科学者へのキャリア

レス10
(トピ主0
お気に入り44

キャリア・職場

ダークホース

理論物理学の研究したいテーマやアイデアを持っているのですが、学士号しか持っていない状態で大学院で修士号を目指しています。
この場合放送大学で修士号をとり、論文博士を取って大学の研究職につくことは可能でしょうか?

ユーザーID:9332038651

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ポスドクって言葉を知りませんか?

    大学の予算がどんどん削られている現在、同じ大学で「学士→修士→博士」と進んでも、大学の研究職に就くのは困難なご時世でしょう。

    昔なら教授に認められれば、助手などの席が空いたときに推薦してもらって、後は終身雇用みたいになっていましたが。

    研究職も3年程度の任期制のところが多くなっているのではありませんか?。無給で良いなら、それなりに研究職はあるようですし。

    理論物理学でも、アイデアがあれば紙と鉛筆だけで構築できる理論なら、大学でなくても、初期のアインシュタインのように論文を書くことはできるかもしれません。

    でも、加速器などの設備を使って研究する方法だと、設備のある大学の研究者になる必要があります。それなら、修士段階からその設備で研究しないといけないのでは?

    もちろん、アイデアが素晴らしければ、(認める人がいれば)見込みはあるでしょう。でも、放送大学に理論物理学のアイデアを認めて指導してくれる人はいるのでしょうか?(サイトでは「自然環境科学プログラム」なので、理論物理学の専門には遠いような)

    普通の大学でも理論物理学の専門家がいる大学は少ないと思うし。

    逆にアイデアが素晴らしすぎて理解できず、認めてくれない場合だってあります。その場合、直接アメリカへアイデアを持って行った方が、認めてくれる人がどこかにいるのではないでしょうか。

    ユーザーID:6699617199

  • 論文博士って。。。

    論文博士の制度ってまだあったのですね。既に他界したわたしの父(1930年生まれ)が会社に勤めながら30歳前後で取りましたがとっくの昔に廃止されたものだとばかり思っていました。大学に教員として残るためには学部生の一般教養から専門化された院生の課程まで教えられることが条件なので一定の課程を終了したほうが大学への就職が有利になるでしょうね。終身雇用が一般的だった頃は社員に博士号を取らせたら会社の財産になったけれど現在では優秀な社員の転職をサポートするのか、なんて議論があって論文博士は先細りなのかもしれません。いずれにしても就職先はあると思いますし、もしそれが民間企業だったとしてもノーベル賞を取るほどのレベルの高い研究を補助すること企業も日本でも少数、海外、特にアメリカには多いですよ。現在のアメリカでは理科系の専門家は飽和状態で理科系でも修士号レベルの外国人はビザのサポートはほぼ受けられずに家族サポートで高卒レベルの仕事に甘んじてアメリカに残る高学歴のインド人や中国人までいます。でも博士号なら研究内容によっては適当な就職の可能性があるかもしれません。かなり昔ですが米国IBMの社員でトンネル効果でノーベル物理学賞を受賞した江崎玲於奈博士がそうでした。ただ、訓練すれば何にでもなれる新卒と違って会社の方向性とのマッチングが難しくて長期にわたる就職活動はどこに就職するのにも必要でしょうね。わたしの知り合いでアメリカの大学で界面活性を研究して博士号を取得した女性はわりと時間をかけずに米系企業の日本現法にすんなり就職し、その後別の米系企業に転職しましたが、引き手あまたの専門だったからだと理解しています。

    わたしの母は放送大学に入学して日本文学で学士号を取りましたが新進気鋭で学問で業績を残したいという野心のある先生が多いそうですね。主さんの道筋から見える将来は多様です。是非頑張ってください。

    ユーザーID:8953409024

  • 人脈づくりは大事だと思う

    可能かどうかと言えば、不可能ではないと思いますが。
    そもそも日本の大学に純粋な「研究職」は存在するのでしょうか?助教でも教授でも「研究」と「教育」(と雑多な事務仕事)はもれなくセットされているものだと思います。

    ともかく、将来大学のアカデミックポジションに就きたいなら、修士課程から似たようなテーマを研究している研究室に所属する方が近道ではないでしょうか。
    関連学会に所属するのはもちろんですが、留学、学会等での発表、論文執筆などの業績を積み重ねつつ人脈を作ることが重要だと思います。

    あと必要なのは「運」や「タイミング」ですが、これは自分ではどうしようもないですから・・・。

    ユーザーID:5411540456

  • 論博用の論文は、どうやって書かれるのですか?

    理論物理は門外漢ですが一応学位持ちです。放送大学にも関わったことがあります。その上で一般論ですが、思ったことを少々。

    相応の学術論文をしたためるとなりますと、研究活動をどこかで行うことになるはずです。そうした研究をどちらでなさるのでしょうか。そうした研究の発表の場を確保するのに、学会活動もそれなりに必要だと思いますし。

    現在学士をもっていて、修士を取得できる状況なのに、わざわざ放送大学で修士を取得されるとのことですが、そちらで取得する修士の領域は
    「生活健康科学」「人間発達科学」「社会経営科学」「人文学」「情報学」「自然環境科学」「臨床心理学」
    とあり、自然環境科学の領域であれば、目的にはかなうかも知れませんが、その後の理論物理の研究を進めるのに、どうするのだろうか?と案じられます。

    そこは質問内容ではない、と仰るのであれば、それはそれでよいのですが。

    大学の研究職に就く場合、大学での研究活動なしで就くのはよほどの業績がないと難しそうな気がしますが…。医療系であれば実務家教員という枠もありますが、理学だとどうでしょうか。

    私には容易ならざる気がします。

    ユーザーID:9757410812

  • 可能です

    制限はされてないでしょうから。

    ただし、ポストがあるか受け入れてくれるかは別の話。
    双方、叶えば働くことは可能でしょう。

    ユーザーID:1561408595

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 画期的分野なら可能でしょう。

    修士の学位が無くとも、論文博士−理論分野は課程博士が大半−を取得することは可能です。研究テーマとアイデアがあるそうですね。

    (1) 先ず、論文を一編作成し、日本物理学会に投稿します。
    (2) 論文が受理されると、貴方の研究分野に近い複数の査読者が決まります。
    (3) 掲載が可と判断されたら、査読者の一人に研究指導を依頼し、研究論文の作成・投稿を継続します。
    (4) 一連の論文をまとめ、指導教授の所属大学に提出します。
    (5) 大学院委員会で審査、最終学力試験に合格すれば、博士(理学)の学位が授与されます。

    貴方の研究分野が画期的であれば、国内の大学のみならず、世界の有力大学から招聘されます。

    研究者には博士号は必須です。応援しています。

    ユーザーID:1981030674

  • 主査候補はいますか?

    博士論文の審査はとても手間のかかる仕事ですから、全然しらない人がいきなり「申請するから誰かに適当に審査してもらって」と論文を大学院に送りつけても引き受けてくれる人はいないでしょう。特に、とりまとめを行う主査は負担が重いので「トピ主さんに学位を取らせたい」と思ってくれる人でないと引き受けてくれません。大学院の指導の一環として審査を行う課程博士とはそこが違います。

    おそらく「論文博士を申請したい」と問い合わせた時点で、「主査を引き受けてくれる先生はいますか、論文提出についてその先生から内諾は頂いていますか」と聞かれると思います。

    それさえクリアできれば、修士を持っていなくても論文博士は請求できす。もちろん、多くの大学院の規則では「博士課程を修了した者と同等以上の学識」を条件にしていますし、資格試験を課す大学院もありますので博士課程修了分くらいの勉強は必要です。

    なお、日本でも課程博士が順調に出るようになってきたため、最近では博士は「研究者なら持っていて当然」。単に大学での職探しのスタートラインに立てる切符に過ぎません。大学で職を得られるかどうかはそこからが勝負です。

    ユーザーID:2547754399

  • どの分野?

    ダークホースさま

    研究アイデアをお持ちとのこと、素晴らしいですね。
    理論物理学といっても非常に広く、具体的にどの分野かによってアプローチは異なるでしょう。
    学士をお持ちなのであれば、対象分野の論文誌をできるだけ読んで最新の研究情報を集めることから始めましょう。その上でご自身のアイデアに近い論文を執筆している先生にお会いして相談することがよろしいかと。
    学士ホルダーならば20台以降でしょうから、そこから研究者になるには生活のすべてを基礎学力(語学・数学・対象分野周辺知識)の習得に充てることが必須です。競争相手はストレートで旧帝大や早慶など難関大学のドクターを取得した方々です。
    頑張ってください。

    ユーザーID:8255515178

  • 得られるもの

    実のところ学生時代は、講義から得られるものより、ゼミや共同研究・議論から得られるものの方が大きいです。それらで鍛えられた感が強い。
    そして日本物理学会の会員になるためには、現会員2人からの推薦が必要です(もちろん会員になることは必須ではありません)。
    放送大学でそういった経験や人脈が得られるのなら良いと思うんですが、どうなんでしょうか。

    ただ放送大学には、分野によっては超一流の教授がいらっしゃいますね。
    私と同じ分野なら、間違いなく超一流の方がおられます。

    でもまぁ、何よりもまずは論文です。
    arXiv は見てみましたか?論文検索は?
    物理の研究者はまずここに論文を出します。
    さらには、もしトピ主さんの分野が高エネルギー物理学関連(宇宙論を含む)なら、INSPIRE-HEP も使ってみましょう。電子化以前の古い論文も引っ掛かります。

    ジャーナルは、最近いくつかがオープン(無料)になりましたが、頑として有料を貫いているところもあるので、完全無料の arXiv で調べましょう。
    ジャーナルで掲載決定される前で、版が古い場合があるけれども、速報性は最も高いです。
    トピ主さんのアイデアを既に他の誰かが思い付いていて論文化されている可能性もありますよ。

    ユーザーID:0680552150

  • その程度のサーチ力で大丈夫か

    >学士号しか持っていない状態で大学院で修士号を目指しています

    私もそうでしたし、おそらくほとんど全ての修士課程の学生はそうでしょう。

    本題ですが、放送大学では理論物理の博士号は取れません。
    人文系だけです。

    ユーザーID:4444583003

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧