配慮より認め合い

レス10
(トピ主0
お気に入り10

生活・身近な話題

由美凛

マナー的なものには配慮することは大切だと思うのですが
最近、何でもかんでも配慮という言葉で片づけられている気がします
特に、最近の配慮は腫れ物に触るような、極端なやり方が多いのでは?と感じています

昔と違い、多種多様な生き方があるからこそ
配慮ではなく、認め合いの方が大切なのでは?と考えるようになりました

皆、いろいろな事情を抱えているのだから、全員平等に・・が難しい世の中です
ならば、配慮よりも自分と違う生き方を理由なく批判等したりすることをやめる方が先なのではないでしょうか?

配慮というやり方が、暗に差別だったり、哀れに感じたり
結局は認めていないということを言っているのと同じような気がしてなりません

ユーザーID:5426701594

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 寝た子を起こすな

    昔からありましたよ。
    もう、
    贔屓の引き倒し、
    逆差別ですよね。

    人間には、
    差別心はあるということを、
    思っていたほうがいい。

    ユーザーID:2223568816

  • トピ主さんのような方にこそ、配慮が欲しいものです

    それは、このトピックを読んでいる私たちに対して、という意味ですが。

    まず“何に対しての配慮や認め合いの話なのか”を明確にして下さらないと。
    対象を限定せず全ての事象において、という主張であったとしても、やはり二、三の具体例は必要です。
    何となく、マイノリティや社会的弱者と呼ばれる方々への差別や偏見について仰ってるのかな?と思わせる内容ではありますが、このように曖昧な書き方ではトピ主さんの言わんとするところがぼやけてしまい、共感も反論もしづらいのです。

    そもそも、トピ主さんが考える“配慮と認め合いの違い”も、“配慮よりも認め合いが大切という根拠”も、この希薄なトピ文では伝わってきません。

    読む人を蔑にした、独り善がりのトピックを立ててしまう由美凛様にこそ、配慮の大切さを認識していただきたいと思うのです。

    ユーザーID:3712937314

  • 決め付けない

    「◯◯より××の方が先(大切)」なんてことは一概には言い切れませんよ。

    世の中、認められることと、どうしたって認めることが不可能な事柄というのがあります。
    立場によっても違って来ます。

    配慮も、配慮が絶対的に必要な事柄もあれば、逆に不要な事柄もある。

    色んな事柄が存在するこの世。
    「この状況においては何が一番大切か?」「この場合はどんな対応が最善か?」などは、その都度違います。

    配慮が必要な場面なのか、認めることが必要な場面なのか、その都度判断して臨機応変に対処出来ることが何よりです。

    ユーザーID:5831134918

  • 何が言いたいの?

    配慮って、認め合うということも含んでいるのではないですか?

    それより最近価値観という言葉をよく耳にしますが、人によって自由に

    何でも認められるべきだと言う風潮の方が問題だと思います。

    ユーザーID:7192508835

  • うちの妻は

    常々、他人に迷惑をかけないようにするより、他人の迷惑を許容できるようになれと言っています。

    もちろん、自分が許容するから他人にも許容を強要するわけではありません。程度と精神の問題です。

    ユーザーID:3478481065

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 認め合っても、何も変わらないなら意味がない

    マイノリティーの人を認めています、とただ言っても目に見える形で何かが変わらないと、人の意識って変わらないんですよ。
    固定化した概念を根底から崩さないといけないので、人の意識を変えるのは一番番厄介。

    多種多様な生き方を認めるという事は、結果が伴ってこそ生きる言葉だと思いますよ。

    ユーザーID:9585283143

  • 配慮よりも認め合いよりも

    「上手にしらばっくれる技術」があったほうがいい、と
    常々思っています。

    視界の90%が受容できる景色であれば、
    残りの10%については「見ないフリ」「気付かないフリ」をする技術。
    自分と異なるあらゆること、もの、人について、なんとなく自分の中で
    「ま、そういうもんだから」「ま、そういう人もいるよね」で消化し、
    無意識下でうまく流し、殊更に先鋭化・前景化させない技術。

    すべてをありのままに受容しろというのは、受け手に大変な負担を強いる。
    負担を強いるから反発を招き、余計に受容されなくなる。
    結果、双方が大きなストレスを感じる。

    ならば現実的な解は、
    各々がストレスを感じないような技術を身につけることなんじゃないかと。
    全員がちょっとずつ我慢。
    共生ってそういうことなんじゃないの、と思いますけどね。

    ユーザーID:3984110363

  • 強制的に認めさせることはできないからね

    人には誰しも多かれ少なかれ好き嫌いがあります。

    嫌いなものを認めなさい!

    は出来ませんよ。

    だから、社会のマナーとして配慮だけはしましょうよ、って話です。

    認め合いなんて、人類は有史以来、出来た試しがありません。

    せめて「配慮を!」ってことですよ。

    ユーザーID:3634117159

  • 何のことを言ってるんですか?

    配慮を周り求めて迷惑かけてる人もいるので、
    物によっては認められないです。

    ユーザーID:4181116750

  • 仰りたいことは分かる

    大筋では同意なのですが、私もケースバイケースだと思います。

    仰るようになんでもかんでも配慮すればいいというものではないと思います。でも一方でやっぱり思いやりが大事だなという事柄もあります。

    難しいのは、その分け方や求める程度と範囲、受け止め方が個人個人で違うことです。
    同じ悩みでも、配慮が欲しい人と特に要らない人がいる。良かれと思った対応が噛み合わなければ不満が生じます。こればかりはどうしようもないですよね…
    だから、より多くの意見を交換して、足し算引き算しながら落としどころを考えることそのものが大事なのではないでしょうか。

    >配慮よりも自分と違う生き方を理由なく批判等したりすることをやめる方が先なのではないでしょうか?

    >配慮というやり方が、暗に差別だったり、哀れに感じたり
    結局は認めていないということを言っているのと同じような気がしてなりません

    大きな矛盾があるのにお気づきでしょうか。
    主さんも「多種多様な生き方を認めあうのが大切」と仰りながら、「配慮があるべきと考える生き方」を、それは差別と哀れみであると根拠も具体例もなく批判し、認めていません。

    …ちょっと意地悪を言いました。
    でもね、そんなになんでも認められるほど懐が深くなくたっていいと思うんです。
    配慮ばかりの社会も気持ち悪いですが、他人の何もかもを認めなければならない社会もまた息苦しいと思います。
    とりあえずは、主さんが今目の前の人に優しくできていて、相手が安心できていればそれで良いのではないですか?

    ユーザーID:5070986361

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧