現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

「自分探し」しましたか?

編集部
2017年11月27日 14:36
古いレス順
レス数:25本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
そんな言葉はなかったです
温玉
2018年1月30日 18:40

50代関東在住の女性です。

自分探しはしていません。そんな言葉はなかったので。
流行っているみたいだけど不思議な言葉ですね。
ここにいる自分が自分なのに、何を探すんでしょう。

私がしたのは社会での居場所探しです。
不細工で、他人と一緒にいるのが苦手な自分が一人でご飯を食べていくには唯一得意な勉強を生かすしかないと思い、大学の専攻に世間に判りやすい語学を選びました。英語と、もう一つ当時これから世界で発言権を増すと思われた国の言葉。読みは当たってその言葉を使えるからと安定の大企業に就職が決まりました。私は別にそれを生かして通訳として世界に羽ばたきたいわけではなく(そしてそのためならどんな貧乏でも耐えるつもりもなく)、普通に経済的に苦労せず自分一人の世界が守れればよかったので。

知人の子どもが専門学校に行った後中退して家にいるそうです。シングルマザーであまり裕福でない母に金をねだって好きなことをしているようですが母である知人は「あの子は今自分探しをしているの」と言ってました。おかげで自分探しにあまりいいイメージがありません。
探せばどこかに性格が良くて高収入の仕事について母に優しい自分が見つかるんでしょうか。

こんなこと思うのは自分くらいかと思ったら同じような趣意のレスがありほっとしました。

ユーザーID:9448023515
自分探していました
うろうろ
2018年1月30日 18:51

私は、高校生から20歳代の間ずっと、結婚しても自分探しをしていました。

自分探し、って今の中年親世代の人だと時代の中で割と大きなテーマだったと思います。
もっと前だと、バックパック背負って、海外に一人旅したりする人は
どこかで本当の自分に出会いたい、と考えていたのではないでしょうか。
確かに今になれば、自分は自分の中にしかないとわかるのですが、
当時の風潮は、私(自分)はどこかに探しに行くものだったんですね。

思い出すと、私にとって自分探しは、
本当の自分はどこなの、ということではなく、
今の自分ではないもっと素敵な自分がどこかにいるはずだと考えていたと思います。
それを探したかったんです。

30歳代に入り、仕事と子供で忙しくて自分探しはいつか忘れていました。
そして30代後半にふと振り返り、好きではなかった自分に対して許す事が出来たとき、
私の高校生からの自分探しは終わりました。
30代の私は忙しく人のために働いていたのですが、
私にはそれが良かったのだと思います。

私は、自分の事ばかり考えていたから、自分が見えなかったのだと思います。
自分探しは、一旦自分を横に置いておくのも悪くないのかもしれません。
それで私は救われました。

ユーザーID:4662956453
自分探しって、結局は、諦めるための時間
無常
2018年2月1日 12:33

自分にピッタリの仕事を探し続けても、たいていは、見つかりっこない、たとえ見つかったとしても、アラサーになっていて時間切れ(笑)

外国留学したところで、かたことの英語と外国文化を学んでくるだけであり、それが自分の生きざまに反映されるわけでもない。

結局、ほとんどの人は、時間と費用を浪費して、「自分は何者でもない、他の人となんら変わらない平凡な人間、これからは普通に生きていこう」と吾るわけです。

つまり、自分探しとは、「自分が特別な存在でありたい」という願望を諦めるための冷却時間なんですよね。

本当の天才や怪物と呼ばれる人は、自然とその道を選択しているわけです。

二十歳を過ぎて、自分探しとやらで人生さまよっている人は、単なる凡人であり、特別な人間でありたいという欲求と普通の人としてしか扱ってもらえない現実のギャップに苦しんでいるわけです。

ユーザーID:5226821081
高校生の頃、天職(自分にぴったりの仕事)を求めていた
大人になったら
2018年2月1日 20:57

自分探しという言葉はマスコミの作り上げたものだと思っています。ハイティーンになると、大人になった時、どんな仕事に就いて食べていくのか考えるものです。天職は何か、自分が一番自分らしく生きていける仕事、夢中になれて人のためになれる仕事を探しました。だけど普通科の高校生だった私には色々な仕事がどんなものかよくわかりませんでした。

大人になって、そりゃそうだ、実際に仕事に就いてみないと本当のところはわからないんだ、と気づきました。実際に仕事に就くと、思っても見なかった苦労があるのです。おそらくどの仕事にも。一人の人間があらゆる仕事に実際に就いてみるなんて不可能です。そして若い年代なら驚くほど適応力がある、どんなに向いていない仕事でも努力次第で人並みくらいにはなれる。大人になってわかったことです。

ユーザーID:4526167721
自分には合わない言葉
光太夫
2018年7月22日 15:00

自分探しって言葉 苦手です。
身近な友人たちにもいましたが どこかふわふわして 

「今の冴えない自分は現実じゃない、もっと自分は輝く才能があるはずだ」
と どこか夢見がちに力説し「自分探し」の言葉に酔ってる感じが
自分には理解できなかった。、
結局は「自分をちやほやしてくれる場所探し」なんだな。と 
冷めた目で見ていました。

「自分探し」それ自体が悪いというのではないです。
自分だったら「試行錯誤」という言葉を使いたいだけです。
そのほうが 自分に向き合ってる実感があるので。

ユーザーID:3493694123
 
現在位置は
です