女性の起業について教えてください。

レス10
(トピ主0
お気に入り56

キャリア・職場

きぎょっこ

はじめまして。
起業をされている女性のみなさん、または考えている方いらっしゃいますか?
私は現在、契約社員で勤続もうすぐ10年になります。正社員を目指していましたが、ハードルが高すぎて(売上げが何年も継続ではんぱなく高額など)で、契約更新も会社の体制が変わり、難しくなってきました。40代ですので、転職も難しく、起業を考えるようになりました。起業されてる女性のかた、最初、起業されるとき、かなり勇気がいりましたか?今は軌道にのっていますか?精神面は大丈夫ですか?よかったら、起業にまつわるエピソード教えてください。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:0522102732

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 起こすのは何も難しくないけど。

    法人格を取るわけでも従業員を雇うわけでもない、いわゆる個人事業をお考えなら。

    起業には何の審査もありませんから、明日税務署に行って開業届を提出すれば、明日からあなたは個人事業主です。判子も認印でいいし、登記も不要です。
    税制上有利にならなくていいなら、今「フリーランスです」と名乗れば、あなたは今からフリーランスです。


    で、一番肝心なところですが。

    一体何を、何処に、どうやって売るつもりですか?

    「会社の肩書」という物凄く高いゲタを履いた状態でも売上を上げられなかった人が、個人名でなら商売出来ると考えるのは何故ですか?
    今、トピ主さんが売り込みをかけても商品を買ってくれない顧客の殆どは、個人名ではそもそも話すら聞いてくれないですよ?


    私を含め、周りで独立して採算が取れている人は、独立前に既に独立後の顧客を確保していた人だけです。

    美容師、翻訳者やWeb制作者のような専門職で既に固定客がついていたというケースか、家庭の事情等で正社員としては働けなくなった人が、元いた企業から個人として仕事を貰っているケースか。

    そういうツテが無いなら、親戚友人に泣きついて一通り商品を買ってもらい、貯金も全部吐き出したところで廃業、が関の山です。
    個人事業主の大半は、そうやって3年以内に消えていくそうです。


    厳しいレスは山ほどつくと思うので優しい助言をするなら。

    人生100年時代ですから、起業、という目の付け所自体は悪くない。
    ただ、現時点で「勝算」が無いなら、今は副業可の仕事を探して会社員として収入を得、その傍らで個人でやっていけるスキルと実績、人脈を積み上げることです。

    >今は軌道にのっていますか?
    ではなく、「軌道に乗った」と判断した時点で、自分の事業に軸足を移すのですよ。

    ユーザーID:7796475036

  • 本当に人それぞれ

    正社員十数年勤務の後、起業しました。
    その頃、40才を越えていたので、もう、起業のほうが早いかな、と思って。
    中年が正社員に転職したいなら、履歴書100枚200枚は当たり前!という意見を読んで、うぎゃー、そんなの絶対嫌!何を売るか200種類考えたほうがマシかと思いました。
    実際は10の試行錯誤もないうちに「自分にできる反復性ある売り物」が見つかりました。

    起業するなんて、全国トップレベルの実力を持っていなければ相手にされない、平凡なスキルの人間になど仕事を頼む者はありません!という厳しい意見も読んだことはありますが、まあ、別にそんなことも全くなく。そういう考えの方とはお付き合いしなければよいだけで。

    「何を売るか」を見つけるまでは、本当に時間がかかりました。正社員時代に妄想していた時間も含めれば、10年以上考えてました。
    ただ、売り物さえ見つかってしまえば、あとは日々、自分にできることを積み重ねていくのみです。

    これなら私にもできる、この方法は苦手だからやめよう、こうすればお客様がすごく喜んだ、こうすると欲張りに見えてみっともないからやめよう・・
    会社員なら、上司に命令されればやりたくない方法で儲けなければいけなかったけれど、自営業は自分の判断なので、この自由を知ってしまうと、もうダメです。正社員に戻る気がしません(企業のほうでもお断りだと思いますが)

    でも、社員時代に身に着けた、社会人としての常識のおかげで交渉がうまくいったこともたくさんあるので、苦しくても社員として働いていたのは良かったと思います。
    本当は学生の時から起業したかったけど、それはそれで、目も当てられなかったかも。
    あ、でも社員から個人事業主になる時もいろいろ考え方をひっくり返さないといけないことも多いのでしばらくは慣れないかも。

    私はよかったと思ってます。これから他の売り物にも挑戦したいし。

    ユーザーID:1433395202

  • 簿記は役に立ちます

    すでにお済みでしたらすみませんが、簿記の勉強がまだでしたら、しておくとすごく楽です。
    起業するのなら、誰に見せるわけでもなし、合格までする必要はないと思いますけどね。
    かといって、全くのまっさらでも、帳簿付けがわからないですし、今の会計ソフトの素晴らしさを差し引いても、知識を持っておく価値は十分あります。

    数年前から、日商簿記の試験はやたらと難化して、まじめに勉強してもなかなか合格できないこともあるようです。
    就職活動に使うわけでもないなら、ムキになって合格を目指しても本末転倒です。
    3級と、2級の商業簿記の、簡単な例題がそこそこ解ければ十分です。

    ユーザーID:3137864289

  • 肩書きがいい

    こんにちは!

    今はやめてしまったのですが、もといた会社の独立支援制度で飲食店をしてました。
    そこは減価償却も終わっていてもとでゼロ、売り上げも黒字、ということで自営業になりました。
    やめたのは育児との両立とその会社が先行き不安な感じになってきて、本社の人間関係との悪化とかが要因で手放しました。(ほかの人に譲るかたち)
    よかったことは、元手がゼロ、やめるときもゼロ、で辞めることができたことです。
    借金してまで儲かるか? また儲からなかったらすぐにやめられるか? やめるときにお金はかかるのか? その辺を考えたらいいと思います。
    人を雇うなら採用費や教育費、宣伝するなら広告費、なにか稼働させておくなら光熱費と、見えないところにお金がかかります。
    今は辞めてよかったと思ってますが『自営で飲食店をやってます』というと周りの目が違うので、それがよかったです。

    ユーザーID:9812922775

  • 自分の場合

    かなり勇気がいりましたか?→
    わりと急な勤め先の廃業により起業したため、熟考する時間も無くやるしかないという感じでした。私の場合は当時30代という年齢的なこともあり、再就職を探すより楽でした。

    今は軌道にのっていますか?→
    はい、一応。借金経験はありません。
    私は5年がひとつの分岐点だと感じます。5年あたりで廃業する人が多い、6年過ぎれば続けていかれるという印象です。


    精神面は大丈夫ですか?→
    起業にあたり、ある程度まとまった貯蓄を持っていること。即物的ではありますがこれは大事です。
    私は独身なので(現在も)、何があっても対応できるよう、貯蓄だけはしっかりやっていました。

    仕事の悩みはどこにいても必ず発生します。
    大きな組織に属しているという装甲は無いけれど、丸腰のまま社会の荒波をひょいひょい行けるところが起業者の強みだと思います。

    ユーザーID:3690615397

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 応援してます

    きぎょっこさんがどんな資格をもっているかわかりませんが新聞やタウン誌で企業セミナーのお知らせなどあれば行っていろんな人の話を聞いてみればいかがですか、今は女性一人でもネイリストやセラピストなどがありますね。私も心理カウンターもっているのでパソコン1台でいつでも起業できるみたいです。お互い頑張りましょうね

    ユーザーID:7906429016

  • 正社員のハードルを高いと思う?

    >契約社員で勤続もうすぐ10年になります。正社員を目指していましたが、ハードルが高すぎて(売上げが何年も継続ではんぱなく高額など)で、契約更新も会社の体制が変わり、難しくなってきました。

    正社員になれない人が、起業して生き残っていけるとは思えません。

    私は世界的に知らない人はいない巨大企業の研究開発部門に勤めていましたが、その座を捨てて起業しました。

    起業してからも、客先の企業に「ぜひうちの社員として(「役員として」の時も)受け入れたい」と言われることがよくあります。

    そんな誘いを蹴飛ばしても自分の事務所をやっていたいです。

    私のように、企業に引っ張りだこの人じゃないと生き残っていけないのでは?

    「会社員になれないから起業」と考える意味が分かりません。

    まあ誰でも起業できますよ。
    問題はその後。

    ちゃんと仕事が取れて生き残っていけるか、ですよ。
    社員にさえなれない人のところに仕事が来ますかね?

    ユーザーID:8566867902

  • 人生一度きり

    個人で起業してる方を何人か知ってます。

    ・占い師

    ・女性のみ個室で体ケア(リフレ、アロマ、マッサージを組み合わせる)そこで、無添加のパックや歯磨き、お茶などを販売。
    カード占い、珍しい手作り料理をサービス。

    ・手作りアクセサリーを作成、販売。個展を開き、整理券配るくらい人気。


    成功かするかは未知ですが、皆さん楽しそうですし、SNSで宣伝してます。
    知識を無料でお披露目したり、それで益々お客様がついたり。

    いきなりは厳しいですから、会社で働きながら休日に技術を磨き活動、顧客がついたら、会社を退職とか。

    ユーザーID:8076216615

  • 私はやめます

    会社の倒産によって起業しました。
    今7年目です。

    起業当時、あって助かったのは、
    業界内のコネ・顧客、事業資金(年収分くらい)、実家(とりあえず戻りました)。
    続けてみて大事だと思ったのはやはり会社や人とのつながり。
    あとは自分への投資(信用を得るためのスキルアップ)。

    月給と違って、回収がかなり先になったりするので、
    その間、経費を支払いながら不安なく暮らせるくらいの資金は必要です。
    最初の2年は実家暮らしでも赤字でした。
    3年目に一気に回収できて、今度は税金対策が遅れました(悔)。
    4年目以降は多少の波はあるもののだいたい同じ。

    会社なら備品であった物も、全部自分で揃えなくてはいけない、
    年金は国民年金しかない、福利厚生が一切ない(悲)。

    いいのは何といっても自由なところ!

    仕事が忙しい時はいいのですが、暇すぎると精神的にきついです。
    生活リズムが崩れたり、収入がないのに生活費はかかり続ける不安など。

    きぎょっこ様が商才をお持ちでしたらうまくいくでしょう。
    私の場合は最悪今の仕事しかなければ続けることは可能ですが、将来性がないので会社員に戻ります(40代です)。
    今のままだと老後資金のめどがどうしても立たないんです。

    ユーザーID:9051410642

  • 何するか

    勇気・・・ほとんどありませんでした。何とかなるかなぁくらい。
    軌道・・・5年目くらいから自信を持てました。3年くらいは貯金の取崩しで生きてました。
    精神面・・・むっちゃ楽でした。会社員でいるより自由で楽しいです。

    資格業ですので、会社員時代も同じ仕事をしていました。
    独立しなくても会社は辞めたかったので辞めることが先にあって独立するか別の会社を探すかは結構考えました。
    同業の友人は3年で食えるようになるって言われましたがそんなことはなく
    とりあえず貯金が減らなくなったのは5年目くらい。

    独立を決めたときに何したって生きていける年数計算です。
    独立瞬間の収入は200万円未満でしたから生活費と経費には全然足りませんでした。
    このままでも貯金の取り崩しで何年生きていけるかって計算。
    そこから4年とりあえず頑張ることを決めました。
    4年でどうしようもなかったら自営業を辞めようと。

    トピ主さんが大事なのはどの仕事なら起業できるか
    その仕事で最低限食べていける収入を得られるかを考えることだと思います。
    例えばビーズアクセサリーを作るのが上手でそれで商売できればと考えていたとして
    1カ月に作れる数が20個くらいしかなくて1個2千円くらいでしか売れないものなら
    生きていくのは難しいから副業程度で楽しむだけにとどめるとかね。

    ユーザーID:5011850443

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧