• ホーム
  • 子供
  • 働いているお母様方にアドバイス頂きたいです。

働いているお母様方にアドバイス頂きたいです。

レス5
(トピ主1
お気に入り42

妊娠・出産・育児

ひつじ

仕事をしているお母様方に
アドバイスを頂きたいです。

来年の6月から仕事復帰予定で、
現在0歳7ヶ月と小学3年生の
子供がいます。

今は子供たちに合わせて生活を
しながら下の子が寝たタイミングで
1時間〜3時間ほど一緒に横に
なったりして疲れを解消していますが
仕事が始まるとそうはいきませんよね。

世の働いているお母様の話を聴くと
大体の方が朝6時に起きて夜24時に就寝、
もしくはそれに近い生活スタイルで
起きてから寝るまでノンストップ!
とても尊敬しますし、同じように私も
頑張らないと!と思うのですが、、。

仮眠を取らないと寝不足で頭が痛かったり
イライラ気味になったりというのが現状
です。(私の平均睡眠時間は6時間ほどです)

体力が足りないんだと思うのですが
皆様はどのように疲れを解消したり
こそだて中に体力をつけていますか?

参考までにお聞かせください!
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:1474711572

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 仕事以外は手を抜く

    ワーキングマザーです。

    パパのや祖父母の助けがどのくらい得られるのかで話が変わってくると思うのですが…
    自分の経験上のことをお話ししますね(平日ワンオペ・パパは家事育児できる)。

    大前提として、仕事をしていない状態でも家事育児がどの程度大変かということは
    パパに理解しておいてもらってください。
    一度でもいいので何か理由を作って、子供の寝起きから寝るまでの1日を通して、
    パパに子供二人を預けて出かけましょう。
    この経験で、その後のママの行動には格段に寛容になってくれると思います。

    そのうえで、

    ・家事は基本的に機械化、一番手を抜くところです
    ・復帰までに物を減らして片づける、動線を意識して模様替え
    ・子供のものを一カ所にまとめる。いざというときは「ここから適当に探して!」と
     誰にでも頼めるようになります
    ・子どもが保育園なら最低限のバランスはとれているはずなので、食事のこだわりを捨てる
    ・洗濯は夜干し部屋干しあたりまえ、家事ルールを決めて自分を縛らない

    何よりも、自分の機嫌をよくすることを第一に考えればたいていうまくいきます。
    眠いなら、子供と寝る。私は一緒に寝てしまい、そのぶん朝は勝手に早く目が覚めるようになっていました。
    母が笑顔なら、子供のぐずりは格段に減って生活がスムーズになります。
    寝る起きるの時間だけを意識して、子供の生活リズムが整うとママも体力が回復して楽になると思います。

    私は、自分の機嫌をコントロールすることが、一番たいへんでした。
    話の通じない子供にイライラしたり…でも、ママがゴキゲンなだけで、
    かなりのことがスムーズになると思います。

    子どもはどんどん成長して生活も変わってくるので、あまり気負わずに。
    目の前の子供の様子と相談しながら、仕事も家庭も楽しく過ごしてください!

    ユーザーID:2047282716

  • 本当に寝る時間ないですよね。

    お疲れさまです。
    平均睡眠時間は私も短かかったですね。

    会社のお昼休みに机に突っ伏して寝たりしました。
    15分くらい寝られるだけでもスッキリします。

    昔勤めていた会社は社内に診療所があり、保健室のようにベッドが3,4台おいてあったので妊娠中など眠すぎるときに借りて寝てました。

    会社によっては仮眠室などがあるところもありますよね。
    ほんの15分でいいので寝るといいかもしれません。

    うちも、一番上の子と下の子が離れていたので、学校が休みの日などはよく下の子を見てくれたりしていました。

    もちろん、上の子に十分感謝しないといけません。
    それが当たり前となったらかわいそうなので。

    ユーザーID:8465639061

  • 自分にできるかどうかは自己責任

    睡眠時間、4〜5時間ですよね、平日は。
    そんなものだと思っています、働きながら子育てすることって。

    子育ての疲れの解消は仕事で、仕事の疲れの解消は子育てで。
    それが働く母を続けてきたメリットだと思います。

    子供も自分も夫も体力があること、それが私が働く母でいられた我が家の条件かな、とは感じています。

    子供が1人と2人では、子育ての負担も別世界ですが、トピ主さんは上の子が小学4年生での復帰とのこと。
    ならば、上の子が家事育児の手伝い要員とカウントできると感じますが、その下準備(教育)はできていますか?

    働いていると、子供に合わせた生活はしませんでした。
    子供に合わせてもらう、その連続で、子供達は自分は自分のペースで生きていける年齢に成長してくれた、そんな感じです。

    すべて完璧に、と思っていたら絶対に無理ですので、仕事優先、子育て二の次、家事は一番最後っていう優先順位づけをして、ご自分の睡眠時間を確保されれば大丈夫だと思いますよ。

    働き続けるモチベーションは、働くことが楽しめるか、だったと思いますので、ご自分なりの楽しめる生き方が見つかると良いですね。

    ユーザーID:2844865249

  • トピ主です。

    色々な方の意見を聞きたかった
    のですが1番にレスをくれた方の
    内容がとてもしっくりきたため、
    締め切らせていただきます。

    私が体力的に頑張るのではなく
    いかに効率よく動くかが大事なんだと
    気づかされました!ありがとうございます。

    お父さんはとても協力的ですか
    休み以外は朝から夜遅くまで仕事が
    あるので、今のうちに自分で回せる
    下準備を頑張ろうと思います!

    ありがとうございました。

    ユーザーID:1474711572

  • あのね、

    3人育て中、フルタイムです。
    8時間寝てます。
    24時まで起きてなきゃいけない理由がわからないです。
    食事はワンプレートまたは一汁一菜。果物は豊富に。自分の弁当は残り物片付け。
    週末に大量調理ストック、どうしても許せないところだけ毎日か一日おきに掃除、
    食洗機に洗濯乾燥機。アイロンやネットが必要な服禁止。ついでにホコリが立つ羊毛禁止。上履きだって洗濯機で丸洗い。
    布団にもホコリが出ない、ダニも出ないカバー、片側ずつあげて湿気を飛ばす方式で、干さない。
    子供と一緒に消灯できますよ。
    それどころか、超余裕で子供の勉強も見られます。

    一番のポイントは、「ダンナの世話はしない」

    ユーザーID:2509910087

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧