どんなボランティアをされていますか?

レス31
(トピ主1
お気に入り96

生活・身近な話題

lo

よくボランティアをしたら?という提案を、こちらの小町でも拝見するのですが、実際にボランティア活動をされている方々、どんなボランティアをされていますか?

つい最近、私も時間があるならボランティアをしてみたら?と勧められたのですが、実際に何をしたら良いのか確たるアイデアが浮かびません。
とりあえずやってみる、と言っても、何をしたら良いのか分からないし、何でもかんでもやみくもにやってみて、やっぱり好きじゃない、合わないとすぐに辞めるのも、いくらボランティアとは言え迷惑だと思い、躊躇しております。

また、自分の職歴から何かお手伝いできることを・・・と言う方もおられるでしょうが、私の場合は職歴が特殊で、それに絞っての活動となると、そうそう滅多にあるものでもありません。

実際にボランティア活動をされている(た)方々、どんな活動をされています(いました)か?また、その活動を選ばれた動機やきっかけは何ですか?
その活動をしている(た)時の感想などもお教えいただけたら幸いです。

ユーザーID:5416678875

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自主グループの

    とある疾患の自主グループの、事務的な手伝いをしています。

    自身もかつては、同じ疾患でした。

    主な仕事は会員の方へ送る冊子の作成。

    お手伝いを始めた頃(20年以上も前かな)は、まだパソコン初心者だった私、

    グラフとか四苦八苦でした(笑

    でも今は楽勝です。パソコンの腕も上がりました。


    作成に当たっては、現在の病院や医療の情報や問題など、調べなければ分からないこともあり、私自身も勉強になります。

    命に関わる疾患ではないけれど、やはり病気は辛いし、切なくなることもあります。

    そんな会員さんに、ホッと和んでもらえるような冊子作りが出来たらいいなと思っています。

    ユーザーID:1491159535

  • 農業ボランティア

    私自身は動物好きなので保護犬猫にかんするボランティアをしています。
    これは多くの人が答えると思うので割愛。
    農業ボランティアですが、これは大々的に募集しているわけではなく、口コミなんですけど、高齢の農家さんで、とくに本業として農業をしているわけではなく、どちらかというと家庭菜園よりちょっと多いくらいの規模の農家さんを手伝う、というものです。
    主に収穫ですね。東京でやっています。

    ユーザーID:8655659079

  • 自分の好きなことをどうぞ

    ボランティアなど、趣味の延長でいいのですよ。
    でないと続かないでしょう?
    いきなり「災害派遣」や「国境なき医師団」など出来ないでしょう?

    たとえば、
    植木が趣味なら、街の緑化運動。
    音楽が好きなら、交通安全パレードや鼓笛隊や合唱の手伝い。
    歴史が好きなら、街の史跡を見直し顕彰するサークル。
    等々・・・いろいろあるでしょう?

    そんなのは自分の街には無いというのなら、自分で作ればいいのです。
    一人で勝手にボランティアでもOKです。
    よく早朝に一町内を掃除している方がいますが、あれも立派なボランティアですよ。

    >実際にボランティア活動をされている(た)方々、どんな活動をされています(いました)か?

    「家庭で撮影された8ミリフィルムを捨てないでください!」という呼びかけ運動をやってます。
    (いや、マジで捨てないでください)

    >その活動を選ばれた動機やきっかけは何ですか?

    映画が好きなので。映像が好きなので。
    ただ、それだけです。

    ユーザーID:3630806624

  • 単発からはじめてみる

    ごみ拾いなどの単発のボランティアはいかがですか?
    興味のある事から単発募集や短期募集を色々やってみて、好きで向いているジャンルを続けて行けば良いかと思います。

    ユーザーID:5390814799

  • もう止めてしまいましたが・・・

    有償無償、いくつか活動しました

    講習を受けて
    独居老人宅の家事援助をしたり
    託児、人形劇、読み聞かせなど子育て支援
    赤十字活動
    等々
    単発では
    自然災害被災地への物資荷造りトラック積み込み
    寄付金の集計
    友愛ピックのボランティアとか・・・

    パートをしながら活動をしていましたが
    親の介護などが始まって、止めてしまいました。
    ボラグループって意外と中が、どろどろしていたりする場合もあります
    そういうのがもう嫌で、時間が出来ましたが、活動再開できていません・・・

    ユーザーID:1377061376

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 学校の

    図書室を飾るボランティアをしています。

    毎週誰かしら集まってますが、来れる人が来る感じでその日のテーマの物を作ります。途中で辞めた人ももちろんいますよ。集まる時も遅く来たり、早く帰ったり…。

    でも、何も思わないですよ。ボランティアだしね。
    ゆるーくなごやかーに2時間ほど工作して飾りつけています。

    楽しんでやっています。
    ただ、今は子供が在学中なので…卒業したら部外者になるので続けるには手続きが必要になります。

    ユーザーID:5939169725

  • 気持ちが変わりました

    ボランティアというとたいそうに考える方がおられます。
    道を歩いていたり、買い物に行った先でも、困っている人に手助けするのもボランティアだと思います。
    困っていても、見て見ぬふりの人が多いですから。

    私は、市の生活サポーター講習を受けてから一人暮らしやお身体の不十分な方のお宅に手伝いに行きました。
    車椅子のお婆さんの家では、掃除(居間、玄関、トイレなど)をしてお話を聞くでした。
    主は掃除でしたが、車椅子生活からくるストレスがあったと思うのですが、お婆さんのお話はとても長く
    同じ様な内容でした。
    二年ほど行きましたが、仕事の都合で辞めました。
    仕事もあったのですが、お婆さんの愚痴を聞くのが辛くなったのが本音だった気がします。
    私は、全く人間が出来てないと思いました。

    それからは、無理をせず自分の出来る範囲で、市の行事の手伝い、施設での手伝いなど連絡があれば
    行っています。

    私は他人と距離を取ってしまう性格でしたが、少しだけですが奉仕活動をしてからは人に声がけ
    が出来るようになった気がします。

    (人に喜んでもらえる)単純ですが、これが一番嬉しい事です。

    ユーザーID:4947787685

  • 身近なところから

    ボランティアって案外、やりたいことがない限り
    クチコミだと思います。身近なお誘いとか。

    母の例ですが、駅前のお掃除とかしてました。
    私も子どもの頃手伝ってました。
    (それが良いことしてるとかボランティアをしてるという意識はなかったですね。)

    あと、近所の障害者の方の作業所のお手伝い。(近所の方のお子さんがそこでお世話になっていたので、お願いされたみたいです。)

    あと、公園にお花を植えてますね。
    多分、母親もあまりボランティアという意識がないのかも。

    ちなみに自治会とかPTAの役員もボランティアといえばボランティアですよ。

    私自身は、被災地にボランティアに行ったことあります。
    震災当時ではなく、最近です。
    年に一回でもいいから継続したいと思いました。

    ネットで探すのもいいですが(ボランティア募集サイトとか)
    住んでいる区市町村のサイトにボランティア情報って載ってますよ。

    多いのは、介護系。介護そのものを手伝うのではなく補助的な感じのが多いです。
    (洗濯をたたむとか)

    お子さんが好きなら、絵本の読み聞かせとかありますよ。

    あまり近所だと辞めた時に気まずくなりそうであれば
    一駅離れたところで、ためしに初めてはいかがですか?

    ユーザーID:4485773043

  • 私がした+接したボランティア

    子育て支援の仕事をしています

    仕事や生活の中で知ったボランティア
    ・学校・保育園などから支援センターや学童にお子さんを連れていく
     送迎のボランティア(市の福祉課などで受け付け)

    ・学校での教育支援ボランティア(教員免許がいる)

    ・福祉施設や子育て支援の広場などでの見守りボランティア
     (福祉に興味があれば受け入れてくれるところは多い)

    ・老人施設などで歌や手芸・習字・楽器などの講師・お手伝い

    ・老人1人家庭へ届ける給食ボランティア
     (ボランティアなので 月1・2が多い。)

    ・貧困家庭への食事援助
     (月1・2に夕方 お食事をみんなで作って食べる)

    ・読み聞かせボランティア
    (学校・保育園・学童など募集も多い)

    ・マッサージ・髪を切る・フットケアなど専門技術があれば
     老人施設、肢体不自由な障害者施設などでのボランティアもあります

    ・楽器演奏・演劇などもいろいろな施設で募集しています

    自分の生活に支障がない範囲で良いので、お気持ちがあれば参加してみると
    案外楽しいですよ。

    私は仕事の合間に学童に行って、読み聞かせをしています。
    仕事をしてるのに・・・・と言われますが、

    ボランティアなので、新しい本にも挑戦できるのが良いところです。
    (新刊出ると 気になって手に取るので 発見があります)

    ユーザーID:2918785810

  • どこにも属さないボランティア

    私の(故)父は、退職後(かなり年をとってからですが)、自分の家の前だけではなく、(田舎ではないです)家の周りかなりの距離を掃除してました。

    昔清掃局に勤めていたわけでもなく、誰に言われたわけでも、どこにも属さず、ついでだからとかなり先の道路まで毎朝「散歩代わり・・・」といいながら、綺麗にしてました。

    なかなかできる事ではないと、我が親ながら感心してました。

    ユーザーID:4950557577

  • 今年

    還暦迎えたおばさんです。

     使用済み切手やベルマーク集めています。
    ある程度まとまったら。ボランティアセンターに
    持っていきます。

     継続的にしているのはこのくらいで。
    2〜30代ぐらいから続けていますかね。
    始めたころは、寄付募っている団体に
    直接郵送していましたが。近年、使用済
    切手もそんなに量がないので。生活圏内に
    あるボランティアセンターで寄付を受け付けて
    いるのを知って。そちらに届けています。

     きっかけは。多分新聞等の記事を目にして。
    親の郵便物見て。整理がてら、切手を切りとり
    集めて送るようになりました。(親の許可は
    貰いました。)横着な私でも手軽にできると
    いうのが大きな理由です。

     自身の場合は。図書館に。毎月発行されて
    いる、ボランティアセンター発行(だったと思う)の
    バンフレットが置いてあるので。目を通しています。

     ご参考までに。

     

    ユーザーID:7618575609

  • 街頭募金

    もともと、親が自宅で祖父母の介護をしていたことなどから福祉問題に関心があり、
    学生時代は福祉系のサークルに入っていました。
    そのサークル活動の一環で、街頭募金のお手伝いをしたことがあります。
    また、社会人になってからも、福祉団体のボランティアに参加し、
    主に街頭募金やチャリティバザーの手伝いをしていました。
    ネットで近隣の福祉団体を検索し、ボランティアを募集しているところを見つけました。
    ボランティア同士や職員さんとのおしゃべりなど、楽しいこともありましたが、
    通行人の人から心無い声や罵声を浴びせられることもしばしば…。
    もちろん、そんなことをしてくるのは一部の人で、多くの人は心温かい声をかけてくださるのですが。
    仕事が忙しくなり、定期的な参加が難しくなったこともあって、現在は辞めています。

    ユーザーID:3676591903

  • 特殊な仕事でもいかせます

    特殊な仕事でも、PCが得意とか、業務の中のツールでいかせるものがあるはずです。(PCが得意なら、チラシ作り応援や避難マップ作りといったボランティアが私の自治体にあります)

    それでも、本当に活かせるものがない場合もあるかもしれませんが、結局、自分の趣味探し、サークル探しと同じですよ。

    環境に興味があるのか、環境でも掃除や植林などあります。
    国際交流に興味があるのか、社会福祉系でお年寄りや病気の方の役に立ちたいか、幼児のお世話に関するものか(絵本読み聞かせ、ファミリーサポート事業など)、色々あります。

    競技会、音楽、交流イベントのお手伝いなら、イベントごとにボランティア募集していて、無償ですがアルバイト感覚でできます。

    私の場合、国際マラソン、国際交流行事、国際音楽祭のボランティアをしました。国際とついていますが、語学は必要ありません。単に予算規模が大きく、関わる人も多く、イベントを楽しむ感覚で参加しました。

    ユーザーID:3550880813

  • 慰問

    私は、趣味サークルで介護施設に慰問に行きます。年に数回ですが、毎回とても喜んでくれます。

    以前は手話を習っていて、手話通訳のボランティアもしたことがあります。

    今の趣味も手話も、自分の興味から習いだしたものです。そこから、ボランティアにつながりました。

    自治体の広報紙などにも、ボランティア募集の記事が載っていたりしますよ。
    (私の手話も広報紙で見つけました)

    ボランティアしなくちゃ、と肩ひじ張らずに、ご自身の興味のあることから探していってはどうでしょう?

    あと、献血も立派なボランティアですよ。

    ユーザーID:2013116996

  • 日本赤十字社に登録

    日本赤十字社、略して日赤のホームページをご覧ください。
    自分の住んでいる地域の会員になってボランティアのお仕事
    色々紹介してくれていると聞いています。
    自分の親戚にも2人ほど登録して頑張っている人がいます。

    ちなみに私のボランティアは、献血と
    通学路の草刈りです。
    自分の家の近くの10メートルほどで市の土地です。

    ユーザーID:2402007548

  • 結構しました

    最初はボランティア団体に登録し、ディサービスのお手伝いしてました。
    いらした方にお茶をあげてお話の相手とかタオル畳みを一緒にするとか

    パソコンが出来たので障がい者の団体のHPを作ってあげましたね。
    2件くらい

    婚活のボランティアもしましたが、これが前に一日出ない人ばかりで苦労しました。

    今は畑つくりをしているので親のいない施設へスイカやサツマイモを届けています。
    畑が70坪くらいあるので結構広く食べきれない為に何か作らなきゃって所なのですが、食べる人も3人で食べきれないので食べてくれる人がいるならって所です。
    時間に関係ないので楽です。
    スイカは10個くらいは持って行きます。

    ボランティアは市役所で募集してると思います。
    知り合いは独り暮らししているお年寄りへ電話するボランティアをしていました。
    聞いてみたらどうでしょう。

    ユーザーID:3535307526

  • ニッティングボランティア

    編物が趣味です。
    家には、一生かかっても編みきれない量の毛糸の在庫あり。
    そこで、参加したのが、「世界の子供たちに編物作品を贈ろう」と言う活動です。
    セーターやマフラー、帽子などを編んで、寒さ厳しく、貧しい地域の子供たちに送ります。
    貧しいことに加え、紛争地域と言う場所もあるので、汚れの目立たない、実用的なものが要求されます。
    1年に1回募集がかかるので、それに合わせてできるかぎり量産します。
    なかなか楽しいものです。

    ユーザーID:6708435038

  • 日本語会話

    市がやっている国際交流事業の一つに在日外国人のための日本語教室があります。
    そこに来ている方たちのための、実際に会話する練習台?ボランティアです。

    私自身は日本語教師の資格は持っていないので文法的なことは説明できないと了解を
    取った上で、希望する方と会話練習していました。
    実際には文法の説明もしなくてはならないことも時々あり大変でしたがどういうわけか
    私は例文はいくらでも思いつくことができたので、イメージがしやすいと喜んでいただけた
    ようです(日本流のお世辞かな)。

    始めたきっかけは私自身が長年の海外暮らしから帰国し日本に違和感があったからです。
    日本文化以外の文化があることを感じていたい、そちらに窓を開けて呼吸したい、そんな
    気持ちでした。
    あとはちょっと綺麗事的になりますがある種のご恩返しのような気持ちですね。

    私のスキルはわずかな英語と中国語。ボランティアをするにあたり多少の役には立ちました。
    それらの言葉で説明できるほどの語学力ではありませんがリラックスしていただけるのです。

    今は忙しくなってやめてしまいましたが5〜6年続けました。
    私はやっていて楽しかったです。教え方は拙かったと思いますが、というかホンモノの
    日本語教室があるからこそやってこられたことですが、言葉が不自由でいる不安感は
    身にしみて共感できるものなので、相手の方が笑っておしゃべりができる場は作れたかな、
    そう思ってもらえていたらいいな、という感じです。

    ユーザーID:0853203285

  • すぐにやめちゃったことあります

    そのボランティアを始めたのは知人の紹介でした。

    就学前の子供と親のペアが来場するクラスで、演劇や絵本や歌、指遊び等披露し図画工作がそれに加えてあることもありました。

    練習や打ち合わせが全くなくてその場でチョチョっと打ち合わせして、大勢の人前で披露するというやり方がどうしても私には合わなくて2回くらいで辞めました。

    私は予習が好きなタイプなので、ある程度時前に打ち合わせ練習できる環境がよかったので。正直練習なしで大勢の親子の前で恥もかきたくなかったです。

    当日うまく演技できないとネチネチ嫌味言われたり馬鹿にされたり、一生懸命理解しようとしても「わかってないと思う〜」とか失礼なこと言われたり・・・その日欠席の人の悪口言ったりもあって、ストレス過ぎて続けられませんでした。中ドロドロの意見に私も一票です。

    打ち合わせや練習があると、面倒で重くて続けられる人がいなくなっちゃうからとかなりグイグイ強く正当性を主張していましたけど、それも一理ありますが、自分にはそういうやり方がどうしても合わなかったし納得いかなかったんですよね。

    ただ、やめたあと、知人はやはり怒っていたようで、道であってもすごくそっけなかったです。

    ボランティアだからこそ、ある程度は楽しくないと続かないとと思います。トピ主さんに合ったボランティアが見つかりますように。

    ユーザーID:5767961780

  • 公的機関に聞いてみても良いのでは?

    名古屋市民ですが、毎月市民に配られる「広報なごや」という
    新聞のような広報紙でボランティアの募集を見つけ、
    説明会等参加し、科学館のボランティアに登録しました。
    面白そうだなぁというただそれだけで登録してしまい、結構
    大変ですが、普段知り合えない方と知り合ったり、普段の暮らしでは
    見えない施設運営の裏側も見えたり、やっぱり面白いです。

    また、同じく図書館の目が見えない方向けに本を読む
    音訳ボランティアの募集を見つけ、説明会にも参加したことがあります。
    こちらは条件が厳しく登録はあきらめました。

    総合病院でのボランティアの張り紙なども見たことがありますし、
    公的機関や大きな施設に問い合わせてみるのもありだと思いますよ。
    職歴や経験が…ということですが、ボランティアは無償労働なので
    できるレベルで大丈夫です。まずは説明などを聞いて試してみて
    考えればいいと思いますよ。

    ユーザーID:1407049617

  • 子供達の手が離れてからボランティアをしています

    トピ主さんのお住まいの役所に問い合わせるのも良いと思います。
    どなたかが書いていらっしゃいますが、何かの団体や会が主催する物でもなくても外出中に困っている人に出会ったら手助けするのも同じ事だと思います。

    ただ人に拠ってはとても不快になる事もあります。
    一度、目の見えない人に頼まれて一緒にスーパーで買い物をしましたが会計の後、私が買った物をごまかさない様に袋に入れるのは手を出さない様に言われました。
    それから独居老人宅の掃除は何かを盗られたと言う人がいます。
    ですので老人ホームを訪れるとかでしたら良いと思います。

    これはボランティアとは違いますが、趣味の会で一緒になった高齢の女性が会に出られなくなり、電話で買い物や雑用を頼まれる様になりました。 ただこの方は自他共に?認める上品な方と言う事なんですが、親しくなっていくと人の噂話や悪口が大好きなんです。 一番困るのは、貴女が嫌だと仰っていた誰それさんは、と始まる悪口です。 私はそんな事は言っていませんと言いましたが、いいえ確かに貴女から聞きましたと返された時はゾッとしました。 色々な人に電話をかけるので、私が言ってもいないことを言われていると思います。認知症だと思ってあきらめています。

    それとある会の夏や冬のバザーの手伝いをしています。
    料理を作って売ったり、手作りの物を売ったりの収益金を寄付します。 私は手作りの物はこの活動の主催者から材料を預かって家で作っていますが、材料は手作りを主催している人やこれに賛同する方の寄付と足りない物は自分で買って作ります。 でもこの主催している方は手作り教室と評して、自分が先生で材料も自分が揃えて、教室で生徒に指導して作った事にしています。他の人達はどう思っているのか分かりませんが、私は内心呆れながら続けています。

    トピ主さんに合うボランティアが見つかるといいですね。

    ユーザーID:6065538857

  • お気持ちわかります

    体験談でなくて恐縮なのですが、トピ主さんのようなお悩みの方、結構いらっしゃるんではないでしょうか?

    地元の社会福祉協議会とか市役所のボランティア担当課にそのお気持ちのまま相談されれば、気持ちよく対応していただけるのではないかと思います。

    ユーザーID:2456821048

  • ちょい横ですが

    新婚時代に妻に「どうして私を結婚相手に選んだか」と聞かれ
    「ボランティアや」と答えました。
    妻にはバカ受けでした。
    いえいえ、私みたいなダメ男に嫁いでくれたあなたこそボランティアやと内心で呟きました。
    以来40年、二人の相互ボランティアは続き、一度の浮気も大げんかもなく
    まっこと大波小波を乗り越えてきました。

    そろそろ本当に世間様にご恩返しの何か奉仕をと真剣に二人で考えています。

    ユーザーID:0306825805

  • 電話相談員

    相談員を始めて5年あまりになります。

    1年半ほどの養成講座終了後、審査を得て認定され担当に入れます。
    日常の活動義務は
     1.月2回の電話相談担当(それぞれ3時間半)
     2.月1回の研修会(2時間あまり)
    これは必ず参加する必要があり余程の事情がない限り休むことはできません。
    それ以外に分科会や研究会、資金集めバザーなどがありますがこちらは参加自由で私はほとんど遠慮しています。

    悩みや苦しみに寄り添う相談活動は想像していたよりもキツく辛いものでした。
    自宅に帰ってからも、あの対応でよかったのかと思い悩み眠れないこともあります。
    それと、相談員をやっていることを家族以外に話してはいけません。
    もちろん交通費を含めて報酬は一切でません。

    このようにお伝えすると良いことが何も無いように思われるかもしれませんが・・・
    講演会や見学会などが頻繁で勉強になることと話をしっかり聞くことができるようになり夫婦関係や親子関係が良くなりました。

    ユーザーID:4799865582

  • ありがとうございます

    皆さま、様々な体験談をお聞かせいただき、とても参考になっております。自分では思いつきもしなかったような活動もあるんだなぁ、と興味深く拝見しております。

    なるほど、ちょっとした人助けもボランティアのうち、というお言葉にはっとしました。

    皆様のレスを拝見しているうちに、そう言えば自分もボランティア活動に参加したことがある、と大昔のことを思い出しました。
    阪神淡路大震災が起きた時にボランティア要員として数日お手伝いをしたことがあります。電車も止まり、道も破壊され、がれきの中、長距離を歩いて通ったことを思い出しました。
    つい、先日の出来事のような気もしますが、もうずいぶん昔の話になってしまいましたね。その後も自然災害が後を絶たないことは、非常に痛ましいことですが。

    あとは、木を植えるボランティアに一日参加したことがあります。当日は朝から雨がかなり降って、ずぶぬれになったことを思い出しました。ベルマークや使用済みの切手は小学生の頃に集めていました。当時はよくわからずに集めて学校へ持って行っていましたが、あれもボランティアの一環だったのですね。

    私の中では、ボランティアと言えば、定期的に通って、継続的に何かをすることという固定観念がいつの間にか出来ておりました。
    ただ、私自身、現在時間がたっぷりあるので、定期的に続けられるものが良いかなと漠然と思っていました。

    団体によっては、内部紛争?派閥争い?のようなものもあるのですね。
    人が集まると、目的に関わらずそういうものが派生してくるというのは悲しいですし、恐ろしくもあります。

    何かやってみたい、と思っているのですが、行動するよりも頭の中で色々な考えが先行してしまい、なかなか勇気が出せずにおります。が、皆様のレスを参考に問い合わせ等もしてみようかと思います。

    まだまだ体験談がありましたが、ぜひお聞かせください。

    ユーザーID:5416678875

  • 学校だと

    子どもが通っていた小学校では、今もやっているのかわかりませんが…
    クラブ活動のお手伝いを地域の方を募集していました。
    手芸部とか釣り部とか…。

    本の読み聞かせとか、図書室の本の修理とか、外国籍の子ども通訳みたいなこととかは保護者がやってたのかなぁ?

    通学路の見守り隊とかね。

    ユーザーID:4548262589

  • 高齢者介護施設のボランティアしたことあります


    住んでいる区市町村のチラシにボランティア情報があり、高齢者介護施設の食事会のボランティアをしたことがあります。

    交通費は実費、食事支給。

    作る方と、私は高齢者の話し相手と片付けに分かれました。

    ただ、ボランティアスタッフが、当時私は40代前半で一番年下、男女60代以上の方ばかり。

    高齢者の方との会話は楽しかったのですが、ボランティアスタッフの65歳くらいの女性に何故かきつく当たられ、一回で辞めてしまいました。

    他には、海岸の清掃、被災地の清掃・話し相手も見たことがあります。
    SNSで検索すると見つかりますよ。

    ユーザーID:4010509151

  • 二度目です。

    ボランティアと言えないかもしれませんが。

     近隣に、障害者の方の働く場・・・として
    某カフェが二か所あります。形態は多少の
    差がありますけど。 機会があれば、利用
    します。また…。障害者フェスティバルが
    開催されたりしますと。商品販売されます。
    パウンドケーキ等のスィーツ購入します。
    甘党ですし。消え物ですんでね。

     今は頻度が少なくなりましたが。
    資金稼ぎにバザー等開くので。物品
    提供のお知らせ見ますと。家の中の
    不用品(新品雑貨や新品衣服等)寄附
    します。あくまで事前に問い合わせを
    して。現物持参で確認してからです
    けど。
     
     ご参考までに。

    ユーザーID:7618575609

  • 阪神大震災

    建設、運送の会社に勤めていました。
    阪神大震災の後、社長に頼まれて
    クレーンと重機と作業班と、一緒に神戸に入りました。
    震災後の現地の様子は写真では見ていましたが
    実際自分の眼で見ると、戦争の後のようで言葉を失いました。

    プレハブ小屋に寝泊まりしながら作業を続けました。
    その私たちに食事の世話をする人たちがいました。
    その中には自身が被災した人もたくさんいました。

    崩れた家を片付けてその下からその家の家族のアルバムを見つけ
    それを家の人に渡すと、本当に泣きながらお礼を言われました。

    あの瓦礫の町には、本当の意味の、裸の、「ありがとう」という言葉がありました。

    神戸から帰った後、自分の人生観がすっかり変わったことに気付きました。

    ユーザーID:0306825805

  • どうしても子ども関係のボランティアが多いです。

    子どもが小学生なので、ベルマーク・使用済み切手やペットボトルのキャップ集め、登下校の見守り、図書室のカウンターのお手伝い、学校のトイレの清掃の手伝い、などをやっています。
    地域の自治会では、公園の草取りやお祭りの準備などがありました。

    働いていた頃は、知的障害者の方の作られたお菓子やユニセフのクリスマスカードやカレンダーを買ったり、年末に日本赤十字社に小額を寄付したり。
    最近では、障害者施設から自宅の庭用の腐葉土を買ったこともあります。
    今年も行われるかどうか分かりませんが、東日本大震災で被災した子どもたちにクリスマスカードを送ろうという活動が昨年まであり、送付しました。

    不要な未使用ハガキを福祉施設に寄付すると、それを施設の方が活動に必要な未使用の切手やはがきに交換している所もあります。
    読み終わった本を図書館や大学に寄付するのも、ボランティアですよね。

    後は、私の市では、毎年春と秋の衣替えの季節に、古着の回収を呼びかけています。
    また、市の施設でバザーをする際に、不用品の寄贈も呼びかけていました。
    これらは、市の広報などで見かけて知りました。

    まとまりのない内容ですが、ご参考になれば幸いです。

    ユーザーID:2574805528

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧