結婚と年収について

レス62
(トピ主1
お気に入り79

男性から発信するトピ

EXE

ある記事で
35歳から54歳の未婚者の約半数が「あえて結婚しない」
これに対し
「結婚したいが現在も独身でいる」という理由が
男性で「家族を養うほどの収入がない」
女性で「希望の条件を満たす異性に巡り合えない」とあります。

「希望の条件」とはやはり「年収」なのでしょうか?

私自身、37で独身です。
5年前、派遣からそのまま契約社員へ登用され当初は時給制・ボーナスなしから
月給制・ボーナス有に昇格し、一昨年、有期雇用から無期雇用に登用されたものの
所詮は非正規。派遣の頃よりは増えたものの年収は300万円台。
(貯金は500万ほど。一人暮らし)

恋人はいましたが年収がネックになり結婚に至らず。
自分自身もこんな年収では当然養うのは無理と判っていたため結婚に至らなかったのは
仕方がないものと思ってます。

ネットで
「夫の年収が下がったから別れたい」「年収〇〇万以下との結婚は考えられない」等々の
投稿を見るととどのつまりは
「年収が低い男は結婚したいと思う事自体間違い」
「年収が低い男は結婚はおろか恋愛もしてはいけない」と思うようになりました。

極端すぎるでしょうか?

そういうわけで
少しでも増収と正社員昇格に向けて資格取得の勉強を始めています。

ユーザーID:1288781357

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数62

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 本人次第

    私は看護師なので、ヒモ志望の男性をはねるために自分と同等以上の経済力のある男性を求めました。
    が、本音では自分より低収入でも「一緒にやっていく」覚悟のある人であれば、それで構わなかったです。
    家事育児は協力する。それだけです。
    私より低収入なのに、「女だから」という理由だけで家事育児を丸投げ、もしくは「お手伝い」で済まそうとする男性は願い下げでした。
    収入、性別にかかわらず、時間的にゆとりのあるほうが家事育児をやる。
    相手を思いやる。
    それができますか?

    私の友人は低収入の自営業、親と同居(しかも親は癖のある難しい人間)でしたが、もてました。そして、結婚しましたよ。イケメンではありません。あくまで本人の人間的な魅力です。
    家事も育児も率先してやっています。傍目にも妻を大切にしていることが分かります。

    妻となる女性を幸せにしてあげたいという気持ちはありますか?
    自分が幸せにしてもらいたいなら、無理でしょうね。

    ユーザーID:9416246882

  • 回答ありがとうございます

    トピ主です

    さまざまなご意見、特に厳しいご意見をくださった方
    ありがとうございます

    まず、性別を書いてくださいという事ですが男性です。
    「男性が発信するトピ」ということで書かなくてもわかるだろうという
    思い込みがありました。

    私はまず新卒で就職に失敗した事やその後就職したもののどこも長続きせず
    正社員だったり派遣だったりバイトだったりと転々としていました。
    (今の所に来るまでは)
    収入が不安定になるため結婚となると二の足を踏まれて別れる事になるのは
    当然と思っています。

    さまざまなご意見を頂いて
    結婚するにしろ、しないにしろ今は正社員になるには今しかチャンスがないと
    思い、キャリアアップに前向きになれました

    ユーザーID:1288781357

  • おおむね現実をついていると思います

    40代半ば独身男です。

    主さんが言っていることはおおむね正しいと思います。
    婚活の世界では年収は本当に重要だと思います。
    私が30代の時には年収が400万円台だったこともあり女性を紹介するよと言われても、先方に年収の話が言ったとたん話がなかったことになることばかりでした。
    残業時間がたまたま長くて30代で年収500万超えた年だけ結構な人数に会ってもらえたことがありますので、その付近が最低線なのでしょうね。(お付き合いした方もいますが、結局私としては結婚する決断までには至りませんでしたね)

    所詮そんなものかと思って以来、結婚は私には無理なものと結論付け、私は非婚主義になりました。

    婚活で私が先方に公表した年収はあくまで会社員としての収入なのですが、元々、資産運用は割と得意なので実は結構リッチな生活を堪能しているんですけどね。
    所詮表向きの年収だけで判断されるので、家も車も持っていますが、表向きはとても地味に生活しています。
    お金に寄ってこられるのは迷惑なので・・・

    ユーザーID:6373302169

  • 年収も希望条件の1つではある

    私は某資格ありの専門職でそこそこ稼いでいたので
    女の私でもこれだけ稼げるんだから、という気持ちと
    私に対して依存心や劣等感を持たない相手がいいという気持ちから
    男性にも同等以上の収入を求めていました。
    いざというときには私が一家の大黒柱として稼ぎ
    家族を養うことも厭いませんが(それが可能なだけの収入あり)
    最初から稼ぎをアテにされるのは嫌でした。
    出産だけは絶対に男性には代わってもらえないし
    そのときに夫だけの収入でもやっていけるという安心感もほしかった。

    もちろん共働きでもいいのですが、その代わり家事も分担してもらわないと。
    好きな家事だけやるとかお手伝い程度では許されません。
    「女だから」「嫁だから」と家事(特に料理)・育児を押し付けられるのなら
    その分外で働くことを減らしますよ、って話。
    私自身は絶対に子供が欲しいとまでは思っておらず
    夫の強い希望で子供をもうけたので余計に
    仕事も家事も育児もお願いってのは都合よすぎないかと思うのです。
    1人なら家事も手が抜けますが、家族がいるとそういうわけにもいきません。
    独身時代より(仕事の量も減らないのに仕事以外に)負担が増える一方なら
    生涯独身でバリバリ仕事やっておけば良かったと思ってしまいます。

    結局家事育児は女がすることという意識が残ってる男性もいるから
    家事育児を押し付けられるなら仕事はセーブさせてよ、
    仕事がセーブできるだけの収入がある男性じゃないと、となるし、
    収入が少ないなら性別関係なく家事を分担してよ、となるのだと思います。

    なので、収入を増やせるなら多い方がいいし
    収入が少ないなら家事分担をアピールすることが必要では?

    ユーザーID:4715233517

  • あなたはモテますか?

    金を要求されても結婚したいと男性がいるのは、男はモテない、女にはモテ期がある、その前提があるからです。

    得しないのはもちろん、損をする、いや、責任と重圧を負わされる、それでも男性が結婚するのはモテない男性が魅力的な女性を手に入れるため。

    満足な性生活が手に入るなら、下手に出てオマケで媚びる必要もない。

    相思相愛の関係しか欲しくないという人なら、お金で測られることもない。

    オレは恋愛じゃなきゃ嫌だという割り切り方もありますよ。

    ちゃんと恋愛できる人なら結婚に拘る必要もありませんしね。

    ユーザーID:3626025123

  • 資格よりも英語

    英語を学ぶと世界中の人としゃべれます。
    そうすると恋愛対象が30倍くらいになります。
    しかも、全世界の年収を平均すると、200万円です。
    世界の人から見たら、あなたは十分裕福ですよ。

    例えば東南アジアで、気の合う人を探してみるのはいかがですか。
    笑顔がいい。よく働いてくれる。家庭的。子供好き。発展途上で若い人が多い。
    日本人の平均年齢は45歳。東南アジアは大体25歳前後です。
    婚活をする国ではないんですよ。

    彼らは、若いし、他民族国家が多いので、言語を覚えるのが早い。
    誠実に結婚する気があるなら、37歳ならいくらでもいける。
    世界を目にすれば、相手はいくらでもいます。お見合いすればすぐです。
    要は結婚する気があるかどうかと行動力だと思う。
    自分は年収700万ありますが、将来移住も考えているので、日本人は半ば諦めています。

    ユーザーID:1399101320

  • 経済的に困窮した既婚女性は「自己責任」と責められる

    「いざとなったら私が支えるというような女性は少ない女は金目当てだ」って、よく聞く論調ですが。

    妊娠出産育児は本人の思い通りには進みません。
    切迫早産になりたくない、健康に育てやすい子供が欲しい、そう願えば、あるいは努力で叶うわけではないのです。
    それが叶うならこんなに簡単なことはありません。

    スムーズに妊娠出産育児が進まず、仕事と両立出来なくなった場合。
    夫の経済力が不十分で経済的に困窮したら、「私が働いて支えるわ」と言っていた女性はどう言われると思いますか?

    「お金に困っているのに子供を持とうとしたのが間違い」
    「相手を見る目が無い」
    「準備不足、無計画」
    「妊娠出産育児は人によると分かっていたはず」
    「子供がかわいそう」

    これが世間一般の反応だと思います。
    お金が無くて独身の人より風当たりは厳しいです。責任が2人分(子供の分)なので。

    贅沢をしたくて高所得男性を求めているわけではありません。
    家族を大事に守ろうとする女性ほど、リスク管理として、自分が働けなくなった時のことを考えるものです。

    ユーザーID:1606364920

  • 極端すぎる。

    相手次第なんじゃない?
    仕事やめたくない女性も多いだろうし、そういう人なら年収よりも
    家事分担を重視すると思う。
    年収低いのに、家事育児は妻の仕事。保育園の呼び出し対応は一切しないし
    帰宅したら妻が夕飯の準備するまでソファから動かない
    妻が風邪をひいても「俺のめしは?」っていうような男なら無理でしょ。

    逆に年収300万でも家事育児に積極的で、
    妻が帰宅したら夕飯が準備してあって、洗濯物が取り込んでたたんであって、
    家事してる間子どもと一緒に公園行っててくれて、
    なにも言わなくてもお風呂入れて着替えさせてくれるような夫なら
    ぜひ結婚したい!って人多いと思うよ。

    ネットの意見は、家事育児は妻が担うっていう前提条件の素の話でしょ。
    夫婦で350万ずつあるなら合わせて700万だし、全然生活できますよ。

    ユーザーID:4826346594

  • 横ですが、極端ということもないでしょう。

    圧倒的な傾向をいっているんだと思います。

    実際には男女ともいろんな人がいていろんな組み合わせがあるのはもちろんですが、だからこそ、傾向というのが問題になるんです。

    現に、アルバイトなど低収入男性が結婚を諦める一方で、低収入の女性はむしろ結婚したがるという矛盾?した傾向の事実がある。
    男性が単純に異性としての魅力で女性を選ぶのと対照的に、女性はなるべくトクする男を選ぼうという傾向が強い。
    家事は女性という前提がまずあるのではなく、女性が男性の経済力に拘るという現実がまずあるのです。
    稼ぐ男を選ぶから、家事は女となるだけです。生活にはお金の方が本質的で重要ですから。

    また、人並みもしくはそれ以上に稼ぐ女性が「自分より高収入」の相手を標準にしている場合も多い。
    仕事もお金も平等だから自分も稼げるわけですが、結婚となったら平等は嫌だというんだから矛盾しています。

    上記の傾向がある以上、トピ主さんの主張を真っ向から否定はできないでしょう。
    妻を養う夫と、夫を養う妻が同数になったら、あるいは、低収入男性が低収入女性と同じ程度に容易に結婚できる世の中になったら、話は変わってくるでしょうが。

    ユーザーID:3626025123

  • がんばれ!!

    突然ふってくる出会いとか、アプリとかそんなものに頼らずスキルアップと並行してまじめに婚活がんばってください。
    ダメだったら、次へと切り替えていってください。ふられたほうが、ふるよりよっぽど楽に、次にいけます。
    女性に対して願うものは、フィーリング(性格、生き方)だけで条件(年齢、収入、学歴)は求めないようにしたらいいと思います。

    私(女)も婚活で相手を見つけたクチですが、たまたまトピ主様とよく似た条件の方とお会いしたことがあります。お断りした理由は、以下でした。
    130代半ばにさしかかっても、職歴のない分野に挑戦してみたいなどと夢の話をする
    2過去の恋愛のことを聞いてくる
    3年収が自分より低いのに、それゆえに共働き希望で、お相手希望年齢を25〜30歳と夢のようなことを書いている。自分の容姿、身長等も考慮に入ってないような方

    年収のことを気にするのはありがちですが、女性が将来を考えられるようにどうしたらいいかを見られたらいいと思います。

    ユーザーID:4844989808

  • 年収だけじゃないわ

    個人的な感想ですが。

    働いている女性を選び、2馬力でいく場合を想定して。

    年収:
    男性側は最低限、一人暮らしで自立できるだけの年収は必要でしょう
    (350位)。
    更に言うと女性が一時的に働けなくなった場合に備えて、短期間ならやりくりできる年収や貯蓄があればなおよし(年収450〜とか、貯蓄が2〜3年生活できる位ある)。

    性格:
    まじめで働き続ける気力がある。
    思いやりがあり、癒しの要素がある。
    相性がよい。

    体力:
    ある程度健康で人並の体力がある。

    能力:
    家事・育児に積極的で実際にこなす能力がある。まめで器用ならなおよし。
    (今できなくても訓練すれば料理もできるようになりますし)
    生活するうえで、相手の女性が苦手な分野をカバーできる。

    以上、女性側にも当てはまるかと思いますが。

    要するに、年収だけでなく、他のところで年収をカバーするだけの要素があればいいんじゃないでしょうか。

    私の周りにいる、トピ主位の年収の人で結婚している人は上記のような感じかな。どちらかというと気の弱い人が多い(優しいともいう)。
    そして頼りになる奥さんを捕まえている(看護師率高し)。

    そしてもっと低収入で結婚していない人は、まず自立していない。
    仕事だけはまじめにしてても実家に住んでて家事は母親にまかせっきり、向上心や自己マネジメント力に欠けている感じがします。

    ユーザーID:1125285999

  • 一般論として

    女性は妊娠・出産・育児で収入が無くなる時期がどうしても避けられないので、結婚相手となる男性にはそれを担保出来る経済力を求めるようになっています。
    やはり、大黒柱は太く、逞しくあってほしいのです。

    ユーザーID:3926503100

  • 年収は見ません

    婚活中の35歳女です
    私は婚活パーティのプロフィールで、定職についている人であれば、年収は全く見ません。
    理由は、自分自身が年収500万以上あり、産休育休制度も整っている会社勤めだからです
    そういう女性はチラホラいると思いますよ。(年齢は若くないかもしれませんが)

    大切なのは年収より金銭感覚ではないでしょうか?
    年収1000万以上あっても、フーゾクやキャバクラであっという間に使い果たす人もいますし、年収が低くてもコツコツ貯金する人もいます
    トピ主さんはギャンブルやムダ遣いをしないことをアピールしてはどうでしょう?

    ユーザーID:8688360825

  • 結婚はご縁 年収だけの話ではない

    確かに年収が低い男性と結婚するのは、現実的に考えるといろいろ難しい部分もあります。
    でも、年収は全てではありません。性格、健康状態、貯金ももちろん、容姿など
    いろいろな要素が関わってきます。そしてそれら以上に大切なのが、ご縁です。
    出会いというのは何においても本当に大切で、出会えばわかるんです。

    この出会いがあってよかった、この出会いがあって人生好転した、と
    心から思えますし、実際そうなっていきます。これは結婚や恋愛だけの話ではなく
    友人、上司、恩師など、人と関わる中でとにかく、よい出会いがあることが人生を変えます。
    年収が多い人、容姿がいい人、などはいろいろな女性が集まってくるでしょうけど
    それが本当によい出会いなのか、そうやって知り合った結婚相手がよい出会いで
    本当にご縁のある相手なのかは、本人にしかわからないです。

    だからトピ主さんが結婚に至らなかったのは、今まだご縁がないんですよ。
    年収が低いと結婚や恋愛をしてはいけないなんてことは全くないです。

    暴力、女性を見下す、ギャンブルなどへの依存や借金グセ、仕事が全く続かない
    などの人は、結婚はしない方がいいと思います。でも年収は頑張れば向上することも
    十分あるし、夫婦二人で頑張って働いて質素に生活すれば、お金はそれほどいらないです。
    子どもにはお金はかかりますけど、何もかも全て与えてあげられる親ばかりではないです。
    親が頑張って働いて精一杯のことをしてあげればそれが子供にとっての糧になっていきますから。
    そういう家庭の方が今は多いでしょう。

    私は自分が33、夫が32で結婚しましたけど、夫はその時年収350万くらいだったし
    色々あって転職続きでやっと落ち着いた頃にようやく入籍しました。
    トピ主さんも本当は結婚したいならと思うなら、諦めずに、ご縁を探しましょう!

    ユーザーID:4190035883

  • 大丈夫

    私も婚活して結婚しましたが、年収は重要ではありませんでした。
    フィーリング・性格が絶対条件で、
    容姿・年収・年齢・家事スキルはバランスで…という感じ。
    どんなイケメンで気が合ってもさすがに専業主夫はさせてあげられないし、
    どれだけ高収入で気が合っても容姿が受け付けなければ生活は無理でしょう。
    年収300万くらいで私と同じくらい家事ができ協力的な人なら
    好きになれれば即結婚したいなと思っていましたよ。

    男性から女性へ向けても「35歳以上の女性なんて」「子供も産めない女性なんて」などという
    投稿を見かけることは沢山あります。
    これらはネット向けにわかりやすく過剰な表現をしているにすぎないのでは。
    実際は35歳でもご縁がありますし、子供がいらないという方と結ばれるなど需要と供給以外に、
    「でも、好きになったら許容範囲」というゾーンが人それぞれあると思います。

    ユーザーID:8136549355

  • 結婚はできなくはない。

    年始250万の彼と結婚しましたが二人だけなら共働きフリーター同士でも大丈夫だと思います、ただ子供を育てるとなると話は別で現在夫の年収は600万になります、少なくとも年収400万はないと子育ては大変です、年収250万の時夫の職場にペーパー離婚で元妻と子供に生活保護受けてもらってる人もいましたが、そこまでしないと子供は望めないくらいではないでしょうか?

    ユーザーID:6041922969

  • 同じでした

    皆さんが書いて有る通りだと思います。


    寧ろ、今がチャンスです。

    綺麗事のようですが、
    ありのままのトピ主様を「好きになってくれる」方を
    大事にした方が宜しいかと。

    きっと居ますし(多分、おそらく、いずれ、・・・)、
    金銭目的な女性と一緒になっても、苦労するだけですよ。
    それよりは、1人でも暮らせますよ。

    経済力や資産が付いて後だと、金銭目的の女性が寄ってきます。
    まあ、いずれ気づくのですが、それが遅いと時間の無駄ですし、
    結婚後だと大変な事になります。

    回り道や散財して後に、
    あえて、汚い賃貸に引っ越して、低年収の仕事に変えて、
    今の妻に出会いました。
    徹底的に「自分なり」の婚活しました。

    それから事実婚を長らく続けた後に結婚しました。
    それで離れていく様な人なら、要らないと決めてました。

    結局、トピ主様はトピ主様なりの自信を持って、
    婚活なり頑張っていくしかないと思います。


    重ね重ねになりますが、金銭目的の女性と一緒になっても苦労するだけです。

    若い頃の貧乏の時に好きになってくれた人を何で、
    もっと大事に出来なかったかなーって考えたりしました。
    男の小さな、下らないプライドが邪魔してました。

    結果オーライで、今も幸せですが、回り道しました。

    ユーザーID:9367682671

  • 子供を望まなければイケるよ

    今は教育費、めっちゃ高いからねー。
    子供が欲しい女性は相手の年収も欲しいでしょう、そりゃ。

    子供を考えてなければ結婚出来ますよ。

    でなけりゃ高年収の女性と仲良くなるとか。
    近頃は夫が家事多めのイクメンも少しずつ増えてます。

    柔軟に考えてみようよ。

    ユーザーID:0352704598

  • 応援してます

    文章から爽やかなトピ主さんを想像しました。
    素敵な方と出会いますように。

    ユーザーID:7237130528

  • 「猿山の外の猿」様のご意見が最も重要なのです。(年収必要性)

    なぜ「年収〇〇円以下の男性とは結婚できないか」ということについては

    「猿山の外の猿」様のご意見が最も重要なのです。

    >妊娠出産育児は本人の思い通りには進みません。
    切迫早産になりたくない、健康に育てやすい子供が欲しい、そう願えば、あるいは努力で叶うわけではないのです。
    それが叶うならこんなに簡単なことはありません。

    スムーズに妊娠出産育児が進まず、仕事と両立出来なくなった場合。
    夫の経済力が不十分で経済的に困窮したら、「私が働いて支えるわ」と言っていた女性はどう言われると思いますか?

    「お金に困っているのに子供を持とうとしたのが間違い」
    「相手を見る目が無い」
    「準備不足、無計画」
    「妊娠出産育児は人によると分かっていたはず」
    「子供がかわいそう」

    これが世間一般の反応だと思います。
    お金が無くて独身の人より風当たりは厳しいです。責任が2人分(子供の分)なので。

    >贅沢をしたくて高所得男性を求めているわけではありません。
    家族を大事に守ろうとする女性ほど、リスク管理として、自分が働けなくなった時のことを考えるものです。

    ●上記の通りです。

    女性の妊娠・出産は命がけ。出産後、必ず健康体に戻れるとは限らない。だから

    【出産で退職せざるを得ない】ケースがある。「猿山の外の猿」様の例の通り。

    >>贅沢をしたくて高所得男性を求めているわけではありません。
    家族を大事に守ろうとする女性ほど、リスク管理として、自分が働けなくなった時のことを考えるもの。

    正にこれが重要です。

    更には、産んだ母親は回復しても、生まれた子に障害や病気があり、母親が退職せざるを得ないケースも出る。

    だから

    >家族を大事に守ろうとする女性ほど、リスク管理として、自分が働けなくなった時のことを考えるもの。

    ●夫だけの収入で、家族が最低限、食べてける年収があることが必須・最重要になる。

    ユーザーID:2303513424

  • 人類が石器で生活していた時代からの伝統(笑い)

     私は結婚の考え方の根源を、石器時代の夫婦生活に考えることが多いです。

    男は石の鏃(ヤジリ)のついた弓を持ってマンモスを狩りに行き、女は洞窟の家で子育てをする。

    女は赤ちゃんの面倒を見ているので、自分で狩りには行けません。自分と自分の子供のために、できるだけ大物を獲って帰ってきて欲しいでしょう。

    これが女性が男性に年収を期待する根源的な理由だと思います。また学歴が高い方が良いのも、将来、年収が高そうだって期待でしょう。


     だけどね、主さん。
    獲った獲物が大きいにもかかわらず、よその女のところに持って行く男が、石器時代からいたのだと思います。男はできるだけ自分の遺伝子が増えれば良いので、そりゃ余裕があれば浮気をしてでも子供を増やそうとするのでしょう。

    それに、獲物を捕ってきても、子供や奥さんに食べさせないで、自分だけで食べてしまう男もいたと思います。これは、現代の経済DVってやつです。


     だから、

    1.確実に獲物を捕ってきてよ → 安定した職業
    2.たくさん獲物獲ってきて → 収入が良い
    3.よその女に獲物持って行くな → 浮気しない
    4.自分だけで食うな → 優しい男性でいて欲しい

    全部そろったら、女性は掃いて捨てる程寄ってきます。

    主さん、3と4も忘れないで下さいよ。

    ユーザーID:4372105224

  • 逆に考えると

    妻が働けなくなる事は想定して、男の経済力は必須で求めるが、
    夫が働けなくなるリスクは無視する女性が仮に居るとすれば、
    随分と自己中心的な身勝手な女性だと思いますね。

    夫が働けなくなったら、離婚でもするつもりでしょうか。


    賢明なトピ主なら、皆さんの意見を読んで、
    どういった考えの方がパートナーに選ぶべきか、
    明らかですよね。

    ユーザーID:9367682671

  • 確かに

    結婚は生活なので、苦しくなると分かっていてその選択をする人は少ないかもしれません。
    それは男女どちらにも言えると思います。
    でも、「一人口は食えぬが二人口は食える」という言葉もあります。
    愛情があれば頑張れるケースもあります。

    でも。
    そもそも前向きではない男性は魅力的とは思われないと思います。
    結婚が目的ではなくても、キャリアアップに前向きに頑張っている方が、一緒に頑張ってもいいと考える女性が現れると思います。

    諦めずに頑張ってください。

    ユーザーID:7688201135

  • 恋愛ならあり

    諦めることはなく、恋愛結婚ならありです。
    婚活は男性は年収、女性は容姿。

    私は女性ですが、派遣で働いた時、派遣同士で結婚した方、ご主人が非正規で、奥様も短期派遣をしている方いました。

    非正規同士のご夫婦で、お子さんもいて、実家から援助して貰ってる方も。
    ただ、親もいつまでも元気ではないです。

    ただ、失礼ですが非正規ご夫婦に美人はいなかった。
    美人はやはり友人見ても、専業主婦でご主人は高収入なケースが多い。

    ですから、正社員になった職場で出会いあるのが一番ですが、女性の多い趣味を始めるか、ボランティアなどは始めると、世話好きな方が紹介してくれたりします。

    ユーザーID:6959249949

  • 伝統だからってそれが正当ってわけじゃありませんよ。

    しかもイメージ先行のマンガみたいな原始時代ですね。

    現代ならそんな決めつけの強制は人権侵害の性差別でしょう。少なくとも人類の志向する理想とはかけ離れています。

    また何より、一面的で恣意的です。

    男が人のために狩りにいくなら、それは立場の強い魅力的な異性に取り入るためでしょう。

    「子供がいるから〜」は女の自己都合に過ぎず、男を屈服させる実力(魅力)がなければ、生活が不利になるだけです。

    根拠のない権利や義務を捏造して安心しようとする甘えた思考はいつまで続くのでしょうか?

    男を「いいなり」にするための結婚という契約は女が自粛してモテ期の権力を最大限に発揮して得られたのです。

    現代の女性はそれを実践する気もなく、ただ都合のいい片面だけよこせという。無い物ねだりです。

    ヒトサマをこき使うにはそれだけの根拠となる価値が要る。

    実力のない女性ほど、相思相愛だろうと妥協による対等だろうと、男女がくっついたら「男だから」といって一方的な義務を生じる「決まりごと」にしたがる。

    少しマジメにならなきゃいけませんよ。

    トピ主さんに関しては、やっぱりこれはキモチと力学の兼ね合いもあるが、相談所でお互い気に入る相手を探すのがいいでしょう。

    現代では女も男を好きで選ぶ要素もありますから、お金の序列だけで単純には決まりません。女性も人によるのです。

    ユーザーID:3626025123

  • 3高から3優へ

    昔は高学歴、高収入、高身長の「3高」男性が結婚相手として人気だったらしいのですが、今は「3優」男性が人気だそうです。

    今時の女性は、家事育児ができて、浮気と無縁で自分(妻)にだけ優しい、仕事を頑張る人がお好みのようですね。
    自分の両親を見てそう思っている人が多くなっているのかも。
    専業主婦は離婚リスクがありますし、共働き必須の女性が増えているので、世帯年収がそこそこあれば、年収は重視しない女性が増えているのでしょう。

    高収入男性で家事育児を全くしないのに、働くことを強要する男性より、共働きで家事育児を「手伝う」のではなく「率先」してやってくれる男性が好まれるのは時代の流れなんでしょうね。

    正社員を目指しながら、家事をきちんとできるようにしたら、まだまだ結婚できると思いますよ。
    がんばってください。

    ユーザーID:9772962532

  • 愛があれば、と言っても

    男の年収に拘る女は依存体質、というような意見は男性からだけでなく、女性からも多く見られますね。
    この手の意見を、私は男に依存しない「いい女」よ、と言いたい女性が大勢いる、と私はむしろ斜めに見ているのですが。

    でもそれって現実的ではないですよね。
    まずあまり語られないのが不思議ですが、男性と女性では、今のところは年収も違う、昇進の速度も違う、女性が頑張ってもガラスの天井があると言われている。
    つまり男女がいた場合、男性が働く方が女性が働くより明らかに多い年収が得られ、昇進も早く、有利なのです。
    もちろんそういう社会が間違っているし、男女差は解消されるべきだけど、そうかといってそれが現実ならそれなりに対処するしかない。
    だからどちらかが働くかとなれば男性が、となるのです。
    男女平等な社会だから、男女同じように働けと言っている人は現実を見ない人だと思います。

    それと他の方も書いているように、女性には妊娠出産という責任があります。
    妊娠すれば重いお腹を抱えて通勤電車に乗らなければいけない、家事をしないといけない、という現実がこれまたある。
    そして出産、育児が必ずスムーズにいくかどうかは、これまた予想ができない。
    そういうリスクを負った女性が、その時に自分と子供を養ってくれる男性を求めるのは当然のことです。
    特に自分よりも子供の安全を考えれば、ほかにどういう解決策があるでしょう。

    女性が計算高いから男の年収に飛びつく(そういう人もいるでしょうけど)、みたいなことを言う人は、出産で働けない、乳児を抱えた女性にどうしろというんでしょう。
    そういう時に安心できる、ある程度の収入のある男性を求めるのは、別に不思議なことでも利己的な事でもないと思います。

    愛があれば男性の年収なんて、と男性は女性に言わせたいんでしょうけど、そこまで不安な人生を受け入れたい女性は稀だと思いますよ。

    続く

    ユーザーID:2415557864

  • 続きです

    前レスは一般論でしたので、トピ主さんのご相談について書きます。

    トピ主さんは32才までは職を転々として、現在は非正規の男性ですね。
    年収が300万台。
    今から資格取得に励むという事で、それはそれでいいけど、もっと早くそれに気づけばよかったのに、とは思います。

    その収入で結婚ができるかどうかは、まず恋愛であなたとどうしても結婚したいという人がいる場合は除きます。
    そういう事が起きないとは言えないですから。
    でも客観的に見れば、37歳で非正規で300万台の収入だと、条件はすごく悪いです。
    あなたがイケメンでスポーツマンで、うるさい実家はついていなくて、家事がすごくよくできて、人柄は抜群でという条件があっても、それでも難しいです。

    一番簡単なのは、結婚してこの先子供は一人として、どれぐらいお金がかかるか、それをあなたは出せるか、を計算すればいい。
    結婚するなら式と披露宴と新婚旅行の費用。
    住まいが必要だけど賃貸でも諸々がかかるし、将来持ち家の可能性があるのか。
    子供の教育費と老後の費用が今どきの一番の問題ですが、それがどれぐらい用意できるのか。
    あなたの給料で計算してみればいいんです。
    それが何とかなりそうなら、婚活を頑張ればいいし、ダメそうならとにかくお金がなくてもあなたを愛してくれる人か、すごく稼ぎのいい女性を探すかでしょうね。

    子供を持たず共稼ぎならあなたの収入でもなんとかなりそうですが、それでもきつきつだし、それでいいと言ってくれる女性を見つけるには、あなたに収入以外の大きな魅力がないとだめでしょう。
    その辺が分からないので、何とも言えません。

    ご自分でここのレスをちゃんと読んで考えれば、自然に答えは出るのではないですか?
    結婚を諦める必要はないけど、相当難しいことは事実だと思います。

    ユーザーID:2415557864

  • 逆、逆。


    専業主婦ってのが、出てきたの高度成長期。
    終身雇用、年功序列、という労働慣行と共に。


    石器時代からどの時代を見ても、
    女性は働き者です。

    石器時代時代は、
    大物の獲物を捕らえるチャンスは、
    たまにで。
    普段は、女性たちが、木の実やらを採取して生活していたそうです。

    他の時代をみても、男はたまに働く程度で、
    女性は、いつも働きモノです。

    女性が働いて、男は、たまに、働く。
    こっちの方が、歴史を見ても、感覚的にも納得します。

    女性、様様です。


    男は外、女は介護育児って、
    近代に生まれた神話です。

    必死に守ろとしているのは、
    先進国では、韓国と日本くらいじゃないですか。

    終身雇用、年功序列、専業主婦にしがみ付いてないで、
    早く共働き社会が実現すれば良いのに。

    何周遅れなんでしょうね。

    ユーザーID:2348550882

  • 極端過ぎます

    はい、極端すぎます。

    「年収が低い男は恋愛もしてはいけない」って、
    もしかして、自分自身に対してであれば、イジメも差別も許されると思ってます?

    そういう極端なことを言えば、例えば、
    「35歳以上の女性は結婚はおろか恋愛もしてはいけない」
    「事情があって子供を望めない人は結婚したいと思うこと自体間違い」
    「おかあさんになったらネイルもヒールもやめるべき」

    といった話にもなりますよね?

    非正規社員とか年収いくら以上とか、そういったいくつもの条件でラべリングして
    成功確率の低い選択肢を排除する。仕事ならごく普通にやっていることですが、
    相手が生身の人間で恋愛が絡むとそんな単純な話じゃないですよ。

    非正規雇用の結婚率は25%で正規社員の1/3といったデータもあったりしますが、
    逆に結婚している人もいるということ。「恋愛もできない」って結論は早すぎます。


    女性は男性に高年収を期待する傾向はありますが、個人的には、そんなにリスク
    ばかり考えていたら一生結婚できないのでは?

    確かに女性は妊娠・出産があり、出産で体を壊すかもしれないし、生まれた子供が健康
    とは限らない。でも、そうならない場合の方が多いです。
    ほとんどはまた働けるようになります。
    そして育休中でも賃金の半分は給付されるので「その間夫の給料だけで暮さねばならない」
    というのも正しくはないです。

    女性が働けなくなったら夫だけの収入で家族が暮らさねばならない。
    同じく「もし夫が働けなくなったら」の場合も想定すると、女性だって自分一人で
    家族を養えるだけの収入がないと結婚できないということになりますよね?

    一体どこまでリスクヘッジをすれば結婚できるのでしょうか。

    ユーザーID:7311844069

レス求!トピ一覧