メロディ重視? 歌詞重視?

レス22
(トピ主1
お気に入り23

趣味・教育・教養

音痴

メロディ重視か歌詞重視かを出演者に問いかけているバラエティ番組を観ました。

そこで、私も、同じ質問をしてみたくなりました。

(私は、若い頃はメロディ重視でしたが、今は、どちらかと言えば歌詞重視だと思います。)

よろしくお願いします。

ユーザーID:4569613862

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • メロディになりました

    トピ主さんと逆ですね。
    私は若い頃は歌詞重視でしたけど、最近はメロディ重視になっていることに気がつきました。

    何故だろう?
    若い頃は歌詞をしみじみ聴いてドキドキしたり涙したりが常で、歌詞が心に響く歌からどんどん好きになっていたのに。

    今、アラフォーなんですけど最近はランダムに流している曲を聴いてメロディ自体に胸がいっぱいになってウルウルくることがある。
    そしてどんな歌か知りたいと歌詞をじっくり聴くと、自分の思っていたのと違ったりして、つい先日も友人に「この曲が好きなんだけど歌詞はあまり共鳴できない」なんて話をしていたところ。

    ユーザーID:8931392324

  • 歌詞重視です

    若いころから歌詞重視です

    歌詞があってこその歌だと思います

    メロディー重視なら、オーケストラとか、、インストルメンタルの曲
    と同じになりませんか?
    歌詞がメロディに負けちゃったら歌の意味がないと思います

    ユーザーID:2166890115

  • メロディ重視

    音感やアレンジの妙技こそ、そのアーティストの才能だと思う。
    唸る様な展開の曲は、才能に感動します。
    (クラシックは多いですね。私はロック好きなんですが。)

    昔、大好きなアーティストの作詞が、人生の何たるやが強くなってきて、だんだん説教の様に聞こえ、聞くのを止めた事があります。

    私は英語を喋れないので、洋楽から海外を感じる時があり、曲のその土地らしさという感じで捉えたりしますね。

    作詞者の言葉のセンスを感じた時、リピートする曲もありますが、楽器を演奏する私は、基本曲の良さを感じたいです!

    ユーザーID:1162900304

  • 歌詞が薄いと

    共感できない
    納得できない

    若い時はメロディがよければ楽しめたのに今はだめですね

    しっかり歌詞を聞いて作った人の心情を考えたいです

    だから歌詞重視

    ユーザーID:3594901753

  • 私も番組見ました。

    私はメロディー重視です。
    メロディーから入って歌詞を読む感じです。
    あるリズム・メロディーが好きなので...それ以外だと歌詞・曲名すら覚えないです(洋楽なんってほとんどそれ)
    アルバムだと3〜4曲あれば良い方かな〜?

    澤口先生にメロディー重視は、ボロクソ言われてたような...
    誰に何を言われようと別に良いけど...

    ユーザーID:8435006741

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 当てはまらないけど

    私は曲+歌詞+声の三拍子そろっていないといやです。
    曲はいいのに歌詞が陳腐
    歌詞はいいのにメロディーが好きじゃない
    曲も歌詞のいいのに唄ってている声が苦手

    どれを欠いてもだめです。

    基本、歌っている声大事です。

    ユーザーID:3810503390

  • その2択ならメロディ

    メロディと同時に、楽器の音や歌う声が気に入ると、理解できない外国語の歌でも何度も繰り返し聞いてしまいます。

    ですので、歌詞はあまり重視していないと思います。

    ユーザーID:0368462538

  • メロディーライン

    初めて耳にした曲の何を記憶するかと言えば、私はメロディですね。

    というのも、洋楽が好きだからです。

    アメリカに限らず、イタリアンポップスやその他の言語の音楽にも興味あります。

    インストゥルメンタルは好みが分かれるかもしれませんが。

    ユーザーID:4110063580

  • それはいずれともいえない、両方よくないと

    というより、私は日本語のイントネーションがメロディとしっくりなっているかということに重点を置いて歌を聴いている。
    例えば
    唱歌の「旅愁」はいい曲だと思う。ただ、「秋」が「空き」、「旅」が「足袋」に聞こえる点が難である。
    流行歌でも、「五番街のマリーへ」はいい歌だと思うのだが、一番の最後で「寄らずにほしい」という言葉がなんとなく苦しいように感じる。
    作曲家によっては、メロディの歌詞に対するつけかたがむちゃくちゃだなと思う人も多いが、出身地が地方で標準語のアクセントを知らないと思われると、それも仕方ないとも思う。

    ユーザーID:0339496621

  • 今は

    若い時のほうが歌詞を気にしてました。
    歌を聞いているだけだと聞き取れない不明な部分って必ずありますが、
    あの部分って何?って会話は中学生とか20代前半くらいまででしたね。
    今や歌詞なんて聞き取れなくても何でもどうでもいいです。
    トピ主さんと逆ですね。
    歌詞を1曲丸ごといいと思えることがないんだと思います。
    中年となって感覚が他人と会わなくてもいいし合わせる気もない
    自由気ままな生活せいかもしれません。

    ユーザーID:0611755106

  • ええっと・・・

    >メロディ重視? 歌詞重視?
    この問いに背景とか説明はないんでしょうか? バラエティだからないのかな?

    単純に好きになる曲は「メロディ重視? 歌詞重視?」かと問われればメロディです。日本語以外わからないのに外国の歌ばかり聞いているので。歌詞はわかりません。どこかで、自分の好きな曲の歌詞を調べてみたら「自転車!自転車! 僕の自転車に乗りたい!」だったという笑い話を聞きましたが、そんな感じ…QUEEN のBicycle Raceは私も好き。

    でも一番重要なのは声、その次がメロディです…

    ユーザーID:7698136072

  • 歌声重視

    BGMとして音楽を聴くことが多いので、ぶっちゃけ歌詞はどうでもいいですね
    そしてメロディが好きでも声が好きじゃなきゃ嫌

    歌詞はどうでもいいの代表が洋楽
    英語ができない私はさんざん口ずさんだ後に歌詞和訳をみてびっくりしたり笑ったりですよ
    歌詞もじっくり聞いて「いいなあ」と思うことももちろんあるんですけどね〜


    ちなみに好きな方々を書いていくと
    ミスチル B'z Cocco 宇多田ヒカル 槇原敬之 安藤裕子 Aimer 等々ですね(敬称略)

    ユーザーID:9263834274

  • 歌詞に興味無し

    メロディ重視で、歌詞に興味ありません。
    なので、歌詞の意味が分からない外国の音楽であろうが、クラシックであろうが、幅広い音楽の中から、好みの曲を探します。

    歌詞のついている曲を、ライブやコンサートで聞いても、結局はアーティスト目当てで感動なんてしなかったけど、先日聞きに行ったオーケストラのコンサートは、始終感動で涙が止まりませんでした、

    音楽(メロディ)だけで表現できて、人の心をつかむって、すごいですよね。

    ユーザーID:7375688771

  • やや歌詞重視かな?

    私もよく考えます。

    メロディも声も最高なのに、歌詞が悲惨で聞きづらい曲ってあります。
    洋楽はメロディから好きになって、歌詞を読んで引くことも。

    ってことは歌詞重視でしょうか。

    思うに歌がうまいひとは、メロディ重視の傾向があるのかも?

    私は歌えず、聞くのはボサノバやラップも好きなので、たぶん歌詞重視ですね。

    ユーザーID:2286923627

  • 敢えて言うならメロディかな

    メロディが良くないと歌詞が良くても入っていけない気がします。
    それに歌詞を見てからこの曲聞きたい、と思った事はないかも。
    ただ、今まで聞き流していた曲の歌詞をよく読んでみて好きになったという事はあります。
    でも最終的には詩と曲がガッチリ合ったものをよく聴く事になりますよね。
    どっちかが良いだけだとその時限りという事が多いです。

    ユーザーID:6206153217

  • メロディ重視です

    歌詞を読んだことのない曲がほとんどです。

    歌えるけど意味がほとんどわかってないなんて曲もあります。日本語の歌詞ですら。

    好きな曲の歌詞をたまたま読んで内容にがっかりした経験もあるので、あんまり重視してないですね。

    だけど歌詞“も”好きになった曲のほうが印象強く残るので、ちゃんと読むようにしたほうがいいのかなあと最近は思い始めています。

    ユーザーID:2273555290

  • 集計してみました

    10名の方からレス頂いた時点で、集計してみました。
    私の解釈ですので、行き違いがある事をご容赦下さい。

    ・メロディ重視の方:6名
      内、以前は歌詞重視の方:2名
        不明の方:4名
    ・歌詞重視の方:2名
      内、以前から歌詞重視の方:1名
        不明の方:1名
    ・その他:2人
      内、不明の方:2人

    メロディ重視の方が多いのは、詩とは違って、やはり曲がベースとなっているからでしょうか。

    私の場合、十代は音楽に特別の関心はなく、二十代で洋楽(ロック)に出会い、音楽に関心を持ちました。

    ですから、最初はメロディ重視で(英語が出来ないため)、歌詞は曲の一部と割り切っていました。

    しかし、年齢が行くに従って、歌詞が理解できない事を苦痛に感じて、洋楽は聴かなくなって行きました。

    その代わり、邦楽(ポップス)を聴くようになって、自然と歌詞重視に変わって行ったのだと思います。

    尚、クラシック音楽は、二十代に出会って、今でも好きで、時々聴きます。

    その番組を観ながら、曲のベース(無意識)に、歌詞が上に乗っている(意識)、そんな理解でいいのかなぁ、と考えたりしましたが、皆様のレスからも、同じような事を感じました(あくまでも私の感想です)。

    大変参考になりました。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:4569613862

  • 歌詞です

    なぜかというと歌いたいから。

    歌詞が聞き取れないと口ずさめないじゃないですか。
    それでサザンとかジレンマだったんですよ〜。
    曲がすごくいいのに、好きなのに、歌いたいのに歌えなくて。

    最近は知りたい歌詞はネットで無料検索できるようになって嬉しいです。
    昔は歌詞を知りたい一心でテープやCD買ってましたから。

    ユーザーID:9703263664

  • 歌詞がさっぱり入ってこない

    今の歌い手さんの多くが 何を歌ってるのかさっぱりわかりません。
    私が年を取ったから…と思っていたら、周りの若い人も歌詞が聞き取れない、カラオケにでも行かない限り歌詞を知らないと言います。

    一方 さあっと染み込んでくるような詞があります。

    自分は歌詞重視のタイプだろうと思っていますが、何言ってるかわからない場合 メロディーしか馴染みを持ち得ません。

    ユーザーID:0983210132

  • 「歌」か「音楽」か

    まず、この議論の前に大前提があります。

    歌詞は自分が理解できる言語であること。
    言葉を伝える技量がある歌い手であること。


    この場合にはメロディーにより、より雄弁になった詞の世界に浸ります。
    「歌」はメロディーのついた朗読です。


    上に書いた条件のどちらか、または両方が欠ける場合には
    声は言葉を伝えない「楽器」の一つです。
    歌詞は不在ですので重視のしようがありません。
    声という「楽器」が紡ぎ出す音楽を聴きます。


    私は「声」という楽器の演奏よりも、朗読される言葉の世界を楽しみたいです。
    だから、外国語の歌なら、必ず訳詞も欲しいです。

    ユーザーID:8690360203

  • 入り口はメロディ

    普段いろいろな状況で耳に入ってくる音楽で、まず耳に残るのはメロディです。
    気に入った曲はCDを買ったりiTunesで買ってダウンロードしたりしてからiPhoneを通して
    カーステレオから聴くことが一番多いですね。

    ここ数年はドラマの挿入歌などで知ったk-popを聴くことが多いです。
    日本語の曲は殆ど聴きません。

    なぜ聴かないかというと、歌詞が受け入れられないのです。

    何十年か前には当たり前だった作詞家さんが歌詞を書き作曲家さんが曲を作っていた頃は、
    歌詞が日本語としても十分練られていて完成度が高かったと感じています。

    もちろん素人の独断による感想ですけど。

    それが、歌手が自分のことばで詞を作り曲を作って歌うようになってから、遣われる歌詞に
    稚拙さを感じることが次第に多くなってきました。

    私は好きな曲は歌いたいのですが、最近の歌詞はあまりに稚拙な感じがして、私の価値観では
    恥ずかしくてとても歌えません。
    '70年代ごろまでのフォークとかニューミュージックが流行った頃はまだそれほど感じませんでしたが、
    いつの頃からか歌詞が受け入れられなくなりました。
    文学的にどうかとか高尚なことは望んでいませんが、詩的でない、ことばが練られてないと感じることが
    多くなったのです。

    非常に傲慢な考えだと思うので他の人に話すことはありませんでしたが、こういう機会なので…。

    いま聴いているのは、'60年代後半から'70年代ごろのポップス、k-popです。 英語や韓国語の歌詞は
    歌詞の意味を深くは分からなくても発音はできるので、単純に楽しむことができます。

    それと、たまたま娘が置いていったCDで知ったポルノグラフィティの曲も聴いています。
    「サボテン」とか「アポロ」「アゲハ蝶」など、ことばの選択がとても新鮮に感じて好きです。
    たぶん初期の頃の曲でしょうか?

    ユーザーID:8004048638

  • メロディです!

    いくら歌詞が素敵でも、音が好みでなければ聞くことはありません。同じ理由で歌手の『声』が好きでなければやはり聞くことはありません。
    私はメロディが絶対に先です。洋楽など、意味が分からなくても感動する歌はあります(その後に歌詞を読むことはありますが)。

    ユーザーID:0380284666

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧