夫が海外駐在員に選ばれる基準とは

レス18
(トピ主0
お気に入り61

キャリア・職場

あんず

夫は現在28歳、大学院を卒業後に就職して現在4年目になります。
夫の所属している部署では海外派遣を積極的に行っており、年に1、2人海外支社に派遣しています。
派遣期間は約1年です。
夫曰く、今までに派遣された社員の共通項として、
・結婚していること(簡単に退職しないと思われるから)
・年齢は20代後半〜30代前半が多いこと
・仕事に対するやる気・成績面はわからない(やる気がないことで有名な社員が派遣されていた例がある)
例外もありますが、これらのことが挙げられていました。
夫は入社してから海外赴任を希望しており、社内面接等においてその旨アピールをしたり、英語の勉強も日々頑張っています。
仕事中の夫の姿を知らないので何とも言えませんが、入社試験ではトップの成績をおさめ、仕事にも前向きに取り組んでいると思います。
ただ直属の先輩に夫と同学歴の方(高校・大学・大学院と同じ、結婚して子供はいない)がおり、夫もとても頼りにしている先輩です。
選ばれるのなら、まずこの先輩が選ばれるのでは…とも思います。

私としては、仮に海外派遣が決まったら不安な面もありますが、夫の夢を尊重したいし、なかなか経験できることではないのでぜひ行ってみたいと思っています。
曖昧な質問で申し訳ありませんが、体験談等があればお伺いしたいと思い、質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:0412256967

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それは正規の駐在員ではないのでは?

    >夫の所属している部署では海外派遣を積極的に行っており、年に1、2人海外支社に派遣しています。
    >派遣期間は約1年です。

    そういう短期派遣は、私の居た会社(世界いろんなところに支店がある)では「駐在」とは言いません。「海外研修」です。なので、派遣先できっちり仕事ができることはあまり期待されていない。将来、使いものになるかようにとの長期的な教育兼見極め試験みたいなもので、英語の通じる国へ出されます。短期なので単身赴任です。
    正規の「駐在」は最低でも3年、長いと5年。もちろんですが、事前にかなり長期にわたって「現地語」の教育がされます(仕事で使うのはほとんど英語)。
    なので、

    >仕事に対するやる気・成績面はわからない(やる気がないことで有名な社員が派遣されていた例がある)

    そういうこともあったかもしれませんね(笑)。向こうで困難に直面して大化けしてくれることもあるでしょうから。

    トピ主さんの夫の派遣も、そういう意味での派遣じゃないでしょうか!

    ユーザーID:8274889189

  • 夫、子供が・・・

    二人とも同業種、別会社ですがそれぞれ海外赴任の打診があるようで二人とも拒否し続けています。
    本人たちは英語出来ず出世欲無しなのですがどうやら人間関係の問題も無く仕事面では真面目で信頼されているようで・・・
    周囲に英語が出来てやる気もあり希望している人達は多いらしいのでどうやらそこよりも重要ポイントがあるのかもしれません。

    ユーザーID:7287306207

  • 日本側がご主人を手放したくないのかも知れませんよ

    赴任期間が一年でしたら海外研修でしょうか。

    ということは、その研修を必要とされないレベルにご主人はいらっしゃるので、後回しにされているのかもしれません。

    本格的な駐在でしたら我が家のように数か国を5年から6年で移るかと思いますよ。

    私の夫は大昔の帰国子女で、日本の大学を出ると新卒で入社した時から現在の会社の国際部に配属されました。
    二十代後半に最初の駐在国に私を帯同して出まして、かれこれ5か国ほどを周り現在に至ります。
    日本の国際部に戻ることもありますが、数年経つと新しい支社の立ち上げのためにまた海外に出されました。

    私たちの息子も夫とは別会社ですが新卒の配属が国際部で、独身の彼は入社後すぐ海外に出され既に5年です。

    会社にもよるでしょうが、夫と息子の共通点は語学力と、子供のころから海外生活に慣れているという二点のみで海外赴任に適材と判断されたと確信します。

    最初に道がついてしまうとずっとその道に沿う人事になるようです。

    さて、トピ主さんのご主人様の場合は、冒頭にも書きましたように、会社が一年の海外研修のようなものを設定しているのでしたら、皆が順番で出されるのでしょうから、そのうち順番が来ると思います。

    もし、会社側が海外支社に力を入れることになれば、派遣は一年では済まず、最低でも4年でしょう。

    その時は間違いなく真っ先に指名されるのではないでしょうか。

    夫も、日本に戻っている間に優秀な若手を数人連れて次の国に赴こうとしますが、時々彼だけはあと数年残してくれないかと同僚から頼まれることがあるようです。

    やはり優秀な社員は日本側も手放したくないのですよ。

    でも夫は、数年後には必ずそのお目当ての優秀な若手を引っ張り出して、海外に駐在させます。

    語学に磨きをかけて誠実に勤務していれば、ご主人様を狙っている海外役員に必ず引っ張られる筈です。
    お楽しみに。

    ユーザーID:0115569338

  • 基準があるかどうかも分からない

    海外駐在員の選定の仕方なんて、
    業種や扱うモノによっても違うでしょうし、
    会社によっても考え方が異なります。
    そもそも、一貫した基準で選定しているかどうかもわからいですし、
    その時々の状況に応じて適任者を選んでいる可能性もあります。

    ただ、一つ言えることは、
    トピ主がその基準を知ったところで何のプラスにもならないということです。
    ご主人が社内で仕事の実績を積み、なおかつ海外駐在の希望を適度にアピールし認められるしかないです。
    ご主人が会社にとって必要な人材だと評価されれば、希望も通りやすくなるでしょう。
    しかし、本人の希望だけで組織を動かす訳ではないので、運もあります。

    状況を良くわかりもしない奥様が訳知り顔で、〇〇を頑張れなどと口を出すことの方がご主人にとってストレスになるんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:9637594355

  • たとえ選ばれたとしても

    1年は短すぎます!留学とかトレイニーとかですかね。

    同時期に帯同することが認められてますか?家族は3ヶ月後って、
    よく聞きますね。
    そもそも、1年だと長期出張扱いで、家族の帯同は認められない
    というのもありがちですね。その場合、引っ越しは自腹、観光visaで
    マックスまで滞在するカタチになりますね。

    >選ばれるのなら、まずこの先輩が選ばれるのでは
    それではダメなんですか?
    海外に行きたくてたまらないのはトピ主さんで、しかも
    できるだけ早くって感じが伝わってきます。何か理由が
    あるのかな?

    ユーザーID:8175487458

  • 寛容性と調整能力。状況察知能力

    あら50既婚男性です
     どこの海外かわかりませんが、日本と文化が違います。向こうの文化を理解しながら自社のやり方を適合適用させていく、寛容性と調整能力が求められます。
     また、日本とは違った点で、危機を察知し事前に対応する能力です。
     職場内や対顧客との対人関係に問題があると、選ばれることはありません。

    ユーザーID:5726922700

  • 会社の人事だからねえ

    どういう目的で海外に派遣するのか、そこで何をさせ帰国後何をさせようとしているのかにもよるし、その会社の考え方によるとしか言えません。

    すごく優秀でも国内でこういう分野で経験を積んで欲しいと思われたら海外には出されないだろうし。

    1年しか派遣されないというなら研修的意味合いが強いのかもね。

    「高卒の工場勤めで英語も出来ないのに突然非英語圏に派遣されてしまった。奥さんも同じく高卒で外国語も全然ダメなので外に買い物にも出られず家に閉じこもりっぱなしでノイローゼ状態。二人ともまさか自分達が海外勤務する日が来るとは思ってもみなかったのに。夫は外国での仕事だけでも大変なのに妻のフォローもしなければならずもう大変」という人もいました。
    工場での技術が評価されての派遣だったのだろうけど、他社の駐在員達は「会社も無茶な人事をするなあ。かわいそう。」と同情しきりでした。

    こういう場合もあるし、とにかくどんな人が派遣されるのかは会社によりけりだと思います。

    会社によりますが、せっかく海外勤務で苦労して語学力や外国での交渉術を身に付けたのに帰国後海外とはまったく縁のない部署に異動になって実力が発揮できずモヤモヤ、結果、海外と関われる仕事に転職したという話も珍しくない。

    だからあまり「海外海外」と海外意欲の高い人は逆に、「今後の会社の人事の都合によって海外関連の部署から外れたらやる気をなくし辞めてしまうかも」と思われて派遣されない可能性だってあるかもしれないし。
    逆に「海外要員を育てよう」という目的の派遣なら、海外に対する意欲の高い人が選ばれるかもしれないし。しかし逆に「いや、海外に興味を持たないヤツを派遣した方が後々使える人材になる」という考えだってあり得るかもしれないし。

    まあ貴女が考えても仕方ないと思います。
    後は祈るだけということで。

    ユーザーID:3216620968

  • 海外派遣??

    海外赴任のことですか?
    駐在員なら1年なんて短期ってあるんですか? 短いから派遣ですか?その目指してる立ち位置はわかりませんが、海外赴任を家族単位で行かせるとなると会社のコストは日本で払う給与の1.5倍以上、いや倍くらいかかるのでそれだけ支払るに値する人材かどうかではないですか。(能力とか現地やっていけるだけタフかなど)

    ちなみに、やる気がある。仕事に前向き。海外支社がある会社なら英語の勉強などは海外転勤の有無に関わらず、働く上で最低限のあたり前のことなのでアピールにはならないかと。

    海外派遣が経験出来ることではないので是非行ったみたいなんて、お気楽赴任妻の発想は口にしない方がいいです。
    1年海外行ってみたいって、観光じゃないから。

    国や会社の体制にもよりますが、赴任妻生活は大変でした。もう一度くるかもしれないので私は心の中でウチにはきませんように。と祈ってます。 次回行くとしたら観光で馴染みのある国なので義姉がもしまた決まったら今度は遊びに行くね〜。と言った時はこっちの苦労も知らないでこういう発言受けるのもストレスなんだよ。とキレそうになりました。
    現地での赴任妻の狭いコミュニティもしんどいです。ちなみに前回は国の情勢が悪く、緊張の4年間でした。治安のいい国だとしても今のこの世界情勢で海外赴任なんてほんとに嫌です。

    ユーザーID:4419913988

  • 会社による

    水を差すようですが、1年ということは、社費留学のようなものですか?海外の大学の研究室に1年だけ在籍するような。あるいは、1年間のプロジェクトがあってそれに派遣とか?

    そうでなければ、駐在で1年だけなんて、短すぎて何のために派遣するのでしょうね。1年なんて、生活が落ち着いて周囲が少し見え始めた頃に終了です。1年という短期で期限が決まっていると、どこか腰掛け気分だし、短い滞在を思う存分満喫しなくてはと思うので、旅行しまくって浮かれておしまいです。

    どうせなら、もっと長期のちゃんとした海外駐在を狙った方がいいですよ。1年の短期滞在がその登竜門なのかもしれませんけれど。

    ユーザーID:9437051637

  • 送り出す側ですが

    20年以上前に単身海外に放り出され、今は若手を送り出す側になりました。

    漠然と海外、しかもご夫君の専門もわかりませんのに、他社様の駐在員選定基準など想像もつきませんが…内示なり出たわけでもないのに貴女は何を舞い上がっているのですか?

    派遣先がいわゆる先進国として、マスターで専門分野の実務経験が3年以上とすれば、まあ就労ビザの発給で門前払いされることはなさそうですね。
    ご夫君の会社では派遣期間1年程度で若手を年に1〜2人海外支社に送っているそうですから、プロパーとして育てようという人材なら通過儀礼として、選にもれればそれまでよ、という運用なのではないですか? ちょっと外で経験積んでこい、みたいな。ご夫君の属性が今まで派遣された者の属性と合致するからといって、ご夫君も順当に選ばれるとは限りますまい。

    弊社の例を送り出す側の視点で紹介しますと、例えば米国子会社に若手男性エンジニアを送る場合:
    (1) 与えた任務が遂行できるか
    (2) 帰ってきた後その経験を活かせるか

    評価点は上記2点ですかね。独身/妻帯/家・クルマ買ったばかり/家族がノリノリ・嫌がっている、といった個人的な事情は考慮しません。また基本的に:
    (3) 期間はプロジェクトベースで3〜5年
    (4) 妻帯者は家族帯同
    なので、特別な事情がある場合は聞きます。また、独身でガールフレンドがいる場合は、若かった頃の私を含めて残念な結果になることがあるのでいろいろな意味で覚悟決めろよというアドバイスはしますかね…

    弊社では発生しないと思われますが、派遣期間1年程度の場合、妊娠中の奥様の出産予定日が明らかに派遣期間中ならば「派遣は子ども生まれた後」とか「奥さん置いて単身で行け」という選択肢もあるでしょう。

    ユーザーID:1472887785

  • 派遣期間1年

    派遣期間1年というのは、駐在と言うには何とも短期間ですね。1年間だと長期出張扱いになり、妻や子の帯同を認めないと会社もあります。また、1年間では、入国して、バタバタして、ようやく少し慣れた頃に帰国準備となります。まあ、それは置いておくとして。

    選ばれる基準。これは会社によっても違います。本人がそれほど所望していなくても、何回も駐在員として選ばれる人や、海外部に所属し、駐在を強く望んでいても、初駐在が40代になってからとか。こればかりは運と巡り合わせかな。

    ユーザーID:7710914778

  • メンタル面(柔軟性、ストレス耐性)

    個人的に重要だと思うのはメンタル面です。
    仕事がとても優秀でも異国の地での急激な環境変化や激務に耐えられず任期半ばに本帰国した駐在員を何名か見てきました。
    海外生活は、日本と比べるとどうしてもストレスに感じることが多いですが、それをむしろ醍醐味として楽しめる人が駐在員向きだと思います。

    ユーザーID:6776225894

  • 夫の会社の場合

    一般的には、駐在員というと2、3年(以上)をイメージしますね。

    夫の会社の場合ですと、一年ならトレーニーで、駐在員とはまた別です。

    トレーニーも駐在員も、例え優秀でも現地に馴染めない方もいらっしゃるので、本当に色々です。

    お尋ねの「基準」は、会社にもよるでしょうし、(家族の立場なので)詳細は分かりませんが、一年でしたら入れ代わり立ち代わりです。

    >海外派遣を積極的に行っており

    ということなので、チャンスはいずれ巡ってくるのでは?


    トピ主さんはお若い方なので、お気持ちは何となく分かりますが、率直に言うと、奥さんはこうした事で、気を揉まない方が、精神衛生上よいと思いますよ。

    将来的に、長い赴任・家族帯同となれば、そういう点では奥さんは鈍いくらいの方が、生活や人間関係も楽しめると思いますよ。

    ユーザーID:5775706720

  • 質問されても

    その会社のことは知りませんので、ここで質問してもムリ。
    結婚してたら奥様の素養も問題化も。

    ユーザーID:1279991927

  • お受験する子のママみたいになってるよ

    ちょっと突き詰めて考えすぎじゃないかな?
    私の夫も海外赴任経験あり、現在は赴任する人を選ぶ側ですが
    「何食っても腹こわさなさそうなヤツ」とか言ってますよ。

    冗談はさておき、会社によって違うと思いますが

    海外支社の場所が危険地帯か比較的安全か
    家族で住める住環境か
    支社の人数(一人事務所もあり得る)、スタッフの国籍の構成
    仕事内容

    などでどんなタイプの人が選ばれるかは変わるでしょう。ちなみに夫の会社の場合は

    30代くらい、基本健康
    危険地帯でなければ既婚者の場合家族帯同が望ましい
    人種的偏見のない人
    求められるスキルは赴任先による
    入社試験の成績、学歴、出身校は無関係
    語学は社の規定のクリア。難しい言葉は不要、簡単な言葉で簡潔に伝える意欲があるか

    こんな感じのようです。
    赴任期間1年なら開拓者ではなく既にできている場所での即戦力ですね。
    あるいは若いうちに海外経験しておいでという会社の親心、赴任という名の社員育成。
    でも先輩が先に行ったっていいじゃありませんか。1年くらいで順番回ってくるかもしれない
    んだし。妻はあまり考えすぎずぼけ〜っとしているくらいの方が実際に赴任した時に楽です。
    思い通り計算通りにいかないことが日本よりずっと多いので、考えすぎないくせをつけて
    おかないと精神的に参っちゃいますよ。

    ユーザーID:4584939852

  • うーん、会社によるのでは

    それは会社によると思います。
    何故か夫の会社は、英語が話せない、全く希望もしていない旦那を海外赴任させた事があります。
    (現在は本社に戻っています)

    因みにウチの場合は、長い長い2年でしたよ。
    欧州の英語があまり通じない都市で、英語が話せない旦那はもちろん、英語と日本語しか話せない私は日々のちょっとしたトラブル(アパートの設備不良等)に対応するのにたいへん苦労しました。

    ユーザーID:2925146504

  • 基準なんて会社による

    夫が海外駐在中です。
    本来は海外駐在しなくても出来る仕事(技術職だけど)だと思うのですが、何故か良く駐在してます。(今、4か国め)
    最初の駐在は30歳の頃、英語が得意だったので大学の共同研究に行き、今は海外の工場の事務所にいますが、学会に行ったり、展示会に行ったり(見る側)、得意先への説明に行ったりですね。
    駐在先の現地役員に指名されて行くのが多いかな・・・気心が知れていると言うか。
    もうアラフィフなので、そろそろ日本に帰して貰いたいところですが・・・

    >派遣期間は約1年です。
    ちょっと短い気もするのですが、どういう職種ですか?

    駐在員って、役員が来た時には空港に迎えに行ったり、結構雑用っぽい事も多いですよ。
    人当たりが良い方が、海外に出される確率は高いのかも。
    あと、健康も大事ですよ。

    ユーザーID:0684575430

  • 住宅ローンでも背負ってみたら?

    夫がそんな感じで1年半、東南アジアに駐在していました。
    33-34才ぐらいでした。妻の私と子供は少し遊びに行ったぐらいで、
    同行はしませんでした。同行不可でもありました。
    帰国後5年は退職しないという誓約書を書いたそうです。
    主人の話では、帰国後5人中半数ぐらいは転職していったそうです。

    モチベーションが高く、優秀な方って、帰国して辞める確率は高そうです。
    ご主人はそのタイプに感じます。案外、優秀ではない人の方が選ばれるの
    かもしれません。

    トピタイトルは冗談ですが、まず上司に気に入られ、押してもらうよう
    するのがいいのではないですかね。

    うちは駐在で得たものより失ったものの方が多かった気がしますがね。

    ユーザーID:3438962454

レス求!トピ一覧