夫の生家へ年4回の「御仏前」

レス53
(トピ主5
お気に入り130

家族・友人・人間関係

トピ主

結婚してから毎年、夫の生家に定期的にお金を包んでいます。
お正月は「お年賀」、お盆&春秋のお彼岸は「御仏前」、それぞれ5000円×年4回です。

それ以外に、手土産のお菓子を持参しています。(1回2000〜3000円位)
さらに、お中元とお歳暮はデパートから送っています。(1回5000〜10000円位)

私の実家は両親が健在でまだ仏様もいないこともあり、また儀礼が嫌いな家でもあるので、上記のような贈り物は一切していません。
夫の父は故人ですし、夫の生家は仏事を大切にする家庭らしいので、「御仏前」を出すことには全く不満はありません。
夫の兄弟姉妹もみな同じ「御仏前」を出しています。

ただ、他の方に話すと驚かれることも多いです。
こういうのは珍しいですか?


※ 「夫の実家」とか「義実家」という表現には違和感があるので、敢えて「夫の生家」と書かせていただきました。

ユーザーID:4882505823

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数53

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 儀礼が嫌い・・・・って。

    面白いおうちがあるものですね。
    このトピ内容を、どこかのお寺で住職さんに聞いてみたらいいですよ。
    夫の生家は「まともな家」です。

    ユーザーID:9821956409

  • 姑ががめつい

    ないでしょ、普通は。
    ご仏前は返しはいりませんが、中元歳暮は返しが当然要りますがもらってますか?
    正直おつきあいしたくない類の人たちでは、な印象です。

    ユーザーID:1078152665

  • 珍しいと思います

    年4回というのが特に珍しい。

    御仏前は、命日や法事の時なら分かります。
    お盆の時も分かります。

    でも、お正月の「お年賀」の風習があるのは珍しいと思います。
    お彼岸も、お参りする事はあっても、「御仏前」は用意しませんでした。

    ユーザーID:8581332109

  • 違和感?

    夫の生家の方が大きな違和感があります。

    ユーザーID:0699956415

  • 同じです

    御仏前を包み、菓子折りを持参してのお盆とお彼岸です。

    夫の他の兄弟姉妹も同じです。
    ただ違うのは跡取り長男さん(夫の兄)がお歳暮やお中元を廃止にしたのでデパートからの贈り物はしていません。

    旅行に行ったらお土産、子供たちにはお年玉や入学卒業などのお祝い金はあります。
    特別感は感じていませんが家の風習だと思っています。
    義実家は義実家なりのルールがあり、妻である私の実家では御仏前はありません。

    贈り物はしますが時期的なものではなく会ったとき用ということになります。
    その家庭ならではの問題と、地域的な風習とその家の宗教にもよります。

    ユーザーID:9233987268

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 同じく

    トピ主さんと同様に年4回、包んでます。
    毎回の手土産も。以前はお中元お歳暮も送っていましたが、送り先は年4回集まる親戚達なので話し合ってやめようということになり、今は送っていません。

    私の父は転勤族だったので、父母それぞれの実家にはお正月とお盆くらいの帰省でしたが、母は同じように御仏前を包んで手土産を持って…としていたと思います。

    義実家は周りに親類縁者が多く、夫や義父母の兄弟達も近いので春秋のお彼岸も集まりやすいのだと思います。みんな同じように御仏前を出してますよ。

    ずっとそこの土地にいてお仏壇があり親戚も集まりやすいとなればそんなものじゃないでしょうか。
    まぁ、私も結婚してから何だかんだと集まることが多い事に驚きましたが。。

    驚いた方達はそういうお付き合いがないのでしょうね。
    田舎にはよくあることだと思ってました。

    ユーザーID:2699961064

  • 田舎の風習なのでしょう

    私は長男なので、私が仕切る立場にいます。

    兄弟姉妹、親戚に負担が大きいので、トピに書いてる様な事を中止しました。

    実家に送るお歳暮なども中止しました。

    頂いても嬉しいとは思わない。また届いたわよ、困ったわね。

    トピ主さんの立場では中止できないですね。嫁の立場ですから受け入れる。

    ユーザーID:2720804755

  • 納得なら

    トピ主さんが納得してるならいいのではないですか?
    ネットで聞いてみなさんが
    「それは多いよ、やりすぎでは?」などの
    否定的な意見が多ければ止めるんですか?
    止めないでしょ?
    意見を聞いてどうするのかわかりませんが、
    トピ主さんが不満もないし、
    他の兄弟姉妹もしてるからと納得してるなら
    それでいいのではないですか?
    それとも実家への贈り物を一切していないのに
    何故夫実家ばかりにしなくちゃならないのか?
    と不満に思っているなら
    公平にすれば?と言うだけです。

    お聞きの珍しいか?と言う事ですが、
    盆、正月のお供えは品物でしますが、
    お金ではしません。
    手土産は帰省の度に持参します。
    御中元御歳暮も必ずしています。
    春秋の彼岸は何もしません。
    夫実家は義両親が他界してますが、
    後を継いでいる義兄夫婦宛に送っています。
    私の実家に対しても同様の事をしています。
    両家の法事に関しては
    お供えとしてお金と品物を供えています。
    だからトピ主さんのしている事は
    特段珍しい事とは思いません。

    ユーザーID:1971389471

  • ごくごく普通だと思う

    兄弟みんな同じなら
    変な気をつかう必要もないし
    良心的なシステムだと思います。

    ユーザーID:1773462237

  • うちは

    手土産は持参した方がいいと思いますし
    私達もそうしています。

    お中元、お歳暮は夫実家の近隣に
    いる兄弟はしているようです。

    子供がお祝い等々を頂いていることも
    あるようです。

    遠方にいる我が子にお祝いは
    ありませんので、お互い様という
    ことでお中元、お歳暮はいらないようです。

    ご仏前は包みませんが、盆と彼岸に
    お供え物を持参しています。

    ユーザーID:5394316805

  • トピ主です(1)

    誤解のないよう一応補足します。

    我家だけでなく夫の兄弟姉妹、その他の夫の親族も、みな年4回「御仏前」を上げます。
    それらは全部、夫の生家を通じて、夫の父のお墓がある菩提寺に行きます。
    夫の父は、私たちが結婚する前にすでに亡くなっています。
    夫の父および御先祖様一同への供養として包んでいるお金です。
    夫の生家にお渡ししている訳ではありません。
     

    ユーザーID:4882505823

  • トピ主のコメント(5件)全て見る
  • 我が家も年4回

    実の父親が亡くなっているのだから
    当然と言えば当然
    祥月命日にはお参りしないの?

    友人は月命日ごとに花を贈っていました

    我が家では、盆、春秋のお彼岸 祥月命日

    年末はお歳暮で、夏にはお中元・・・
    農産物や海産物など折々に送ります

    ユーザーID:8773452937

  • 同じくです

    結婚24年の長男の嫁、夫の両親とは近距離の別居です。
    トピ主さんと同じような感じですよ。
    父の日・母の日、誕生日(夫の両親は同じ月生まれ)に
    食事会かプレゼント(ちょっとしたものです)も贈っています。
    同居していないし、必要経費と割り切っています。
    しかし、比べちゃいけないけど
    私の実家は「しなくていいよ〜」と気も遣ってくれるけど
    (期待はしていないけど、お返しもある)、
    夫の親は楽しむだけだし(それでいいけど)
    何だかすっきりしない・・・

    ユーザーID:8275727399

  • 今は平成

    >夫の兄弟姉妹もみな同じ「御仏前」を出しています。

    旦那さんのお母さん(姑)は存命で、姑さんと既婚の子供さん(旦那さんの兄弟姉妹)の誰かが同居しているんですか?

    姑さんが生きていて、旦那さんだけじゃなく、兄弟姉妹も同額出しているのなら、まだ、納得がいくような気もしますね。

    ただ、そういうしきたりというのは、従順にしていても切がありませんからねえ。

    今は平成です。旦那さんとも話合って、徐々に減らしてもいいのでは・・

    ユーザーID:1008526110

  • 普通ですよ

    お年賀、お中元、お歳暮、春秋のお彼岸、お盆プラス義両親が生きていた頃は父、母の日のプレゼント、年2回の旅行(義両親、両親各一度ずつ)に行っていました。その他月1でご機嫌伺いに行っていました。
    妹達も同じようにしていますよ。
    普通の事だと思います。ビックリするお友達にビックリです。お友達はご主人を生み、育ててくれた義両親に感謝の気持ちが無いのでしょうか?もしそうだとすると人として疑問ですね。

    ユーザーID:3045703325

  • 私もびっくりした

    多分そんな風習あるところの方が少ないですよ。
    けれどきちんとしていて気持ちがいいですね。

    ユーザーID:4653235999

  • 誰が受け取るのですか?

    夫実家には義母さんが健在なのですか?

    うちも夫実家も「御仏前」は、法事の時に施主に渡すものです。
    法事がない限りありません。

    「お年賀」は実家に関わらず、お正月に訪問した時に持っていきます。(たいていはお菓子)

    仏事を大切にするのは良いことだと思いますが、法事でもないのに子どもたちから「御仏前」を受け取る親はかなり珍しいと思います。

    私の周りでは聞いたことがありません。

    でももしかしたら仏事にかこつけて、子どもたちから「お小遣い」を要求しているのではないの?と勘ぐってしまいそう。

    トピ主さんの夫実家は代々続く旧家なのでしょうか?

    後継ぎになる人もたいへんですね。

    ユーザーID:9490922100

  • 個人の感覚ではないですかね?

    定期的と言うのが毎年なのか?周忌なのか?

    まぁ、義父なので不思議では無いですよね。
    それだけ家族から思われて居ると言う事でしょう。

    私自身も母を亡くしていますが、
    周忌だけですね、お金を用意するのは、
    各家庭色々あると思いますので、一般的にとか他の家の話を聞いても何もならないと思いますよ。

    私の知人の家は月命日にお坊さんがいらっしゃる家もあります。
    家族が揃わなくてもお経をして頂くみたいです。

    正直、大変だな・・って思ってしまいます。

    ユーザーID:4501201523

  • それは。。。

    表向きは「御仏前」と言ってますが、お義母様へのお小遣いとなっているのでしょう。
    仕送りが無かったら安い(と言っては語弊がありますが。)ものです。
    ご主人もご兄弟も納得しているのでしょう。

    ユーザーID:6677766870

  • 時代ですかね・・・

    結婚して30年以上になります。

    お正月にはお年賀の他に
    義両親へのお年玉、義兄嫁へのお年玉、もちろん手みやげは最低でも3000円程度のお菓子
    親戚一同への手みやげ(1000円程度でいいと言うけれど12軒分)
    お盆はお年玉はいらないけれど、ご仏前(1万)と親戚への手みやげは必須です。
    お彼岸は、そう確かにご仏前は5000円でした。
    お中元、お歳暮は「持参」が決まりでした。
    と言うか、ほとんど隔週で呼び出されていました・・・

    さすがに、ここまでさせられるのはウチくらいでしたが
    私の実家方面では、割と普通に当たり前だったので
    他県の田舎の夫実家のしきたりもさほど違和感はありませんでした。
    メンドクサイのは間違いないですけど。


    でも、イマドキはしないように思います

    息子が結婚して外に住んでいますが、自分が苦労したので
    「何もしなくていいよ」と言ったら言葉どおり受け止めて、今まで帰省するときは
    お菓子を持ってきてくれたのに、結婚した途端、なくなりました。
    なんだかなぁって思います。

    トピ主さんはきちんとしたお嫁さんでうらやましいです。

    ユーザーID:2577948164

  • その地方にもよるのでは?

    お坊さんを呼んだり、会食等何かしら儀式的なことをするのなら
    それはありかもしれないけど
    少なくとも他界した実父の「ご仏前」は、○回忌のみです。

    盆暮れ正月、彼岸と墓参りには行くけど、
    坊さん呼ばないし、お金がかかることがない。
    そのかわり、行ける人が行ける日に集合した
    墓参りの後の気まぐれ的なランチは
    母の分も含めてみんなで割り勘。明朗会計。
    5000円じゃ全然足りないけどね。(都心の有名店とかだし)
    といっても、みんな忙しいから、バラバラに墓参りすることも多々。
    すると現地で買うお花代だけ。

    人ん家(義家)に行くのに、事前に準備ができるなら
    少々の手土産くらいは当たり前。
    お中元の類も、遠方なら普通かな。
    まー、ぶっちゃけ、別にいらないでしょ?とは思う。

    私も実家には、何もしていません。近いので。
    近い分、ちょこちょこ行って、いろいろ差し入れしてます。
    お歳暮、お中元の額の比じゃないくらい。
    いろいろ貰うものもあるので。

    ユーザーID:2443774486

  • 両親と親しい場合や昔ながらの本家分家の関係ならよくあります

    両親と親しい場合や
    昔から続く家(特にその地方の名家というほどではなく)で
    本家分家の関係なら回数も金額もよくある話しだと思います。

    親しい間柄なら金額的にはその倍、回数も命日(回忌)や
    お母様やらご兄弟の誕生日とか敬老の日とか母の日とかの
    お祝いもあるので倍位。

    特に理由がなくても、住んでいるところの名産品だとか
    どこかへ行ったお土産とか、自分(嫁の立場)の実家の名産品とか
    年に数回以上送ります。

    相手方からも名産品とかよく届きますし
    お参りだとか帰省の挨拶とかで伺うことも多いので
    その時には特にお世話になるので、損得の問題じゃなくて
    お互い気持ちのやりとりをしている感じ。

    それにお墓やお仏壇や先祖代々の実家を守るって大変なんですよ。
    お寺に包む金額も大きいし、お花代もばかにならない。
    昔ながらの土地だと都会田舎に関係なく比較的近くにお墓があるので
    毎週新しいお花を供えに行く。

    先祖代々の家は庭もやたら広くて草取りだけで大変。
    かといって先祖代々の家は簡単に売ったり引っ越したりできないんです。

    親戚一同のつながりにも気をくばって
    何かあったら助けるスタンスや責任感ももっているし
    お付き合いに気をくばって、いろんなことに手間も時間もお金もかかる。

    そういうのがわかってるからいろいろなお届け物をするんです。

    そんなの合理主義の考え方や
    先祖を大事にする家ではない人には全くわからない話だと思います。

    わからない人、わかろうとしない人にあえて言ってもわかるわけないので
    わかる人だけがやればいいと思います。

    言えることは、
    やってるところはそれだけ家族というか一族の絆があり
    何かの時にあたたかい力にお互いなってることです。
    子供も先祖を敬い優しく育つように思います。

    ユーザーID:0805150299

  • 今時珍しい

    お年賀にもお金包むことにびっくりです。仏前も年4回?我が家は法事以外で包んだことはありません。

    70代の私の親が若い頃は、中元歳暮は当たり前、仏前に3000円くらいの果物、本家には手土産、祖父母にお小遣い?が当たり前だったので、トピ主さんくらいの出費はあったと思います。
    でも私の親も、夫の親も、私たちにお金出させる事は皆無です。そんなお金があるなら、孫に使いなさい…といった感じです。
    と言うわけで中元歳暮と、訪問時の手土産くらいしかしてません。独身の弟妹に至っては、冠婚葬祭際のお金も出してませんし、手土産も中元歳暮も無縁のようです。

    ユーザーID:7847078859

  • うちも両親健在ですが、それくらいの金額を包んでいるよ

    うちは、盆正月に毎回1万包んでいます。
    お中元とお歳暮は5千円位の品物を送っています。
    それとは別に、帰省の際には手土産のお菓子を持参しています。

    お彼岸は、墓参りのお花に果物、お供えのお菓子を持参するので
    結局それくらいやってることになりますね。

    結婚すれば、それくらいのお付き合いは
    普通かなと思っています。

    お墓を守るのにもお金はかかるしね。

    お墓を持たないとわからないかもしれませんが
    法事をしたり、お寺にかかるお金もばかになりません。
    年にそれくらいお返ししても、驚く程のことではないと思います。

    うちは両家ともやっていますよ。

    儀礼が嫌いな家というより、
    まだ自分のお墓を持たれてないから
    管理する実感がないんだと思います。

    あなたも含め、驚かれる方は、
    親御さん自身も墓を守ったことがない方なのでは?

    儀礼が嫌いと言うなら、
    あなたの生家では、あなたの親御さんが亡くなっても
    お坊さんを呼んだり、法事をやらないとかですか?
    そうじゃないでしょう。

    あなたの家から仏さんが出ていないから
    儀礼と言われることの経験がないだけなのでは?

    うちも、以前はお彼岸とかそういう行事には無頓着でしたが
    兄が亡くなったのを機に、大事にするようになりました。

    仏さんを出した家とそうでない家は
    行事に対する温度差があるのは仕方がないと思います。

    大事な人を見送ったことがあれば
    自然と大事にしたいと思うんじゃないでしょうか。

    あなたの生家にも、仏さんが出れば
    また考えが変わると思いますよ。

    ユーザーID:7298777239

  • 驚くポイントはそこじゃないです

    それぐらいなら普通でしょう。驚くほどのことではないと思います。
    ウチはお金ではなく、お供えはお菓子、果物等食べ物ですが。
    そういう習慣があるから出しなさいってことは夫さんに言われたのですか?
    自分の生家へだけ?
    仏事を大切にするってことは、お年賀、お中元、お歳暮の儀礼も含んでいるんですよね?
    あなたの生家に仏壇がないのならご仏前はなくても、お年賀、お中元、お歳暮は送ってもいいはず。
    夫さんはあなたの生家へも同じようにしようとは言わないのですか?
    何事も両実家へ同じようにするべきです。
    仏事を大切にする家なら、妻の実家への儀礼も大切にすると思いますけどね。
    私の義実家がそういう家でお嫁さん(私を含めて3人)たち実家への冠婚葬祭はきっちりしています。
    自分の方ばかりで妻の実家への気遣いがないってそこが1番驚くところです。

    ユーザーID:6092965712

  • 珍しいかも

    時は平成も末ですからね。今となっては珍しいでしょう。
    昭和の頃では当たり前でしたが。

    トピ主さん夫婦が納得してるなら、古い習慣を維持しているのは素敵だなと思います。

    ただ最近は、親の側から辞退している人が多く、そのため、これらの習慣をそもそも知らない人が多いから驚かれたり「親子の関係でお金を送るなんておかしい。堅苦しい」「受け取る親も親だ」という人もいたりします。

    ユーザーID:2394187651

  • ヨコですが

    「夫の生家」の方が分かりづらいと思うのですが・・
    誰が住んでいるのかが不明ですから。

    本題。
    珍しくてもいいのではないですか?
    それで、ご主人も生家の方々もお喜びなら。
    主さんに不満がないのなら、他家と比較しなくてもいいと思いますね。

    ユーザーID:7943687668

  • 地方在住ですが・・・こちらでは結構あります。

    私の住まう地域は、そんな感じですね。

    私もトピ主さんが
    書かれていらっしゃる様に
    年に4回は、ご仏前を包み
    お中元・お歳暮もトピ主さんと
    同じ位の値段の品々を選び、届けます。

    郷に入らば郷に従えという感じで
    「夫の実家」「義実家」という名に
    拘る?といった違和感はありませんので
    通常の行事として受け留めています。

    ユーザーID:4369818543

  • 私は良い習慣だと思います。

    現代はこのような仏事等の儀礼的な事に異議を持つ方も
    多いですが、今頃の日本は少し、奥ゆかしさのある物に何がしかの
    理由をつけては排除されていく方向に向かっているような気がしています。


    それは個人の尊重というより時間とか経済的な無駄として
    処理されだしたような気がしています。自分ファーストとでも
    言うのでしょうか?

    確かに、ご先祖の霊を供養する・・霊、それには目に見える形は
    存在してはいませんが、今を生きている人間として存在する事実に
    繋がっているのは確かに事です。そのお世話と御守をしている方へ

    そのお礼の気持ちを持つ事は人間の品性も上ると私は思っています。
    でも平生はそんな事一切口には出しませんよ。

    実は、数日後実家の親の法事があるのですが、体調不良の為、欠席
    しますが、たった今、仏前にと掛かる交通費も加えた分の「お供え料」を
    郵送してきた直後に此処を拝見したところです。

    ただ、盆暮れの贈り物に関しては、私は子供達には所帯持った最初から
    しないでねと伝えています。顔見せてくれるだけで良いとおもうから。
    親戚達には言えませんのでお互いに安否情報と言いう事で遣り取りしています。
    廃れ行く習慣にも良い面もあります。
    他の方の意見は意見として、継続して行く事はお子様方には良い親の後ろ姿を
    示す事になると思いますよ。

    我が子は法事などに参加が難しい時はそれなりの金品を送ってきます。
    その事には妻には口出しさせないとの事です。

    ユーザーID:3148312904

  • 特に・・・

    >他の方に話すと驚かれることも多い

    お父様が亡くなられているならお盆や彼岸にお供え等をするのは普通の事じゃ
    ないのかな?

    我が家の場合は、年賀やお供えは義実家には義母から断られてたのでしません
    でしたが、所謂檀家先のお寺(我が家は仏教ではないですが)には、もっと
    多くのお供えをしています。年4回どころか毎月+お正月…と言う感じですし、
    今後、義父が亡くなれば、さらに毎月の回向時にも幾らかお供えをするので
    かなりの金額を出す事になります。
    こういうのは、宗教により違うし、家によっても違うと思います。

    >私の実家は両親が健在でまだ仏様もいない

    私の実家は両親が健在で分家でもありますが、毎月の回向もありますし、年に
    数回の施餓鬼の塔婆料も払ってます。

    なので、一概には言えないと思います。

    >「夫の実家」とか「義実家」という表現には違和感

    う〜〜ん…良いんだけど…自分の生家は実家と言うのに、ご主人の実家は生家
    って…どうなの?と疑問。蛇足だけどね。

    ユーザーID:4305296320

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧