理学療法士ですがこの仕事が嫌いです…

レス48
お気に入り376
トピ主のみ0

だいきんまん

働く

春から現在理学療法士(PT)として働いてい?26歳PTです
私は高校生の頃交通事故に遭い そこでPTの方にお世話になりこの仕事を目指そうと思いました

ですがいざ学校に通ってみるとPT特有の閉鎖感・プライドの高さ、収入面での将来性、やりがい搾取な風潮etcに嫌気が差し次第にPT自体に興味がなくなってしまいました
勉強への苦手意識もあり何度も国家試験に落ち、医療系はやり直しが効かない、大学まで行かせてくれた親のためという思いで何とか資格を取り療養型病院へ入職しました

そしていざ働くと200床ほぼ全床が寝たきりでリハビリ内容は拘縮予防、起こして覚醒時間を伸ばす等のご家族の意思で延命をしてるようなものでした。長く生きて欲しいと思うのは家族なら当然ですし拘縮予防も大事だと思いますが、寝たきりの患者さんについて上司に毎日アセスメントや治療プログラムの大切さを指摘をされても興味が湧きません…医療人失格ですが、意識のない方を延命させること自体私には残酷に思えます…

職場では経験5年以上の歳の離れたベテランセラピストしかいないため気が休まらず、技術が未熟な分雑務をこなしていますが、元々PTになりたいという意欲が低いため積極性の低さを指摘され、次第に職員からのあたりが強くなり孤立するようになりました
外では楽しい性格と言われますが職場ではもう愛想笑い、最低限の会話しか出来ていません。家では毎日仕事に行きたくないとタメ息ばかりです

今ではなんでPTなろうと思ったのかすらわかりません。患者さんに興味が湧きません。そういうPTがいると患者さんにも迷惑だと理解しています。自分に甘い自分も嫌ですが、経験年数=絶対的地位みたいなのこの業界も嫌です
臨床経験を3年経験積んだら他業種へ転職しようと真剣に考えています

資格職だけど全く違う分野へ転職した経験のある方、経験談を聞かせていただけませんか?

ユーザーID:2391629120

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数48

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちの方の理学療法士さんは楽しそうですよ

    近所に接骨院が有るのですが、そこは結構人気が高くて、元気なお年寄り中心に、沢山の方が通院されています。
    お年寄りは結構元気があって明るいので、所々で笑いが起きています。

    若い人も多くて、スポーツによる怪我の治療、そして時々骨折や、脳の病気関連のリハビリが行われています。
    若い理学療法士さん達は、明るく対応しながらも、確実に成果を上げています。

    ちなみに私は、両肩の怪我で暫く通いました。
    それぞれ原因が違うし、痛みの場所も違いましたが、しっかりリハビリして頂いたお陰で、今では、ジムで普通に動けるまでに回復しました。

    主さんは、そういった場所の方が合っているのではないでしょうか。

    ユーザーID:3992804749

  • リサーチ不足

    療養型の病院ってそんなものでしょう。
    ですが、病院勤務にしたのは正解だと思います。
    初っぱなに病院以外(老健とか)だと転職するときに不利だったりするらしいです。
    と転職した人が言っておりました。
    いろいろ思うところもあるかもしれませんが、そこでしか学べない事も沢山あると思います。
    人間関係は・・・まあ変わった人が多い業界ですよね。
    経験5年ってベテランの域ではないですよね。
    まだまだだと思いますよ。
    とりあえず3年は頑張ってみて他の病院とかデイサービスに転職してもいいと思います。

    ちなみに、どんな業界でも、想像と違ってがっかりとか、普通にありますし
    一般企業だとやりたくない部署に配属されることなんて当たり前にありますよ。
    思い通りにいかなくて当たり前と思っていたほうがいいです。

    ユーザーID:5080646556

  • 職場で雰囲気はちがうと思います。

    理学療法士さん、うちの施設に来てほしいですね。
    デイサービスですがやっぱり専門知識のあるスタッフの存在は大切なものです。
    療養型病院はリハビリが効果的に生きてくる方は少ないのではないかとおもいます。最近は要介護にならないようにリハビリデイサービスとか、通所リハとかも増えています。
    言い方変ですが、活気あるリハビリ施設もたくさんあると思います。
    他分野への転職、当然選択肢にいれてよいと思いますがすべての施設がみな同じとは限りません。
    プレッシャー感じたり、ストレス感じたりすることも、スタッフ間でのやり取りが上手くいかないことも仕事していれば当然起こります。

    社会とは、そういう側面もあります。

    ユーザーID:7685956397

  • 転職より、とりあえず職場を変えたら?

    あなたがこれから3年その職場にいるのは、あなたにも、職場の人にも、デメリットばかりだと思います。
    とりあえず、ほかの職場を探してみてはどうでしょうか。

    どう考えても、今のままのあなたが、その職場に3年というのはね…。
    あなたもストレスでしょうし、周りのストレスも半端ないでしょう…。
    しかも、そのストレス、なんか無駄だし…。

    たとえば整形外科系などで探してみてはどうですか。
    今の仕事とはまた違うはずです。
    あなたがPTを目指すきっかけになったような場所ですよ。

    まあ何にしても、もう少し自分で調べる努力はされたほうがいいと思いますよ。
    受け身すぎます。
    延命療法に対する考え方には賛同しますが、病院の性格でPTに求められる仕事が変わってくることくらい、ある程度想像付きますよね。
    大きな病院で複数の科を抱えていて、たまたま配属先がそこになったのなら、転科の希望を出してみてもいいでしょう。

    そのときに、自分の考えを率直に言えばいいのです。
    それで受け入れてもらえなければ、そこで辞めたらいいでしょ。
    その考えをひっさげて病院を当たれば、理解してくれる病院もあると思いますよ。
    就活、大変ではあるでしょうが。

    PTの世界の風潮うんぬんも、たった1カ所で働いただけで全てが分かるはずもありません。
    上の人の性格1つで変わってくる部分ですから、そんなの。
    それはつまり、その辺の理不尽さはPTの世界だけではないということでもありますよ。
    PTが向いてないのは確かなのかもしれないですけどね。
    でも、それを環境のせいにして内省しないのなら、どこに行っても同じことになってしまうのでは?

    ユーザーID:8766319804

  • PTの転職多いですよ。

    療養型の老人病院のMSWをやっていました。
    PTの転職、多かったですよ。
    PTさんは歩けない&歩くのがやっと、な患者さんのマッサージをしていて、
    「按摩さんとの違いは何?」と素人の私は思っていました。

    今交通事故にあって整形外科に通っていますが、
    そこでのPTさんは、
    電気マッサージを設置する、包帯を巻く、ような仕事をしていて、
    素人の私から見て、専門性が発揮されているように感じられません。
    でも資格もっているから、それが評価されて診療報酬稼げるから、
    雇用はあるみたいですね。

    私が勤めていた病院では、
    外に向かって講習会をしたりするのは、
    一番古いPTの仕事で、そのPTがすべて対外的な仕事を独占していました。
    そのせいで、若手のPTさんは、外に向かっていく機会が奪われており、
    かなりかわいそうでした。

    どうやって専門性を発揮するのかとか、
    マネージメントのために、頑張ってくれればいいのにね。
    その程度の職種なのかよ、って思いました。

    長く居て、理事になって、事務を担当しているPTさんもいましたが、
    事務経験がないし、法律も知らないので、
    パワーハラスメント起こして、病院の経営を傾けました。

    転職して、いろんな世界を見てもいいのでは?

    ユーザーID:0781993204

  • OTです

    療養型病院ならば、そのような内容のリハビリになることはわかっていたと思うのですが、なぜそこに就職したのでしょうか?

    ユーザーID:6054092527

  • 私も偏見の多い返答ではありますが。


    私は言語聴覚士です。以前は病院で働いてましたがトピ主さんと同じ事を思っていました。本人の意思はどこにあるのかわからないまま、寝たきりで数年以上過ごされる方々。家族ならば生きてて欲しいと思うのは当然、けど、引き取り手がおらず、ずーっと1人でタダ寝ているだけの患者さんもいらっしゃいます。

    自分だったらこんな生き方をしたいか?
    医療の発達で得られたのはこんな生き方?
    安楽死や尊厳死の事を考えてしまう日々でもありました。

    私はもう一度、違うところで働くことをしてからの転職でも良いと思いますよ。病院ではなく、介護施設をおすすめしちゃったり。

    私は医療の要素をやや排除の傾向のある、本人が望まない治療はしない、看取りも行う介護施設に転職しました。ささやかなリハビリでも必要とする方々はいらっしゃいます。そんな人たちにリハビリが出来たら、人の生活の助けになれたと感じれたら、こんな仕事でもしててよかったって思えると思います。

    あと、どの世界でも無駄に偉そうで非常識な人はいるって思っときましょう。

    病院時代は人に嫌われ嫌い、ピリッとしていた私ですが、介護施設に転職してからは、周りとはいい感じでやってます。やっぱり色んな方々がいらっしゃいますが、利用者さん達に思い遣りのある人たちも多く、無駄に人に厳しくなく温和、利用者さん達に一生懸命な人たちもいて、私が依然勤めていた病院で感じられなかった温かい気持ちを感じました。

    人間関係も職場によって全然変わるものです。

    前の職場では一生独身やろアイツって仕事に関係のない陰口をたたかれてましたが、今は転職先の素敵な方に見初めて頂き結婚しましたしね。

    収入は、訪問リハビリバイトを月に数回するだけでも大分助かりますよ。知人PTは結構やってます。

    ユーザーID:7126942111

  • ご自分が壊れる前に

    薬学部を出て、現在はメディカルライターをしています

    病院で臨床に携わる以外にも道はあると思いますよ

    薬学部なら製薬会社、臨床検査関係なら検査会社や関連機器や試薬の会社という道もあるので
    理学療法士の中にも関連機器や用具だったりの会社で働いている人もいると思いますよ

    あとは専門書籍の編集などですね

    トピ主が交通事故でお世話になったのは急性期の病院ですよね
    急性期と療養型病院では仕事の内容がかなり違うと思うので
    急性期の病院に転職するのもアリかと思います

    ユーザーID:3229301730

  • 分かるけど・・・でも

    実際に学校に行ってみると「思っていたのと違う」ってなること、あると思います。

    私はOTの資格を持っていますが、
    高校3年生で進路を決める時まで、そのような資格があることさえ知りませんでした。
    たまたまその年に、実家から通える場所に医療介護系の学校が開設され、
    親が「あそこなら家から通えるし、あそこに行くなら車も買ってやる。
    何か資格は持っておいた方が良いから」というので、パンフレットを取り寄せ、
    写真を見て、OTを選びました。

    元々、手芸事が好きで、病気の人の体やお世話になど一切興味がなかったので、
    PTや介護福祉士は却下でした。

    何しろ写真だけで選んだもので、入学前の私のイメージでは、
    医者が、患者を診察、評価して、その人に必要な作業をOTに指示してくる。
    例えば「○○さんは、左手がちょっと動きにくいから、陶芸を教えてあげて」
    「○○さんは、右手に軽いマヒがあるけど、編み物を指導してあげて」みたいな。
    で、健常者とは違って、いくらか手などの悪い人に、指示された手工芸を教えてあげる。
    いわば、障害者対象のカルチャースクールの講師みたいなイメージで居ました。
    一種類だけを教えるとなるとこっちも飽きてきそうだけど、
    いろんな手工芸を学校で学べるから、自分も飽きないだろうし、
    気に入ったものを自分の趣味にもできるし・・・くらいに思っていました。

    でも、全然違いました。
    OTって・・・あなたもある程度ご存知でしょうが、あんな仕事です。

    私も在学中に「思ってたのと違う」と気づきましたが、
    学費を出してもらっている分、
    中退して、他の学校に入り直すということは考えられなかったし、
    とりあえず、学校だけは卒業し、資格も一応取るだけ取って、
    他の職業に就こうと思ってしました。

    文字数の関係で分割します。

    ユーザーID:0221667178

  • 「びっくり」を押しましたが、

    転職には賛成します。3年待たなくていいと思う。なるべく早く辞めよう。あなたのおっしゃってる通り、患者さんにも職場にも迷惑だもの。
    でもさ、次に目指す業種については真剣に考えた方がいいよ。PTの国家試験に何度も落ちるくらい勉強が苦手で、既に20代後半の今から目指せてPTより確実に給料が良い仕事(今不満なんだよね?)って何を想定してるのかな?
    他業種から医療職に転職した私からアドバイスするなら、他業界だって甘くはないよ。頑張ってね。

    ユーザーID:0883041183

  • 分かるけど・・・でも(2)

    結論から言うと、私は結局OTになり、
    20年近く、高齢者分野で働きました。

    臨床実習に出て、身障系はどうやっても興味が持てないまま終わりましたが、
    精神系と高齢者は、アリかなと思えました。
    がっつり体に障害がある人の身体機能を向上させる(だけ)ようなリハビリは嫌だけど、
    体は(完全に献上じゃなくても)そこそこ動いて、
    「生きがい、楽しみ」の部分にかかわるリハなら、まだアリだなと。
    そう思って就職先を決めたので、なんとかやれました。

    あなたと自分を比べても仕方がないのですが、
    自分がそのようにやってきたので、いろいろ疑問があります。

    事故にあってPTに世話になり、それで目指したというのなら、
    どうして療養型病院なんかに就職したのですか?
    少しでも興味を持てる分野に就職すべきでは?

    また、私の経験上で申し訳ないですが、
    私の周りでは、経験年数=絶対的地位ではありませんでした。

    ただ、5年以上の経験者と1年目では、どんなに優秀な新人だとしても、
    どうやったって歴然とした知識技術に差があります。
    そこは、動かしがたい事実です。

    知識技術に事実上の差があるのに、同等に扱われたい、
    同じ資格を持っているのに、どうしてこっちが下なの!?
    何で、評価がどうだのプログラムがどうだの、
    あれこれ上から口出し、指示されなきゃいけないの?
    みたいに思うのは、ちょっと違うと思います。

    3年経験を積んだら転職って。
    この3年で、何の経験を積むつもりなんですか?
    違う業種しか考えていないのなら、その3年分は何に生かすつもりですか?
    生かすことのできそうな業種の目星がついていて言っているのですか?

    毎日ため息つきながら家を出るほどPTが嫌なら、
    辞めて、他のバイトでもしながら将来を考えてもいいと思います。

    ガラッと方向性を変えるなら、1年でも早いほうがいいと思いますけど?

    ユーザーID:0221667178

  • 転職経験者です

    PTではありませんが「士業」についています。資格取得してから数年は訳あって事務関係の仕事をしてきました。
    資格は持っていたけれど、活用出来ていなかったので、引っ越しを機に転職活動をして、現職に採用されました。(資格を持っていて良かったとは思います)
    正直なところ、苦手なタイプの方の対応も多く、「辞めたい」と思う事も多々あります。この方に支援をして何の意味があるのか??と思う事もありますが、そこはプロとして本音は封印して対応しています。

    トピ主さんと同じく、他のスタッフは皆さん経験者ばかりで、最初は「この人
    知識も経験も足りない」とバカにしてくる方もいました。
    そこはこれまでの社会経験、パソコンスキルでの事務処理能力でカバーしていましたね。
    今はバカにしてくる方はいなくなりましたが、経験不足は痛感して、日々スキルアップはしています。

    閉鎖的と書かれていましたが、そういう業種だと「あの人は仕事が出来る出来ない」の話も内輪で出やすいと思います。

    3〜5年経験を積めば、転職も視野に入れてもよいかと思いますが、現在の仕事はきちんとこなすこと、将来自分が何を目指すかをはっきり持って転職活動をされた方がよいと思いますよ。
    私はこういう方の支援がしたい、次はこういう事をしたい、のビジョンははっきりしています。
    お互い頑張っていきましょう。

    ユーザーID:0696511698

  • 辛いのは当たり前

    仕事だから辛いのは当たり前。だからお金がもらえるんです。皆が皆、趣味や夢の延長上で働いていません。

    確かに、トピ主さんの職業は専門性が高く、そこを目指す人の大半がなりたいから!だと思います。しかし、現場を目の当たりにしてこんなはずでは…と思ってる人も多いと思います。

    トピ主さんは現在生活に困窮してませんよね。それであれば転職を視野に入れるのも手です。今のお仕事が嫌いと言っても履歴書に学歴や資格を書くとそこをついてくると思われます。パートくらいでしたらそこまでではないでしょうが、正社員となると厳しいかもしれません。

    同じ分野で規模が小さいところにするか、全く別の仕事にするか、どちらも就活をしてみないと分かりません。辞めてからだと生活に影響がかかるので、仕事をしながらの方が良いと思います。

    最後に、辞めて別の仕事をしても何度かは後悔すると思います。あんなに嫌で辞めたのに…と思ってもどこ行っても大小の嫌なことはあるからです。

    頑張ってください。

    ユーザーID:1062278752

  • 転職は?

    私は看護師ですが、我が病院の理学の方たちは楽しそうに働いています。急性期病院です。

    心臓リハビリはやりがいあるだろうなぁといつも見ています。確かに認知予防リハも多いですが。

    せっかくとった資格です。なったきっかけはトピ主様の思いで十分だと思います。
    転職してみて、それでも合わなければ、別のお仕事を考えてはどうでしょうか。
    確かに、私のお友達も、もうナースやってない人多いですけどね。

    ユーザーID:0525275230

  • 確かに

    療養型では働いたことのない、50のotです。
    端的に行って、少人数の場所が合っています。自分の長所短所を見つめて、やりがいがあると感じる場所を早く探しましょう。ただ、私たちの社会はなぜ療養型病院が必要になったか?は大事な視点かも。北欧では、なぜ寝たきりがいないと言われるのか?いつか、わかります。
    今は離島で病院内と訪問をしています。やりがいは、、あります。
    もっと外にでましょう。

    ユーザーID:4501597037

  • 単純に考えると

    >高校生の頃交通事故に遭い そこでPTの方にお世話になり
    というのでしたら、寝たきりの人の病院でなく、トピ主さんのように交通事故に遭った学生や社会人の患者がたくさんいる病院へ勤めたらいかがでしょうか。

    理学療法士辞退に興味が無くなっているのでしょうが、そもそも最初の志望動機とは異なる職場にいたのでは、ますますやる気もなくなると思います。

    もういちど「初心」を思い出して、職場(病院)の選択・転職はできないのでしょうか?。

    ユーザーID:4398856975

  • 1つの懸念

    >ですがいざ学校に通ってみるとPT特有の
    >閉鎖感・プライドの高さ、収入面での将来性、
    >やりがい搾取な風潮etcに嫌気が差し

     こうした心境に,今後何処へ行っても何を目指しても陥る,という事が心配されます.今のところは「現状から抜け出せさえすれば」と考えているかも知れませんが,よそに行ったら更に状況が悪化,と思う事もないとは言えないのです.
     実は当方が正にこれで,HNの資格を取ったものの,昔勤めていた病院の空気に耐え難い思いを抱いたのが一因で退職しました.その挙句,現状では全く無関係の仕事に就いて(それを余儀なくされて)おります.職種自体は必ずしも嫌だというわけではなかったため,折に触れて「この資格取るための日々は何だったのか」と後悔してもいますが,全ては自業自得,誰に文句を言う事も出来ない状況です.

     還暦が見えかけた当方と異なり,トピ主さんはまだお若い上に,お持ちの資格自体が臨床検査技師などより遥かに市場価値の高い理学療法士ですから,まだ前途は有望と思われます.しかし,どのような方向を望むにせよ,慎重の上にも慎重を期す事をお勧め致します.自らの過去の行状への戒めも込めて「急いては事を仕損じる」というが如しですから.

    ユーザーID:0158782048

  • 違う職場に転職は無理なの?

    あなたが高校の時にPTに遭って感謝した時のことを思い出して。

    今の職場はその時のような仕事をする場では無いのね。
    それならPTを目指すきっかけになったような仕事が出来る職場に転職することは出来ないのでしょうか?
    PTは飽和状態で職場は選べないの?大切で必要な、資格のいる仕事、望めば需要はあるのではと思うのですが。

    もし今とは違う職場に移れる可能性があるなら、それまでの辛抱だと思って今の仕事を頑張りましょう。「ここの仕事は嫌、ここだとやる気は出ない」という消極的な気持ちでいやいや仕事をしていたのでは、実力もつかないし周りの評価も低いまま。

    もしあなたが希望の転職先に応募して今の職場に問い合わせがあってもきっとよいことは言ってもらえないでしょう。「あそこの職場ではやる気が出なかったが、違う仕事内容になれば別人になって頑張れる」と主張しても説得力がなく信用されません。

    だけど「後3年の辛抱、ここで評価を得て希望の職場に転職する」という目標があれば頑張ることが出来、ここで高い評価を得てから転職活動をすれば、「前の所でも頑張ったがPTを目指した初心に帰り、あの時自分を助けてくれた人のように機能の回復のお手伝いをしたい」と前向きな姿勢を見せれば採用につながるのではと思います。

    逃げの転職でなく志を持ったステップアップの転職と評価してもらえるように。

    どんな道でも資格を捨てて別の仕事に就く人は世にいるが、あなたの場合は最初自分の意志で目指した資格なのだしせっかく取れた貴重な資格、初心が生きるように活用するのがベストだと思う。

    今の気持ちのままでは他業種でも結局「ここは違う」とやる気が出ず鬱々とする結果に終わるのでは。どこの業種にでも問題は有り隣の芝生は青いだけかも。なら資格と初心を生かす道を考えてみれば?

    ユーザーID:9073229565

  • 職場を変わってみては?

    違う職場を体験してみてからでも遅くないと思います。
    転職する予定なら、違う職場に変わってみてからでも遅くない。

    ユーザーID:0606923268

  • 何処へ行っても同じ。

    恐らく転職しても同じことと思います。
    実際世の中を見回しても、向いている向いていないを別にして、本当に自分のやりたい仕事をしている人はほんの一握りです。ほとんど人は向いてなかろうが生活のために働いているのです。ではそれ以外のモチベーションは何かと言うと日々の仕事の中で一人一人が、与えられた仕事について向上出来る点は何かを見つけてゆくのです。その繰り返しで達成感や面白さを感じてプロになるのです。しいて言うなら初めから面白い仕事はあっという間に飽きるので続きません。
    がっばってください。

    ユーザーID:5362597288

  • その判断は正しい

    医療職は本当に向き不向きがあり、不向きな人は全く不向きてのはわかります。
    あなたに理学療法をされる患者さんも気の毒ですし、転職は正しい判断だとおもいます。
    3年やって離職という判断も適切です。
    3年やってみたけど向かないとつくづく分かりました、という言い分は転職先にも通用します。
    これが1年とか半年とかだと「なんだこいつ」ってことになりますし。

    経験年数=絶対的地位
    ですがこれはどこの業界でも同じです。 
    私も他業種に転職したくちですが、10才下でも先輩として対応します。 
    いい悪いというよりその方が世渡りが楽だからです。

    今はどのような仕事に転職したいのか、じっくりと考えてください。
    その仕事に向けて資格などに兆戦するのも良いとおもいます。
    どんな業界に行っても必要なスキルや資格(パソコン関係や経理、法律、秘書検定など)取得も良いですよ。

    ユーザーID:5331614813

  • PT以外にも人生はある

    某科の医師です。
    療養病棟の様子を見ていると、不謹慎と言われそうですが
    トピ主さんの気持ちが分かります。
    日本の金銭的な負担の少ないシステムがいろんな過剰医療を生み出しているようにも思います。

    さて、3年我慢するとのこと、
    PTにもいろいろあります。
    脳梗塞後の患者さんが会社に戻っていく症例、
    スポーツ医学を取り込んだもの、
    若い患者さんのスポーツ外傷後、
    いろいろな症例があります。
    PTをあきらめる前に、これらには興味はありませんか?
    もちろんPT以外の仕事をしてもいいと思いますので
    一応あきらめてしまう前に、老婆心ながらコメントしておきます。

    ユーザーID:4178953046

  • OT7年目です

    お気持ち、とてもよくわかります。
    OT7年目ですが、協会や勉強会や、何かと独特の雰囲気がありますよね。

    一度、別業界で働いたことがあります。
    最初に務めた職場を3年で辞めて、理由は上司があまりにも意識が低く同じリハビリを足並み揃えてただ繰り返す毎日に嫌気がさしたからでした。
    OT以外資格がなかったので、契約社員として事務作業中心の仕事をしました。
    結果…、再びOTに戻って老健で働いています。

    離れてみて初めて、収入や待遇がどれだけ恵まれていたかわかりました。事務は手取り5万以上下がりましたし、昇給もなかったです。ボーナスも寸志程度。このまま続けても将来が不安だな、と思いました。
    そして何より、結局はリハビリの仕事が好きだったことに気が付きました。「ありがとう」と言われることばかりではないけど、目の前の人に何ができるのか、利益やノルマやそういうことをあまり考えずに没頭できる仕事って貴重だったんだなとわかりましたよ。

    迷ってらっしゃるならば一度離れてもいいかもしれません。
    また、わたしは老健に務めてからいろいろ新しい目標や素敵な出会いがありました。
    今療養型の病院ならば、他の分野に目を向けてみてはいかがでしょうか。

    事態が好転されることを祈っています。

    ユーザーID:4529533992

  • 就職先が間違ってる

    何で療養型病院にしたんですか?
    リハビリ病院にしたらよかったと思います。

    それか、大きな病院のリハビリルームとか。
    そしたら、あなたの悩みは解消されると思うんですけど・・・

    私は病棟看護師ですが、嫌がって車いすに乗りたがらない患者さんや、歩きたがらない患者さんを上手に励まして、PTさんが一緒に歩いたり、車いすに乗っているのを見ると、すごいなーやはりプロだなと感心しますけどね。
    病棟の看護師では、一人にかけられる時間が少ないので、どうしてもリハビリだけに時間は割けませんからね。
    PTさんがいてくれてこそ、患者様の離床やADL回復が進むと思っています。

    ユーザーID:1026124470

  • 転職は無理ですか?

    違う病院へ転職できませんか?

    とぴ主さんが一番初めに知った医学療法士の仕事は
    自分リハビリの成果をを通してみたものなので
    進歩が見えるものであったはずです

    今のところのリハビリは、現状維持が目的なので
    希望が見えなくて自分のエネルギー吸い取られていくような気がするのではないのでしょうか?

    若い人が患者で、患者のリハビリに進歩が見えれば
    やりがいを感じて気持ちも変わるのではないですか?

    同じ業界でも環境が変われば違いものが見えてくるはずです

    ユーザーID:0244292168

  • 3年と言わずさっさと次へ

    学生の内に、医療分野の学習や臨床実習についていけない、向いていないと辞めて別な道にいく人はいくらでもいます。難しいけど理学療法士(PT)になりたいんだ、始めは向いてないと思ったけど面白さが分かってきたという人は時間がかかっても頑張る意味があるし、学生時代とは見違えるように伸びる人もいます。でもそうでなければさっさと違う道を探した方が賢明ですよね。患者さんは誰でも、たとえ未熟でも向上心のある一生懸命なPTに診てほしいし、貴方が嫌々仕事しなくても毎年1万人以上のPTが誕生しているわけですから。
    学校を辞めなかったのは親のせい、就職してからは業界や環境、挙げ句は寝たきりの患者さんのせい。3年臨床経験を積んでからという意味がわかりません。ご自分が納得して働ける職場に変わるか、別な道に進むか、決断は早い方がいいですよ。ただ、PTとして職場を変わるなら、面接する側からすると、どんなPTになりたいのか、そのために就職後どんな勉強をしてきたか、或いはただ現実逃避しているだけなのかは、すぐバレますから。簡単ではないと思いますが、今一度自分自身のことを見つめ直してみては?頑張ってくださいね。

    それと、本文とは関係ありませんが、療養で寝たきりの患者さんにも心がある、体は動かなくても心は動くことをお忘れなく。僅かな視線の動き、表情の変化、筋肉の緊張、緩み、些細な変化に気付いてそれに応えられるPTはとても素敵だと思います。

    ユーザーID:6218885582

  • 今の職場に向いてないのかも

    療養型はそんなもんです。
    リハ病院のような活気のあるところ、訪問系の一匹狼系セラピスト、いろいろな分野があります。

    私は27年OTやってて、二人の子持ち主婦ですが、一番長い職場が12年、パート掛け持ち、最短で辞めた職場が10か月と、働き方はバラバラですが、小児から看取りの方までお付き合いする機会がありました。ちなみに、実子が障害があるため育てながらパートOTしてます。資格があると言うのは、いろいろな働き方ができます。

    ネットで転職を紹介してくれる業者へ登録するのは無料です。相談にも乗ってくれるので、一度相談してはいかがですか?
    私の周りも、訪問2か所と施設1か所でトリプルワーカーの人とか、ちょっとJIKAで海外へ行った人とか、個性的な働き方をしてる人がいっぱいいます。

    訪問系はハードな分時給もよいので、週3日くらい勤めてあとは飲食店でバイトしてる人もいます。

    最初の下積みだと思って、治療手技を自腹で身に着けると、整形疾患などに対応できるので、そういう道でキャリアアップするのも一つです。
    それから、どーんと遠くへ就職さがしてみるとかね。

    ユーザーID:9631843593

  • エールが多いのにびっくり・・・意識が低いね


    今、70代の実母が肩の骨折で骨頭置換後の通院リハビリを
    やっていますが、人によって違うと嘆いていて、
    まさに、わが身に起こっているタイムリーな話題です。

    とても腹が立ちましたので、語気強めですが、
    あなたが日々かかわっている患者さんと思って
    聞いてください。


    まず、その仕事をするにはプロ意識が低すぎます。
    同業者の先輩、どんなにひどくでも盗める技があるでしょう
    まだ、ひよっこの分際で、先輩批判なんて甘い!
    患者さんにとっては、ベテランも新人も同じ
    専門職者なのですよ、損した気分にさせないでください。

    あと、その感じでは、どこにいても
    あなたは満足できないでしょう。
    充実させるのも、つまらなくするのもあなた次第、
    自分で磨かずに成長はありません。


    最後に、私は40代の医療職ですが、
    筋・骨格系に異常のない寝たきりの人を、
    起き上がれるようにできるのは、
    本人の意思とPTさんだけだと思っています。


    とても素敵な仕事なのに・・・残念ですね。

    ユーザーID:0800596297

  • 別の分野はどうですか?

    OTの資格で精神科病院、回復期リハ、高齢者施設など、いくつかの病院や施設で勤務しましたが、現在は家庭の都合で全く別の分野で働いています。

    対象者の特性、事業所の方針や雰囲気に馴染めるかどうかは重要だと思います。
    昔ながらの療養病棟ならそんなものかもしれませんね。ホスピス(緩和ケア病棟)なら、またちょっと違った感じで関われると思うのですが。
    関連事業所で訪問リハやデイサービスやデイケアなどがあるなら異動を申し出てみては?
    また、高齢者が多くても、急性期や回復期の病棟や訪問などでは全く違った雰囲気ですし、整形やスポーツ、小児の分野なら、子どもから青年期、壮年期の方とも関われます。

    老年期は全ての方が生理的な機能低下から逃れることができない人生の終わりを迎えるステージですから、「○○の低下防止」程度が主なリハの目標で、老化を止めることはできません。
    それぞれの方が長い人生経験を経て染みついた習慣や様々なしがらみを背負っていますから、人生の先輩から学ぶことも多いですが、人間関係のドロドロした面に触れることも少なくないですね。
    一方、整形や小児分野なら、比較的短い期間で変化があり、成長や治癒に関わる場面も多いですよ。

    3年なんて悠長なことを言わずに、今すぐにでも分野変更の転職活動をしてみてはどうですか?

    ところで実習はスムーズに合格できたのでしょうか?学生時代からの「PT特有の閉鎖感・プライドの高さ、収入面での将来性、やりがい搾取な風潮etc」との実感がどんな経験からくるのか、なぜ国試に何度も失敗したのか、国試浪人中どのように過ごしていたのかも気になります。

    ともかく、PTが嫌いで向いていない、他職種に転職ということなら、自分が好きなことや得意なことは何か、どんな仕事をしたいのか、そういうことをよく考え、主様なりの前向きな目標が決まってから動いた方が良いと思います。

    ユーザーID:6930370905

  • 周りの嫌な空気に流されてしまうんですよね

    耳タコかもしれませんが、、

    どの職種もいいところ悪いところがありますよね。
    私も(全く違う業種ですが)学生時代周りのダークな「幸先みえない」という悪い話ばかりが同調する空気に流されてやる気をなくしてました。
    でも、それって鵜呑みにしてはいけなかったんだな、、、と振り返って感じています。

    どこの業界でも、悪いことを見れば悪いことしか見えなくなります。
    見失ってはいけないのは、「どうしてこの仕事に就いたのか」という初心です。

    本当は画家になりたかったんだ、、、という状況ならば転職を勧めるかもしれませんが
    ずっとなりたかった理学療法士になったトピ主さんには是非もう一度自分の気持ちを振り返ってほしいです。

    私は今、事故にあって整形外科で理学療法士さんのお世話になっています。
    当初は不安で一杯で一生歩けなくなるんじゃないのか、もっと悪化するんじゃないのか、と思っていましたが
    半年経ち、おかげで復帰することができそうです。
    その間も、なかなか治りが悪くて、痛みで思うように言われた運動をこなせないときなど
    理学療法士さんがイライラしてるのが伝わってきました。
    回復してもそこからまた悪化して、ため息をついているように見えることもありました。
    多分、どこの職場にいっても思うようにいかなくて悩むことはあるんでしょう。
    私は、理学療法士さんに感謝してること伝えたいです。

    これ、思い違いならごめんなさい
    でも、もし周りの空気に流されてダメな世界だと思いこんでいるのなら、一息ついて、温泉でも入りながら考えてみてください。

    余談ですが、意識のない患者さんも、実は意識があると聞いたことがあります。
    暗闇のなかにいる彼らは、病院のスタッフに話しかけてもらったりマッサージしてもらうことで人の温かみを感じることができているそうですよ。
    貴方の患者さんも、暗闇の中からひっそり感謝してるとおもいます。

    ユーザーID:8059739599

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧