ主さんが感じているのは主に自分の不安や心配ですね。
    本当に不安で怖いのは自分の命がかかっているお母様です。お母様の命がそこに有る限り(後何十年も続く可能性ももちろんありますよ!)、自分の心配よりお母様のことを一番に考えた方が自分のためにもなります。
     自分の心配は後からでもできるんです。そうやっているうちに自分が強くなることを感じると思います。家族を何人も見送った経験から私が学んだことです。

    ユーザーID:6514420187

  • 術後8年たちました

    母が同じく、her2陽性で細胞悪性度の一番高い乳がんで、術後8年目になります。
    発覚当初は脇のリンパ節に転移もありました。

    原発の大きさは3センチ位で、まず手術をし、それから分子標的薬のハーセプチンと抗がん剤で再発予防治療をしました。

    抗がん剤はやはり体にはきつかったようで、70才だった母は一時だいぶ体力が落ちましたが、今では以前のように元気にしています。
    数年前に比べて、今は他にも使える薬が増えていると思います。大丈夫です。

    今が一番気持ちがつらい時だと思います。
    徐々に落ち着いてきます。ずっとは続きません。
    治療はとにかくお医者様にまかせて、お母様のメンタルのサポートをしましょう。

    あなたが心配そうな顔をしたり辛い思いを語れば、お母様はあなた以上に胸を痛めます。
    おつらいと思いますが、その思いは信頼できる友人に聞いてもらい、お母様の前では平穏な顔を見せてあげましょう。笑うことで免疫力も高まります。

    her2陽性の乳がんは悪性かもしれませんが、治療できる薬があり、それが効きます。だから大丈夫です。前向きにとらえましょう。

    私も術後一年は母の健診があるたびに神経をすり減らして、眠れない日々でした。
    一緒にがんばりましょう。

    ユーザーID:9472435340

  • 昨年、乳がんの手術を受けました

    ぽてちさんは、私の息子と同じくらいの年齢ですね。さぞかしショックだったことでしょう。私は昨年11月に乳がんの部分切除の手術を受けました。程なくして放射線治療25回、今はホルモン治療中です。私は、かなり早期発見でしたので、幸運だったと思います。ですが、告知も、検査も、放射線治療もすべて一人でした。夫は居ますが、仕事に趣味に忙しいということです。息子が一人市内で一人暮らしをしています。ここもなしのつぶてでした。孤独がこたえていました。お母さんは、貴方が居て心強いですね。どこの地域にも患者会が有ります。ネット、病院等で情報が入ると思います。乳がんの患者会は、比較的身近にあります。受けた治療、トラブル、対処の仕方とお話が聞けます。私は、ここで救われました。家族でも参加出来ます。貴方は、今までどおり、仕事や恋愛のことをお母さんに相談してもいいのでは?私なら、娘とそんな話をしたいと思いますよ。貴方は、お母さんが困っていたら助けてあげるくらいでいいと思います。私が18歳の時に、母が上顎癌になりました。初め、顔をがっぽり取るという話でしたが、違う病院で何とか残すことが出来ました。就職して間もなくということもあって、まだまだ自分のことで精一杯、不安で頭が真っ白になりました。貴方の気持ちも、お母さんの気持ちも察しが付きます。お辛いですね。患者会にて出会った方は、2度、3度、手術をするも、克服して元気にしている人が意外といます。富士山に登ったりして。まずは、抗がん剤ですね。吐き気など、辛いときは緩和する薬があるようです。看護師さんに相談してもいいかもしれません。ぽてちさんも検診を受けてくださいね。

    ユーザーID:1114367856

  • お母さまが早く元気になりますように。

    大学生と高校生の母です。私もちょうど1年前に乳がんの手術を受けました。
    私自身ももちろん怖くて怖くて不安に押しつぶされそうになりましたが、
    子供達が元気で普段と変わらない生活態度だったのが救いでした。
    なので、ぽてちさんもいつも通りにお母さまに仕事や恋愛の愚痴を言うのが良いと思いますよ。
    お母さまが一番の相談相手ならずっとそういう母娘でいるのが一番のお薬だと思います。
    何も話さなくとも、お母さまはぽてちさんがそばにいてくれるだけでも嬉しいはずです。

    ただ、ぽてちさんもずっと無理に気丈なふりをしていると壊れてしまうので、
    お父さまやお友達に吐き出す事も大事だと思います。大学生の娘がお友達に話を聞いてもらって
    少し気がラクになったと言っていましたから。

    お母さまの早い御回復をお祈り申し上げます。

    ユーザーID:2427001753

  • 思いつめないで、悩まないで

    私もがん患者で、去年手術をして今経過観察中です。(進行がんステージ3a)
    元々元気いっぱい病気知らずの母で、まさかのがんです。


    一人娘は、がん発覚時もそうですが、今も病気の事を思うと、
    不安や心配で押しつぶされそうになるらしいです。
    それが普通だと思います。

    ぽてちさん母娘と同じように、親子なのに恋愛やオシャレの話、また娘の愚痴も聞いています。
    そんな唯一無二の母親が、『がんになった』、、、ショックは大きいですよ。
    漠然とした言いようのない、将来への不安は、娘の方が当人より大きいと思います。
    親である私は、結構冷静で、再発をしないよう、転移をしないよう、日々の生活を淡々と過ごしていますが、
    『がんと共存』している感は常にあります。
    だからと言って、落ち込んだり不安定な気持ちになって、周りの家族に迷惑を掛けることは無いですが。

    ぽてちさんのお母様も、きっとご自分の事より、大切な娘であるぽてちさんの事を心配されていると思います。
    親は子供がいくつになっても、その行く末を気にかけ案じているものです。
    がんになった現実は変わらないので、それを気にするよりも今までどおりの母娘の楽しい時間を過ごすことに、
    目を向けていきましょう!悩むのは時間ももったいないし、メンタルにもよくありません。(笑

    今までどおり、仲良し母娘の会話、ぜひ続けてくださいね。
    愚痴ってもいいじゃないですか、自然体で、あるがままでいいのです。
    変に気を使われる方が、気持ちしんどいと思います。
    がんだけが病気ではないし、一つの疾患であり、今は治る病です。

    ぽてちさん、お母様を大切に、力になってあげてください。
    また貴女もしっかりご飯を食べて眠って下さいね。
    お母様のお体を案じています。
    大丈夫、、、心配しないで!!

    ユーザーID:0558636035

  • 大人になる時

    私は子供の頃に乳がんで母を亡くしたので、相談したい母がいません。
    別の家族も現在末期がんです。

    何年かの戦いになり、お母様は心身共に消耗しるかと思います。
    それはトピ主さんの比ではありません。
    もちろん支える側も大変で、愚痴などこぼしたくなる場面はたくさんなります。

    でも、今は自分の心配より優先順位はお母様のことではありませんか?
    たくさん愚痴や相談を聞いてくれて、逆にトピ主さんはお母様にそれをしてあげたことはありますか?
    28歳ですから甘えてばかりではなく、今度は自分がしてあげる番ですよ。
    子供のままの自分を卒業しましょう。

    転移などなければ最初の手術から落ち着く時期は出てきます。
    ホルモン療法などの治療は続きますが、それなりに元気にすごせる時期はきますよ。
    家族はその時期は仕事やスポーツもできました。
    お母様の治療が一段落して日常を取りもどして、そしたらいつもの娘に戻ればいいのです。

    お母様のご回復を心からお祈りします。

    ユーザーID:4583835123

  • ありがとうございます。

    実際の立場での回答、ありがとうございます。
    今私ができる家事や母の気分転換などはしています。
    こんなこと友達にも相談できなくて、でも仕事や恋愛‥大事な時期に暗い生活をしているわけにもいかなく。いっぱいいっぱいで辛いです。
    先の見えない不安でいっぱいですが、大丈夫と信じて進むしかないですよね。
    とにかく何十年生きてほしいです。

    ユーザーID:0386402456

  • 回答ありがとうございます

    実際の立場での回答ありがとうございます。
    もちろん母が一番辛いのはわかっています。だから、仕事や恋愛の悩みがあっても我慢して家の家事も私が全部して、母を励まして。
    でも母の病気は誰にも相談できない、仕事や恋愛も上手くいかないで、いっぱいいっぱいで辛くなっちゃうんです。
    信じて頑張るしかないですが。

    ユーザーID:0386402456

レス求!トピ一覧