反省している・いない 見分け方

レス20
(トピ主1
お気に入り29

家族・友人・人間関係

あけみ

皆さん、なにか謝罪を受けたときに、相手が本気で反省しているかいないのか、どうやって見分けていますか?

私が以前経験したことなのですが・・・私に謝罪した元友人Aがいるのですが、謝罪のときは本当に憔悴して真っ青になって謝っていたんです。だから許したのですけれど、後で結局ちっとも反省などしていなかったことが発覚して、Aの親も巻き込んだ大問題に発展したことがありました。
このAのように、その場では本気のような素振りで謝って見せて、しかし後になって手のひらを返して逆ギレをしてくるような人間を、簡単に許してしまった私にも問題があったと思うんです。そのことでAの親御さんにも本当にいろいろしていただいて、申し訳なかったくらいです。最終的に問題を尻拭いしたのは親御さんでしたし。

この件で思ったことなのですが、

「偽物の反省」・・・自分が得したいから謝る
「本物の反省」・・・自分が損してでも本当の事を言って謝る

 が、見分けのひとつかなと感じました。
とはいえ、Aのように、泣いて謝られたら、一見本気で反省しているように見えますから、どんなに人を見る目のある人でも難しいのかなとも思います。

二度とこのようなことにならないためにも、本当に相手が反省しているかどうか、見分けられるようになりたいです。よろしくお願いします。

ユーザーID:7029665222

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうじゃない

    世の中には、
    「その場では本気で反省して」
    そのあと、コロっと全部なかったことにするタイプのひとがいるのです。
    このタイプは記憶も、感情も、自分の都合のいいように上書きします。
    逆に、本気では反省していなくても、損得だけで動いていても、「これやっても損するだけだ」と「学習」して二度とやらないタイプもいます。
    つまり、謝罪しているその場で相手が本気かどうかを見分けても無意味です。
    相手がどういうタイプで、今後どう行動する可能性があるかを見極める必要があるのです。
    大切なのは
    「自分だったらこういうときはこうはしないだろう」のように、自分の基準で相手を見るのはとても危険だと言うことです。
    よくも悪くも、自分に理解できても出来なくても、いろいろな考え方や感じ方があり、人はそれぞれ自分の感性のみに従って自由に行動するということを忘れないようにするといいと思います。

    ユーザーID:1347392256

  • 「記録に残せるかどうか」は?

    相手が反省しているかどうかなんて、そんなのは分かりませんよね。
    特に仕事の場合は、反省した顔をしつつも、忘れた頃に又、似たようなミスをされます。

    多分気が緩むのでしょうね。
    そういう場合は、根気よく教えるしかないし、痛みをその人にも味わって貰うしかないと思います。

    仕事以外のトラブルで、相手が大きな過ちを犯したのでしたら、「本当に反省しているならば、一筆書いて下さい。」と言って、記録を残してはどうでしょう。

    例えば「私、○○は、○年○月○日あなたの家に遊びにいった際に、あなたの家に有った大切なゲームソフトを、盗んで売ってしまいました。申し訳有りません。今後一切、○○さんにご迷惑を掛けることは致しません。もし約束を破った場合は、慰謝料として、金弐拾万円をお支払いすることをお約束します。(又は警察に通報して貰って構いません)」等と書いて貰う訳です。

    勿論、弁護士に間に入って貰っても良いですが、そこまで大げさにしなくても、第三者に立ち会って貰って書いて貰えば「強制的に書かされた」と言い逃れが出来ないと思います。
    よって、万が一反省していなくとも、再び主さんが迷惑を被ることはなくなると思う訳です。書いたことで、「反省している」と、思うことが出来ます。

    もしも、お金で解決できるような事でしたら、上記の書類を残すプラス、お金で決着を付ける手も。「本当に反省しているなら、割った花瓶の代金を支払って。」とか、「浮気相手に慰謝料を請求します」と、お金でカタを付けるわけです。少なくともお金で精算する事で、向こうも痛手を負うし、こちらも多少、溜飲が下がります。

    反省しているかは分からないけど、記録を残せば、本人の心に刻まれるし、後日、誤解されて人に伝わっても、証拠として噂を正すことも出来ると思います。

    ユーザーID:6594613018

  • 難しいですね見分けるのは

    そのお友達、あやまった時は本当に心から反省したのかもよ。一時的に。
    で、ことが終わったらアッサリ忘れるタイプなのでは?

    あやまるという行為は、基本的に
    あやまる方が、あやまることで自分の非がなくなり楽になりたいからだと思う。

    ユーザーID:7837881785

  • 喉元過ぎれば、熱さ忘れる

     その場では反省してるんですよ。
    相手が怒ってるのを、目の前にしてるから
    「ほんとにごめん」と慌てて謝ってる。
    「許されたいから謝る」であって、自分の行動の欠点を考えてない。

     見極めは、その後の相手の行動で分かるもんです。
    その場では、見極め出来ないと思います。

     反省してないと分かったら、もう付き合わない。
    許すのは1度。その後の態度を観察して
    「ああ、本当に反省してくれてる」と感じられるなら
    付き合いは元に戻す。見られないなら疎遠決定。

     許されたから、相手から元と同じ信用なんて得られませんから
    0から信用を取り戻さなきゃ!って思えば、ちゃんと考えます。
    その人は、な〜んにも考えない愚かな人なんでしょう。

    ユーザーID:1916220561

  • 大人と子供

    大人が私生活中本気で謝る事ってありますか?
    子供のうちに失敗して経験して学んで反省して大人になったらミスはするけど他人を怒らせるようなことってなかなか無いですよね…
    内容が気になりますね…

    ユーザーID:0440486142

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • そんなの無理でしょ。

    エスパーでもあるまいし、本気かどうかなんて誰も判断できません。
    だって、未来は誰も予知できないからね。

    主さんだって今回、その時点での謝罪は本物だと思って許した。
    けれど、その未来にまた裏切られた。
    そこで初めて「反省していない」という結論が生まれるのですよ。

    おそらく本人は、その時は本気のつもりだと思いますが、
    喉元過ぎればなんとやら。
    すぐに忘れてしまうのでしょう。

    私も少し前の事ですが、仕事の件で相手(男性)から謝罪を受け、その場で許しました。
    が、その直後に笑顔で「ところで、昨日の夜に…」と、ポケモンゴーを夜中に若い女の子とあちこち車で回ったエピソードを話し出した時、
    「こいつ反省してないな」と思った事はあります。
    その相手は、同じミスを何度も繰り返し、怒られる事にいつもビクビクし、そのくせそういう空気を読めない発言が多い人でした。

    そこで私が思ったのは、結局相手がどうのこうのではなく、
    謝罪を受けた時点で、
    自分が相手を信じるか否か、なんじゃないかな?と。
    主さんもトピで
    >簡単に許してしまった私にも問題があった
    と書いていますよね。
    相手を変える事は不可能に近いんですよ。
    で、未来を見る事も不可能です。
    だから謝罪された時点で、信じるか信じないか、自分が相手への信頼度を変えるしか方法はないと思います。

    私は引越しによって、その相手とは離れましたが、まともに相手をするとこっちが精神を病みますね。
    おかしい人とは離れるのが一番です。

    ユーザーID:5195878656

  • 変なの・・・

    謝れば反省なんだ。
    その発想どこからきてるんだろう。
    それって何で見分けるわけ?
    本当ってどこで見分けるの?
    偽の反省ってないよ。
    偽の謝罪はあってもね。
    それがわからないのって、どうなんだろうね。

    見分け方とか悦に入ってるけど、おかしいと思うわ。

    反省しているかどうか見極める方法があるとしたら、時間もかかるよ。
    その人のその後の姿勢見たら一発だよ。

    謝罪したようなことを二度とやらないか、自分がしでかしたことを覚えているか、このあたりは重要かも。

    反省しているかどうか見分けることは可能だけど、たぶん、泣いて謝られたら難しいのかなって思うような人は、見分けることが出来ないと思う。
    そもそも、本当に反省していたら、泣けないでしょ。

    あと、謝罪=反省ではないよ。
    私でもそうだけど、自分が悪いと思っていないときに謝らなければならないとき、反省はせず、謝罪だけする。
    「気分を害したことについてだけ」

    よくわからないけど、親を巻き込んで大問題に発展って、それ成人してから?
    そっちのほうが問題だと思うんだけど。
    自分で解決できないから向こうの親を巻き込んだってこと?

    っていうより、それくらいのトラブルにもなれば、相手の性格もわかると思うんだけど。
    人を見て予測できないのが一番問題なのかなって思うよ。

    ユーザーID:9917175363

  • 簡単ですよ

    償いをすること、罰を受けること。
    それをしようとしているか(したか)ですよ。


    償いをしようともしない人が反省などしているわけがないでしょう。

    なんだかんだと償いや罰の減免を請う人は、「反省などしていない」と私は断じます。

    ユーザーID:4759506957

  • 少し喋らしてみたら分かると思う

    自分のやらかしたことの何がいけなかったのか?誰にどんな損害を与えたのか?その時の相手の気持ちはどうだったと思うか?そして自分自身はどんな気持ちでいたのか?
    これらを省みることが反省ですからね、答えられないようでしたら事実認識や内省が足りません。
    問題外です。
    そしてこういうやつはサクッと許してもらえないと逆ギレしますね。
    それは反省とは自分が許してもらうための儀式と思っているんです。被害者には許す義務があるとでも勘違いしていますよ。
    泣いたり青ざめたり反省しているように見えても、自分が困ってるから泣いてるだけでしょう。百歩譲って被害者のために泣いているとしても、そういう感情って長続きしません。
    反省は冷静な心でするものです。
    だから、わたしなら泣いてるの見た段階で出直して来いって言います。

    ユーザーID:4815433054

  • その時はわからない

    反省している人物のその後の行動をしばらく見ないとわからないと思います。

    ユーザーID:4049546805

  • 本物の謝罪

    1)謝罪するようなことを仕出かした時の背景とその時の状況を良く聞く事です・・・その時、言い訳っぽく、他の人や他の事を責めるような事をいわないかどうか。

    2)何を謝罪したいのかを明確にさせる・・・ただ頭を下げて「ごめんなさい」といえば謝罪と思っている人が多いですので、『何を』謝罪しているのか、本人の口から聞くことです。

    3)自分の犯した過ちをどう償うか言わせる・・・刑事事件に発展したものは謝罪として刑務所に入れられます。民事だとお金で謝罪(=賠償金・慰謝料)です。他はその人の気持ちを形に、例えば、宝石を買ってもらうとか、毎日肩もみしてもらうとか、毎日掃除と洗濯をしてもらうとか、その人ができる範囲で誠意をみせてもらうことです。

    4)あなたがおっしゃるように、自分が得したいから、関係を良くしたいから、元サヤに収まりたいから謝るのは、本当に謝罪ではありません。たとえ、相手が許してくれなくても、酷い事をしたから謝るのが、本当の謝罪です。

    5)そして最後に、もう二度と同じ事はしない!と自他共に宣言し、本当に同じ過ちを犯さないのが本物の反省と謝罪です。

    ユーザーID:4663021042

  • その時はびっくりして真剣に謝りますよ

    かといって何時までも反省して、忘れるなと言う事も言えません。
    人間忘れることが出来るから生きていける処もありますから。

    反省は皆します。
    それでも次も同じ事してしまう人もいます。

    主様が納得できるかどうかは主様に掛かっていると思います。
    主様が謝って貰って許せるか、許せないかの問題です。
    一度許したのなら、その後は文句は言わない。

    ユーザーID:6380052943

  • トピ主さんの認識違い

    Aさんみたいな人は、謝罪の時は青くなったりするんだけど、またケロッと悪いことを繰り返すようなおかしな人だということです。
    普通の人は顔色なんてコントロールできませんから、青くなって憔悴してたら本当に反省してます。

    ユーザーID:7882788189

  • 我が身に置き換えて考えたら?

    人間の行動など簡単に分けられません。
    本当のことを言う方が自分が得することもあり、
    損して得とれ、の如く、その時は損しても後から得することもあります。
    損得全く関係なく謝るときもあります。本物とか偽物とか何が基準なのかわかりません。

    それよりも他人になぜここまで厳しく上から裁定するのですか?
    自分がこんな目で見られたらどう思いますか?

    ユーザーID:1037682979

  • 難しいですが

    私は「許してほしい」と言われたら、
    謝罪を信じません。

    許してほしいから謝っているのか と思います。
    許す許さないは、言われた方が決めるものです。

    その場での判断は非常に難しいと思うので、
    「分かった」とだけ言います。

    その後のその人の言動で、徐々に判断します。

    ユーザーID:9209312127

  • 責任を負おうとしているか免除されようとしているか

    自身の行いを、許されざるべきものか、許されようとしているか、
    の違いだと思います。

    本当に反省している人は、やってはいけないことをやった自分を
    何よりも許していません。だからペナルティを課そうとします。
    この段階では反省も決して足りてるとは考えないので、
    「反省している」というのも口にしません。
    問題の過程や今後の対応を相手に説明し、
    これから行う今回の自身へのペナルティを提案するものです。

    一方、反省せずただ後悔だけはしている人は、懸命に免除の懇願をするものです。
    既に自身が許してしまっているので、
    ポーズではない本気の自身へのペナルティも提案しませんし、
    相手からのペナルティも回避しようとするものです。
    そりゃあ必死でしょうし、泣きもするでしょう。
    何より「反省している」と口にします。
    言っていることは、「だから許せ」ばかりです。


    トピ主さんの、
    「偽物の反省」・・・自分が得したいから謝る
    というのはそうかもしれません。
    でも、
    「本物の反省」・・・自分が損してでも本当の事を言って謝る
    というのは如何なものでしょうか。
    そもそも本当に反省している人が損得を考えるでしょうか。
    何より自分を許していないのですから、自分の得なんてもっての他でしょう。

    私は、自分を許しているか否か、
    責任を取ろうとしているか免除されようとしているか、
    というので反省しているか只の後悔かを判断できると思います。
    一番簡単なのは、「反省している」と口にするか否かです。

    ユーザーID:5787911101

  • 「謝罪=なかったことになる」と思っている人までいる

    社会人サークルの事務係りをやっていますが、
    謝罪に関しての思考回路が理解不能な人ってたまにいます。

    人「わあー、ごめんなさい!」
    私「大したことないので、いいですよ」

    ここまでなら普通ですが、そういう人はまた同じことをします。
    「大したことないので、いいですよ」とは
    「みんな困ったことは困ったけど、損害が出るほどではなかったので、
    もう二度としないよう気を付けてくれたら、弁償などは不要ですよ」という
    意味だと常識的な人は思うと思うのですが、
    あるタイプの人たちは
    「気にしなくてもいいですよ」「またやってもいいですよ」ってことに
    なるみたいです。

    こっちも学習して「『いいですよ』って言わなきゃいいんだな」と思って
    言わないようにしたら、ちょっと学習したみたいです。

    ユーザーID:7388803970

  • トピ主です

    多くのレスありがとうございます。

    ひろひろ様のレス、なるほどと思いました。確かに、Aって物事を都合よく考えてるなと思う場面が多かったです。

    まずAがわざと私の持ち物を壊しました。その場では、周囲から「あなたなにやってるの!」と咎められて、必死に謝りました。
    しかしその後、私が
    「なぜこんなことをしたのか説明して。それと修理費用が○○円かかる」
    と言った途端にAは豹変。謝った時点で、Aの中では全部解決済みになっていたのでしょうね。
    「必死に謝ってるのに脅かされた! お金まで要求してひどい!」
    と言い出して、いつのまにか、私のほうが、Aを脅迫して不当要求しているかのような話になってしまったのです。Aは調子に乗って、知らない人にまで都合のいい話を吹聴する始末。
    最終的に、親御さんの提案で、花様のレスにあるような感じで間に入ってもらって、結局お金も親御さんが支払いました。

    花様がおっしゃるように、Aの反省はともかく、これはこれで、二度とAが私に加害行為ができなくなったという点、そしてあとで万が一Aがまた都合のいい嘘をついた場合に証拠にできるという点では、非常に良いやり方だと思います。本当に、Aの両親ともにまともな親御さんで良かったです。

    他の多くの方のご指摘のとおり、その場では、もしかしたらAも一時的に本気で謝っていたのかもしれませんね。周囲の人や私に怒られて、「やばい」と感じたのでしょう。
    だとすると、その場で見極めるというより、その謝罪が本物かどうか、本人のその後の行動で判断するしかないのでしょうね。今回のように、説明を求められた途端に逆ギレというのは、反省していないことがすごくわかる行動ですし。

    ユーザーID:7029665222

  • 簡単です。

    その後の行動を見れば、すぐ分かります。

    口だけの謝罪だったか、
    心からの反省だったか。

    人間は、口ではいくらでも嘘をつけますが、行動では絶対に嘘をつけないので。

    ユーザーID:1075485717

  • その後を見る

    その後を見る、だからその場では許さない、です。

    その一瞬は本気で反省しても継続できない人もいます。
    喉元過ぎれば熱さを忘れるってやつです。

    雰囲気に流されて泣いたり謝罪したりする人もいます。
    流されているだけなので本気の反省ではありませんが外見的には見分けがつきません。

    だから見る目がある人は涙に騙されません。
    泣いてるから可哀想、泣くほど反省している、なんてことはないのです。

    謝った、だから許した、は単純過ぎます。
    私なら「謝ってくれたから許す(謝罪を受け入れる)」ではなく「今は一旦怒りをおさめるが、謝罪されたからといってすぐ許すとはならない、様子を見させてもらう」という方向にします。

    ユーザーID:8648830355

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧