• ホーム
  • ひと
  • 「俺色に染まってほしい」ってラブレター

「俺色に染まってほしい」ってラブレター

レス17
(トピ主0
お気に入り90

家族・友人・人間関係

また封印

21歳の彼は筆まめでした。
せっせせっせと私にラブレターを書いてくれました。
そして一年後、私は彼と結婚しました。
30年経って、禁断(?)の『ラブレター』と書かれた箱を開けて、ひとつひとつ読み返しています。
もうちょっとのことでは、たじろかない中年の私でさえ、
いえ、私あての手紙だからこそ、読んでいて赤面、のけぞるほどです。
若者語で「ヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイヤバイ」です。
ここには書けません。
恋愛映画か恋愛小説か恋愛ドラマかラブソング・・・そういう世界ならいざしらず、
「よくまあそんなことが言える、ここに書ける」というセリフが、これでもかこれでもかと出て来ます。
便箋の色変えちゃって、漢字辞典も使っちゃって、すらすらすらすら筆走らせて。
『愛が迸る』ってなんですか?読めませんよ。調べましたよ。
『アイガホドバシル』です。
何でしょうね。衝撃です。
若さってすごいです。情熱の嵐。♪最後に愛は勝つ♪です。

今、夫婦二人の生活になりました。
手紙を書いてくれた彼も50代。
お風呂から出れば、すっぽんぽんで「あ゛〜」ってリビングを横切るし、
食後にグフッって顔をして「歯の間から何が出てきたと思う?エノキだ!」とか・・・。
こんなもんです。
私も同じようなもんです。
夫は「妻のあるある言いたい!」でしょう。
それでいいんだと思います。

「夫色に染まった」とか、そういう表現は私には使えません。
無理です。ムリムリ。
でも「笑うと二人(の顔が)はそっくり!」とよく言われるので、似てしまったのは確かです。

のろけ話にするつもりはなかったのですが、読み返したらそう読めなくもない。
すみません。

ユーザーID:6069652286

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 青春ですなぁ

    わかりますよ。

    同じくうちの二階の納戸にも封印された缶があります。
    その中には同じような封書がたくさん詰め込まれています。ヒ〜。

    私たちもトピ主さんたちと同じような年齢の夫婦です。

    振り返ると恥ずかしすぎる時代ですよね。
    今さら開封したら、もうヤバイの繰り返しか、イタイの繰り返しか口から出ませんよ。
    思い出しただけで変な汗出そうです。

    そして現在の姿もまた同じようなもので・・・。(笑)

    まぁあの頃は熱があるほどの二人だったのが、もう血のつながりがある家族より近いという感じですな。(ですね。と書くのも恥ずかしい)

    はぁ、なんか変な汗出続けてます。

    今日は「いい夫婦の日」
    お互いに、これからも仲良く過ごしていけるといいですね。

    ユーザーID:8143791567

  • そのまま黙っときゃいいのに、

    トピ主さんは旦那さんと同じくらいの年齢ですか?
    他に誰ともつき合わず、21歳くらいで結婚したから、
    50歳過ぎても書いてハシャいじゃうんですね。

    学校卒業後すぐに結婚した友人も、
    同じような旦那との昔話で一人で盛り上がります。
    正直、何がそんなに面白んだろう、
    この人、他に何もなかったのか、
    としか感想ありません。
    ノロケられても、
    いい歳して面白くもない事を、
    他人相手に話す人なんだな、
    と思うだけです。

    恋愛に限らず20代に色んな体験をした私は、
    若気の至りの失敗も成功も、
    他人には恥ずかしくて言えないです。
    自分の胸にしまって糧にしたり、
    反省したりするものじゃないのですか?
    結婚は一つの出来事に過ぎません。

    それしかなくて、それでいいのだ、とか愛は勝つと言われても、
    見て見て私の旦那〜、と騒いでるとしか思えないです。

    ユーザーID:2919386205

  • うちにもあります(笑

    結婚20うん年。我が家にも禁断の箱があり
    お互い送りあったラブレターがぎっしり
    詰まってますが主人のを読むということは
    私のも読まれるという事で怖くて(笑)開けられてません。
    いつか読み返したらきっと主さんみたいな
    反応すると思います。いい思い出ですよね!

    ユーザーID:9131043306

  • そういうのは捨てることにしています。

    二十歳の頃の写真と一緒ですね。
    本人たちだけが楽しい。

    おかんやじいちゃんのそんな手紙を
    処分するのがうんざりでした。
    紙ダニもいそうだし。

    捨ててなん倍も美化して
    心に置いておく方が良いかも?

    ユーザーID:4891532147

  • はいはい

    ご馳走さまでした。

    ユーザーID:2617146412

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • その昔、うちはヤバイポエムがきたよ

    今で言うヤバイポエムきましたよ、夫から。

    綺麗なイラスト付きの葉書大の用紙に夫の顔からは想像できないくらいの
    数々の愛のポエム・・・。

    何枚送ってきたかはもう覚えていませんが全部取ってあり
    夫と揉めるたびにこれを長女に見せるぞ!と脅してます。長女は笑って
    まあまあ(笑)、ママやめなよ。と言います。

    ユーザーID:9841927929

  • いいですねえ

    恋は流行り病だとかって言いますけど、医学的にも脳がショートしちゃってる状態らしいので、もうどんなセリフも出てくる、どんな情熱的な文言も書けてしまう、人間ってそういうものかもしれませんね。
    今は穏やかな夫婦愛がそこにはあるのでしょう。微笑ましいです。ふふふ。

    ユーザーID:0217009590

  • かわいい

    本当に可愛らしいご夫婦。
    温かい気持ちになりましたよ。

    いつまでもお幸せにね。

    もう二人でエノキ色に染まってしまいなさい。

    ユーザーID:7119987174

  • まとめて捨てた

    読み返して恥ずかしいは通り越しました。
    よもやこれが同じ人間とは思えず、とりあえず失望のあまり捨てました。
    彼はとても優秀な学生で、私の為に英文の文学を日本語に訳して贈ってくれたり、涙ぐましい手紙をくれました。
    この手紙たちの中で約束を守ったのは、一生路頭に迷わないように働いて貴女を支えます。という一つだけです。
    食後のげっぷとかおならなんて可愛い物です。
    家事を手伝わないのは我慢します。目の前のお醤油さえ自分では取らない。ごみはごみ箱の方向に投げる。その後どこに着地しようと見もしない。
    寒い中買い物に行き、灯油を入れ、ごみを分別し、料理を作りお茶を淹れ「戸が開いてるぞ」とか寝転んで怒鳴られるとさすがになんだと思います。
    母を病院に連れて行っている間に宅配便が来たと怒っています。宅配便位取ってくれてもいいと思います。
    夕食の時はテーブルをティッシュペーパーで自分のところだけ拭き不満そうに嫌いなおかずを皿ごと押しのけます。
    猫を相手にしている時だけ至福の時で、笑点を見ている時だけ笑います。
    バカバカしくてラブレターは捨てました。
    この人は、力を使いつくしたのだと思う事にしています。
    約束のもう一つに子供の教育がありましたが、熱心に数学と英語を教えいつも満点を取らせてくれました。
    持病と戦いながら、教育に力を尽くし、手術の翌日出勤し血だらけで帰るというハードな人生を生きて来ました。
    今は本当は死んでいるのに、医学が引き留めているようにも感じます。
    それでも意味があるのでしょう。あと何年になるかは分かりませんが、すっかり別人になった夫のそばにいたいと思います。

    ユーザーID:1409816779

  • 怖い、、

    要するに、女性を自分の理想通りにしたいモラハラ夫ですよね。



    こわっ(笑)

    ユーザーID:5696155333

  • おお。KANちゃんも赤面。

    わはは。トピ主さん面白い。

    本当若さって怖いもの知らず。。。と言うのとも違うか?。恥知らず?。←こっちだよね。
    恋愛は人を詩人にさせるのでしょうか?。
    本当は其の「ヤバイ」ラブレター見てみたいが今のご主人を知っているトピ主さんだからこそ衝撃度が半端無いのでしょう。

    でも何だかんだ言ってラブレターと言うのか手紙って良いですよね。
    イマドキは告白も愛の言葉もはたまた別れまでメールかLINEって味が無いなあと思います。私も年だわ。

    まあ、今後夫婦喧嘩した際にでも其のラブレターを片手に勝てますな。ふふ。
    そうそう夫婦って似るって言いますよね。性格なのか顔形なのか分かりませんが。
    そうやって何時迄も仲良くお過ごし下さいな。

    愛が迸るかあ。迸ると言う漢字初めて知りました。
    勉強になりました。でも私の今後の人生で「迸る」なんて書く機会あるかしら?。

    ユーザーID:9759287769

  • タイトルにぞっとした

    でも内容を読んで安堵しました。
    トピ主さん夫婦は二人の色を作ったようです。

    俺色に染まってくれ=モラハラ予備軍
    のイメージで、タイトルにぞっとした次第です。

    あーよかった。

    ユーザーID:5881414076

  • hamaさんに同意

    まったく同じ意見です。

    何十年も連れ添った夫婦のノロケなど、他人は聞きたくない。

    私も20代の頃、色々ありました。
    男性経験のあれこれ、恥ずかしくて書けません。

    30歳過ぎての結婚ですので、夫も私も赤面するようなやりとりもなく、そこそこの恋愛です。
    大恋愛なんてものは、20代で終わっています。

    男も女も、はじめての相手と結婚したというのは「モテませんでした」と言っているのと同じ。

    21歳のときのプロポーズ、冗談じゃないって断りましたもん。
    あと10年は結婚するつもりありませんってね。
    待てないっていうので、そうですか、さようならです。

    夫に出会ったのは、恋愛に疲れた頃でした。
    向こうも恋愛経験多くて、似たり寄ったり。

    ただね、大好きだった人からのラブレターはとってありますよ。
    読み返して泣いてしまいます。

    夫もたぶん、その手のラブレター持ってそうだなあ。

    お互い元彼・元カノのプレゼントを捨てろ的なことは言いません。
    夫は未だに、24歳のとき彼女にもらったという時計を大切にしています。
    私もそうです。
    嫉妬に狂うようなお子さま夫婦ではないので。

    ユーザーID:6379742859

  • 笑いました

    トピ主さんのユーモア、好きです。
    アイガホドバシルのあたりは声が出ました。
    ええ、衝撃ですね。衝撃的でした。
    今は恋から愛に移行されたんですね。
    幸せそうで微笑ましいです。幸せは、すてきです。

    30年前はメールもありませんでしたからね。
    電話は親が出てしまうリスクがあって、チャレンジングでしたよね。
    手紙は個人宛ての唯一の手段だったような気がします。
    手紙を書く時の注意は『夜に書くな』でした。
    ご主人は夜に書いてたのかな。
    捨てないで取っておいて、また何十年後かにアイガホドバシルで笑いましょうよ。

    そういえば、待ち合わせは今よりもっと必死でした。
    遅刻したりはぐれたら駅にある伝言板にチョークでお知らせ。
    電話がある場所まで移動している間にすれ違わないか、心配したり。
    学生の頃にアルバイト先で、待ちあわせの呼び出しをしたこともあります。
    あれはあれで、いい時代でした。

    トピ主さんはご主人の過去の手紙で衝撃受けていますが、
    実は私の場合、数年前にその手の文章をメールでもらいました。
    「うわー!!!」って声出ました。
    中年になっても男性の脳内はそんなに変わらないみたいです。
    衝撃的でした。

    ユーザーID:7923502909

  • うふふふ〜♪

    そういえば…
    俺色に染まれ〜♪って歌があったわね。

    トピ主さん、幸せそうで何よりです。
    こちらまで愛の熱波が伝わってきそうです。

    揉めている話より聞きやすいです。
    ほっとします。
    最期まで添い遂げる御夫婦だと思います。

    金婚式を二人揃って迎えられる御夫婦は意外と難しいです。
    でも、あと20年なら楽勝ですよね!?
    せっかく20代のうちに結婚した(ですよね?)のだから、50周年まで頑張って〜!!

    ユーザーID:8111553858

  • アイガホトバシル

    ほっこり笑かしてもらいました。
    面白いにポチしましたよ。

    トピ主さん、ちゃんとご主人の『俺色』に染まってますよー!

    だってこのトピ、ちゃんと『アイガホトバシって』いますもの。どうぞそのままお幸せに!

    ユーザーID:9580638989

  • まあまあ。

    厳しい意見がありますが、トピ主さんは惚気とかはしゃいで居ると言うより今はくたびれて中年になったご主人も若かった頃はこちらが恥ずかしくなるような熱烈な手紙を書いていたってだけの話しなのではないのでしょうか?
    初めてお付き合いした人と結婚したのはモテないとかの次元の話では無いと思いますよ。

    初めてお付き合いした人と結婚し最後まで幸せに暮らす人も居れば、片手に足りない程の沢山の異性と付き合いその後結婚しても上手く行かない人も居る。沢山の中から選んでいるのにも関わらずにね。
    何方であっても結果本人が幸せならそれで良いのでは?。

    何方の人生歩んでも皆人生の最後はおじいちゃん、おばあちゃんとなりお付き合いした人の数なぞどうでもよいとなりませんかね?。
    中には年取ってから若かりし頃の異性関係の武勇伝をお話される方もいますが、他人にはどうでも良い話しですね。そんなもんです。

    ユーザーID:7145445571

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧