アラビアンナイト

レス8
(トピ主3
お気に入り19

趣味・教育・教養

くまぽん

みなさま、こんにちは。アラビアンナイトを全話読まれた方はいらっしゃいますか?
私は興味がありつつ、枠組みと有名な登場人物くらいしか(アリババ、シンドバッド…)知りません。
お尋ねしたいのは、全話読まれた感想です。たとえば、CDアルバムでしたら曲の構成で中盤はおきにいったなとか、後半は盛り上がる曲というふうに感じるものもありますが、1001話の構成とかどんなのでしょう?
また、こぼれ話などあったら、ぜひ知りたいです。よろしくお願いします。

ユーザーID:2423213492

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 千話もなかった

    いくつか全集本を読んだだけなので、それらの全集に入ってない話は読んでいません。

    一つの話を何夜もかけて語る(いいところで「続きは明日」とひっぱる)ので、実際には千もないです。
    一つの話の中で登場人物が「自分が知ってるこんな話」を語り始める「劇中劇」のような手法が多用されていて、大きな話の中に小さな話がいくつも入っています。
    それらを総合しても百あったかどうか…。
    数十話くらいのボリュームだったと思います。

    全体の構成としては説話集のような感じでした。
    一気に通して読むより、ちょっとずつあちこちつまみ食いして読むのに適している構成です。

    内容は冒険譚の他、エロティックな話も多いです。
    浮気した・されたの男女の問題や、嫌いなヤツを陥れたいなどの人間の煩悩みたいなテーマがたくさん出てきます。
    そこに魔人が絡んだり、商売が絡んだり、魔法や呪いが絡んだり。
    いろんなことが起こっても最終的に最も価値があるのは人間の知恵、といった話が多かった気がします。

    駆け引き・騙し合いが面白いのですが、様々な登場人物が駆使する弁論術も注目ポイントです。
    能弁であること、話術が巧みであることを良しとするという価値観が全編を通してあるようです。
    数えきれないほどの登場人物がそれぞれしゃべってしゃべってしゃべりまくるのが千夜一夜(アラビアンナイト)だと言っても過言ではないと思います。

    ユーザーID:9976590383

  • 千夜一夜物語

    私が小学生3年の時、遠方から来ていた親戚の叔父さんが子ども部屋に忘れていったのが『千夜一夜物語』の文庫本。

    エッチな挿し絵に誘われて読んでみたけど、難解な内容にギブアップ。
    このトピを機に読んでみようかしら?。

    ユーザーID:0776682435

  • トピ主

    ジニー様、ありがとうございます! てっきり、1001話だと思っていたので驚きましたが、言われてみたらそんなにあるわけないかと納得しました。
    ジニーさんのレスを読んで、アラビアンナイトを読破したくなりました!ありがとうございます。

    ユーザーID:2423213492

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 「千夜一夜物語と中東文化―前嶋信次著作選」
    とかいう本があるから図書館で借りて読んでみたら。

    ここで簡単に説明できる話じゃないよ。
    原本?はたくさんの種類があるしね。

    ユーザーID:2242916732

  • 千一夜物語といえば、

    日本ではもっぱら(おそらく他国でも)リチャード・バートンによって紹介されたものが人口に膾炙していますが、ヨーロッパで最初にアレを発掘したのはフランス人で18世紀初頭らしいですね。
    そのテキストでは282夜分、お話としては35話だそうです。
    一夜につき一話ではなく「続きはまた明日」というやり方で、シェヘラザードは命を繋いだ。

    当初から1001夜分あるはずだという思い込みがあったせいで、本来別物だった話「アリババ」や「シンドバッド」や「空飛ぶ絨毯」などが付け加えられて、いまではもともとの千一夜物語とはだいぶ違ったものになっている。
    「アリババ」や「シンドバッド」も千一夜物語の登場人物だと思い込んでいる日本人は多いんじゃないですか。

    結末も、王が改心して町の娘たちを殺すのをやめたというのはヨーロッパで捏造されたもので、実際の千一夜物語には全体の結末らしいものはありません。

    元からなのか失われたのかはともかく、やはり当初の35話が、われわれの目にする千一夜物語の全てということになりそうです。

    ユーザーID:0473168262

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • トピ主

    ちんすこうが好き!さまもありがとうございます。アラビアンチックな挿絵も魅力的ですね、わくわくします。年末年始、いそがしいですが読めたらいいですね!

    ユーザーID:2423213492

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 千夜一夜物語(バートン版)

    大昔(50年くらい前)中学校の図書館にバートン版の千夜一夜物語がありました。
    多分出版されたばかりで、多分全巻揃ってたと思います。10巻以上あったはず。
    多分学校の誰かの趣味だったと思いますが、中学生には刺激が凄すぎたなあ。
    ドリトル先生航海記も全巻出たばかりで、そのノリで読んだら大人すぎてびっくりだった。
    饒舌な語りと、波乱万丈な話がたくさん。
    以後ファンタジーと冒険小説とSF狂いに私をさせた全集だったと思う。
    是非読んでください。どこか近くの図書館にあると思う。

    ユーザーID:8848596824

  • トピ主

    お久しぶりです、まとめてになりますがありがとうございます。バートン版が先にかりることができたので、こちらから読み始めました!
    おっしゃるように、次から次に話が玉手箱のように続いていって(まだ1巻ですが)驚きです。
    ただ、物語を話している姫と聞いている王はいつ登場するのか気になるところです。

    ユーザーID:2423213492

  • トピ主のコメント(3件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧