変な脳内変換が直らない(駄)

レス13
(トピ主1
お気に入り35

生活・身近な話題

すいか

スーパーなどの野菜コーナーに行くと、いつも目に入る「菌床しいたけ」。
「菌床」が「きんしょう」だと頭では分かっているのですが、見る度に「きんどこ」と頭で読んでしまいます。
もちろん「きんどこ」とは声に出しては読みません。
そして、「菌床しいたけ」が可愛く思えて、密かに笑ってしまいます。

私の脳内では、「きんどこ」→「欽どこ」と変換してしまいます。

40代以上の方なら「欽どこ」分かりますよね?
「欽ちゃんのどこまでやるの!」面白くて好きでした。

私はなぜか分かりませんが、人から真面目で固い人間だと思われることも多く、頼りにされることも多いタイプの人間です。
しかし、堅物でもないですし、お笑い番組も大好きです。
ただ、恥ずかしいので、思いつく親父ギャグも家族の前でしか言いません。

この「菌床」のことはギャグでもなんでもなく、流石に恥ずかしくて誰にも言えませんでしたので、初告白です。
しいたけを見て、密かに笑っている、ただの変な人ですね。

小町のみなさんも、こんなアホな脳内変換をしてしまうことはありますか?

ユーザーID:2417913233

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 台風一家

    主さま、もちろん「金どこ」見てましたよぉ。

    これは子供の頃からの癖のようなものなのですが。。
    台風シーズンにテレビから「台風一過」という声が聞こえてくるたびに
    私の脳内では「台風一過」→「台風一家」と自動変換され、
    一番大きい父さん台風、次に母さん台風、そして小さな子供台風のファミリーが
    次々と日本に向かって突き進んでくるイメージが頭の中に沸いてきてしまうのです。
    この誤変換は大人になっても治っていません。

    ユーザーID:7424731991

  • 冬の歌

    灯油売りのトラックが町内を回っいて、「来たよ連絡」に流している歌。
    子供のころから歌詞を思い違いしていたんです。

    「垣根の垣根の曲がり角、焚火だ焚火だ、落ち葉焚き」
    を、「・・・落ち畑木」
    と思っていた。
    畑に落ちていた木を焼いていると思っていました。
    なんで木がそんなに落ちているんだろうと不思議でした
    誰もにも言えないけど。

    もうひとつ、これは有名な間違い
    「ウサギ美味しい、かの山」→本当は
    「ウサギ追いし、かの山」
    ウサギは食べないですよね

    ユーザーID:1925893024

  • 椎茸見ちゃいそう

    菌床しいたけ、残念ながら今までスルーしてました。
    今度スーパーで見てみます!きんどこ(笑)

    私は「金時」とつくものを見ると、なんとなーく赤い腹掛けが
    頭をよぎります…そう、金太郎さんの連想です。
    元々赤いものに金時とつけるそうなので間違いはないですね。
    でも、腹掛けした金太郎さんが頭にうかぶんです。

    金時豆、鳴門金時…など。

    ユーザーID:5570776516

  • じどりコンテスト

    仕事中FMを流しているのですが
    告知CMでタイトルの言葉を聞いたとき
    「地鶏コンテスト???」
    と勝手に脳内変換していて、冗談抜きに
    「なんのコンテストだろう・・・」と
    思った事があります。

    正しくは「自撮りコンテスト」だったんですが(笑)

    繰り返し繰り返し流れるその告知CMを聞く度
    立派なにわとりの姿(コケーーーーッ)が思い浮かんで
    一人ほくそ笑んでおりました。
    アホですね。

    ユーザーID:5502560262

  • 私はカバの音がダメです

    わかります。

    私は「カバ」の音がダメで、「過払い金」とニュースで言われると「カバ来金」と聞いてしまい、なぜか「カバ来る金曜日」と思ってしまいます。

    カバさん、大好きな動物ですし、トコトコ歩いてこちらに来る姿が浮かびます。

    シリアスなニュースの場合がほとんどなのに、すみません。

    ユーザーID:0486913172

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 度付きサングラス

    いかにも恐いおにーちゃんがかけてそうです。

    ユーザーID:9822308509

  • あります

    コーヒーを飲みながらのんびり新聞を読んでいたら求人広告欄のところに「スーパー清掃員急募」とあり、「スーパーマン・スーパーウーマンみたいな、すごいプロフェッショナルな清掃員急募」かと思いました。

    普通の清掃員がすると1時間かかる仕事を20分かそれ以下の時間で終わらせ、しかもその人が掃除をしたところはどこもぴかぴかで虫眼鏡で見ても汚れが確認できないような高度な掃除技術を持ってる人が世の中にはいるんだーすごいなー、と感心してページをめくって新聞を読み終え、そして一日が終わりに近づきお風呂に入り、浴槽につかっている時にハッと「違う!あれはスーパーマン・スーパーウーマンでなくスーパーマーケットだ!」と気付きました。

    わかってながら、今でも「スーパー清掃員」が「スーパー技術を持っている清掃員」と一瞬脳内変換されてしまいます。

    ユーザーID:5025840008

  • 地鶏・・・

    昔入ったファミレスで、「地鶏のガーリックグリル」というメニューがありました。

    バンド仲間と一緒だったので、私は
    「俺この『地獄の』ガーリックグリルにするわ。」

    と言い、みんな口々に「キッスや。」と言いました。

    以来、「地鶏のなんとかなんとか」を見ると、キッスのアルバムの日本語タイトルが次々思い浮かぶのです。

    ユーザーID:8354858077

  • 小説を読んでいて

    「小玉スイカ」という言葉が出てきました。
    「児玉」さんという同僚を思い出し「児玉さん=スイカ」と変換されました。


    名古屋地区のICカードに「マナカ」というものがあるのですが
    「まなか」さんというお名前を耳にするとICカードを連想します。


    「垣根の垣根の…」の歌を挙げた方がいらっしゃいましたが
    私は「当〜たろうか、当たろうよ〜」の部分を聴くと
    昔の漫画「モーレツア太郎」(…古いっ!)を思い出します。


    ラジオで「お食事券プレゼント!」などと聞くと「汚職事件」になります。
    テレビなら文字情報があるのでこうはなりませんが。

    ユーザーID:4792985153

  • トピ主です。

    トピ主の すいかです。
    こんなアホなトピにお付き合い頂き、ありがとうございました。
    一つ一つのレスを読みながら、私もニヤニヤ、時に思わず噴出してしまいました。
    心がなごみました。ありがとうございます。

    あらフィフ様
    お仲間ですね。「台風一家」は子供の頃から私もついつい思い浮かべてしまいます。
    この一家は優しいといいですね。

    れもん様
    これからの季節、「・・・落ち畑木」を思い出しながら歌わせて頂きます。
    風景まで目に浮かびますね。あながち間違いじゃないかも?

    パフェ様
    これから、スーパーで鳴門金時を見たら、赤い前掛けが頭に浮かんじゃいますよ〜。
    椎茸のことも見て、一緒にニヤニヤしてくださいね。

    SAKU様
    コンテストで競い合う地鶏たち。ありそうなので笑ってしまいます。
    この流れで、自撮り棒→地鶏棒とか想像しちゃいました。
    なんだか美味しそう。
    いや、残酷でした。食いしん坊ですいません。あははは。

    トホホです様
    最近よく聞くフレーズですよね。
    これを読んで、私は金色のカバがトコトコと。。。を想像してしまいました。
    脳内変換恐るべし。

    近視様
    度付→ど突き? ブルブル。怖いです。
    普通のおじさんも かけてもいいですか?

    新聞様
    そのスーパーな清掃員の想像の素晴らしさもさることながら、
    この時差のある笑い、最高です。
    お風呂で思い出し笑いさせていただきます。

    heaven様
    お仲間のツッコミの鋭さがいいですね。
    ここでツッコミ無かったら、店員さん困ります。
    そして、ハンドルネームも最高ですね。
    地鶏のなんとかって、メニュー多いですから、これからも楽しめそうです。

    このトピを読んだ皆様にも、このレスを頂いた皆様の脳内変換がうつりそうですね。
    こんな私に お付き合い頂き、ありがとうございました。

    ユーザーID:2417913233

  • あだ名を付けたばっかりに・・・

    職場に都合悪い事は聞こえないフリをするオジサンが居ます。
    「歳で片方の耳が遠い。」と本人は仰るのですが・・・。
    耳に手を当てて「えっ!?」「えっ!?」何度でも聞き返し。
    しかし、よ〜く見るといつも決まって“遠い”ハズの耳に手を当てています。
    仕方ないので同僚たちと『とぼけるオジサン』のあだ名を進呈しました。
    いえ、今日はこんな愚痴を言いに来た訳ではありません。

    そのあだ名を贈って以来、変な脳内変換に悩まされるようになってしまったのです。
    スーパーで買い物をしていると・・・。
    乳製品コーナーで存在を主張する『とぼけるスライスチーズ』
    ファミレスで昼食を摂ろうとして・・・。
    メニューを開くと目に飛び込んでくる『とぼける三種のチーズインハンバーグ』
    美味しそうな“とろける”チーズが、み〜んな“とぼける”ようになってしまいました。
    恐るべし、オジサンの怨念。


    余談ですが・・・。
    あらフィフさんの『台風一家』
    浮かぶ字は同じですが、別の脳内変換がかかってます。
    昔、近所に住んでた一家。
    お父ちゃんはグデングデンになって夜遅くに大声出しながら帰って来るし。
    お母ちゃんの「キィーッ!」って叫び声がしょっちゅう聞こえるし。
    子供は兄弟どちらも悪ガキ大将だし。
    「あの家族が一家そろって暴れまくったような騒ぎなら、大変な事だ。」
    「今回の台風は、それほど強力だったんだなぁ。」
    ニュースで耳にするたび変換してました。

    ユーザーID:5271263254

  • 台風一過

    「台風一過」が「台風一家」と脳内変換されるのは同じなのですが、
    思い浮かぶ映像が違います。

    次郎長親分のもとへ息せき切って駆け込んできた森の石松が、
    「親分、てぇへんだ!!台風一家の殴り込みだ!!」

    あぁもちろん、次郎長親分でなく、
    ブタ松親分やココロのボスや小松の親分さんでもいいんですが。

    ユーザーID:1843089586

  • 通販CMのセリフから

    「お電話、お待ちしています」の「お電話」が
    「『おでん』は」に変換されます。

    寒くなってくるとコンビニで売られている、あの「おでん」です。

    毎回、違う違う! と言い聞かせても脳内変換が直りません。


    さて、私の脳内で、おでんは何を待っているのかなあ。

    ユーザーID:4792985153

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧