カタカナガニガテデス

レス10
(トピ主0
お気に入り13

生活・身近な話題

もじ

片仮名が読み難くて苦手です。外国の地名人名などでも一瞬読みちがいしそうです。
電報もそうでしたね。
文章の中に片仮名が出てくると一呼吸してまず落ち着いて読んでいます。
漢字、平仮名は相応に大丈夫なのですが。
皆様、片仮名は普通に読みやすいですか。

ユーザーID:5833277909

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • かわいいけどな

    古い資料は平仮名より片仮名の方がすぐ読めますがね。
    訓点資料とか片仮名ばっか振ってあるし。
    まあ元々坊さん達が中国から渡ってきた文献読む際のめも書きから発展してきたんだから、
    がちゃがちゃした資料が多いけど、読むのは読める。
    で、慣れるとかわいい。

    地名人名は、文字のせいじゃなくて音の並びが把握しにくいだけじゃないかなあ。

    「すりじゃやわるだなぷらこって」「スリジャヤワルダナプラコッテ」

    「オペレーティングシステム」「おぺれえてぃんぐしすてむ」

    片仮名の方が読みにくいですか?

    まあ、読みにくいのもなんなので、
    「」内の例以外ははんどるねえむのまちゅぴちゅを含めて片仮名は使わずに書いてみました。

    ユーザーID:9469523658

  • 読みにくいとは感じないけど、読み流してるかも

    文章を扱う仕事をしています。誤字脱字チェックするとき、漢字やひらがなの間違いは、意識しなくても、自然に目に飛び込んでくるのに、カタカナ語の名前や地名、特に複数の単語がつながっている複合語の間違いは見逃しやすいです。

    漢字は意味を持っているので、一目で理解できる。ひらがなは漢字をつなぐために使われることが多く、漢字とセットになっているので、自然に読める(漢字を使わず、ひらがなだけの表記にすると途端に読みにくくなる)。カタカナは漢字のつなぎではなく、独立した単語として使われ、文字自体が意味を持たないうえに、多くが外来語なので、脳が反応する速度が落ちる。

    と思っているんですが、どうでしょうか・・・

    ユーザーID:2480085992

  • 場合によってはひらがなもそう

    職場に漢字を書くのが苦手な人がいました。
    名称の長い企業名を全部ひらがなで、しかも少しずつまとまりを付けてもいなくて、
    全文字等間隔で書かれてしまうと、何が何だかパッと見でわからないんです。
    思わず一文字ずつ声に出して音読していまいます。
    カタカナでもひらがなでも、多少の区切りがあると見やすいですね。

    ユーザーID:1816151175

  • 字面から意味が伝わってこない気がして

    よく読み間違えたり勘違いします。
    あと、覚えられない!涙

    外国の地名も人名もダメです。
    世界史も苦手でした。

    ユーザーID:4822629606

  • ひらがなもにがてです

    ひとつのぶんをぜんぶひらがなにすると、
    かたかなぶんとおなじくらいによみにくい?

    ヒトツノブンヲゼンブカタカナニスルト、
    ヒラガナブントオナジクライニヨミニクイ?


    やはりカタカナの方が分かりにくいか、、、

    ユーザーID:6198418618

  • 『講談社の絵本』

    私が小学生の頃の話ですが、
    戦時中に小学生時代を過ごした父が、
    自分の子供時代に売っていた本の復刻版を買い集めて私たち子供に与えていました。

    それがタイトルの『講談社の絵本』です。
    昔話や偉人伝や童謡集などいろいろありましたが、歴史的仮名遣いであることはもちろん、
    文章がすべてカタカナなんです。

    ムカシムカシ、アルトコロニ、オヂイサントオバアサンガオリマシタ。
    オヂイサンハヤマニシバカリニ、オバアサンハカハニセンタクニ・・・

    昔の子供はカタカナを先に習ったんでしょうか。
    こうした文章を読んで大きくなった私はカタカナをすらすらと読むことができます。

    でも、大人になってから本屋で見かけた『講談社の絵本』は純粋な復刻版ではなく、
    本文がひらがなに変えてありました。
    おそらく、カタカナだと読みづらいという意見を容れたのだと思われます。
    ですから、カタカナが苦手というのは、一般的なことではないでしょうか。

    ユーザーID:0480807581

  • 外国の地名・人名

    私(60・男)は在職中の仕事柄 (電気通信技術者) 外国の地名・人名・法則名などにカタカナが多く、学生時代から聞き慣れた「オームの法則 (ゲオルグ シモン オーム)」などはいいとしても、初めて聞くカタカナ語の法則名、それを発見した複数の人名などがなかなか読めないんです。

    これは中学1年生(1969年度)の時、社会科の「地理」の授業で先生が、

    「外国の地名はカタカナ表記で読みにくくて 舌がもつれちゃうよ」

    などと、カタカナの外国地名を教える先生も苦労していらっしゃいました。

    私も同様で初めて見るカタカナ用語 (地名・人名・法則名・・・) は何度もゆっくり黙読しています。

    つい先日も、過去に知ったカタカナの人名を間違えて覚えていたことに気が付きました。意外にも本の著者も間違えて執筆されていることもあります。本当は「音読」するのが一番でしょう。

    ユーザーID:9369521672

  • 同じように

    私もかの有名なアメニモマケズ
    完読したことがありません。

    ユーザーID:1823919676

  • 片仮名苦手で日本史選択したけれど

    学生時代、気が付いたら片仮名が苦手でした。
    初見の地名や人名が外国モノだと片仮名表記だから、たどたどしく1つずつ指で押さえて字を拾っていくような感覚・・パリやローマのように有名で単純なら問題はないけど、ポーランドやスロバニアのような詳しくない国の長い地名はお手上げ。
    高校では社会科の選択は漢字多用の日本史が良いだろうと選択したけれど、人名は一字違いとかで混乱しかけて、思ったほどメリットありませんでした。漢字間違えれば失点になるので、片仮名の外人の名前の世界史のほうが楽だったかななんて後悔することもありました(やつあたりです)。

    でも大学生になって気持ちにゆとりができて旅行などに興味が出てくると、自然に外国の地名や産業がスルスル頭に入る!中学高校の苦しみはなんだったの?
    経験が役に立ったのか興味が湧いたのが良かったのかわかりませんが、今では苦手意識は薄らぎました。でも時々読み間違えそうになるので、完全克服ではないな〜
    片仮名は字面が似ているのでデザインとしてはきれいだけど、漢字表記のように意味が一発で分かるわけではなく頭で変換しなくてはならないので、とっても疲れる表記だと思います。

    ユーザーID:0267095029

  • ワタシモデス

    片仮名、苦手です。
    漢字は書くのは苦労しますが、読むことは不自由しない。
    片仮名は書くのも読むのもなんだか面倒くさい。

    ある時、外国語の聞き取り問題に挑戦したら、私のメモには平仮名で「あーゆーふろむ…」のような情けない文字列が…
    しみじみ嫌いなんだなと思った出来事です。

    ユーザーID:8957245091

レス求!トピ一覧