「じいちゃんに会った」と言う息子

レス50
(トピ主3
お気に入り365

妊娠・出産・育児

のりたま

息子がやっと1人で夜中にトイレに行けるようになった頃の出来事です。

その夜も私の隣に寝ていた息子はゴソゴソと起きて
「おしっこ」
そう言って寝室を出て行ったのですが、いつまで経っても戻ってきませんでした。

さすがに心配になった私が様子を見に行こうとベッドを出ようとした時、息子が戻ってきて私に言いました。
「じいちゃんに会った」

最初は寝ぼけているのかと思いました。なぜなら父は息子が生まれる少し前にすでにこの世の人ではなくなっていたからです。

「じいちゃんに会ったことないのに?」
「トイレのあの狭い空間に人がいるわけないでしょ」

大人目線で質問する私に息子は涙を浮かべながら言いました。
「だって僕の名前を呼んでくれたんだもん」
「じいちゃんだよーって言ってた」
「僕にずっと会いたかったんだって」
泣きじゃくる息子を見て、とっさに言い過ぎたと思った私。彼の背中をぽんぽんしながら、
「ごめん、本当にごめんね。きっとじいちゃんだよ。…で、何て答えたの?」
「…」
息子は寝息をたてて寝入ってしまいました。

この出来事、どのように考えれば説明がつくでしょう?

確かに「孫の顔を見るまでは死ねない」
とよく言っていた父。
その願いも叶わないまま逝ってしまったことを思うと、息子の話には涙腺崩壊です。

ユーザーID:4743451693

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数50

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お父さんは

    孫に会えたのではないでしょうか。

    ユーザーID:2429670602

  • そのまんま

    じいちゃんにあったんだよ。
    そういうのは否定しなくていい。
    じいちゃんが会いに来てくれたの。
    良いことよ。

    ユーザーID:9051048635

  • ウチはお墓の上に

    娘がまだ3〜4歳くらい、お盆の時期に旦那と娘とで義実家のお墓参りに
    帰りに義実家に寄った時のこと、娘が義母の写真を指さして写真の人が
    お墓の上で足をぶらんぶらんしながらニコニコ笑ってしていたそうです。

    義母も生まれる前に亡くなっています。
    多分、子どもが小さい時は見やすいんだと思います。
    余り心配することはないと思いますよ。

    ユーザーID:8504074335

  • 私も息子さんと似た体験しました

    今はアラフォー、当時の私は中学1年生。

    両親は共働きで、母は私を出産して3か月で職場復帰。
    3歳までは日中は毎日母方の祖父母の家に通って、ずっと一緒にいた為、とりわけ祖父はどの孫よりも特別に私を可愛がってくれました。

    その祖父が入院し1か月経ったある夜の事、夜トイレに起きて自室に戻るときに祖父に会いました。
    嬉しさと驚きで、夜中にもかかわらず母を起こして「おじいちゃんが来た!」と伝えた数時間後、
    病院から危篤の知らせがありました。
    昔から忘れっぽい私でも、今でもはっきりあれは祖父だったと覚えています。
    きっと最期に会いに来てくれた、と思っています。

    ユーザーID:9611823588

  • お父様っだった事にしたら?

    息子さんに、お父様が会いたがっていた事を話したことがありますか?
    もしくはお父様の写真を息子さんに見せたことがあるとか。
    そうであれば、息子さんは暗示にかかった状態で、
    寝ぼけている時に幻覚・幻聴があっても不思議ではないです。
    息子さんは嘘を付いているのではなく、確かにみたのでしょう。
    それを否定しては可哀想すぎます。
    幻覚であれ、幽霊であれ、息子さんは確かに見たのです。
    それで良いではありませんか。

    ユーザーID:2710464203

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • どうしよう

    この休憩時間が終わったら仕事に戻るのに、涙腺決壊、、、

    でもいいなあ。息子くんも、お父さんも、よかったね。

    ユーザーID:9861576048

  • 事実ですよ

    私も時々 出くわすから信じるよ

    ユーザーID:0611116464

  • 本当に会った。

     私は、戦後すぐ亡くなった親戚を数年前に見ました。真昼間です。腰から下が透けていたので生きていないとわかりました。

     話も聞いたことがない人です。びっくりした。この世に思いがあったようで供養しました。

     なので、幼い息子さんの話を信じます。

     お父さん、孫に会って話しかけたと思います。気がかりな事がないか私なら心配しますね。

     

    ユーザーID:7908082181

  • 純粋だから

    純粋な子供や動物には姿がない(魂)ものとコンタクトが取れます。

    もう言ってしまった事は仕方がないので、次回?もしまた遭遇したと
    言われた時は、肯定してあげてほしいです。

    おじいちゃん、孫が1人になる時をずっと狙って声をかけてくれたん
    ですね…ずっとそばで見守ってくれてる事に愛情を感じます。

    ユーザーID:3168658375

  • まさしく

    シックスセンスではないでしょうか?

    ユーザーID:2123645755

  • どうも考えなくても

    そのままでいいじゃないですか。
    息子さんはおじいちゃんにあった。
    それだけです。
    おじいちゃんも念願の孫に会えて良かったですね。
    素敵なお話ですね。

    ユーザーID:8706306494

  • そっか・・・

    おじいちゃんが会いに来たんじゃないのかな?

    非現実的ではありますが、私はそういうの信じる派です。

    次回は否定せずに「良かったね」って言ってあげてください。

    ユーザーID:6548669403

  • 母から聞いた話です。
    私が小1の頃に祖母が亡くなりました。
    妹はまだ幼稚園に上がる前で、人の死と云うのをまだ理解出来てなかったと思います。

    お通夜が執り行われた翌朝の事。
    妹がしきりに母に「夕べおばぁちゃんきたんだよ。おばちゃんきたんだよ」って舌っ足らずながら一生懸命話していたそうです。

    当然ですが、妹は全く記憶に無いそうです。

    父は5人兄弟の末っ子で、その娘の妹も祖母の孫の中で1番下。
    かわいかったんだと思います。

    世の中不思議な事はたくさんありますよね。

    ユーザーID:3668920625

  • 見えたことの意味を・・・

    あなたのお父様に「息子にあいさつしてくれてありがとう」って、心から感謝しましょうよ。心の中でお父様に。。。
    うちの下の子12歳、今でも自分の辛い前世の記憶を覚えていて、自分がこの世に生まれた目的を理解している、見たくない霊まで見えてしまう子を持つ親として、お子さんの言うことを否定せず、ぜひそのまま受け止めてあげてほしいです。
    見ちゃった本人が「見えたことの意味」を一番知りたいと思っているはずですよ。

    ユーザーID:0276360292

  • いいなぁ。

    私の父も、息子(4歳と3歳)を見に来てくれるかなぁ。会ってほしいな。
    主さん良かったですね。

    ユーザーID:8726442930

  • 泣いてまで言うのだから本当なのでは

    話が合うので、本当なんじゃないですか?
    明日落ち着いてるときにでも、おじいちゃんは
    どんな人だったか聞いてみたら?

    特徴が合っていたなら、おじいちゃんが本当に
    孫と会ってお話してみたかったんでしょうね。

    今度ぜひ、お墓ででも息子さんからおじいちゃんに
    話しかけてあげてほしいなと思います。

    ユーザーID:1763529213

  • 夜中に読んだので少し怖かったけど

    いい話ですね。
    やっぱりそういうのってあるんでしょうね。
    私は信じますよ

    ユーザーID:0749633119

  • 子供には何かが見えるのかも

    うちの息子が3歳くらいの時に、不思議な事いいましたよ。お盆の時期に実家で帰省中に、いつもより大分早く息子が起きてきてうれしそうに
    「ブツダンばあばと、遊んだよ」
    「ばあば優しかった」って満面の笑顔で。
    仏壇に家の母の写真が飾ってあります。
    私が15歳の時に無くなったので、写真の母は当然ですがずっと若いままです。
    でもちゃんとおばあちゃんと認識したようです。
    その夏、実家から自宅への帰路で
    「じいじの家で何が一番楽しかったって?」って聞いたら
    「ブツダンばあばと遊んだ事」と答えました。
    天国の母が帰って来て息子と遊んでくれたのかとこっそり涙しました。
    通常考えられない事だし、もしかしたら夢に出てきただけ?それとも。。。息子の作り話?
    例え作り話でもいいんです。
    そう考える事で、若くして亡くなった母が孫に会えた、ばあば会えなかった息子が一瞬でも遊んでもらったと想像して、暖かい気持ちになれました。
    そんな気持ちにさせてくれただけで良いかと。。。

    ユーザーID:6229394562

  • 会いに来たんですね

    > 「じいちゃんだよーって言ってた」

    会いに来たんですね。それとも、ずっと居たのだけど
    初めて知覚できたのか。

    条件が合えば、いつもなら見えにくい存在であっても
    感じたり見えたりするものなのではないでしょうか。

    「霊感」などといえば胡散臭く感じるものですけど、
    人間の感覚は時に鋭くもなり、体調や状況によっては
    鈍くもなることを考えますと、そういうものはきっと
    あるのだと思います。

    ユーザーID:8396209236

  • 息子さんの言うとおり

    きっとおじいちゃんが、お孫さんである息子さんを見守っているんだと思います。

    私の経験を書きます。
    私は幼少の頃に実母を亡くし、私自身が実母の記憶が全くありません。
    そのことを娘たちには教えていないので、継母を実の祖母と思っています。
    まだ小学校に上がる前あたりだったか、長女がたまたま実母の写真を目にすることがありました。
    すると長女は「おばあちゃんだ」と言うのです。驚いた私は「この人を知っているの?」と聞きました。すると、「知ってる。おばあちゃんだよ。お墓で会ったことある。またきてねって言われたよ」と。
    私は腰が抜けるほど驚いてしまいました。私の枕元にすら立ったことがないのに、娘の前には出てきていたのかと。
    同時にずっと見守られていたんだという安心感の中で、今も穏やかに暮らしています。
    息子さんの今回の出来事の記憶はどんどん薄れていくと思います。あなたが覚えていてあげてほしいと思います。

    ユーザーID:3569891544

  • あるんじゃないかな?

    兄が息子さん同じような経験をしています。

    父と母の話を総合すると、
    保育園児だった兄が「そーちょー」って何?と聞いてきたそうです。
    深夜の出来事で、寝ぼけているのだろうと、すぐに寝かしつけたそうです。
    さらに数日後の深夜。
    おじいちゃんだよって人が、いぶかる兄にむかって「おじいちゃんは、にかいきゅうとくしんしてそーちょーになったの?」って聞いてごらん。と言ったそうです。
    あまりにも難しい言葉を使うので、同居していた祖母を起して聞いてみたそうです。
    確かに祖父は、陸軍砲兵隊の伍長で戦死し、2階級特進で曹長になっていたそうです。
    祖母が喜んでね。
    外地での戦死だったから何も戻ってはこなかったそうです。
    魂になってようやく日本にたどり着いたんだねって泣いたそうです。

    純真な子供の目にしか見えないんでしょうね。
    魂って。

    私は小さすぎてアテにはできなかったのでしょう。
    ただ、苦労したばあちゃんの夢枕に立って、よくやったって褒めてあげても良かったんじゃない?じいちゃん!と、今になってみれば思います。

    今は兄も私も中年で、すっかり汚れてしまったのか、祖父の魂を見ることはありません。
    しかし、小学生くらいまでは亡くなった祖母の魂を感じていたように思います。
    自分の子供が小さい頃、何もない所を見つめて微笑むのを見て、きっとじいちゃんとばあちゃんの魂が見に来てくれたんだと思っています。
    妻は心が汚れきっているのか、そんな話は一切信じてくれませんが(苦笑)

    ユーザーID:1261369099

  • ありのままの現実です

    説明なんていりません。

    世の中には理屈では説明できないことがたくさんあります。

    ユーザーID:2708645123

  • お子さん可愛いよね、そして涙涙だね

    夢でも会いに来てくれて嬉しいですよね。

    小さい子には大人に見えないものが見えると言います。
    お話もされたんですね。
    夢であれ、現実であれお子様にとって会う事の出来なかったおじいちゃんに会えてよかった。

    又同じような話をしたら、「良かったねママも会いたかったよ」位言ってあげて下さい。

    ユーザーID:4832373670

  • 解明できない、証明できない、科学的じゃないことが現実に存在

    息子さんの見たとおり、話したとおりが全てであり現実だったと思います。証明できないだけの事です。よくある事です。

    ユーザーID:2043503799

  • 否定する必要ないのに。

    子供の頃は不思議なことは良くありますよ。
    意見してどうにかして覆そうとする必要は無いと思います。

    否定されると分かったら、もう2度とそういう事にあっても話してくれなくなりますよ。

    ああ、お化けが怖くてそういう話はやめてほしいって事かな?

    ユーザーID:5455600813

  • 我が家の子供達も

    私の父も子供達が生まれる前に他界しています。
    娘4歳、息子2歳の頃、実家に帰省した際に子供達が
    「お母さーん、じーじがトイレにいるよ〜」と言っていたのです
    私は洗濯物を干していて、子供達がなぜそんなことを言ってるのかあまり気にも止めませんでした。
    子供達によると、トイレにじーじがいて
    「会いにきましたよ」
    「病気していたけれど、今は痛くないから大丈夫」
    と言っていたそうです。父は癌で晩年は痛みと戦ってました。子供達はそのことは知りません。

    後日知人から男性の魂はトイレがあちらの世界とこちらの世界つなぐ場所(女性は台所)だそうです。
    なので、トピ主さんのお父様も、お孫さんに会いに来たのだと思います。

    そのような経験は一度きりでしたが、父は私達をずっと見守ってくれているんだと、今でも励みにしています。

    ユーザーID:2696353961

  • ばーちゃんと遊んでいた

    子供には見えるのだと思います。
    友達の姪は「ばーちゃんと遊んでいた」と言ったそうです。
    その日は亡くなった母の衣類を整理して捨てる支度をしていました。そして「ごめんね一人にして」と言うと「ばーちゃんと遊んでいた」と言いました。「ばーちゃん何か言っていた?」と聞くと「怒っていた」と一言。家族は顔を見合わせて「きっと衣類を捨てられるのが嫌だったのね」と言う事になり姉妹で一枚ずつ頂いたそうです。
    父は「孫に姿を見せるならなんで俺に見せないんだ。幽霊でもいいから会いたいよ」と嘆いたそうです。
    そんな姪も成長してもう二度とばーちゃんに会う事はありません。

    ユーザーID:8483545093

  • お願いだから

    否定しないであげてね。

    きっと、じいちゃんに会ったんですよ。
    孫を見たくて、ひょっこり来たんじゃないかしら?

    ユーザーID:5628191623

  • 孫が私の目の前で・・・

    姑が逝って42日目に、遠方の孫の前に現れました。

    孫が「部屋にだれかいる」と私を呼びに来て、一緒に部屋へ入った。
    でも、私には誰も見えないのに、孫が立ち止まりじっと見降ろして・・
    「ここにいる」と畳を指さしましたよ。
    姑さんはいつも畳に小さくなって座っていましたから。
    孫は2歳半、生前一度も逢っていないんです、逢いに来たんでしょうね。

    ユーザーID:2801778410

  • あるみたいですね

    私の友人夫婦なんですが、
    どちらもお父さんを早くに亡くされていて、
    子供たちが「お爺さん」という立場の人を
    全く知らなかった頃、

    だれもいない空間を見て
    「じいじ」と呼んだそうです。

    逢いにこられたんでしょうね。

    ユーザーID:6310736976

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧