職場に子ども連れで出勤、どう思いますか?

レス231
お気に入り302
トピ主のみ1

読売新聞生活部

編集部

このトピのレス

レス数231

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
211231 / 231
  • レスします

    私はパートの事務職ですが、入職するにあたり、「子供を連れて仕事にきてもいい」と言われ、当時6ヶ月だった次女を連れて集に2日仕事をしました。次女はその間、サークルの中でおとなしくしていましたが、やはり気になって仕方がなかったです。半年後、保育園に入れることになったのでそれ以降は連れて行ってません。

    以前、コンビニのレジで会計をしているときに、オーナーのお子さん(2歳ぐらいの女の子)が店内をうろうろしていて、私の会計中にオーナーさんが急に子供に対して怒鳴ったんです。私はびっくりしました。怒鳴るくらいなら、保育園に入れるか、ベビーシッターを雇いなさいよって。

    仕事は仕事。きっちりやらないと周りにも迷惑がかかると思いますけど…。

    ユーザーID:5560088462

  • 少なくとも自分のところでは認めませんね

    独立系エンジニア。子連れを認めるかといったら絶対に認めませんね、機密の問題もありますし。
    保育所や託児所の充実がどうたらという人もいますが、テーマが子連れ出勤なのでそれには触れません。
    自営なり在宅勤務なり自分で労働環境を決めることができる、あるいはそれが許されている人は、許された責任の範囲で好きにされたらいいと思いますが、企業では一つの職場でもいろんな担当業務があって、担当は必ずしも個人の希望で選べないので、それによって子連れが認められる人とそうでない人がいることは士気に関わります。例外を認め始めたら統制もできません。また、社会全体で見たときに子連れができるべきかそうでないかは経営者の自由裁量に任されるべきで社会的議論の意義も感じません。
    もっと率直に言えば、労働対価を得ながら私事を持ち込むことが多様性だとか進歩だとか思ってる人の気が知れませんね。成果物ベースで対価を受け取るフリーランスになったらいいんじゃないですか。
    進んだ企業と遅れた企業の烙印でも押したいんでしょうか。

    ユーザーID:1994575984

  • ルール破りも必要な時がある

    議会に子連れなどの事態が発生したとき
    必ずというか、
    「ルールを守るべき」
    「ルールを守らないのはけしからん」
    という意見が大勢を占めます。
    確かにその通り、正論です。
    でも正しいことって、天から降ってきたものではなく
    その前に人間が作ってきたものです。
    人間の作ったルールは人間が変えてもいいのです。

    人間の決めた「ルール」をきちんと守ってきたなら
    歴史は動くことがなく、人間の社会はいまだ石器時代だったでしょう。
    ルールに異を唱え、改変した歴史が今の人間社会と文明を作ったものではないでしょうか。
    ルールを変えようとするとき、時には強引な方法によらなければならない時があると思います。
    革命などという暴力を伴う場合だってあります。
    保育園落ちた日本死ねっていわば非常識なアンチモラルな言葉を発したからこそ
    人々を動かし、やっと政治家や行政も動き始めたのです。

    とにかく一番いけないことは
    ルールに異を唱える人の声を
    「とにかくルールは守れ」と
    耳をふさぐことだと思います。
    議会に子供を連れていく人の真意は議会の邪魔や冒涜を目的にしたわけではないと思います。
    彼女が何を目的としているか
    その真意を一顧だにしないで「けしからん」では
    それはまさに、頭が石器時代だと思います。

    職場に子供を連れていくことの是非は
    職場の条件や環境や、各家庭の状況や
    大きく言えば行政や国の対応で、一概に正否が決まる問題ではないと思います。

    ユーザーID:1563023964

  • 反対

    女性ですが反対。
    シッターを雇うべきです。連れて行っていい場合は託児所がある場合のみで、考えたらわかることです。女性の活躍といえば何でも押し通していいわけではないと思います。

    ユーザーID:5269574548

  • 公的な場所の会議はなしでしょう

    私も職場に子連れ出勤には否定派でした。

    が、今日テレビの情報番組でそのような取り組みをしている職場を見て、職場によって受け入れ体制が整っているならアリだと思うようになりました。

    受け入れの状況としては、職場に別室(ガラスで様子がうかがえる)の保育スペースのような場所がある(できれば保育担当者がいる)という環境でしょうね。
    女性メインの企業なら取り入れやすいでしょう。
    でも子ども間に病気の流行があれば職場が機能しなくなるでしょうね。
    全員揃って休みですから。

    間違っても就業のエリアで野放しはダメで職場と保育の区別は必要だと思います。

    ただし、同伴できるとしても職業にもよります。

    ユーザーID:3239263163

  • 質問の意図は?

    >女性が活躍するために、仕事と育児を両立できる働きやすい環境を作ることが求められています。

    これはつまり時短や保育園や学童の整備をするべきですよね。
    潜在保育士をいかに減らすかという問題もあります。
    そういう意味では特に大手企業が企業内託児所を持つというのも一つの手です。

    ですが、
    >では、職場に子どもを連れてくることについて、あなたはどう思いますか?

    この質問の前にこの前フリをつけることの意味はなんでしょう。
    職場に子供を預ける整えることと職場に子供を連れてくることにどう思うかというのは?
    託児所があるからというのではなく、仕事をしているその職場にゆりかごを置いて赤ちゃんをそばに置いて仕事をしてもいいかという意味ですか?

    あるいはベビーシッターを個人で雇って会議室や宿直室で面倒を見てもらってもいいかという意味ですか?

    私自身は50代女性です。
    職種は事務です。
    が、いくつかのレスに子連れ出勤できますと言ってる職場つまり大学です。
    大学の研究室はそういう意味では夏休みの子供を連れてきても何とかなる特殊な職場でしょう。子どもを遊ばせておける環境が結構あるという事、子どもがちょっとうろうろしていても怒られたりもしないということ。仕事が独自で行う場合が多い(講義ではなく研究という意味で)からでしょう。

    そういう意味で、今回問題になっている議員さんの仕事も特殊でしょう。
    その特殊な環境での今回の件を一般的な会社員等にいっしょくたに意見を求めること自体おかしくありませんか?

    その質問の意図をきちんと説明してほしいものです。

    ユーザーID:0797701347

  • 託児環境を整えるための布石なら

    どこの議員も基本男性が多いでしょう。
    まして、お子さんを産むという年齢の女性は本当に限られているでしょう。
    そういう環境で子供を産んで産休、育児休暇をしっかり取るべきなのか
    あるいは子どもを連れてでも会議等に参加できる環境を整えるべきか。
    もっと言えば、子供を産むかもしれない女性が議員としているのはどうかという意見だって表だって言われないだけで思われていたり、陰で言われたりしている事でしょう。

    昔は大学の教員といえば特別なものを除けば男性ばかりです。
    理系ともなると女性はごく一部、まして結婚して子どもを産んでそれでも続けていくというのはごく少数でした。

    まして、子供がいると遠方の学会などに参加できない場合も多かった。
    夫や家族に預けることが出来なければ参加できなかったんです。
    それが当然で仕方ない事だと。

    が、今はほとんどの学会がちゃんと託児の環境を整えることが必須となっています。
    (知っているのは医学部系ですが)

    子どもを持つ研究者たちが子連れで学会に参加して個人で託児環境をなんとかしていたところから初めて学会の主催側にその責務を負ってもらうところまでしてきたんです。
    そして今は医学部でも半分近くが女性です。昔は外科に女性は一人も入局できなかったのがウソのようです。

    今の女性議員さんたちもこれからそれを始めようとしているという事ではないんでしょうか。

    それをマスコミが一般的な会社へ連れて行くという行為とごっちゃにしてしまって本当にいいんでしょうか。

    女性議員が子供を産んで自分で子育てしたいと思う環境を何とかしたいと思う行動を叩く必要があるのでしょうか。
    もっときちんとそのあたりを踏まえたうえで意見を求めても良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:0797701347

  • 連れてきても

    気が散って仕事どころじゃないんじゃないかなぁ。
    連れてきた本人もね。
    仕事ってかなりの集中力を必要とするものだと思うのです。
    そりゃあもちろん仕事と子供、両方を意識しながら業務に携わることはできると思いますが、間違いなく効率、精度は落ちると思います。
    これが本人ならまあ仕方ないけど他の人も巻き込んだらそれこそ悪影響でしょう。

    その作業効率でもよしとしろ、と言われても、やはり仕事は成果をあげてなんぼですからね。
    (業績落ちて給料も下がるかも)

    であれば、職場に連れてくるのではなく託児所の完備の方が効果的かも。
    でも勤務地が遠い場合は子供の負担が大きいので難しいですけどね。

    ユーザーID:8111439714

  • 仕事しないでお給料をもらうつもり?

    そんな難しい話の前に、お給料とは仕事に対して支払われるものでしょう?
    では、子供を職場に連れていくのはなんのためですか?
    職場で子供の世話をするためですよね?
    子供の世話している間、仕事はできないでしょう。
    仕事をしないで私用をしていて、お給料をもらおうのはあまりにも図々しいのではありませんか?
    育児と仕事の両立というのは、仕事をさぼってもお給料がもらえるということでなく、子供の預け先が確保しやすいということだと思います。
    この議員はシッターを雇うべきでした。議会に託児所を備えることもありですが、現状として子持ち議員が少ないのであれば、コスト面から難しいでしょう。メリットの少ないところにいくらでも税金をかけることはできないのではないでしょうか?
    限りある社会的資源を使うのは、そこからどれだけのパフォーマンスが生まれるか考えてからです。
    決して女性個人がやりたいことをやるためにあるわけではないと思います。

    ユーザーID:0762702148

  • 投稿ありがとうございました!

    いつもご愛読ありがとうございます。読売新聞・生活部です。

    トピにたくさんのご意見をいただき、本当にありがとうございました。
    ユーザーの皆さま、改めて御礼申し上げます!

    「親にとっても、企業側にとってもメリットがある」という賛成のご意見、
    「仕事に集中できない」という反対のご意見、
    「職場に託児施設があるならいいけど、自分の席まで連れてくるのは反対」というご意見。
    ひとつひとつじっくり読ませていただきました。

    女性議員にとっての「仕事と子育ての両立」と、皆さまのご意見もふまえた子連れ出勤の賛否について、記事をまとめました。ぜひご覧ください。

    URL: https://otekomachi.yomiuri.co.jp/news/20171212-OYTET50028/

    今後ともどうぞよろしくお願いします。

    ユーザーID:0665218757

  • 絶対反対、ありえません

    職場子連れ出勤が許されるのは、完全個室で周囲に迷惑をかけない環境の場合に限ります。でも、子育て世代には社長さんや役員さんはあまりいませんよね。
    泣き叫んだりしなくても子供は突発的に走ったり大きな声を出したりしますし、おとなしい子でも子供特有の甲高い声は耳障りで集中力がそがれます。
    預けることができないのなら休職するなり退職するべきです。
    以前の職場でも休日出勤(自主的)に子供を連れてくる人は時々いました。内心苦々しく思いながらも、最初だけ作り笑顔で接し、あとは子供には一切話かけないし、構ってほしそうなそぶりをみせても徹底的に無視しておりました。
    問題の議員については馬鹿としか思えません。そもそも議員のような任期制の仕事中に産休育休を取ること自体非常識と思います。産休育休は正社員で、その前後の働きで埋め合わせができる人のためのものです。

    ユーザーID:8721609070

  • 子どもを持って大きな目で見ないと理解出来ない

    乳児の発達を理解していないと難しいでしょうね。
    乳飲み子の方が、一緒でも問題が少ないと思います。感覚で母乳を与えるのも間隔としてはトイレに行くのと同じように捉えられたら?誰でもトイレには行く権利あるよね(笑)

    まぁ、家庭でも男性が家事に責任を感じず金勘定だけの人が多いのに、職場となると一層難しいでしょうね。

    議員さんに大きなエールを送りたいです!

    動くようになってきたら子どもにとってもかわいそうなので、アウトです。

    出来れば、3才まで休みを取れる方が、親子の時間を作るのに有効だと思います。
    長い人生の幸せのひとときです。

    ユーザーID:8638548362

  • 職場に子供を連れてくることは絶対反対ですが

    これだけITが進歩した今の時代であれば、在宅勤務を拡充すればいいのではないでしょうか。

    今や、時差のある国との会議ではスカイプを使って自宅のパソコンから参加することくらい、当たり前なのです。地方議会だって、画像と音声を回線でつないで自宅のパソコンから参加することで、対応できるはずです。

    もっと知恵と技術を働かせれば、育児や介護で仕事を失うことも減っていくのではないでしょうか。

    ユーザーID:0439733425

  • 夫はなにを?

    このニュース、はっきりと読んでおりませんが、この市議はシングルマザーなのでしょうか?
    そうだとすれば話はまた違うのですが、夫が存在するのなら、夫が育児休暇を取得するべきです。
    子育ては社会がするのではない。まずは両親です。

    ユーザーID:4647364727

  • 夫が連れて行ったことがあります

    私が入院中でした。夫は休みの日だったんですが、イレギュラーが発生し会社に行く際に子供を連れて行ったようです。

    夫はポジションがかなり上ですので、子供を連れてきても誰も何も言わなかったようです。「かわいいね、って皆面倒みてくれたよ」と。

    他の部署でも女性が一度どうしてもどうしようもなくて赤ちゃんを連れてきたことがあったそうです。休日に急きょ行くことになった夫とは違って、出勤日に連れてきたようです

    世間的には(超一流企業ではないですが)有名な会社だと思います。

    私も同じ会社で働いていましたので、私の感じるところだと「あの人いつも連れてきてるよね」というほどの頻度でなければ繁忙期でなければ許されるのではと思いました。
    同じ部署で1.2回が限度でしょうかね。それ以上だと「何とかする算段をきちんと整えられない人」という感じで見られることになると思います。

    ユーザーID:6276811427

  • やむを得ない理由で、単発なら許せるが

    >女性市議は「多様な人が活動できる議会に」と求めているそうです。

    ということは突発的な理由ではなく、常時連れてくるということですか?
    それなら反対です。

    当日子供が病気で預ける人がどうしてもみつからなかった、というのであればありだと思います。

    でも、彼女の場合は普通の人よりも高い報酬をもらっているし、会期中とかだけだから、融通が利くのではないでしょうか?

    ユーザーID:5070922294

  • 制度のない職場に子連れなんてあり得ない

    制度のない職場に子連れなんてあり得ない

    :乳飲み子の方が、一緒でも問題が少ないと思います
    本当ですか?
    会議中にぐずりだしたらどうしますか?
    トイレに行く権利はあるけどそこに授乳させる時間は含まないと思うが。
    チリも積もれば山となるで実質労働時間が減ります。それは会社の損失です。

    議会に子供を連れ込んだのは議員なわけで、議員とは"言葉"で物事を発信していくのが仕事でしょう。
    それなのに実力行使とばかりにやってはイカンでしょう。
    折角議員という立場を手に入れたのだから、正攻法で"言葉"で制度を作っていけば良いんですよ。

    :彼女が何を目的としているかその真意を一顧だにしないで「けしからん」では
    目的の為には手段を選ばずでは、議会制民主主義の根幹が問われます。

    ユーザーID:8141856667

  • 突発的なイレギュラーならあり

    中規模病院で医者をしています。
    子供が小学校低学年時に大雨警報で急遽休校になりました。当然学童保育もなし。
    家に一人で置いておくにはまだ小さかったので仕方なく病院に連れて行き、医師用の仮眠室で過ごさせました。
    同僚たちにもその旨伝えて置いたら心配して時々様子をみてくれたようです。
    看護師さんたちもたまに連れてきて控室で面倒をみていることもあります。

    突然子供をみてもらえなくなることってあると思うので、仕方ないことかなと思いますが、予め分かっていたのに子連れで出勤するのはなしだと思いますね。

    ユーザーID:1920948469

  • 公私混同

    職場が議会であることに子供連れはないでしょう。公的に条令や議決を行う所です、子供のぐずりなどで、審議が停まれば その間の責任は負えるのですか、全て税金で賄われているのです。議員であればあなたに投票した方 全ての代弁者でしょう、個人の[私]を議会に持ち込む事が活動する議会ですか! 一般の会社で突発的に仕方ない場合は理解を得られる場合もあると思いますが。

    ユーザーID:8351353578

  • なしの方に賛成です。

    今私は飲食店勤務です。
    赤ちゃん背負って仕事はしてる方はいないし、いたら危ないと思います。
    熱い料理やナイフとフォークもあるし、食器が割れて破片が飛んで赤ちゃんが怪我をするかもしれません。
    そんな時、赤ちゃんに労災は出ないと思います。

    赤ちゃんと背負ってるお母さんぎ怪我をしない、お客様に怪我をさせない保障も尚更ないです。

    以前、美容師をしてたのですが尚更なしです。
    ハサミがあり危ないですし、赤ちゃん背負ってシャンプー出来ないですよね。
    衛生面万全な職場ではないですし。

    赤ちゃん背負って仕事してOKなら、介護が必要な両親、具合の悪いペットを職場に連れていい話になるのも同感です。

    赤ちゃん背負って仕事出来ない職種、沢山ありますよ。
    建築現場、沢山女性が増えてますよね。
    赤ちゃん背負って仕事、今なら熱中症で危ないと思います。

    ユーザーID:0772845628

  • 同僚をまきこまないなら

    同僚を保育士代わりにしないなら、と会社でOKがでてるなら、仕方ないです。
    自分の仕事の手が離せないとき、ちょっとみてて、とか、どこかに迷い込んでないか、危ないことしてたら止めさせて、とか、かわいいねといって、とかは一切拒否します。
    絶対拡大解釈する、ワガママワーママ様がでてくるでしょうから、止めたほうがいいですよ。

    ユーザーID:0042762124

先頭へ 前へ
211231 / 231

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧