• ホーム
  • 働く
  • 過去のミスを上司に何度も蒸し返されています。悪意なのか...

過去のミスを上司に何度も蒸し返されています。悪意なのか...

レス15
(トピ主1
お気に入り20

キャリア・職場

まるちゃん

具体的な職種、職場の情報はあえて伏せていただきます。
世間から見れば、かなり責任重大な仕事に従事しています。
駆け出しの時期にいることもあり、仕事をこなすために余暇を削って頑張っているつもりです。
1年前に仕事でミスをしてクライアントは不利益を被ってしまいました。意思決定は職場の他の人も関与していましたおかげで、取り返しのつかないことにならずにヒヤリハットに留まりました。
深く反省をし、より一層頑張って、その後の一年は大きなミスなく無事に過ごしました。

1年前のミスの記憶が薄れつつある中、最近、上司に何度も蒸し返されています。
事実のまま蒸し返されたらいいですが、困るのは上司の記憶が歪んでいます。
彼の記憶ではヒヤリハットではなくもっと重大な事故になったようです。

1回目の蒸し返しの時に上司は詳細に触れずに言葉でちらつかせただけでした。
ストレートな説教ではなく指導のついでに「ほら、あなたの考え方に良くない傾向があるので事故を醸したじゃないか。」みたいなスタンスでした。
周囲に先輩・同僚達が仕事していた場面なので私は恥ずかしい思いをしました。
最近また職場全員の前に2回目の蒸し返しがあり、今回、詳細に触れたので彼の記憶が歪んでいることに気づきました。
もちろんその場で訂正しましたが、なんとなく悲しくなりました。

自分からしたら、完璧な人でないですが、尊敬に値する上司ですが、なぜか私が罪深いのを信じたがるようです。
上司は歪んだ記憶のまま飲み会の際、さりげなくもっと上の上司に言ったら、確実に私に対して悪印象が残りますよね?
考えているうちに背筋に寒気が走ってしまいます。

小町の皆さん、どう思われますか?
よろしくお願い申し上げます。

ユーザーID:7911490370

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 当たり前

    大事故にならなかったのは他の人のおかげですよね?
    ぺーぺーでいきなりクライアントに不利益を与えるような部下はダメ部下認定しますよ。
    そんなことやっておいて信頼して貰えますか?
    信頼関係を築くにはものすご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く努力しないとね。

    深く反省をしって言ってるけど、
    喉元過ぎれば熱さ忘れるになってない?
    今の調子じゃまた失敗しそうですけど。

    上司からしてみたら
    こんな失敗をしたって言ってトピ主の気を引き締めてるんじゃないの?

    あまり調子に乗らないようにね。

    ユーザーID:8922037699

  • 上司にとっては一大事だった

    そして、きっと現状の貴女の仕事ぶりに「危機感」を持っているのでは?
    と、トピタイトルとトピ本文んより感じました。
    ちょっとした言い回しや言葉選びに、少し違和感を覚えます。

    まず、タイトルの「過去のミス『は』上司に・・」ではなく
    「過去のミス『を』上司に・・」ではないでしょうか?

    それから、「一年前に仕事でミスを・・」の文章も
    貴女が責任者ではなかったから、貴女にとってはヒヤリハットだったってことですよね?
    実際に、クライアントは不利益を被ったのでしょう? 
    上司にとっては「重大事故」だったはずですよ。

    もう一度、じっくりご自身の書いたトピ文を読んでみてください。

    確かに反省もして頑張ってこられたのかもしれません。
    でも、素直に周りの意見に耳を傾けたり
    ちょっとした注意を聞いて、すぐに修正したりとか出来ていますか?

    上司の方の「貴女の考え方に良くない傾向がある」という言葉に
    「危機感」が隠されているのではないでしょうか。

    うちの事務職の方にも「考え方が良くない傾向」の方がいまして
    その方と同じようなにおいを、貴女から感じてしまいました。

    ユーザーID:2865216502

  • 当然 

     マウンティン愚 です (変換ミスでは有りません)

    其れとトピ様は現状 上司の ペットや子分 いいなりでしょ

    そんな小さい上司は  過去の栄光に

    縋るしかない奴は 明るく前向きに生きて追い抜いたらいいんです

    私も色々苦労は有りましたが 勝ちましたよ

    見て無い様で見てますから

    ユーザーID:5693301735

  • 蒸し返さないと、トピ主さんはまたやらかしそう

    まだまだ<駆け出しの時期にいる>くせに、たった<1年前のミスの記憶が薄れつつある>?深刻な事態を招きかねないミスを、そう簡単に忘れられては困ります。せめてその会社にいる間は、ずっと肝に銘じておいてくれないと。

    そんな気持ちでいたら、また何か大きなミスを仕出かしそう。上司にはそれがわかるから、何度も蒸し返しては戒めるのです。記憶が歪んでいるのではなく、「こうなりかねないミスだったんだぞ」と釘を刺し、自覚を促そうと敢えて大袈裟に仰っているのでは?ヒヤリハットで済んだのは他の人のフォローのお蔭と単にラッキーだったからだけで、トピ主さんのミスそのものが軽くなるわけでは無いのです。

    蒸し返されて恥ずかしい思いをしようが、ヤル気を喪おうが、会社の知ったことではない。社員に気分良く仕事をしてもらうために、重大なミスを犯すリスクを放置するなんて、会社としてありえない。上司の個人的な悪意を疑っていじけるトピ主さんには、それがわからないのですね。そういう思慮の浅さがミスの誘因だと危惧されているのに。

    ユーザーID:2405744844

  • ミスのリスクは去っていないのでは

    上司は何もないとき(例えば飲み会や雑談)ではなく、何らかの職務上の注意・指導の際に、過去のミスを引き合いに出すのですよね。
    それはとりも直さず、現在のあなたの仕事ぶりに、ミスを犯した時と同様のリスクが感じられるからではありませんか?

    その後頑張って大きなミスなくやって来られたのはよかったと思いますが、自ら「ミスの記憶も薄れつつある中」という通り、「もう大丈夫」と考えがちな時期が最も危ないと上司も感じているのではないですか。
    ミス事例は、あなたにとっても職場にとってもある意味大きな財産です。
    それを忘れて同じようなミスを繰り返さないように、ことあるごとに引き合いに出して引き締めを図ることはおかしいとは思いません。
    あなた自身も、「上司の蒸し返しだ」と憤るのではなくて、その後の仕事ぶりに慢心が出ていないか、改めて自らを顧みるよすがとされてはどうでしょうか。

    蛇足ですが、タイトルは「過去のミス『を』」でしょうし、「クライアントは不利益を被ってしまいました」も他人事みたいな言い方です。
    あなたのミスでクライアントに不利益を被らせたのであれば、「クライアントに不利益を与えてしまいました」「クライアントに迷惑をかけてしまいました」だと思います。
    「なぜか私が罪深いのを信じたがるようです」もこなれない言い回しですね。
    日本語ネイティヴの方ではないのでしょうか…。
    そうでないならそもそもの業務処理能力に疑問を感じます。

    ユーザーID:9965465720

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 聞けば

    >過去のミスは上司に何度も蒸し返されています。悪意なのか...
    聞けば、上司に。

    ユーザーID:8422163052

  • 過去のミス「を」でしょう。

    上司は蒸し返しているというか、主がすっかり忘れたようだから、同じミスは勿論のこと、思い出すとともに細心の注意を払って処理しなさいってことではないのかな?あれから1年が経ったのだから、成長してクライアントに儲けをもたらすくらいは出来て良いのでは?だって、余暇を削って頑張っているつもりなんだから。しかし「つもり」ってねぇ…仕事は知らないけど、言葉遣いによる人となりや学習意欲は分かります。主ができない人ってことが。ヒヤリハットで留まったのか、クライアントに不利益を与えたのかもハッキリしないから、報連相もできなさそうだなぁ。駆け出しの時期って言っても、クライアントはそのリスクを望んだわけでは無いでしょう?顧問料が安いとかそういう理由で、主を担当にすると押し付けられたってところではありませんか?

    ミスをした人は、どんな嘲笑にも耐えねばならないのか?と言う前に、そう思われる言動をしていなかったか、謙虚さは足りているか、見直してみてください。

    もっともっと頑張って〜〜。世間から見たら責任重大な仕事なのでしょう?数年間隔ならミスをしても良いという気持ちが透けて見えましたが。実務の力も、ストレス耐性も向いていないのかもしれませんよ。。自分の目線からだけでなく、いろんな角度からよく考えてみてください。

    ユーザーID:1023399587

  • 実害があったのに、ヒヤリハットとは言わんでしょ

    >1年前に仕事でミスをしてクライアントは不利益を被ってしまいました。
    >意思決定は職場の他の人も関与していましたおかげで、取り返しのつかないことにならずにヒヤリハットに留まりました。

    クライアントに実害があったのですから、これは職務上の「事故」ですよ。
    ヒヤリハットとは、危うく事故は免れた(実害が無かった)モノを言います。


    >上司は歪んだ記憶のまま飲み会の際、さりげなくもっと上の上司に言ったら、確実に私に対して悪印象が残りますよね?

    自分のミスを「矮小化」していることを、上司は危惧しているのですよ。本心からは反省してませんね。またやることになりそうで怖い!!

    ユーザーID:8942628317

  • 女性差別の可能性

    あなたは女性で上司は男性ではないでしょうか?

    仕事で力をつけてきた女性に恥をかかせたい男性は思いのほか多いですよ。
    男性部下に下駄をはかせたいので、女性部下の否定材料を探すんです。
    男性部下は昔の自分を見るようでかわいいので、力をつけてくるのは嬉しいんです。
    しかし女性はいつまでも若くて頼りなくあってほしいんです。

    どこかの記事で読みましたが、仕事で成功するほど男性は尊敬されるようになり、女性は嫌われるようになるそうです。

    そんな時代をかえていけるように、あなたもくじけずに頑張って下さい。

    ユーザーID:2323248161

  • 上司こそ

    過去のとぴ主のミスに思い及ぶとき、「背筋が凍りそうになる」のではないですか?

    とぴ主さんだけのミスですむはずもなく、上司の評価、責任になっているはずですからね。

    これからも、ミスを犯さないか、心配でたまらず、「背筋が凍りそうになる」と思いますが。

    ユーザーID:6391300457

  • トピ主です

    返事をしてくれた皆さん、誠にありがとうございます。
    厳しく指摘された方が多いですね。「金言耳に逆らう」ということですね。
    後で考え合わせると、私の気を引き締めるために上司がそういう振る舞いをしたような気がします。
    悪意があるかどうかを考えるエネルギーがあったら、それを仕事に注ぐ方が建設的だと思います。
    お励ましやご忠告、本当にありがとうございます。
    頑張ります。

    ユーザーID:7911490370

  • もっと謙虚にね

    とぴ主さんのレスを読みましたが、反省している風にはとても感じられませんでした。

    どこか他人事。


    ユーザーID:3983262983

  • 何度って何回?

    タイトルは
    「過去のミスを上司に何度も蒸し返されています。」
    となっていますが、本文では「1回目」と「2回目」
    しかないようなのですが、
    >記憶が歪んでい
    ているようでに背筋に寒気が走りるというのは
    このようなことでしょうか。

    トピ主さんが「何度も」と書いて実際には2つの例しか
    提示していないような
    「悪意ではないが意図と現実が違ってしまった」
    のケースでは。
    (念のため、3回以上何度も起きていることを「何度も」と
     表現したのに、本文には2回のことしか書かなかっただけですよね)

    というのではなくて、上司が高齢の場合、
    認知症の初期症状のようなものはないでしょうか。
    下手に悪意よりこちらの方が怖いと思います。
    トピ主さんの過去のミスへの指摘以外にもいろいろ
    おかしいところがあったりしませんか。

    トピ主さんは、そのミスに対してはミスをしたことにより
    いろいろ学ばれたとは思いますが、やはり気になるポイントが
    「上に伝わったら自分に不利になるのではないか」は
    ちょっと残念な印象です。

    ユーザーID:3138397797

  • 反省せず上司を逆恨みしてる

    反省してないですね。

    金言耳に逆らう。なんて言ってまだ自分を擁護しています。

    こういう人は成長しませんね(笑)


    一応貼っておきます。

    金言耳に逆らう

    ためになる言葉ほど、聞く者にとっては耳が痛いから
    ややもすると感情を損なって、素直に聞き入れられないものである。という意味


    素直に話を聞いて反省できない自分を反省しなさい。
    格言言って開き直ってんじゃないよ。
    こういう部下を持つ上司はお気の毒。

    ユーザーID:5758882682

  • それが信用を無くすという事。

    上司にとってはなんとか契約料は払ってもらえる程度に収まりをつけたけれどクライアントに損を与えてしまい会社の信用を落としてしまった痛恨のミス。

    なのにあなたにとってはクライアントに損をさせたけど会社としては損はしなかったから終わったこと。

    この差が大きいのに本人が気づいていないのが痛い。

    会社はクライアントから信用を失った。
    トピ主さんは上司から信用を失った。
    ここに気付いていますか?

    信用を無くすのは一瞬。
    再度信用を得るには何年もかかることも多いのです。

    なのにトピ主さんはたった一年でのど元過ぎてまた同じ過ちを犯しそうになっている。
    「ほら、あなたの考え方に良くない傾向があるので事故を醸したじゃないか。」
    って言われているんだからまたミスを起こしそうだったところを上司に防いでもらったってことでしょ。
    これじゃあ信用回復はまだまだかかります。

    ミスって言うのはね注意をしていれば防げるものと
    当人は注意しているつもりでも思考回路的に抜けがあり注意するポイントがずれてしまって起こしてしまうものがあるんです。
    トピ主さんは視野が狭そうなので、広い範囲で見た場合やってはいけない事に気付けなくなっているとかありそう。

    上司に不満を持つより先に
    上司に信用してもらえるほどの働きができていないことに反省しようよ。

    ユーザーID:1435425652

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧