お箸を持ってからお椀を持つ場合

レス20
(トピ主1
お気に入り32

生活・身近な話題

箸子

お箸を持ってからお椀を持つ場合、どのような持ち方をするのが正しいのでしょうか。
動画など検索しても、お椀を持ってからお箸を持つか、または、お椀を持つ瞬間だけカットされているのがほとんどです。

(右利きの場合)
左手をお椀に添え、右手は、人指し指と中指の間にお箸を挟むような形にしてお椀に添えるような感じでしょうか?
箸先は左斜め前の少し下を向くような感じで…?

ユーザーID:5602987769

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「正しい持ち方」はお椀を持ってから箸を取るの一択なので

    箸を持った後にお椀を手に取りたくなった場合は、一旦箸を置きます。
    そして、お椀を手に持ってから再び箸を取る。

    作法という点でいえば、お箸を持ったままお椀を取る正しい方法というのは存在しません。

    ユーザーID:6803569904

  • それはNG。逆なので。

    >お箸を持ってからお椀を持つ場合

    と言うのがそもそもNGなので、そういう作法はないんです。

    おわんを上げ下げ(持つ、置く)動作をするときは、箸は置かれた状態で行います。

    おわんを両手を使って持つ→箸を両手を使って持つ→食べる→箸を両手を使って置く→おわんを両手を使って置く

    で、ワンセット。
    違うおわんを持つときは、また両手で持つ、からスタートです。

    三角食べするとき、箸を持ったまま器を持ち帰るには?という疑問になってしまいますが、

    そもそもこれらの作法は一品ずつ提供される際の作法なので、
    家庭料理や定食のように同時に数品が目の前に並んでる状態で
    せわしなくあれ食べこれ食べするときは、正式な作法は通用しないという
    ことでよいと思います。

    もうちょっとかしこまったお席での略式懐石などでいっせいにお品が出ているときは
    多分かしこまってお食事する席ですから、ゆったり時間をかけて
    お椀やお箸を上げたり下げたり、合間はお酒を一口と言う箸を持たない行動が挟まったりして、ゆーっくり食べると、作法通りに
    できるのではないかと思います。

    ユーザーID:4017510270

  • いや、それって逆では

    そもそもお椀を持ってからお箸を取るのではないですか?

    ユーザーID:9246782402

  • 自分で実験する

    箸とお椀を一組用意する。お椀には半分ほど水を入れるのをお忘れなく。

    ダイニングテーブルと椅子、畳に座卓など、必要とされる状況で、どういう扱い方が安全で粗相がないか実験しましょう。
    その時の動作が、あまり見苦しくなければ、より好ましい。
    もし、和服をお召しになっての改まった席で必要なら、和服着用での練習もお忘れなく。
    TシャツにGパンでは難なくできても、動作の制限される和服では苦戦することもあります。

    トピ主さんが、何回でも安心して繰り返せる動作が、トピ主さんにとって正しく、作法にかなっています。

    権威付けが欲しければ、それからネットで似たものを探しましょう。
    どうしても似たものが見つからなければ、誰も知らないようなお公卿さんのお名前を拝借しましょう。

    ユーザーID:8331486247

  • お箸を置く

    汚れた箸先があっちこっち向く可能性があるので
    お箸をいったん置いてから両手でお椀を持ったほうが
    いいんじゃないかなと思うのですがいかがでしょうか。

    本当は一口ごとにもぐもぐしている間はお箸置いたほうが
    いいし、そうすれば毎回お椀を先に手に取れると思います。

    ユーザーID:7342655872

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • お箸とお椀

    「お箸とお椀の正しい持ち方」で検索するとたくさん動画がヒットします。
    別に持つ所もカットされてませんよ。

    ユーザーID:0089621452

  • そんなこと考えなくてよろしい

    なぜならお箸を先に持つ時点でマナー違反だから

    先に両手でしっかりお椀、お茶碗を持ちましょうよ
    お箸は落としても割れないけど、お茶碗は落としたら割れちゃうんですよ

    ユーザーID:3059494469

  • お箸ではなく

    お椀を先に持つのですよ。

    ユーザーID:2146257912

  • 一旦お箸置くのでは?

    和食の御作法としては、お椀を持ってからお箸ですよね。
    一旦お箸を箸置きに置いて、お椀持ってからまたお箸持てばいいんじゃないですか?
    それでは嫌なの?

    ユーザーID:0184007897

  • たぶん

    お椀を持ってから箸を持つのが正しいやり方だとわかっているんですよね? でも、家庭内でもっと気軽に食べたいということでしょうか?

    箸を親指と人差し指のまたのところに箸先を手前に向けて挟み、両手でお椀を持ち上げてはどうですか? 両手でお椀を持つので安定しますし、箸が落ちることもありませんよ。もちろん、マナーに沿ったやり方ではないと充分にわかってはいますが、家ではついついそのようなやり方をしてしまいます。案外、そのようなものだと思いますけどね。

    ユーザーID:9923535139

  • 過去ログ

    先にお椀を持ってからお箸を持ったら行儀が悪いと言われました。
    http://okm.yomiuri.co.jp/t/2016/0731/771914.htm?g=08

    箸を先に持つ作法は、有ります。
    高価な器を使うようになり、壊さない為に器が先となったようですが、武家の流れでは箸が先の用です。

    ユーザーID:3371479508

  • レスは庶民の作法です

    武家では室町に確立した 本膳作法 という礼法があります。
    晴れの料理では本膳料理が出され、食事作法があります。
    そこでは箸構えと言って 箸が碗より先です。
    全てのレスが箸より碗が先でトピの質問は礼にかなってない
    としてますが、その礼法は明治以降に庶民階層に広がった会席料理
    を基本にしている作法です。教える方も教わる方も江戸期には
    武士階層でなかったことを証明しているのです。
     本題ですが、この発言小町に同様の質問が昨年あり、答えが
    あります。検索して下さい。

    ユーザーID:1591004175

  • 主です

    主です。
    レスありがとうございます。
    お椀を持ってからお箸を持つという作法は、知らない人が意外に多いのです。
    知っていても、普段は先にお箸を持つ人も多いです。
    更に、先にお箸を持つという流派が全く無いかというとそうでもないらしく。
    以上のことから、先にお箸を持った方が良い場面もあると思い、トピをたてました。
    どのような持ち方が「正しいか」の他に、どのような持ち方が美しいか(見苦しくないか)。
    また、みなさんは、箸を先に持つ場合はどのようにしているか、なども教えてください。

    ユーザーID:5602987769

  • 本膳料理

    本膳料理(上級武家の饗応料理)の系統では、箸を先に取るのですね。勉強になりました。
    本膳料理の作法を学べば、トピ主様の疑問は解決できるということですね。

    本膳料理に用いられる高足膳(高さ40cm)がいつごろ登場したのか存じませんが、江戸時代までは正式な座り方=胡坐、片膝立でしたので、その座法で高足膳を使えば、箸を取ってからおわんを持っても然程不安定ではないかもしれません。テーブル席で和食を頂く時に近いというか。

    茶懐石では、折敷などにのせた料理を正座した姿勢で頂きますので、本膳料理と同じような作法だと具合がよろしくないように感じます。今の時代の一般的な高さのお膳で、座布団に座って食事を頂く場合は、茶懐石由来の作法のほうがスムーズではないかと思います。

    上級武家方式と茶懐石方式が混在していると個人的には違和感がありますが。

    ユーザーID:5226673084

  • 調べてみました

    本膳料理での箸を持った状態でおわんを取る方法、すごく気になったので調べてみました。

    研究論文からの孫引きになりますが、貝原益軒が『三礼口訣』中の「食礼口訣」に次のような記述があるようです。
    「先箸を取ば、しばらくさかさまに取り、右の手の無名指と小指との中にはさみ、大指食指中指の三指を以て、飯椀のふたを取て、左の手に移し、また羹椀のふたを取て、飯椀のふたの上にかさねて、右の傍にをくべし。其外さい椀のふたあらば、左の手にてひらくべし。先飯椀を左の手にてあげて、箸を順に取りなをし、一箸二箸飯を喰て下にをき、左の手にて又羹椀をあげて、羹の実を喰。又飯を喰、羹を吸実を喰て、(省略)本膳のさいを喰ふべし。」

    「さかさまに取り」がよく分かりませんが、まずは箸を取ったら右手の小指と薬指の間に挟んで、親指、人差指、中指で飯椀の蓋をとって左手に持たせ、同様に汁椀の蓋を取って飯椀の蓋に重ねて右に置いて、そして飯椀を左手(だけ?)でとって箸を持ち直す・・・という順番のようです。

    また、益軒より後の時代の庶民向け百科事典『江戸大節用海内蔵』中の 「当流躾方大概」にも、
    「まづ箸を右の手にとり持かへてその手にて飯椀のふたをとり左の手にわたしまた右の手にて汁わんのふたをとり今の如くして膳の左の方に重ねおさまづ飯を食ひ汁を吸ひまた飯を食ひ菜を食ひまた飯を食ひて菜を食ふなり」
    とあるそうで、まず箸を取り上げ、そのまま器の蓋をとってお椀を取るという「食礼口訣」と同様の順序です。

    「箸先の場合〜」という去年のトピでどなたかが提案なさった方法と一緒ですね。

    上記の作法書は150〜200年くらい前のものなので、現代の細かい作法を正確に知るには、しかるべき教場できちんと習うのがよいと思います。

    お椀を先に取るのは、明治以降の「会席」料理だけではありませんよ。

    ユーザーID:5226673084

  • 武家の作法では、椀を片手で持ちます

    武家の作法では、まず右手に箸を持ち、左手だけで椀を持ちます。
    右手は添えません。

    ユーザーID:5244417099

  • たしか

    右手薬指と小指の間に挟んでから
    (箸先は左)両手でお椀を持つ、
    だったような。

    ユーザーID:9816388753

  • 連投失礼

    専門トピで〜とレスしましたが
    見つけられなかったからと
    書かれていましたね。
    よく読みもせず申し訳ございませんでした。

    ユーザーID:9816388753

  • 改めて自分の動作を確認しました

    「先に箸を持った方が良い場面」というのは特には無くて,強いて言えば「先に箸を持った方が正しいと主張する人,特に目上の人や顧客と同席する場合」だけでしょう。
    その他の場合は,一般に正しいとされる「器が先」でも,多くの人がやっている「箸が先」でも良い(許容範囲)であると思います。
    私はどちらもできますし,適当に使い分けています。日常的には「箸が先」である場合が多いと思います。

    さて,「箸が先」の場合の手順ですが,以前,別トピックに書きました。
    どこに書いたかわからなくなったので,改めて自分の動作を調べてみました。

    持つとき
    ・左手の親指の第一関節を器の縁に軽く掛ける
    ・同時に左手の人差指先と薬指先を器を挟むように側面と底の真中あたりに当てる
    ・器の(向かって右の)底を飯台に置いたまま(ここを支点にする)
    ・人差指先と薬指先で器を支えながら
    ・左手全体で軽く器を押して,器を傾かせる
    ・空いた器の底と飯台の間に,前方から中指を滑り込ませる
    ・殆んど同時に,薬指も滑り込ませる
    ・中指と薬指の第一関節を,器の糸底に掛ったら器を持ち上げる
    ・途中,微妙に指の位置を調整する

    置くとき
    ・器の右底を飯台に置く
    ・そこを支点に
    ・人差指先と薬指先で器を支えながら
    ・薬指,中指の順に滑らせるように抜きながら
    ・左手全体をゆっくり引いて
    ・器を飯台に置く
    ・そのまま左手を引きながら
    ・器を離す

    こうしてみると,結構アクロバティックなことをやっています。
    器や指先の状態によっては,やり難かったり,たまには引っくり返すこともあります。
    やはり「器が先」でないと器を持てない場合もありますし,引っくり返す確率も下がると思います。家人に両方の所作の見た目を比較してもらったところ,「器が先」のほうが良いとの評価でした。


    なお,「本膳料理が…」とか「茶道が…」とかいうのは,無視して良いと思います。

    ユーザーID:6294384071

  • 知っていて損ではなが,それで他人を責めるのは…

    トピ主は気付いていると思いますが,一般的には「箸が先」の人が多いと思います。そのため,

    ・箸置きを使わないことが多い
    ・器の持ち方がおかしい人が多い

    ということになります。
    私が「本膳料理の作法」を否定するのは,

    ・現在はテーブルでの食事がほとんどである
    ・現在の作法は器を持って食べることを前提としている

    ためです。
    「本膳料理の作法」をしようとすると,

    ・器を持たず,小皿も使わない人が多く,ボトボト落とす
    ・手皿を使う人が多い
    ・懐紙を使う必要がある

    等,日常的ではありません。箸と器のどちらが先か,だけでは済まないことです。
    また,「茶懐石」「会席」は,茶や酒を楽しむのが主目的の食事であり,日常的な食事の作法としては適さないことが多々あります。
    更にどちらも,配膳する人の存在を求めるものであり,日常で,特に「家族で食卓を囲む」には不向きです。上級武家でもなければ,茶人でもない一般人が,本膳義料理の作法だの茶道がどうのと他人を責めるのは,滑稽です。

    ユーザーID:6294384071

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧