14歳の老猫

レス9
(トピ主1
お気に入り48

妊娠・出産・育児

はな

ジャンルが、どれか悩みましたが我が子のように育ててたので、子供のジャンルにしました。
捨て猫だった、オスの猫が、1週間前から急にご飯食べなくなり、検査しましたが数値も異常なく点滴で栄養入れてる状態です。
推定年齢14歳ほどです。思い当たる節としては、1ヶ月前にも食欲不振があり検査等をしましたが、異常なくおそらく毛玉がたまってるのだろう、と言う見解でして毛玉を吐き出させるペースト状のものを与えてました。
これがものすごく嫌がり、その後大量に吐いたのですが、毛玉らしいものもなくそれから食欲が戻りました。
ペーストを週一にしまして、今に至る感じです。
病院の先生いわく、ストレスから食べなくなってるんじゃないか、と。
そのストレスの原因がこれしか考えられないのです。
1週間前から落ち着きなく、あちこち移動して寝てまして、いつもだとコタツに入る子なのに入らず寒いとこで寝出しました。
ネットで調べてみると、低体温症の疑いのある子が寒いところに寝だすとあって、先日病院に行って体温測りましたが、平熱でした。
たぶん、死に場所を探してる気がするのです。
大好きだった、ササミもプイと横向、食べず。
マタタビかけたパウチのフードを一口だけ昨日は食べましたが。
水だけは飲んでくれてるので、脱水は免れてます。オシッコも出ています。うんちは食べてないのでずっと出ていません。
今日も点滴に行く予定です。
拾ってきた、長男の呼びかけには元気に答えてお腹を見せますが、私にはそんな素振りを見せません。
ペーストをあげてた、私を恨んでるんじゃないかと思ってます。
ある程度、腹をくくれるようにはなりましたが、日に日に痩せていく姿を見るとツライです。
このような症状の猫ちゃんを育てた方のお話が聞きたくて、トピックを作成しました。
セカンドオピニオンをしたほうが良いのかも迷ってます。

ユーザーID:4191949862

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 検査は?

    血液検査はしてもらいましたか?
    血液検査で大体のことがわかります。
    ストレスも、臓器の異常もわかります。

    もし検査もなしに点滴するのであれば、もうセカンドオピニオンでしょうね。
    腎臓や糖尿などだったら治療がいります。
    フードもそれ専用に切り替えます。
    しっかり検査をしても原因がわからないようでしたら、とりあえず安定剤などをもらって様子をみるなどしては?

    ユーザーID:2900357669

  • うちの猫たちのケース

    今まで老猫で食べなくなったケースでは、腎不全、糖尿病と歯肉炎の経験があります(全部別の猫)。腎不全や糖尿病は検査すればわかると思いますが、お書きになっていないので違うのかな。実家の20才の猫は今歯肉炎と口の中の粘膜潰瘍でまとまった食事ができず、母が回数を分けて柔らかいものを食べさせています。
    原因がわかるといいですね。

    ユーザーID:8336151326

  • 猫ちゃんが元気になりますように

    とても心配ですね。
    取り急ぎ、セカンドオピニオンを探したほうが良い様な気がします。
    猫は3日食べないと脂肪肝になる可能性があり、とても危険だといいます。
    とにかく今は、高栄養のものを強制給餌したほうが良いかも知れません。

    心から猫ちゃんの回復を祈っております。

    ユーザーID:1890073343

  • 死に場所?

    猫は死に場所なんて探しませんよ。
    よく床下などで死んでしまっている飼い猫を見つけて、
    死期を察して家を出て言ったと、外飼いや昔ながらの飼い方をしている人は言いますが、
    猫は自分の体調が悪くなると、本能的に外敵から身を隠すために
    狭い所や、暗い所へ身を隠すのです、
    そこで体力の回復を待ちますが、病気があれば治ることは無く、
    飼い猫でも、外猫でも、保護されなければそこで命を落とすのです。
    ですから死に場所を探しているのでは無く、体がしんどくてゆっくり休める場所を探しているだけなのですよ。
    そういうことから、家猫がいつもは行かないような場所、洗面所の隅や洗濯機の裏、
    タンスの裏、物置の隅、押入れの奥、外飼いをしているなら、倉庫や床下、
    駐車場の隅などなど、奥まった場所で動かない時は
    何か病気がある時です。早急に診察をしてもらった方がいいでしょう。
    私なら、原因が分からない判断できない医者は見切りをつけて他の病院へ行きます。
    病院に行く事が負担になる子もいますので、慎重に判断し先に電話相談できるところなどで聞くのも良いかと。
    とにかく、外飼いもしていなければ14歳でしたらまだまだ重病じゃない限り寿命じゃないですよ。

    ユーザーID:3518132278

  • セカンドオピニオンを勧めたい!

    私は猫ズ3匹をあの世に送った者です。
    そのうち2匹は20歳と22歳です(この子達は家猫ちゃん)。

    先ずセカンドオピニオンをお勧めしたい、是非です!

    だってうちの22歳があの世に逝った時は
    一週間前から水・食べ物は一切食べませんでした。
    でも主さんちの猫ちゃんはお水もささみも食べてるんですよね?
    それならまだ死ぬと決まった訳ではないと思うんです。

    死ぬ時って今更飲んだり食べたりしても無駄だから食べないみたいなのです・・。
    それと14歳って言っても今の家猫は長生きです。
    だからまだ少なくとも老衰ではないと思います。

    まとめるとやっぱりセカンドオピニオンを受けた方が良いと思います。
    もしかしたら何かの病気なのかも。

    あと、20歳の猫は17歳の時にすごく具合が悪くなって
    風邪かなーと思っていたんですけど、
    病院に連れて行ったら腎不全でした。
    この子は輸液と薬で回復?しました。

    とにかく何か飲んでるうちは生きてる証拠。
    どこか違う病院に行ってみることはできませんか?
    14歳ならまだまだ虹の向こうへは行かないと思うので。

    ユーザーID:8381170134

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 急いで

    別の病院にも診てもらいましょう
    出来れば検査出来る施設の整っている大きな病院が良いと思います

    今飼い主さんに出来ることは
    きちんとした原因を調べてあげることだと思います

    腹をくくるのは
    病気が判明して手の施しようがないとわかってからですよ
    今やるべきことはそこではない

    猫は体調悪いのをひた隠しに隠します
    どんなに危険な状態でも人間には見せようとしません
    ストレスだけでそこまで痩せていくほど食べないとは考えにくいです
    せめて原因は調べてあげてください
    お薬で治せるかもしれないのだから。
    たとえ治せなくても少しでも猫ちゃんに負担がかからず楽になれるよう
    調べることは大事だと思います
    病院へ連れていくだけの体力が猫ちゃんにあれば・・・ですが
    このまま何かあれば後悔すると思います
    やれるだけのことしてあげてください

    ユーザーID:8671664307

  • 別の病院へ

    別の獣医師に診てもらいましょう。
    残念ですが日本の獣医師はレベルが非常に低い人が少なくありません。また、動物相手の診療というのは大変難しいものなので、例えレベルが低くない獣医師でもその症例に慣れていない獣医師が発見できない病気などもあります。ですので、何件か獣医師を回ってみましょう。

    ユーザーID:3786190370

  • 心配ですね。

    自分だったらとりあえず点滴は止めます。ペーストもやめて、食生活をもとに戻す。
    老猫にとって環境の変化は何よりもストレスですよ。

    ユーザーID:5701509124

  • トピック主です。

    ももさんまで拝見しました。
    レスありがとうございます。
    血液検査してます。先月とつい最近もしましたが、数値としては問題なかったので、おそらくストレスから来るもじゃないか、と言われました。
    そのストレスの原因が、毛玉のペーストをあげてること以外いつもと変わらずなのでこれしか考えられないのです。
    一昨日からですが、パウチをレンチンしてマタタビをかけたら3口ほど食べてくれました。
    ですが、カロリーとしては全然足りてないです。
    痩せてきてますので。
    相変わらずお水だけは飲んでるので、ポカリスエットを薄めたのをあげてます。
    オシッコもトイレを外してますが、出ています。
    ネットで高齢猫ちゃんの給餌方法見てると無理矢理、シリンジで注入したりとかを見てるのですが、ペーストのときで嫌な思いさせてるので無理やりは避けたいのです。
    ウチにはほかに2匹の猫が、居ましたがそれぞれ14.15歳頃亡くなってます。
    舌癌の子が居たのですが、鼻から管を入れて栄養補給してました。舌が腫瘍があり口からの摂取が難しかったので。
    もう1匹は、心臓発作でみつけたときには危篤状態でした。
    それぞれ、もう随分前に亡くなりましたが、共通してることがありまして、昨日気付いたのですけど、それぞれ12月に亡くなっているのです。
    偶然でしょうか。
    この捨て猫出身の子も推定年齢14歳で12月になり一気にガタが来た感じです。
    虹のふもとで、待っているのでしょうか。
    痩せていくので、ほんとに悲しいです。
    先月まで食欲モリモリ、アグレッシブだったのに。

    ユーザーID:4191949862

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧