「〜と思慮する」っておかしいですか?

レス40
お気に入り41
トピ主のみ1

読書日和

学ぶ

仕事で文章を書いています。
「〜と思慮する」という表現について、皆さんはおかしいと感じますか?
ネットで調べるとどなたかの質問に対する回答で「『思慮する』はおかしい。「〜と思慮。」という表現が正しい」とありました。

しかし、国語辞典で調べたところ「思慮+サ行変格活用」とありました。
ということは、「旅する」「読書する」などと同じで誤った表現ではないはずだし、私には違和感がありません。

でも、大切なのは読み手の感覚だと思うので、ぜひ皆さんのご意見をお聞かせください。
皆さんは「〜と思慮する」という表現はおかしいと感じますか?
正しい、正しくないのジャッジではなく、どんな風に感じるか、是非お聞かせください。

よろしくお願いいたします。

ユーザーID:4734412293

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 名詞としてしか使いません

    思慮のある人、思慮分別がある。のように、名詞としてしか使わないので、動詞になっていると違和感があります。いちいち辞書は引きませんが、誤用かなと感じることでしょう。

    ユーザーID:4335104061

  • 違和感

    確かに辞書上では[名](スル)とありますが、では「思慮」をつかった例文で「思慮しました」とか「思慮する」は出てこないんですよね。

    「思慮を欠く」「思慮が深い」等とはつかいますけどね。

    正しいか正しくないかではなく・・・ということなので、私はモゾっとります。

    栄生までにデジタル辞書で検索して観ましたら「「思慮される」という使い方例を一つ発見しました(笑

    不思議なことに「思慮される」には違和感を感じない。
    何でだろう。

    ユーザーID:4714772083

  • 間違いではないと思うけど。

    辞書でも「思慮[名スル]」となっているので間違いではないと思いますが、現代文ではあまり見ることがない形だなと感じます。意味がわからないとかではないので、そういう言い回しがクセなのかなと思う程度かな。
    「思料する」ならまあ、特定業界では使われてると思いますけど。

    ユーザーID:8950885570

  • 小難しく書きたい

    わざわざ小難しい表現を選んでるのかな、と感じます。

    思慮に「する」が付くのがおかしいという感覚はわかりません。でも、思う、考える、ではなく思慮するを選ぶ理由は何だろう、何か意味が違うのかもしれないけど、ひょっとしてただのカッコつけ?と思います。

    ユーザーID:4730427843

  • 名詞です

    旅、読書、思慮、これらは名詞なので「を」を付けるのが普通だと思います。
    キャッチコピーや若者風の使い方ではあるんでしょうが正規の文章ではおかしいと思います。
    仕事でこの文章を受け取ったら、教養の無い担当者だなあと思いますね。
    「考慮します」はありですね。言葉は生き物ですから時代と共に変化しますよね。

    ユーザーID:7014183933

  • おかしいとは感じません

    あらためて尋ねられると一瞬「はて、どうかな…」とも思ってしまいましたが、ごく一般的な言葉ですよね。
    何かの文章で「思慮する」と書かれていたとして違和感はないです。

    どちらかというと「〜と思慮。」のほうが、感覚的になんとなく落ち着かないです。(勿論、前後の文章によりますが)

    そもそも「思慮」って、「する」より「深い・浅い」とセットで使うことのほうが多いような気がします。

    ユーザーID:8981134680

  • 個人の感想です

    前後の文脈が分かりませんが、あまりなじみがないです。
    私が使うなら『思慮が足りない』、『思慮深い』みたいな形か。
    辞書もサ変を伴うとは書いてあるけどその例文がない(新明解7版のアプリ版)ので、
    ぴんとこないです。
    例文を書いていただけませんか。

    似た字面で『思料』、『配慮』、『考慮』は『する』を伴っても違和感ないんだけどなあ。

    ユーザーID:1110764327

  • おかしい気がします

    「思慮する」はおかしい気がしてしまいますが、辞書にはあるんですね。

    「思慮深い」「思慮の浅い人」「思慮が足りない」「思慮に欠ける」などはよく使います。

    ユーザーID:7251303741

  • おかしい。

    「思慮する」という表現は使えるけれども「〜と思慮する」という表現はおかしいと感じる。
    「〜と推定する」「〜と断定する」には違和感がない。が、「〜と思慮する」はおかしいと感じる。

    ユーザーID:5989814020

  • 確かに

     動詞としての使用例は、記憶に無いし、自分でも使いませんね。
     「思慮に欠ける」「思慮分別」というように名詞としてのみ使っていますね。
     「思料する」との違いはどうなんでしょう?
     後は、国語学者に委ねるべき問題かも。
     

    ユーザーID:0920524617

  • 回りくどく感じる

    思慮。で終われば良いのに、「する」をつけられると、中学生の作文のように幼く感じます。
    シンプルな表現が好きです。
    言葉を使う仕事の人には研ぎ澄ましたものを使ってほしいです。

    間違ってないとしても、つけなくても完成するのにワザワザつけるなら、何か具体的な意図を潜ませて欲しいです。

    具体的な意図が、文法的に間違っていないからと言うことなら。

    子供か?

    と思います。

    ユーザーID:8794174853

  • ちょっと違和感を感じるね!

     「思慮」とは単に「思う」と言う意味ではなく「思いやる」とか「気に掛ける」というような意味なので「思慮深い」とか「思慮に欠ける」というようには使いますが、「思慮する」という言い方はあまり聞いたことも無く何となく違和感を感じますね。
     単に「思う」というような意味で使うなら「思慮する」ではなく「思料する」の方がいいと思います。

    ユーザーID:6180718003

  • おかしくないと思います。

    「〜と思慮する」でおかしくないと思います。
    「〜と思慮する事もなく」という使い方だと自然ですよね。

    「〜と思慮。」だと体言止めなので、余韻を感じるというか、
    語り手の感情や思慮するイメージ(?)が強調されるように思えます。

    ユーザーID:1081269807

  • おかしい

    おかしく感じます。

    「〜と思います」ということを、ビジネス文書でそれっぽく表現したいときには「〜と思料する」と書いています。
    読み方は「しりょう」です。
    これと間違えているのではないかという感覚を持ちます。

    「思慮する」は「深く考える」「おもんぱかる」という意味なので、上記のような「〜と思います」という文脈で使うのは違和感がありますし、「〜のことを思慮する」ならともかく、「〜と思慮する」という用法はないのではないかと思います。

    ユーザーID:1766926600

  • 間違って居るとはおもいませんが

    思料するの方が私的には、しっくり来ます。
    思慮を動詞に使わなくてもと、思います。

    ユーザーID:6855050106

  • うむむ

    何を思慮したのか不明なので断言できませんが
    普通は「思慮した結果何々となった」といった文章になると思います
    なので 思慮する と書いてあると違和感を覚えます
    ん?思慮ってするものだけど する で止めるかなぁ

    ユーザーID:8586964133

  • ちょっと違和感

    個人的に「思慮する」はおかしくないと思うのですが
    「〜と」が付くとヘンだなって思います。

    「〜と考える」だったらいいんですけど「〜と思慮する」というのは
    違うと思うんですよね。

    「〜について思慮する」だったらいいように思うんですけどね。
    「思慮」自体に「物事を丁寧に注意深く考える」という意味があると
    思いますので「〜と」が付くと自分としては違和感があります。

    ユーザーID:4582887793

  • 何の

    何の仕事のための文章でしょうか。

    辞典辞書なども同じですが、誰に向けたどんな辞典辞書かによって、作り手の意識と選別される言語が変わってきます。

    名詞+するが受け入れられるかどうか、これは慣用によるものですので時代や背景に応じて変わってくる認識を持ってほしい。

    あなたの仕事の読み手、対象者は誰で、その人たちに向けて何を良しとするかで合否は変わると思います。

    慣用句として、「勉強する」並みの支持は得られていないでしょうし、「お茶する」並みの支持も正直微妙な気がします。
    言われて解読すればなんとなく伝わるくらいの表現かなと。

    若い子には伝わるかもしれません。
    年配の方にも伝わるかもしれないけど違和感は感じるでしょうね。

    「思慮した」なら「熟慮して決定した」でもいい気がするし。

    ユーザーID:3932160854

  • おかしくないです

    官公庁で使っています。

    ユーザーID:5813824022

  • 私見(感覚的なもの)

    「思慮」という単語そのものが使い勝手が悪いため、
    読み手としては意味は理解したとしてもどんな文章かどんな文脈かで変わると思う。

    つまりは「思慮」という言葉の選択そのものが最適なのかと感じます。

    辞書に掲載されている意味は知ってますが、
    寛容的に「思慮が浅い・深い」などと言う言葉が使われるように
    「考える」ことに付加される「深い」という意味が薄れてきている気がするのです。
    だからこそ敢えて「思慮」を使うのはどんな時かが気になります。

    そして補助動詞「する」を付けてとなると限定されていそうな気がします。

    「〜と思慮する」という表現がしっくりこない気はします。
    それは「〜と」としている段階で現在形ではなく過去に考えた結論だからなのか…
    『思慮せず』のような「する」の未然形+否定の「ず」なら耳にしそうな気がする…

    でも実際に目にするのは、思慮を名詞として使っている場合が多いのは確かです。

    ユーザーID:3726955078

  • 違和感を感じた

    思慮するって聞いたことないですね。なので違和感を感じました。思慮がある、ないという使い方はしますが。熟考する、配慮するなどは普通に使うけど。

    ユーザーID:3850814550

  • おかしいと感じる

    正しい正しくないは調べてないのでわかりませんが、トピ主さんも「どう感じるか」を求めていらっしゃるので答えます。

    思慮する、は、違和感ありますね。
    旅する、は大丈夫です。
    でも、読書する、も変な感じがします。

    思慮は「思慮深い人」とか「思慮が浅いね」とかかな。
    読書は「読書をする」「読書が好き」のような言い方しかしません。

    こう考えると旅するも「旅をする」「旅が好き」のほうがしっくりきますが、ちょっと誌的な感じで「旅する季節」なんてふうに使えば違和感ないですね。

    ユーザーID:1668573441

  • 自分では使わないですね

    私なら、「〜と思慮する」も「〜と思慮。」も使わないです。
    敢えて使うなら「〜と思料する」か「〜と思料。」ですかね。
    でも、普通に「〜と考える」です。

    ユーザーID:1983502342

  • 普通は使わないですね。

    思慮 は普通名詞として使い、サ変は一般的ではないと思います。

    動詞として使うなら「思料」でしょう。

    ユーザーID:5620902850

  • まず

    まず、何と何を比較しているのかがはっきりしませんね。
    「思慮する」と「思慮をする」の比較ですか?
    でしたら「〜と」を付けないで下さい。比較の論点がずれて混乱しますから。
    「配慮する」「熟慮する」などの言葉がありますから、「思慮する」で良いと思います。
    私はむしろ、「〜と」に違和感があります。
    「思慮」に対しては「〜を」の方がしっくり来ます。
    文脈によりますが、思慮も配慮も熟慮も、「〜を」です。

    ユーザーID:6963039169

  • 聞いたことがない

    「思慮する」なんて、へん、と思います。

    ユーザーID:8575464596

  • 仕事で使うなら

    「思慮する」でなく「思料(思量)する」でないですか。

    「思料する」は役所の文書などではよく見かけます。

    ユーザーID:6126042937

  • そんな使い方があるんだー

    私も文章を書く仕事ですが、「思慮する」という表現は初めて知りました。名詞としてはよく使います。
    どんなふうに感じるかといえば「へぇ。そんな使い方があるんだー」でしょうか。読み慣れない、聞き慣れない、使い慣れないので、違和感はあります。
    そして、「なぜわざわざその表現を選ぶんだろう」と思います。「慮る」とか、「思いを巡らす」とかいくらでも言い換えがききそうなのになぁって。
    でも、不思議ですね。「苦慮する」「考慮する」「熟慮する」なんかは日常的に使っているのに、「思慮する」は完全に人見知り状態です。きっと世の中には、「えぇ!?『思慮する』のなにが不思議なの。毎日使ってるよー」という手練れもいるんでしょうね。

    ユーザーID:1972976736

  • ら抜き言葉の一種かな?

    読書をする
    読者が好き
    読書より面白い
    etc

    何のCMか忘れたのですが、昭和に「◯◯する」のフレーズが目新しい(新鮮・耳障り) CMが有りました。 話し言葉やメールでも気をつけていないと 「ら抜き言葉」に成って、其れと同じ様な感覚です。
    「思慮する」は耳障りで知的に感じない。 でも、言われて見ると「思考する」は使っても良い様な……

    ユーザーID:5445945676

  • 50代女性です

    おかしいと思います。トピ主さんは、おかしいと感じないのですか?

    今までに読んだ本や新聞の記事などに、「思慮する」という表現を見たことはありますか? また、誰かがそのように言っているのを聞いたことがありますか? わたしは、たぶん、一回も見たり聞いたりしたことがないと思います。だから、わたしなら、「思慮する」とは絶対に使いません。自然な日本語とは感じられないからです。

    ユーザーID:9098493223

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧