親不孝者でした

レス12
(トピ主2
お気に入り56

家族・友人・人間関係

一人っ子50代です。実家の両親は70代の時点でも全てにおいてきちんとしていました。
父が80歳近くなってから、老夫婦間の小さな諍いが多くなってきたり
片方の愚痴に便乗して最終的にはそれが私への不平不満になり辟易することもありましたが
単に年を取ったせいだと、と傍観していました。
他人への応対や家の中の整理整頓金銭管理などは相変わらずしっかりしていたので安心していた面もあります。

私は同じ市内の男性と結婚し比較的近所だったので実家には時々様子見に行っていましたが
嫁ぎ先の両親と同居していたため頻繁にというわけには行かず
その後義父の大病、夫の単身赴任、子供たちの受験、パート先のリストラ騒動など
体がいくつあっても足りない心配な毎日が続き申し訳ないが実家からは少し足が遠のいていました。

そんな時父がある日急に倒れそのまま亡くなってしまいました。
残された母はその日から何も手に付かず寝付くようになり
入院したのをきっかけに認知症と診断され介護施設にお願いすることになりました。
その際主治医とケアマネさんに言われたのは、
母はもうだいぶ前から認知症が始まっていたらしいということです。
病院嫌いだったので多少おかしくなっても診察を受けていなかったのでしょう、
父から相談されることもなかったし
昔から口うるさく細かいところは変わらなかったので私も気づきませんでした…
言われて初めて今までの不穏な雰囲気が納得できました。
優しくまじめな父が心臓を痛めつけられるほど困って悩んでいただろうに、と
土下座しても足りない気持ちです。
実は幸せな老後ではなかったのだと思うと胸が締め付けられます。
私も老境に入り、出来るだけ元気で子供たちの負担にならないように心がけたいですが
親不孝の報いがどんな形でやってくるのかと思うと希望が持てません。

ユーザーID:9652323514

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 因果は巡る

    >私も老境に入り、出来るだけ元気で子供たちの負担にならないように心がけたいですが親不孝の報いがどんな形でやってくるのかと思うと希望が持てません。

    たぶん、子供達に見放されて、両親と同じような終末を迎えることになるでしょう。それは、トピ主さんたちに特有なことではなく、今どきの親としてはごく普通のことになるものと思われます。もちろん、私たちもその一組であることは言を待ちません!
    でも、今の内からしっかり準備しておけば大丈夫ですよ。

    準備とは、全ての面倒を見てくれる老人ホームです。

    私はまだ予約まではしていませんが、費用は十分なだけ準備しました。
    トピ主さんはまだ50代ですから間に合うでしょう。

    ユーザーID:8908452181

  • 良心的な仮面を被った無責任な方ですね

    結果的にお父様は最期まで自宅でお母様と過ごせたので、そう言う意味で幸せだったのではないでしょうか。お父様は、ご自身のことについて娘に負担をかけずに過ごし切れたことで安堵なさっているはず。

    お母様の認知症はトピ主さんのせいではありません。配偶者をなくして気落ちしてしまい、年齢も重なれば一気に症状がより露わになることは人間として当たり前だと思います。ギリギリのタイミングまで、お母様の症状に気づかなかったのは、ある意味でお母様が自立して過ごせる最後のタイミングを長くもたせてあげられたと言うことです。

    トピ主さんがご自身のお子さん達に迷惑をかけたくないと思う気持ち、それと全く同じことをお父様は思っていらしたはず。そしてお母様はいま目の当たりにするお姿はさておき、心の真髄ではお父様と同じ思いのはず。同時に今のトピ主さんのサポートに感謝していると思います。認知症になった今の姿や言動ではなく、お母様がトピ主さんを育ててきた思いが真髄だと思います。

    ご自分を不必要に責めないでください。

    ユーザーID:8061243407

  • 余り自分を

     責めないでください。
     普通の親は、子供達が幸せならそれで良いし、自分達の事を幾分でも心に留めておいてくれただけで、十分だと思っていますよ。
     

    ユーザーID:1156839733

  • 老婆心のまなざし

    親が身を持って
    あなたに教えてくれたことを
    あなたが無視すれば親不孝になります。

    しかし、その事実をあなたが、
    自分の人生に活かすことを親孝行と言うのです。

    ユーザーID:4245082799

  • 主様の親も助け合って生きていたと思いますよ

    歳を重ねた夫婦は同志の様な感じです。

    空気の様でもあるし、いないと寂しい。

    主様のご両親も夫婦でしっかり生きてきたと思います。
    親は子供の幸せが一番です、自分達も生きて来た道、主様方の多忙な生活も解っています。

    人間行きつくところは皆同じです。
    主様も高齢になれば、子供に迷惑かけないで生きていこうと決断すると思いますよ。
    人生順繰りなんです。

    主様もやれることはやった。
    それだけできっとご両親は喜んでいたと思います。
    病気は仕方ありません、認知症も。

    お母様はまだ生きておられます。
    後悔するより、見舞いを重ね主様の顔を忘れない様に気遣ってあげて下さい。
    此れからです、親孝行は。
    父親もきっとそれを望んでいると思います。
    落ち込んではいられませんよ。

    ユーザーID:4924493623

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 子孝行に励んでください

    世の中は『親孝行』に努める様に教え導きます。然しながら、人生とは『人と出会い』『絆を築き』『子を為し』『子を養育し』『子を躾けて』『経済的基盤を築き』『終の棲家を確保し』『子の教育費を負担し』『子の独立を援助し』『所得途絶えし後の老後資金を用意し』なければなりません。

    何れも、資金、体力、気力、時間を要する困難事ばかりです。親の恩は海よりも山よりも大きく深いのですが、その子の世代には、親に尽くすタイミングが、なかなか合いません。何故ならば、子世代もその吾子を抱えて、子育てと家庭の安定化を先ず優先しなければ成らない、渦中に有るからです。

    私は、子として円満順調にして幸福な家庭を、親に傍見させるだけで十分親孝行は果たしていると思います。亡き人に対して『ああすれば良かった。こうもすれば良かった』と、慙愧に耐えないのは、親を見送った子世代の万人の常です。どれ程尽くしても、十分だったとの満足は得られないでしょう。

    だから、私は『親に受けた御恩は、我が子に返す』様にしています。子等にも『親に返して要らない。自分の子に尽くせ』と、言い聞かせています。『親孝行より子孝行』です。そのまた子が孫に孝行して欲しいと願っています。ぺイフォワードです。

    ユーザーID:3949637726

  • 仕方のない事だと思います

    私は50代女性です。私の父も今年の初めに亡くなりました。母は特養でお世話になっています。

    トピ主さんの気持ち分かりますよ。私ももっと親孝行すれば良かったと思います。お父様辛かった事とは思いますが嫁いでいる娘に心配かけたくなかったのだと思います。これからはお母様に出来るだけ会いに行ってあげれば良いと思います。

    私も夫の親と同居しています。自分の家族の事もあるので仕方のない事なのではないでしょうか。

    ユーザーID:1547223637

  • 報いってそういうのでくるんだろうか?

    トピ主様、思い込み激しいと思う。
    心臓はそれで弱るとは思えない。
    80歳にもなると、誰でも老化するよ。
    血圧高かったら、心臓に負担がかかる。
    ストレスもあるだろうけど、それとは限らない。
    食生活にもかかってるし。
    塩分取りすぎてたり水分取らなかったりしたら、覿面に体に現れてくるよ。
    あと脂肪分と糖質のとりすぎ、運動不足もね。
    他人への応対より、そっちのほうが気にかかるよ。

    お父様がなくなったことは悲しいことだけど、その年令なら天寿だと思う。
    別に、お父様が気に病んでたことはないと思う。
    逆にお父様が亡くなって認知症がもっと進んだのかなとはおもうけど。
    気が付かないタイプの人も中にはいるよ。
    だからお父様は気が付かなかったんじゃないかな。
    私はそう思う。
    気付いていたら、病院になんとしてでも連れて行っただろうから。

    土下座してもっていうけれど、そういうのやめた方がいいと思う。
    大げさだから。かえってお父様に気の毒だよ。
    幸せな老後かどうかはわからない。
    でも、不幸せではなかったと思うよ。
    お母様も同じ。
    認知症は本人より周りのほうがある意味辛いから。
    本人は忘れてしまうことも多いから、ある意味幸せだと思う。

    まだ、トピ主様には色々できることがたくさんあると思う。
    そっちを考えることが重要なんじゃないかな。
    私にはもう両親が居ないので、変われるのなら、認知症でもいいから母に戻ってきてもらいたいよ。

    人はいつか亡くなる。
    報いより、自分がどう生きるか、そっちを大事にしないといけないと思うよ。
    後悔より、前向かないとね。

    ユーザーID:3792709607

  • 少しトピズレの意見かもしれませんが

    >親不孝の報いがどんな形でやってくるのかと

    私の母親の世代は、舅姑と同居で舅姑に仕えさせれた人が多いのですけれど、じゃあこの母親たちが今姑世代となって、自分たちが舅姑に仕えたように嫁に仕えてもらっているかというとそうでもありません。
    逆に「姑と嫁の確執」をたっぷり見てきた息子や娘は嫌になって両親とあえて距離を置いている例も結構あります。だから「自分が親孝行すれば子も自分に親孝行してくれる」とは限らないし「自分が親不幸したから、子も自分に対し親不幸する」とも限らないんだと、私は思っています。

    ところで、トピ主さんは、自分が親不幸したことに純粋に心を痛めているのですか?それとも自分がしたことが自分に降りかかり自分も親と同じになるかもしれないそうなりたくないという思いが強くて怖いのですか?どちらなのだろう?と思いました。

    でも、あえて言うなら舅姑と同居していたトピ主さんにできることは限られていたんじゃないかな・・・私自身が父方祖父母と同居でしたのでそう思います。
    嫌な言い方だけど、このトピの内容の件で罪悪感も何も感じず案外一番得していたのは、舅姑(トピ主と同居していた)なんじゃないかと思います。

    ユーザーID:9683038492

  • 2017年12月4日 14:22のレスのタイトル

    大変申し訳ありません。ブラウザの過去の履歴が誤って自動入力されたまま投稿してしまいました。
    トピ主さん、どうかご自分を責めないでください。

    ユーザーID:8061243407

  • ありがとうございます

    親に詫びたいと言いながら最後には報いがどうのとか
    ずいぶん自分勝手な言い分になっていました、
    本当に利己的でお恥ずかしいです。
    両親ともにきちんとした人たちでしたが
    母の性格が複雑で
    実の親なのに子供の頃からなぜか心を許せない人で
    ちょっとした世間話にも嫌味や皮肉で返されることが多く
    冷静な話し合いや相談ができないことが多かったです。
    今思えば認知症以前に何かの障がいがあったのかもしれません。
    なので結婚して家を離れたのをこれ幸いと
    全て父に押し付けていた所もありました。

    一人娘なのに実家を放棄しておいて
    いまさらあれこれ綺麗ごとを言っても仕方ないですよね。
    お読みくださってありがとうございました。

    ユーザーID:9652323514

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 再度トピ主です

    トピ主レスでも書きましたが、
    アラフォーの女性様の仰るとおり、
    親不孝を後悔しているのか因果応報が怖いのか
    どっちが本音かはっきりしない書き方になっていたことを
    あらためてお詫びします。

    どちらかと言われてみれば
    自分の都合を優先して
    実家親の寂しさに知らん振りしていた報いが恐ろしい、
    ということだと思っています。情けない娘です。

    でもこんな私にも皆さんのレスはとても温かいものばかりで
    お一つお一つ読み返しながら涙がこぼれます。
    私も他の方のトピックに時々レスさせていただくことがありますが
    どんな内容でも、その人の立場に寄り添った
    思いやりのあるレスをして差し上げたいものだと思いました。

    皆さんありがとうございました。

    ユーザーID:9652323514

  • トピ主のコメント(2件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧